ケガ手術からの復帰トレーニングについて少しだけ書いておきます。

「この世界の片隅に」という映画を、遅ればせながら観てきました。

この映画の感想は、私の表現力ではとても言葉に表すことができません。
戦争という現実に直面する主人公が、時代に翻弄されながら懸命に日常を過ごしていく姿が、淡々と描かれていました。

私は滅多に映画館に足を運ぶことはありませんが、次男の「絶対に観ておいた方が良い」という言葉に背中を押され、家内と二人、もう数少なくなった上映館を探して出かけてきました。

淡々と進んで行くストーリーですが、スクリーンに引き込まれあっという間に時間が過ぎて行きました。

私の少ない経験では、エンドロールが流れ始めると席を立つ人も少なくないと思ったのですが、今回は誰一人として席を立つことはなく、それどころか、何とも言えない静寂が館内を包み込み映画の余韻に浸っていました。

すべてが終わり、館内が明るくなってから、やっと席を立つことができました。

それでも何をどう感じられたのか、しばらくは整理がつきませんでした。

舞台となったのが、広島に隣接する呉の街で、当然広島市内も主人公の出身地として描かれ、日ごろ聞きなれた地名がいくつも出てきました。

つい何十年か前に実際にあったであろう、本当に身近に感じられるストーリーでした。

生きていることの大切さ、明日があることの幸せをしみじみと感じることになりました。

さて、サッカーもシーズンが始まると、毎日のようにケガや手術をする選手のことが記事になります。

今日はその後の復帰を目指すトレーニングに絞って一言書いておきます。

過去Jリーグのチームで仕事をしていましたが、当初はそれほど悩むことはありませんでした。
それは、マニュアルに沿った方法に縛られなかったからです。

今日、今、この瞬間に、この選手は何ができるのか、何をしてあげられるのか、それだけに集中することができました。

それが少しずづマニュアル化され、当然と言えば当然かもしれませんが、何日何カ月経過したから何をやってもいい、という教科書的なマニュアルに縛られるようになっていきました。

回復の度合いも、誰もが納得できる数値で表されるものが優先され、さらには画像診断による医師の判断が絶対となっていきました。

そのどこが間違っているのか、当然のことではないか、そうかもしれません。

しかし、私にはどうしてもそれだけでは計ることができない、何かをいつも感じていました。

加えて、そうやって正しいことを積み上げた結果、納得のいく回復が進み、完全復帰を果たしたかと思えば、同じ個所を再度傷めてしまい、選手生命を縮めてしまう選手の話をたくさん見聞きしました。

この最近もそういう例を、何例も知るところとなりました。

昨年、以前大きなケガからの復帰のトレーニング(あえてリハビリとは言いません)を担当した選手の息子さんの、膝の手術後のトレーニングを依頼され、完全復帰まで週に一度約4カ月に渡って指導しました。

彼はもう現役選手ではなかったので、完全復帰という言葉が当てはまるかどうかは別ですが、トップレベルの動きを可能にするという意味では、そこまで持って行けたと思っています。

今また中学2年生の女子サッカー選手の復帰トレーニングに少し関わらせてもらっています。
こういう言い方になるのは、関わると言っても術前に相談を受けてから、手術前トレーニングを指導し、術後3カ月たってランニングの許可がおりたという時点から3週間に一度くらい、その間に行うトレーニングの内容をアドバイスするという関わり方しかできないからです。

それでも私の意見を取り入れるのとそうでないのとでは、結果に大きな違いが出てくると思います。

どこをけがしても同じですが、とくに膝関節に関しては、その運動方向が複雑で、負荷のかかり方も単純ではないので、単純な屈曲伸展運動の筋力評価では、回復の度合いを測ることなど不可能だと思います。

しかし現状はそれしかないのです。

ありとあらゆる方向性と連動性をどう確保していくか、もし毎日関われる立場であれば、まさに腕の見せ所ということになります。

本当の意味での完全復帰を果たせず、同じことを繰り返している選手のニュースに接すると、叶わぬこととは思いながらも、もし自分ならどうだっただろうと思わずにはいられません。

確かにそれなりの進め方はあるのでしょうが、目の前の選手と真剣に向き合っていれば、そうではないやり方も間違いではないことは分かってくれるはずです。

言葉で説明できるほど簡単なことならだれも苦労はしていません、ただ私の経験として、いつかこの「話しておきたいこと」の中の大切な一つとして、少しは伝わるような内容を書き残さなければと思っています。

そうでなければ、消えて行く選手たちがあまりにも可哀想ですから。

映画に影響されたのか、生きていることに、今があり明日があることに感謝しつつ、今日で終わりだとしても悔いのない生活をしなければならないと、とりあえず思うところを書いておきます。

スポンサーサイト

トレーニングの継続でなぜこれだけの効果を実感できたのか。

先週の土曜日、トレーニングを継続して行ってくれた3人の子供たちとのお別れ会を行いました。

高3のH君と中3のA子ちゃん兄妹と、同じく中3のS太の3人でした。

兄妹はこのトレーニングを企画した当初からの参加で約半年間、S太は昨年末から3か月間のトレーニング期間でした。

とは言え、それぞれ週に三回から四回も通ってくれましたから、トータルすれば兄妹は100回近くの回数のトレーニングを行ってくれたことになります。

改めてそう考えると、すごく密度の濃い半年間だったと思います。

本人たちも、そして通わせてくれたご両親も、当初は私がずっと言い続けている「体づくりから動きづくりへ」ということの意味を、正しく理解してくれていたとは思えません。

トレーニングイコール体づくり、筋力アップ、そう思うことは当然だと思います。

S太のお父さんは、私のブログを真剣に読んでくれていたそうですが、そんな方でさえ、何度かやり取りしたメールの中で、S太は体が小さく細いことで、これまでのステージでは持っている技術を発揮できなかったし、故障にも悩まされてきたから、なんとかトレーニングでそれを克服させたいということが書かれていました。

意地悪なようですが、それはイコール「体づくりをお願いします」としか受け取れないので、「そうであれば私の所へ来ていただく必要はないと思います」という言葉を2度ほど返したと思います。

「動きづくりのトレーニング」を行った結果としての体づくりであり、私の考え方は、当初から体づくりを目的としたものではないと、いくら力説したところで理解してもらうことは不可能です。

トレーニングを行う子供たちにとっては、そんな細かいことはとりあえず関係なく、縁あって指導を受けることになった私の言うとおりにやってみよう、それしかなかったと思います。

私がトレーニングを指導する際、それぞれの選手に対して明確な目標設定を行います。

当たり前のことですが、動きづくりのためのトレーニングとは言いながら、その一つ一つの種目のフォームや体の使い方が上手になることが目的ではありません。

あくまでもそれぞれの競技種目に必要な動きを洗練させていくための、「動き作りのためのトレーニング」という考え方です。

しかしその関係はまさに正の相関関係となり、トレーニングにおける動きが、私の要求しているものに近づかなければ、彼らが求めるサッカ-選手としての能力向上に結び付くことはありません。

ここが一般的に行われている体づくりのためのトレーニングと違うところです。

体が大きくなった、扱える重量や回数が増えたという、一見客観的な評価が得られる体づくりのトレーニングですが、そのことと実際の競技力の向上が比例しないことが、「体づくりから動きづくりへ」という、まさに発想の転換に繋がって行ったのですから。

そして今回、私にとっては3つの真っ白なキャンパスを与えられ、私が思い描く理想の絵を描くことを許されたような気持になりました。

将来に大きな夢を描くサッカー選手という共通点はありますが、当然3人それぞれ別の人間です、機械的に同じメニューを与えれば同じ結果が出るという訳には行きません。

同じマシンを、私の言う正しい体の使い方で同じように扱えるように指導しているように見えても、まったく違う感覚になります。

私が手を添え、体の動きを確認しながら行ってもらわなければ、見た目は同じでも似て非なる体の使い方になってしまうのです。

効率は悪いですが、マンツーマンでなければ効果的な指導はできないと思っています。

すべてのメニューを行うのに、マシンを使ったトレーニングを中心に約1時間かかります。

これだけで終わってしまえば、いくら「動きづくりのトレーニング」だと言っても、トレーニング自体が上達し、おまけのように体づくりの効果もあって、結果的には普通のトレーニングと何ら変わらないことになります。

「トレーニングのためのトレーニング」ということになってしまいます。

そこに何かを加えることで、私が自信をもってそれぞれの目標に近づくことができるようになる、と言っている秘密があるわけです。

ボールを使ったドリルも行いますし、走るという行為の体の使い方や、スタート時の体の使い方、静止ではなくその場に居続けて次の動作に備えるアイドリングステイ、そこからの横や後ろ方向への動きだしの仕方など、なぜ私がそんなことを知っているのか、どうしてそれを私がやって見せることができるのか、指導を受ける子供たちから見れば、サッカ-に関して素人同然の私が、これまで指導を受けてきた誰よりも自分の動きを変えてくれることに驚いてくれます。

私が中高生のサッカー選手のトレーニングを指導していることを他の方にお話しすると、当然のように体づくりのトレーニングをイメージされます。

さらに彼らが短期間の間に、平たく言えばサッカーがどんどん上手くなっていくんですよ、と自慢すると、「西本さんてサッカーやってたんでしたっけ」と不思議な顔をされてしまいます。

Jリーグでの仕事は3つのクラブを経験し、通算4年数か月サッカーの現場にいましたが、自分ではまったく経験はありません。

そんな私がなぜサッカー選手の能力向上を掲げてトレーニングを指導しているのか、またそのトレーニングを行うことで、どうしてサッカーの技術が向上するのか、たぶん誰にも理解してもらえないことだと思います。

それは私が現場で接してきた選手たちの動きや、その後縁あって動き分析をした、世界のトップレベルの選手たちから学んだ、サッカー選手にとって必要な動きの最大公約数的なものでした。

私が未経験者であったことは幸いしていると思います。

何の先入観、固定概念もない中で、一つひとつのプレーにおける体の動きが、どういう意識で行われているのか、それらは人間の体の仕組みに沿ったものなのかという、まったく基本的なことなのですが、私の目にはこう映る、こうやって体を操れば必ずこういうプレーができるという確信を得ることが出来ました。

その一つひとつの動きを身に付けてもらうためには、動きづくりのためのトレーニング、「伸kingトレーニング」が絶対的に必要なことも確信しています。

トレーニングを継続していく中で一番感じるとは、「背中を使えるようになった」という感覚です。

これは本人の自覚ではなく、私が見て感じることです。

あまりにも抽象的な表現ですが、さらに言えば「骨盤と背骨が私が思ったように動かせている」という感覚です。

これまた抽象的ですが、けっして体幹が安定してきたとか筋力が付いたなどという感覚ではなく、人間にとって最も基本的な、骨盤と背骨を中心とした6方向への連動連携が、力強くそしてスムーズに行えるようになったということです。

私にはそう見えますが、当の本人たちはそういう感覚よりも、今まで自分が苦手としてきた「一歩目のスタートが速くなった」とか、「スピード自体が速くなった気がする」「後半になっても疲れを感じない」「キック力が増した」などなど、まさにサッカー選手として必要な能力の向上を実感していくのです。

今回たまたまサッカーという競技を行っている選手たちでしたが、「伸kingトレーニング」の効果はもちろん他の競技にも当てはまります。

プラスアルファーのドリルに、それぞれの競技に合わせて一工夫を加えるだけのことですから。

どんな選手にも夢があり目標があると思います。

そこに近づくためには、やみくもに頑張っても報われることはありません。

正しい方向性を示してあげることが、指導する側の役目だと思います。

伝え方は難しいですが、私を信頼してくれる選手に対しては、その期待以上の効果を与えなければなりません。

そのために必要な絶対条件は、やはり「継続」の二文字でしょうか。

組織の一員として毎日指導できる環境がない中、私にとっても一番の課題となっています。

何とか良い方向へ導いてあげたい、「夢先案内人」を自称していくためには、さらに一工夫が必要です。

さて日々の仕事はもちろん大切ですが、今回のグループトレーニングのように、ある意味イレギュラーな仕事に対して特別な思い入れを持ってしまいます。

そういう意味での次のターゲットは、来月行う「西本塾」ということになります。

これまで行ってきたものが、ブログでは分からない部分の詳細説明になってしまっていたと感じ休止していましたが、今回改めて「私が何を伝えたいのか」という観点からレジュメを再構成しています。

以前使用していたものもかなりのボリュームでしたが、今回準備しているものはさらに私の思いが膨らみすぎて、どんどんページ数が増えてしまいましたので、現在それを整理している最中です。

初めて行った時のことを思い出しますが、私自身初心に帰って、何を伝えたいのか、何を学んでほしいのか、しっかり準備したいと思います。

またまた試行錯誤が始まりますが、自分の中でゴールを決めないことで、まだまだ成長の余地があるのではと考えてています。

参加予定の皆さん期待してください!

頑張れS太!

昨年の9月から始めたグループトレーニング、一番遅くに参加して来たのがS太でした。

私は相手が子供であっても、名前を呼び捨てにすることが好きではありません、チームに所属して日々一緒に過ごすようになる対象なら別ですが、そうでなければよほどのことがない限り、君やさんをつけて呼ぶことにしています。

それがS太に対しては、すぐにこう呼ぶようになりました、君でもさんでもない、S太はS太そのものでした。

彼のお父さんがサッカーに対して本当に熱心で、世界のサッカーをテレビ等で調べ、S太に対しても様々なアドバイスをしていたそうです。

そして最後にたどり着いたのが私の存在でした。

お父さんとは直接の面識はありませんでしたが、愛媛の宇和島生まれの私にとって、ご夫婦ともに隣町と言っても良いくらいの地域の出身であることを伺い、当然ですが親近感を覚えました。

1学年しか違わないことで、共通の友人の名前が出てきたり、お父さんにとっても私は本当に身近な存在に感じていただけたようでした。

そんなご縁の中から、12月も後半になって、S太が私の所に通ってくることになりました。

以下、彼から届いた感想です。

西本先生、智志先生へ

あっと言う間の3ヶ月間でした。

昨年12月のことでした。

10月に痛めた右足付け根付近の骨折も癒え、何とか間に合った全国大会も終わって、クラブチームでの活動が全て終わった時、お父さんから「次のステージに向けて、準備をしておかないか?サッカーについての全ての動きについて、専門の先生に指導してもらわないか?足も速くなるらしいぞ!」って言われたのが先生の指導を受けるきっかけでした。

僕が今までサッカーをしていて、一番ほしかったもの・・・それがスピードでした。

お父さんからは、足が遅いと思っているなら、いつも周りをよく見ろ、予測しろ、相手より判断スピードを上げろ!、そして相手より良いポジショニングを取れ!、そして誰よりも早く動き出せ!と言われていて、それは僕がいつも練習から取り組んできたことでした。

でも、いつも思っていたのは、単純に足がもう少し速かったらな~・・・って事でした。

テクニックでは絶対に負けないのに・・・。

それと後は身体的コンプレックス、もう少し大きくなりたい、そう言った思いが僕の心を動かしました。

12月も既に年の瀬に近い頃からのスタートとなりました。

初めて先生の指導を受けた感想は、正直何をやってるんだ?と思いました。

『体を変に動かして、変な踊りの様だな?』と思ってました。

西本先生に「同じ動きをしてみて」と言われて、見よう見真似でやって見たら、ものすごく変で、付き添いで来ていたお母さんと顔を見合わせて笑ってしまいました。

西本先生から「まずは形から入れ!真似ることは大事だよ」って言われ、なるほど・・・それなら得意かも?と思いました。

昔からサッカーの試合をテレビで見て、新しいフェイントを一度見ただけで覚える(形を捉える)のは得意でした。

トレーニングを始めた当初は、普段使ってない筋肉を動かしているためか、疲れがすごく出て、最初は風邪を引いたり、体調を崩すのが多かったです。

しかしそれも少しずつ慣れて行き、だんだんコツを掴め初めて来ました。

(もう笑いは出ません。いつも真剣に取り組みました。)

トレーニングで1番難しかった点は、背中を意識する事です。

今では、意識できているのですが、やはり最初は難しくて、重いものを上げたりする時に腕の力を使ってしまい筋肉痛になってしまったりしていました。

でも、自分よりはやくから来ていた先輩方と一緒にトレーニングをすることで、近くで良い見本を見ながらやったりして行くおかげで、自分もだんだん出来るようになりました。

また、智志先生にも1対1で教えてもらったおかげもあって、すごい勢いで上達しました。

走り方をはじめ、アイドリングの動作や背中を使った動きを学んで、サッカーの練習では見違えるほど、プレーがスムーズになり肩に力が入り、力むことも無くなり、プレーに余裕が生まれました。

12月末から3月まで、実際は2ヶ月ちょっとの先生からの指導でしたが、もう少し早く始めることが出来ていたらと、今は思っています。

これからは、先生の指導を忘れることなく、いつも背中を意識し、僕が進む高校でも、トレーニングを継続して行きたいと思います。

短い時間でしたが、西本先生や智志先生のお蔭で自分の身体を自由に使う基礎は学べたと思います。

これからは、新しいステージで、今まで僕が小学校~中学校と取り組んできた、『相手の裏を突くサッカー』、『攻撃の起点となる縦へのパス』、『中盤でのためを作る動き』、『攻守の切り替えのスピード』、『ボールを奪われない動き』、『ゴール前でのアイデア』などを生かせる身体を、より完璧なものにするために、今回学んだことを忘れることなく、努力していきます。

そしていつか、先生に同じ時期に指導を受けた三人で、先生の指導方針に間違いが無かったことを証明することが、西本先生や智志先生への恩返しだと思っています。

短い期間でしたがありがとうございました。

(PS-次はお父さんに頼んで、僕の試合をビデオに撮ってもらって、遠距離指導を受けながら、より完璧な動きを目指します。今後も先生、よろしくお願いします!!)

S太より

S太は、クラブチームに所属していましたが、なかなか出場機会に恵まれず、悔しい想いのままで中学校生活を終えることになりました。

高校に進んで、心機一転活躍を期してのトレーニングだったと思います。

「伸kingトレーニング」は別として、走りのドリルは確かに初めて見る人にとっては、笑ってしまうのも当然だと思います。

一緒に来てくれるお母さんと、お腹を抱えて笑っていたのがつい昨日のことのようです。

1回目は、H君やA子ちゃんの動きを見よう見まねで真似してごらんとしか言わなかったのですが、最初は笑って見ていただけの動きが、スピードに乗った柔らかい動きへと変わって行くにつれ、同じことを自分が出来ないことに、とても悔しそうな顔をしていました。

2回目、3回目と、驚くようなスピードで体の動きをマスターして行くことに、私と智志の間で、S太は今まで見てきた人間とはちょっと違う何かを持っているという話になり、「天才」という言葉まで使うようになりました。

これまで様々な種目の様々なレベルの選手を指導してきましたが、これほど吸収力のある選手は初めてでした。

世間で知られた有名選手など、太刀打ちできない理解力と吸収力、そして表現力です。

毎回トレーニングを重ねるたびにS太を褒めましたが、お世辞でも褒め殺しでもなく、本当に彼の成長には驚かされました。

これまでの環境で、彼の能力が生かされていないことの方が不思議でした。

欲を言えば、お互いにもう少し期間が長く指導できれば、さらにその可能性を広げることができたと思いますが、今の時点で、たったの3か月に満たない期間でしたが、彼の頭と体には、西本理論がしっかり染み付いてくれたと思います。

H君、A子ちゃん共々、近い将来きっと世間を驚かせてくれる存在になってくれると信じています。

S太が新しい環境に旅立つまで、今日を含めあと2回のトレーニングとなりますが、本当に良い縁を頂いたと、私の方が感謝しています。

他の二人に比べれば、それほど遠い所へ行ってしまう訳ではないので、機会があれば成長していくS太の姿を、私もこの目で見られると思うので、本当に楽しみにしています。

毎回、S太の成長に目を細め、懐かしいふるさとの話も交えながら、私のつまらない冗談にもお付き合いいただいたお母さんにも心から感謝します。

また私の存在を探し出し、S太に指導を受けさせていただいたお父さんにも感謝します。

これからも一緒に、S太を応援していきましょう!


プロフィール

Author:西本 直
1993年、Jリーグサンフレッチェ広島を皮切りに、社会人野球三菱重工広島・協和発酵・ヴィッセル神戸・川崎フロンターレ、そして広島カープ佐々岡真司投手など、プロアマ問わず競技レベルのスポーツ選手から一般の方まで、トレーニングやメンテナンスの指導を行ってきました。
その経験と知識の蓄積を「西本理論」としてまとめ、一人でも多くの方に実践していただくことが、これからの私の使命であると信じ、このブログから発信していきます。
私の理論はスポーツ選手のみを対象としたものではなく、ビジネスマンや家庭の主婦まで老若男女すべてに当てはまる不変のものです。
指導や講演のご依頼も受け付けています。
実名でツイッターも書いていますので、チェックしてみてください。
また、2013年9月9日にConditioning Studio 操をオープンしました。こちらもご覧ください。
また、遠隔地にお住まいの方を対象とした動き分析とアドバイスを行っています。
詳細は「スタジオ操」のホームページ内の「遠隔サポート」をご覧ください。

最新記事

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カウンター

検索フォーム

QRコード

QR