FC2ブログ

人間が感覚する痛みとは何か、どう対処していくか考えてみました。

今日もブログを読んでいただきありがとうございます。

今日の広島は冷たい雨が降っていますが、未だに雪が降っていません。
観測史上最も遅い初冠雪が記録された日もとっくに過ぎて、記録更新が続いています。

今日は私にとって、いや生きている限り全ての人間にとって永遠のテーマである『痛みとは何か』について、今現在私が感じているところを書いておこうと思います。

痛みを感じて嬉しい人などいるはずはありません、私のところに施術を目的として来られる方の殆どが、今ある痛みをなんとかして欲しいというというという切実な動機からです。

しかし、その痛みという感覚は単純に忌み嫌われる対象なのでしょうか。

痛みの原因はそれこそ数え切れないくらいあると思いますが、それぞれの体が痛みという信号を発することで、我々人間に警告を与えていることは間違いのないことです。

痛みも伴うことが多い症状ですが、いわゆる発熱という現象は、体の中に侵入した病原体の増殖を抑える正常反応と言われています。
それをただ単に熱を下げることを目的とした薬剤を服用することは、人間本来の自然治癒力を阻害してしまう行為ともなりかねません。

体が感じる痛み、いわゆる腰痛や肩こり、医療機関で画像診断とともに宣告される『ヘルニア』という状態も含めて、体の部位そのものが痛みを発しているように思ってしまいますが、人間の体で痛みを感じるところは『脳』そのものです。

痛みを感じていると思われる部位の神経が圧迫されている状態を、その神経を介して脳に伝え、結果として脳が腰が痛いとかヘルニアの所見が出ている部位が痛いと認識しているのです。

こういう状態の痛みは『神経障害生成疼痛』と呼ばれているようです。
また神経そのものが長く圧迫され続けたことで炎症状態となり、言葉としてはそのままですが『神経炎』と呼ばれる状態となって、神経そのものの痛みを感じることがありますが、やはり最終的に感じ取るのは『脳』です。

切り傷や火傷、打撲や骨折など、明らかに原因のある痛みもありますが、こういう怪我をすると、その部位に痛みを発する物質が発生します。
この物質が末梢神経にある『侵害受容器』という部分を刺激することで痛みを感じます。

一般論はこれくらいにして、私が相手にしている生身の人間の痛みに対する感じ方は本当に千差万別、一人一人全く違うものです。

以前にも記事にしましたが、私はご本人が訴える痛みという感覚よりも、人間に与えられた骨盤と背骨を中心とした6方向の可動性とその連動動作が、出来るのかどうかを最優先に考えています。

その動きがある程度確保されているならば、日常生活動作は可能なわけで、多少の痛い痒いは本人の感覚の問題だと考えます。

痛みに目盛りはつけられませんが、本人が訴える痛みが10だったとして、その痛みが5に軽減したと感じてくれたとしても、痛みが消えたわけではなく、「どうですか」という問いに対して「お陰で痛みは半分くらいになりました」という言葉が返ってきたとしても、半分になった5という単位から、その5が痛みイコール10という目盛りに変換され、痛いか痛くないかという意味では、やはり痛いが優先されてしまうのです。

こんなやりとりが続く日常の中で、現在最も大きなテーマとなっている『痛みは脳が作る』同じことですが『脳が痛みを作る』と置き換えてもいいと思います、すべてがこの言葉に集約されるのです。

様々な原因で痛みという厄介な感覚を背負い込んでしまった人間の脳は、その痛みを少しでも軽減させたいと、その部位に少しでも負担がかからないような体の使い方を工夫します。

不幸にしてギックリ腰を発症してしまった体がどんな風な動くか、自分で経験がない人でも、なんとなく想像はつくと思います。
体を固くしてなんとも言えない歩き方になってしまいます。
そうしなければさらに痛みが増し、症状が悪化してしまうと脳が感じているからです。

しかし骨盤と背骨を中心とした6方向の連動性を回復させ、本来であれば既にその庇うという動作は必要ないと判断できる状態になったとしても、脳は痛みという感覚と患部を庇うという体の使い方を、そう簡単にやめてはくれません。

私が考える回復の過程は、まず6方向の連動という機能的な回復、次に患部自体の筋肉の炎症等の器質的な回復、これには細胞レベルの回復ですから時間はかかります。

そして最後に、脳がもう何も恐れることはない、元の状態に戻ったと認識してくれた時こそが完全回復と呼べるのだと思います。

そのためには、この回復の過程を本人にきちんと理解してもらわなければなりません。

黙って横になっていれば、誰かが治してくれるなどという問題ではありません。

最近の例ですが、ある競技スポーツ選手が股関節の痛みを訴え、それが原因で調子を崩している、意識がそこに行きすぎて動きのバランスを崩し、他の部分までおかしくなったと言うのです。

過去にも何度も同じ説明をしてきたつもりなのですが、やはりすぐに結果が見える競技をされているので、目先の痛みの感覚から気持ちが離れることができないのです。

私が施術の中で行っている『からだほわっと』という行為は、とにかくそれを受けている間だけは、自分が抱えている部分の痛みすら忘れ、ひたすら心地良いという『快感覚』を脳に与え続けることで、脳から痛みという『負の感覚』を一時的でも忘れてもらおうという意味が大きいように思います。

この選手の場合は、競技特性を考えたトレーニングで、痛い動かし難いと思っている体が、まったく問題なく連携連動して、競技動作に即した大きな負荷に対して運動できているという事実を、脳と体そしてなにより自覚できる意識レベルで実感してもらうことで、やっと痛いから動かないからダメだという感覚から抜け出すきっかけを掴んでくれたようでした。

一般の方を含め『痛み』という感覚をネガティブに捉えることは仕方がないと思います。
人によっては人間としてありえないような体の使い方までできるようにしてくれと、要求してくる人もいます。
どこをどんな風に動かしても痛くない体、それが理想で自分は痛みを発症するまではそういうことができたと思い込んでいるのです。

自分の体を知らない、普段自分の体との対話がなされていなかったということです。

最終的に痛みに対して、『脳』が完全にゴーサインを出してもらうためには、スポーツ選手であれば、頭と体が納得してくれるまで、私が指導している『動きづくりのトレーニング』を行ってもらうことしかないように思います。

一般の人の場合、可能であれば先日記事にし、YouTubeにも動画をアップした『ポーザーユニット』を使って、細いラインの上に立っているという非日常の環境の上で、自分の体が本来の働きができているという実感を持ってもらうことで、安定した地面の上でも当然動きが改善しているはずと思ってもらうことは大きな意味があると思います。

痛みに対して対症療法的な方法論はそれこそ星の数ほどあるとは思いますが、人間がなぜ痛みを感じ、何故それがなかなか消えてくれないのか、『脳』そのものの仕組みにもっと目を向ける必要があると、経験と年齢を重ねるたびにその思いが強くなってきました。


スポンサーサイト



「やっぱりね」話題のシューズ「ヴェーパーフライ」と『西本走り』の関係

今日もブログを読んで頂きありがとうございます。

昨日のことですが、明日から防府競輪場で開催される『第23回山頭火賞争奪戦競輪』に出場する為、79期S級2班に所属する『八日市屋浩之選手』が、レース直前のトレーニングと体の調整のため、遠く石川県から直接防府に行くのではなく私の所に来てくれました。

八日市屋選手とのご縁は、昨年の千葉県の災害の際、友人の経営するガソリンスタンドでボランティアとして足漕ぎポンプを使って給油する姿が全国的に話題となった、千葉県の87期S級1班に所属する『山賀雅仁選手』に八日市屋選手が私の存在を聞き出したことから始まりました。

聞き出したというのは、山賀選手は私との出会いから、大きく強くというこれまでのトレーニングの目的とは違った『体の使い方』という概念があることに気付き、それ以来中四国九州と、広島に近い地域でレースが行われる際には、わざわざ広島経由で会場に向かうという事を3年以上に渡って続けてくれています。

結果として同じ競輪選手である八日市屋選手の目にも、明らかにこれまでの体の使い方というか動きが変わっていることが分かり、それまでほとんど会話したことがなかった山賀選手からその秘密を聞き出そうと何度か話しかけてみたものの、私の存在を聞き出すことができなかったそうです。

ブログでも何度か書きましたが、競輪選手は自分以外全ての選手がライバルです、それこそ選手それぞれが何か自分に役に立つものはないかとアンテナを張り巡らせているそうです。

いつ同じレースで対戦するか分からない選手同士ですから、他の選手のレースはしっかり見て研究しているそうです。
そんな中でも山賀選手の変化は誰の目にも明らかで、かなり注目を集める結果となっていたようでした。

しかし敵に塩を送ることはしないという意味だけではなく、私の性格や指導方針を知った山賀選手は、中途半端な気持ちで他の選手が私の元を訪ね、私をがっかりさせる結果になることを一番心配し、他の選手から聞かれても私の存在までは明かしてこなかったということでした。

あの足漕ぎポンプを使ったボランティア活動の後、私と山賀選手の関係をもう隠す必要はなく、公にしても良いでしょうということになりました。

八日市屋選手が山賀選手から私の存在を聞き出せたのは、単に山賀選手の動きの変化に興味を持ったというだけではなく、自分が競輪選手としてもっともっと成長したいという強い気持ちがあったからだと思います。

当然全ての選手にその思いはあると思いますが、八日市屋選手は2200人ほど居る現役の選手の中で、身長が小さい方から3番目158㎝という、体格的には恵まれておらず、年齢も44歳とすでにベテランの域に達している選手だったのです。

なかなか本当のことを教えてくれない山賀選手に、レースで顔を合わせる度に食い下がって、ついに私の存在を聞き出したそうです。

初めて電話をもらった時に「千葉の山賀の紹介で」と言われた時、思わず「えっ」と声が出ましたが、「山賀は西本さんのことを他の選手には教えないと決めていることは聞いていて、山賀の紹介でと言うときっと西本さんが驚かれると思っていました」と笑って話をしてくれたことをよく覚えています。

更にもっと驚いたのは、私の存在を知ってから初めてお会いするまでそれほどの時間はなかったと思うのですが、この文字だらけの長ったらしいブログの内容も、私が書いた2冊の本の内容も全て読み込み、ある意味私以上に私の考えをよく理解してくれていて、初めてのトレーニングの際には、『1を聴いて10を知ると』言う言葉がありますが、本当にこんな人がいるのかと驚かされ、また嬉しくなりました。

山賀選手にしても八日市屋選手にしても、普段拠点としている地域が遠いため、年に2回から3回程度しか直接お会いして指導することはできませんが、だからこそ2人とも普段から私から学んだことをしっかり形にしようと、自転車の乗り方だけではなく体の整え方や動きづくりのトレーニング、またFBTなど感心するほど真剣に取り組んでくれています。

八日市屋選手は競輪場に入ると外部との連絡は遮断されインターネットも見ることができなくなるので、私の本2冊と『効率的な走り方を身につけるために』のDVDを3種の神器として持参してくれていると言う筋金入りの『西本理論』信奉者です。

そんな八日市屋選手に、昨日久し振りにお会い出来ることをとても楽しみにしていました。
競輪選手としてのトレーニングや体の使い方に関しては、詳しく書いてしまうと、私から他の選手たちに塩を送ることになると困りますので書けませんが、今日どうしても記事にしておきたかったことは、トレーニングの後一緒に行った食事の際の会話でした。

内容は最近大きな話題となっているランニングシューズ、NIKE社製の厚底シューズ『ヴェーパーフライ』『西本走り』の関係についてでした。

このシューズに関しては、私なりに情報を集めていました。

ヴェーパーフライが目指しているランニングフォームのコンセプトは、私が提唱している西本走りそのものではないのかと、八日市屋選手は直ぐに感じたと言われるのです。

さらにはマスコミで取り上げられ詳しい説明を聞く度に「やっぱりね」と笑ってしまったそうです。

何が可笑しいのか、何度かしかお会いしていない八日市屋選手だからこそ、私が発信し続けている文章を、表からも裏からも読み込み、DVDを見続け日々実践してくれているからこそ、事の本質を直ぐに感じとられたのでしょう。

そうなんです、あのシューズを履くと『西本走り』に必然的になってしまうのです。

「西本走りは変な走り方で、ゆっくりなら楽に走れるがスピードは出ない」こんな感想を持っている人も多いかもしれませんが、指導の最初からスピードを目的にすると、絶対に効率的でかつ効果的な体の使い方を体に染み込ませることはできません。

そのことを昨年末の走り体験会で解説し理解してもらおうと準備していましたが、参加者がお一人だったことがとても残念でした。

ヴェーパーフライの恩恵を本当の意味で受け取れるのは、ケニアやエチオピアといったアフリカ大陸出身の選手たち、それも私の提唱する西本走りをほぼ完璧に体現できている選手たちだと思います。

勿論そうでない選手たちにも大きな影響があって、お正月の箱根駅伝や先週末広島で行われた男子駅伝の結果を見るまでもなく、まさに高速レース区間新記録ラッシュの大会となりました。
当然の結果です、あのシューズのお陰である程度のレベルの選手が普通に走れば、着地はほぼ股関節の真下となり、着地の衝撃は大きく軽減されます。

加えて靴底の構造で股関節のクランクが働きやすくなり、着地した瞬間に逆足の膝は前方に降り出されます。
さらには骨盤がしっかり引き起こされていれば、振り出された膝から下は無理にそこから前方に降り出して歩幅を広げる必要はなくなり、自然に増した回転数で十分にスピードを上げることができるのです。

西本走りの着地は結果として爪先着地になると説明してきましたが、このシューズを履くとそうならざるを得ないのです。

男子の高校駅伝の際に、骨盤の反りができていないのにこのシューズを履いている選手が、着地でかかとが早く着いてしまいバランスを崩しかけたシーンをたまたま見ましたが、これこそシューズ頼みの走りになってしまう弊害と言えるでしょう。

国際レースではこのシューズの使用が制限されるかもしれないと言う報道もありますが、スケートのスラップスケートが許され、水泳のレーザー・レーサーは禁止となった過去を思うと、どう言う裁定が下されるのか注目しています。

何よりNIKE社の開発コンセプトは、世界記録を塗り替えていくアフリカ系の選手たちの走り方を誰でも体現できることだったと思います。

ならばアプローチの仕方は違いますが、私の提唱している『西本走り』は、正に同じことを道具に頼らず、自分の体を使って誰でも到達できる夢のような走り方なのだと、改めて思った次第です。

それにいち早く気付き「やっぱりね」と膝を打った八日市屋選手は、本当に凄い感性の持ち主だと思います。

過去指導した方々の中でここまでの理解してくれている方がどれくらいいるのでしょうか、私の口から言ってしまうと後出しジャンケン的な自慢話と思われてしまう可能性もあるので控えてきましたが、八日市屋選手との会話の中で、私以上にそう思ってくれている選手がいたことに意を強くして、今日の記事としました。

ケニアの選手だからできる、サッカーであればメッシだからできるロナルドだから出来るではなく、同じ人間として体の使い方という視点で研究していけば、同じにはならなくとも近づくことは十分可能だと思います。

ただ今回のヴェーパーフライの場合は、現時点で動きに勝るアフリカ系の選手たちが、既にシューズを履きこなしているわけですから『鬼に金棒』とはこのことで、オリンピックのマラソンコースが北海道に移ったとはいえ、多少なりとも地元開催のメリットはあるかもしれませんが、果たして同じシューズを履いた日本選手たちがメダルに届くのか注目したいと思います。

何はともあれ、私の考えていることをこれだけ理解し、自分の中で応用発展させ、直接指導を受ける機会は少ないとはいえ、その時にしっかり疑問を整理できる八日市屋浩之選手との関係はトレーナー冥利に尽きるというものです。

私自身が沢山学ばせていただいたことを、多くの方に還元して行きたいと思います。

時代が私の考えにやっと追い付いてきたと言うことでしょうか(笑)

バレーボール観戦から感じたこと。

今日もブログを読んで頂きありがとうございます。

昨日はバレーボールVリーグの、地元『JT広島対名古屋』の試合を観に行ってきました。

セッターを務める『深津旭弘選手』と3年前からご縁があり、今回一度試合を見に来て欲しいということで招待して頂きました。

市内中心部に位置するグリーンアリーナ(広島県立総合体育館)で行われましたが、思い起こせばJリーグ開幕2年目の前期シーズンで優勝した時、優勝報告会をここで行ったような記憶が蘇りましたが、旧広島市民球場のすぐ隣にある割には縁がない施設でした。

試合開始は12時40分ということで、12時くらいに行けばいいかなという感じで呑気に構えていましたが、11時の開場とともに入場した熱心なファンの方々が、JTの応援席を埋め尽くし、応援席のチケットを頂いて入場したのですが、自由席にしか空いている座席はありませんでした。

野球やサッカーと違って、体育館と言う閉じられた空間の中で行われる競技なので、6000人くらいの収容人員の施設ですが、満員となった会場はこれまで経験したことのない熱気に包まれていました。

ホームゲームと言うことで、元選手と思われる大柄な人たちも会場内でそれぞれの役割で忙しそうに動き回っていたのが印象的でした。

コートに立って戦う選手たちが主役であることは当然ですが、現役を退いた後も、またJTと言う企業を挙げてのバックアップ体制は、応援団の方々を含め手作り感があってとても好感が持てました。

今回の試合観戦は、ただ観に来てくださいと言うだけではなく、ご縁が出来てからこれまで、体のことトレーニングのこと、様々な話題で私の考え方を理解し、自分のパフォーマンス向上に役立てようと取り組んでくれた深津選手の体の使い方を、生で見て欲しいということから実現しました。

ご本人も含め、他の選手の動き体の使い方については、個人の名前を挙げてしまうと問題がありますので、抽象的な表現になることをお許しください。

私は〇〇の競技を専門に行っていたわけではありませんし、トレーナーと言う立場でも、ひとつの競技を専門としてきたわけではありません。
そのことが逆に、この競技はこうあるべきだという固定概念にとらわれず、自分が試行錯誤を続けている人間の体の仕組みに沿った効果的・効率的な動きに沿っているかという視点で、動きを見ることが出来るという利点があるように思います。

とくに屈筋と伸筋をどう使い分けているかという所を見るのですが、レシーブにしてもアタックにしても、屈筋を主に使っているように見えると、時間の経過とともに正確性も強度も落ちて行くのが分かりました。

サッカー選手たちに伝えていることは、ボールをキックとするという動作は、広背筋を使って背中を反らす動き(骨盤と背骨の伸展)が、膝関節の伸展を自然に促した方が、冷静にコントロ-ルできるし、強いボールに力を伝えることが出来るということです。

これが伸展からの伸展という言葉の意味です。

バレーボールのアタックを見ていると、ジャンプの際に骨盤から背骨をしっかり反らし、肩関節から肘関節そして手首のスナップと、まさにしなやかな伸展動作の連携連動動作で構成されています。

それが体の前側の屈筋を使った、体を丸めるような抱え込むような打ち方になると、上手く決まった時には迫力のある強打に見えますが、時間の経過とセット数を重ねるとともに、ジャンプの高さが低くなったり、タイミングが画一的となって、相手のブロックにかかりやすくなっていきました。

逆に相手のチームで目を引いたのは、周りの選手が大きいので小柄に見えましたがおそらくは180㎝後半の身長だと思いますが、この選手のアタックは最後まで威力が落ちることがありませんでした。

バックアタックが得意のようでしたが、ジャンプからの空中姿勢が見事に背中が反っていて、いわゆる滞空時間が長く感じるジャンプに見えます。
その姿勢から全身をしならせ、体全体でボールをヒットしているように見えました、無理に叩きに行っていないのです。
そのためかなりの数トスが上がっていたと思いますが、最初から最後までその動きは変わることはありませんでした。
またプレー中も笑顔が絶えず、楽しそうにプレーしているように見えました。


JTの選手たちの方が、前日の土曜日、地元での2連戦の初戦を0-3で負けていることもあって負けられないというプレッシャーがあったのか、一緒に観戦していた家内も同じような感想だったようです。

笑顔の大切さは、昨年全英女子オープンゴルフを制して時の人となった『渋野日向子選手』の活躍でクローズアップされましたが、もちろん打つ瞬間笑っているわけではありませんが、アタックする瞬間、レシーブする瞬間、体を固くして屈筋に頼ってしまうと、思ったように体が動かないことは、もう理解できると思います。

シーズン真っ盛りの駅伝の選手たちも同じ、骨盤から背骨のしなやかな反りが出来ていない選手は、後半必ずフォームが乱れ脱落していきます。

話題になっているナイキのシューズですが、このシューズの恩恵を得るためには骨盤がしっかり引き起こされていることが条件となりますし、逆に言えばその姿勢がとりやすくなるシューズと言えるかもしれません。

今日は遠く千葉から、昨年の災害の際、自転車式の足こぎポンプで友人のガソリンスタンドで給油のボランティアをしたことで有名になった、競輪の『山賀雅仁選手』が明後日からの松山での開催に備えてトレーニングとケアを受けに来てくれます。

競輪選手に提案している体の使い方も全く同じです、体の前側の屈筋に頼るのではなく、背中で生まれた力を膝の伸展にどうやってスムーズに伝えるか、そのことがメインになっています。

様々なスポーツ競技の選手たちの動きを見ていましたが、最終的には『伸展からの伸展』という短い言葉に集約されます。

そのことを単なる方法論ではなく、何故そうなるのかと言う体の仕組みから理解してもらい、そのためにはこのドリルが必要なのだという段階を経て西本理論をそれぞれの競技に活かしてもらわなければなりません。

競技レベルが高くなればなるほど、その必要性が増します。

理論と実践の組み合わせ、相手によって『正しいことは正しい』では伝わらないことは分かっていますので、相手の役に立つ伝え方を工夫していきます。

今回のバレーボール観戦、色々な意味で私の考えていることはどんな競技にも当てはまるものであると確信できました。


プロフィール

Author:西本 直
1993年、Jリーグサンフレッチェ広島を皮切りに、社会人野球三菱重工広島・協和発酵・ヴィッセル神戸・川崎フロンターレ、そして広島カープ佐々岡真司投手など、プロアマ問わず競技レベルのスポーツ選手から一般の方まで、トレーニングやメンテナンスの指導を行ってきました。
その経験と知識の蓄積を「西本理論」としてまとめ、一人でも多くの方に実践していただくことが、これからの私の使命であると信じ、このブログから発信していきます。
私の理論はスポーツ選手のみを対象としたものではなく、ビジネスマンや家庭の主婦まで老若男女すべてに当てはまる不変のものです。
指導や講演のご依頼も受け付けています。
日々の気づきやブログの更新情報はツイッターに書いていますので、チェックしてみてください。
2013年9月9日にConditioning Studio 操をオープンしました。
「西本塾」と「深める会」を開催しています。
今年の第1回目は2月15・16日の土日に31期西本塾を行います、現在募集中です。
詳細はStudio操ホームページ内の「講習会情報」をご覧ください.
「1回5分体が喜ぶ健康術」はアマゾンで在庫切れのことが多く、購入希望の方にはご迷惑をおかけしています。
出版元からの購入は可能ですので、ガリバープロダクツ(代)082-240-0768までお問い合わせください。

最新記事

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カウンター

検索フォーム

QRコード

QR

フリーエリア

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51P40WM8EQL.jpg