私が本当に言いたいこと。

昨日今日と二日に渡って書いてきたこと、読み手によっては自分たち日本人の体の特徴や機能を卑下し、海外の人たちの体の仕組みや機能を、ただ羨ましく思ったり賛美していると受け取った人がいるかもしれません。

そういう受け取り方をした人のために、時を置かず私が行き着いた本当の結論を書いておかなければならないと思い改めて記事を書いています。

書いてきたことはどれも紛れもない事実です。

しかし、海外の選手たちはそのことを意識もしていないしアドバンテージだと感じることもありません。

それは生まれつきであり、自分だけではなく周りの人すべて同じだからです。

日本人も同じ、周りのみんながそうだから、自分だけが特に問題があるなんて誰も思っていないのです。

でもそうではありませんでした。

ならば日本人が世界に伍して戦っていくことは出来ないのか、私がたどり着いたのは、「十二分に戦うことができる」という結論です。

世界の超一流選手のプレーを引き立てているのも、実は世界各国の代表クラスの選手たちです。

メッシの5人抜きなどという動画に出てくる対戦相手の選手たちもみんなそうです。

ではなぜそんなことが現実に起きてしまうのか、私がこれほどまでにお手本にしなければならないと言ってきた海外の選手のプレーに、実は大きなヒントが隠されていました。

彼らは自分の体の動きの特徴というか、ストロングポイントを理解していなかったのです。

彼らも同じ人間、自分より格上の選手、足の速い選手、ドリブルの上手い選手、コンタクトの強い選手、そういう相手に対して負けたくないという気持ちが当然出てきます。

そのことが彼らにとって不必要な力むという感覚を生み出し、屈筋を使ってその場に居付き、簡単にバランスを崩されてころんだり、ドリブルで逆を取られて抜かれたり、裏を取られて抜け出されると、走りに力みが出て追い付けなかったり、チャンスで股関節を屈曲する動作が出て、ボールをコントロールできずに枠を外したりと、日本人と同じミスをいくらでも犯していることも事実なのです。

海外の選手がこの事実に気づき、強さよりもしなやかさを重視するトレーニングや体の使い方を意識するようになったとしたら、我々はまた別の方法を考えなければならなくなるかもしれません、もう新しい方策などないと思いますが。

ならば我々はどうすればいいのか、まずは海外の選手と同等の背中を使う動きを身に付け、どんな状況下でも冷静にその動きを続ければいいだけのことです。

たったそれだけで、足が止まるだ、フィジカルが弱いなどといわれなくても済むのです。

信じられないのなら今まで通り、根性で走り続けたり、体を鍛えまくればいいでしょう、その先には残念ながら明るい未来は訪れません。

半年間私の理論に沿ってトレーニングを継続した中高生のサッカー兄妹は、しなやかでスピードのある動きを身に付けました。

新しい環境で、日本的な頑張るだけのトレーニングを行わなければならないことで、せっかく身に付けたものが消えてしまわないことを祈るばかりです。

海外の選手にこのことを話しても、誰一人として乗ってくる選手も指導者もいないでしょう。

それは当然のことだからです。

お手本であるべき名前を挙げてきた超一流選手にも、筋肉系のトラブルが散見されます。

彼らにして、もっと頑張れば、もっと力を入れれば良いプレーができるという感覚があるのだと思います。

そんな彼らを涼しい顔であしらうような体の使い方で、プレーができる日本選手がそろえば、日本代表は間違いなくどんな国を相手にしても、まったく気遅れする必要はないと思います。

私が本当に言いたいのは、「敵を知り己を知れば百戦危うからず」、孫子の兵法の一説にあるように、お互いの特徴を熟知し、劣っている部分は素直に認め、それを補う努力を惜しまず、相手の隙を見つけられれば、そこに活路を見出し、最後には勝利を収めることができるということです。

そのヒントどころか、答えがここに書いてあるのです。

それを実行するためには固定概念を捨て、新しいことに挑戦する勇気と覚悟を持つことです。

それが出来ない人ばかりなことを残念に思います。

スポンサーサイト

Trackback

Comment

Re: 今回は解りやすかったです!
阪井さん
何時もブログを読んで頂いてありがとうございます。
何度かやり取りさせていただいているので遠慮なく言いますが、阪井さんからのコメントには、いつも「そこじゃないだろう、分かってないな」という感想が先に来てしまいます。
すべての人に理解してもらおうと思って書いているわけではありません、このブログは私の思いを書いているだけです。
ですから、どう受け止めようとそれぞれの解釈にお任せするほかはありません。
ただ西本塾に参加してくれた人からのコメントは、そうはいきません。
今回は分かりやすかったとのことですが、同じことを繰り返し言い続け、特別新しいことを書いているつもりはありません。
その時々で、受け取る側の理解度が変わってくるのでしょうね。
そういう意味では阪井さんも進歩しているのだと思いますよ。
お役に立つところがあれば、参考にしてください。
  • 2017-05-11│09:01 |
  • 西本 直 URL│
  • [edit]
今回は解りやすかったです!
西本さん、こんにちは。

これまでも何度となく同じことを書かれてきたと思いますが、今回のエントリーで今までモヤモヤしていた点がクリアーになった気がします。

最も印象的だった点は「筋肉は収縮という役割しか出来ない」という意味合いのメッセージです。3-5-7の3に近いポジションをとったら何も出来ないと。ケガも心配ですが、肝心のパフォーマンスもがた落ちです。

今回私が思ったことは、筋肉はなるべく5のポジションでリラックスさせておき、かつ、身体の前面の筋肉はずっと5のポジションでリラックスさせておくということです。

背面の筋肉を使わなければ!と、使うことばかり意識してきましたが、それでは固まってしまうわけで、如何にリラックスしたポジションを作れるかが重要なのだと改めて感じた次第です。

長らく停滞していましたが、少し前進できそうな気がしました。
  • 2017-05-11│07:11 |
  • 阪井徹史 URL│
  • [edit]

Post a comment

Secret


プロフィール

Author:西本 直
1993年、Jリーグサンフレッチェ広島を皮切りに、社会人野球三菱重工広島・協和発酵・ヴィッセル神戸・川崎フロンターレ、そして広島カープ佐々岡真司投手など、プロアマ問わず競技レベルのスポーツ選手から一般の方まで、トレーニングやメンテナンスの指導を行ってきました。
その経験と知識の蓄積を「西本理論」としてまとめ、一人でも多くの方に実践していただくことが、これからの私の使命であると信じ、このブログから発信していきます。
私の理論はスポーツ選手のみを対象としたものではなく、ビジネスマンや家庭の主婦まで老若男女すべてに当てはまる不変のものです。
指導や講演のご依頼も受け付けています。
実名でツイッターも書いていますので、チェックしてみてください。
また、2013年9月9日にConditioning Studio 操をオープンしました。こちらもご覧ください。
また、遠隔地にお住まいの方を対象とした動き分析とアドバイスを行っています。
詳細は「スタジオ操」のホームページ内の「遠隔サポート」をご覧ください。

最新記事

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カウンター

検索フォーム

QRコード

QR