大きな学びの機会をいただきました。

昨年末、遠隔サポートの申し込みがありました。
実際のサポートが始まったのは先週の土曜日からです。

申し込んでいただいたのは小学2年生でサッカーをやっているお子さんのお父さんからでした。
この方は私の考え方に興味を持っていただき、私の指導を受けたことがあるということが分かった上で、塾生が出している指導DVDを買って実践したり、塾生が行っている講習会にも参加されたことがあるとのことでした。

しかし、子供さんに期待したほどの変化を感じられないため、大元である私の指導を受けてみようという気持ちになっていただいたようでした。

もちろんどんな方からの依頼でも、引き受けるからには同じなのですが、今回はいつも以上に大きな責任というか、なんとか納得していただける、結果に結びつく指導をしなければと気合が入っていました。

改めて遠隔サポートについて書いておきますが、私はこれまでこういう形での指導は行なっていませんでしたし、現実にこのスタイルで結果責任が取れるとも思っていませんでした。

目の前で表情や息遣いまで感じながら、私の発した言葉が正しく伝わっているか、どういう動きをしてくれているか、それが感じられる環境でなければ絶対に指導をしませんでした。

「トレーニングのメニューを作ってくれませんか」、私の仕事を知ると、当たり前のように聞いてくる人があります。
相手もそれほど専門的なことを求めていないことは分かってはいるのですが、こと仕事の分野の話になると中途半端な気持ちで話をすることができず、「例えば料理のレシピを何人かに配って、同じように作ってもらったとしても、同じ味にはならないでしょう。トレーニングも同じなのです、同じ重さ同じ回数を行ってもらったとしても、それを行うフォームや、何よりそれぞれの体が受ける刺激の量が違いますから・・・・・」と、一生懸命話を続けても、ほとんどの方はそんなに本気で質問しているわけじゃないのにと、迷惑そうな顔に変わって行くことがわかります。

ですから、私の知識や経験を誰かのために発揮するという行為は、中途半端な気持ちではしたくないのです。

しかし、こうしてブログを読んでいただいた広島という街から遠い地域にお住まいの方が、なんとか私の指導を受けたいと思っていただいた時、その想いに答える方法はないだろうかと模索した結果が、この遠隔サポートというシステムでした。

仕事として行う以上、当然ですが結果責任というものを常に背負っています。
ですから、依頼していただいてもご要望にお応えできないと判断した場合は、申し訳ないですがお断りさせていただいています。

今回依頼された内容は、一言でいうと息子さんの動きがいわゆる重く見えてシャープさがないというという状況を、今後サッカーを続けて行くためになんとか改善したいいうことでした。

原則として1週間とサポート期間を区切っているため、私からの発信は1日のうちです2度3度となることもあります。

遠隔サポートがこれまで結果に結びついてくれた方々に共通するのは、その発信した内容に対してどう感じたか、どの部分は理解できてどの部分に対して理解ができなかったのかを、まさにキャッチボールのようにやり取りしてくれたことでした。

それはもう楽しいやり取りで、私自身どんな説明をすれば理解してもらえるか、それに対してどんな返事が返ってくるかを予想して次の指示を考えたりと、一つ一つのやり取りが私自身の学びになっていきました。

たんにドリルの動画を送ったり、その説明文を送ったところで、現状のどこに問題があるのか、私が何故そう感じるのかという、私の視点というか人間の動きをみる感性の部分を、お伝えすることができなければ、結局は一方通行で終わることは目に見えています。

何をどう改善しなければならないのか、本当にそれが可能なのか、お互いがワクワクするような気持ちでやり取りができれば、必ず目的に近づくことができると信じています。

今回残念ながら、まだ始まったばかりの状態でサポートが終わってしまいました。
依頼していただいた方の生活というか、私とのやりとりに使える時間が週末しか取れない状況の中で、それを知らない私から一方的に発信を続け、投げたボールが返ってこないことに、何故もっと真剣に取り組んでくれないのかという言葉を使ってしまったため気を悪くされてしまいました。

遠隔サポートを依頼してくるすべての方は、この1週間に賭けてくれている、そんな思い込みが私にあったからです。

事前に状況をしっかり伺っておけば、指導の進め方をいくらでも工夫できたはずです。

直接指導ではない遠隔サポートの難しさを、今日改めて痛感するところとなりました。

折しも、昨年4月に遠隔サポートを受けていただき、夏休みにはご家族で広島まで直接指導を受けにきていただいた悠生くんのお父さんから嬉しいお知らせが届きました。
10歳の悠生くんが、その後も親子でドリルを継続してくれていて、昨日の練習中に「アイドリングしながらだと一歩目の動きが速い、思った通りに動けるというという感触をつかんだ」ということをお父さんに話してくれたそうです。
お父さんからも「理解するまでには時間がかかりましたが、自分で覚えたことは忘れないと思います」という言葉もいただきました。

ほぼ同じタイミングで届いた嬉しいお知らせと残念なお知らせでしたが、私にとっては二つとも本当に有難い内容でした、良い悪いではなく、私に大きな気づきを与えていただいたのですから。

気を悪くされての遠隔サポートの終了ですから、このブログを読んでいただくことはもうないのかもしれませんが、もし読んでいただいて、その先をもう少し続けて聞きたいと思っていただいたとしたら、いつでも結構です、遠慮なくそう仰ってください、喜んでサポートを再開させていただきます。

今回のこと決してマイナスな出来事だとは捉えていません、私にとっての大きな学びの機会を与えていただいたとプラスに捉えています。
私の真剣な思いが少しでも伝わっていたことを信じたいと思います。

スポンサーサイト

一歩踏み出す勇気から(遠隔サポートを受けての変化)

11月17日から2週間に渡って遠隔サポートを受けていただいた「池田剛」さんから感想が届いたのでご紹介します。

池田です。
感想をお送りするのが遅くなってしまい申し訳ありません。
西本さんには本当に感謝しています。

私は40歳を過ぎながらもサッカーに夢中になっており、未だに向上心を強く持っています。

しかし年のせいにしてはいけないのでしょうが、今までと同じやり方では若い子達とやり合うには限界を感じ、新しい事にチャレンジしたいという事と、西本さんのブログを拝見させてもらって「動き作り」というものに興味を持った事が今回の遠隔サポートを依頼するきっかけになりました。

先ずは自分の動きの動画を送って見てもらい、いかに体に負担をかけて動いているか、そしてどう変えていけば良いのかを説明してもらいましたが、長年何の疑問も持たないで続けてきた動作と、西本さんの推奨する体の使い方とで、どれくらいの効率の差があるのかピンと来ませんでした。

しかし、毎日出されるドリルをこなしていくうちに、動作に対する体の感覚が軽いというか楽になっていきました

お手本の動画とそれに対するアドバイスを意識しながら実演してみてもなかなか上手くいかず、動画を見ては実演をひたすら繰り返しました。

特に引っ張り出しドリルの重心が通り過ぎた後に着地ををする感覚を掴むのに苦戦しかなりの時間を費やした記憶が強く残っています。

毎日出される宿題を自分なりに噛み砕いて試行錯誤しながら作った動きの動画を西本さんに見てもらい、答え合わせをしてもらうようなやり取りが楽しい日々でした。

膝が悪いのもあって、サッカーどころか走る事ですら痛みで思い切りプレーが出来ていなかったのですが、西本さんの指導を受けた今では不思議なくらい痛みを感じる事なく走れるようになり、普通に運動が出来る喜びを感じています。

効率の良い動作は、体にも優しいと思いました。

この事が私にとっては、とても大きな収穫だったと思います。
まだまだマスターしたとは言い切れないので、西本さんにご指導頂いた事を繰り返し練習して完成度を高めていきたいと思います。
この度は有難うございました。

今年に入って4名の方に対して遠隔サポートを行いました。
それぞれの方とやりとりした1週間は、私にとっても大きな学びを頂いた貴重な経験となりました。

4名とも私自身が納得できる結果のたどり着いてもらえたかというと、正直そうは言い切れない部分もあります。
それでも直接目の前で指導できないことが最初から分かっている関係の中で、これだけの指導が出来、効果を感じていただけることができたことに私自身が驚いています。

おそらくは申し込みをしていただいた時点で、ここまでの変化を実感できるとは、皆さん思ってもみなかったことではないでしょうか。

申し込みの文章を読ませていただくと、「意を決してとか、勇気を持って」とか、一体何に対する申し込み動機なのだろうという言葉まで書かれていたりします。
もしかしたら同じように一歩を踏み出せずに申し込みを躊躇されている方がいるのかもしれませんね。

一応1週間という期限を区切ってはいますが、指導をさせていただく中で、とくに4人中3人の方には共通点があることに気づき、それを克服してもらうためには1週間では足りないことが分かってきました。

一人は小学生、もう一人は30歳、そしてもう一人は40歳と、年齢はまちまちですが、共通していたのは「膝の痛み」に悩まされているということでした。

サッカーを始めてからの年数はそれぞれですが、小学生であろうと40歳であろうと痛みを抱えながらのサッカーが楽しいはずがありません。

プロの選手であれば、トレーナーという立場のスタッフの手を借りながら、ごまかしごまかしプレーしている選手もたくさんいます。
どこも痛めたことがないという選手はほとんどいないと思います。
「遊びでやっているんじゃない、ぎりぎりのところまで身を削ってプレーしているのだから当然のことだ」、本当にそうでしょうか。

前回の記事に書いた陸上競技の選手のことと同じで、私にはここにも「何故どうして」の気持ちが大きくなっていったのです。
どんなに激しいトレーニングをしようと、筋力トレーニングで肉体改造を行おうと、ケガを減らすことは出来ていないのです。

3人の方にそれぞれ指導したことは、まさに私が提唱している「人間として持って生まれた能力を効率よく発揮するための体の使い方」です。

池田さんも含め、このことをどれだけ言葉で説明されても、いまの状況からどれだけ改善されるのかを、指導のスタートの時点で想像することなどできるはずはなかったと思います。

効果を実感してもらうためには、やはり体が納得した上での頭の理解という順番でないと、最近よく使っている「ワクワク感」がないと思います。

「次に指示されるドリルはどんな動きだろう、早くやってみたいな」と、楽しくて待ちきれないような毎日を過ごしてこそ、日々の変化を実感していただけると思うのです。

以前に紹介したお二人の感想にも書かれていたと思いますが、まさに魔法にかかったように、痛くて走れない、もうサッカーを止めよかと考えていた方たちが、今が一番サッカーが楽しいと嬉々としてボールを追い走り回っているのです。

私はこれまで私の理論をトップレベルの選手に伝えることで、大袈裟ではなく日本のサッカー界や日本のスポーツそのものに対する考え方が大きく変わっていけると思って、発信を続けてきました。

私自身の活動の場はなかなか広がってはいきませんが、私から学んでくれた方たちが、確実に私の考え方を実践し広めてくれたいます。

来シーズンJ2の舞台でフィジカルコーチとして活躍してくれる人もいます。
本人の許可が得られればチームを公表しますので少しお待ちください。

そういうレベルの選手こそ、もう一歩の成長をはたすために本気で取り組んでほしいと思います。

もちろんそこも大事なのですが、遠隔サポートを通じて、それぞれのスポーツを体の故障を理由にやめなければならない選手がいかに多いか、その理由が「体の使い方」という根本的な問題だということもはっきりしています。

そういう人たちを減らさなければいけない、そしてそういう問題を克服した選手たちの中からトップレベルまで駆け上がっていく選手が生まれてこそ、私の考え方が本当の意味で多くの方に理解され、それが当たり前だと思ってもらえる時代が来るのではないかと思います。

今現在そういう状況にある選手はたくさんいると思います。
諦めないでください、私の言葉に耳を傾けてください、私の書いた文章を何度も読み返してください、ヒントになる言葉がきっとあるはずです。

私と真剣に向き合う覚悟があれば、(こういう言葉を使うとまた決心を鈍らせてしまうかもしれませんが)、本気で自分を変えたいともう気持ちがあれば不可能はないと思います。

池田さんもまだまだこれからです、走ることが辛いことではなく楽しいことになり、痛みを恐れることなくプレーできるようになれば、サッカーがもっと楽しくなると思います。

学んでいただいたことをぜひ継続してください。
真剣に向き合い取り組んでいただいたことに感謝します、ありがとうございました。

11月に行った「西本塾」を受講してくれた方からは未だ感想が届いていません。
どう感じたかそれぞれの立場でどう活かして行こうとしているのか、ぜひ聞かせていただきたいと思います。

こういうやりとりが一番楽しいです。

遠隔サポートを受けていただいて以来ご縁が続いている、「長野県の宮澤さん」から近況報告が届きましたのでご紹介します。

直接お会いして指導した方と違い、文字と動画のやりとりだけであったことが、色々な意味で良い結果に結びついているように思います。

それは私から提案された体の使い方や物の考え方に対して、自分で考えて行動しなければならなかったということです。
やるもやらないも、身につくか付かないかも、全ては自分の行動が決めるのです。


手取り足取りの指導は当然できません、宮澤さんの目的に対して、私がいくら真剣に対応したとしても、実行するのは宮澤さんご本人です。

最近話をする時によく使う例えですが、喉が渇いた馬を水場に連れて行ってあげることまでは私の仕事です。
しかし、そこで本当に水を飲むかどうか、またどれくらい飲むかは馬が決めることで、私が関与することはできません。

私が指導させていただいている状況と少し違うのは、受講者が自分の意思で私の所にやって来たという部分です。

そこに来るまでにはそれぞれ様々な思いがあり、言葉として「勇気を持ってとか、思い切って申し込みました」という表現をする方もいます。

だからこそ一週間という期間の中で真剣に向き合い、それぞれの「人生の中で大きな転機となった」とまで言ってくださった方とは、どんな形でもその後のサポートを続けさせて頂きたいと思うのは当然のことです。

そのためには、こうして学んだことを継続して行く中で、近況報告を送って頂くことで、効果を感じていただいた部分、また問題点として浮かび上がって来た部分をお互いに確認することで、何度も直接お会いして指導させていただいた以上の関係が築けるのだと思います。

私も10年以上、会社員としての生活を経験しましたが、最初に指導された「報・連・相」の大切さは、どんな関係にも必要なことだと改めて思っています。

そういう意味では、先週行なった西本塾ですが、参加者4名のうち当初から参加したことを明かしたくないという現役のスポーツ選手を除き、3名の方からの感想が届いていないことは少し残念です。

ただ、お一人はメールではなく、なんと直筆のお手紙で感想を送っていただいたので、加工のしようがなく、私の中だけで読ませていただくことになってしまい、とても残念です。

感想を送っていただくことは強制ではないとはっきり伝えていますので、そのことにとやかく言うつもりはありません。
過去の受講者の中にも、その後全く音沙汰が無いまま、多くの人に伝える活動をしてくれていることを知る機会があり、本当に正しく伝えてくれているのか少し心配しているところです。

では、本気で西本理論を実践してくれている宮澤さんの近況報告です。

ご無沙汰しています。
だいぶ寒くなってきまして信州は先日雪も舞っていました。
ブログ等で西本さんの近況等楽しく拝見させて頂いてます。

さて、本日で今年の公式戦が全て終了しました。本当に今シーズンは、西本さんとの出会い(直接会ってはいませんが)から、自分の中では色々な事が変わり、成長し、希望を得ることができたシーズンでした。
改めて、感謝や近況等お伝えしたく連絡しました。

ドリルの方を引き続き継続していまして、なおかつ、特に3・5・7の5の部分、いかに脱力するかというようなところをここ最近は特に意識していました。

やはり、ハードな練習の後等に、自分の場合は身体のサインとして出てくるのが、ふくらはぎのハリでした。(特に左足)
自分の感覚では、疲れてきた時、ディフェンス時に相手に激しく寄せたい時、前へのダッシュの時。
大きく分けると、こういった時に正しい身体の使い方が出来ない。
または、正しい身体の使い方をやろうとしているも、力みがある。
結果、パフォーマンスとしても居着く瞬間があったりするし、その後に身体のサインとして、ふくらはぎのハリ等が出て来ると感じてます。

5の感覚は、まだ自分の中で掴みきれていませんが、ドリルの中では今まで以上に大袈裟に脱力を意識しています。
自分のイメージは、横や後ろへの動きのドリルであれば、頭の中で「グニャ」とか「クネ」とか、しなやかに、ダンスを踊るようなイメージです。

試合になって、相手に激しく寄せようとすると、自分の場合は、重心が若干低くなっている気がするので、最近色々と試行錯誤しています。

自分の中の最近の意識として、西本理論の要領で加速→アイドリングステイ(ここで重心を落とさない)→さらにアイドリングしながらもジリジリと間合いを詰めていく→相手がどちらかの方向に動いても、重心が高く保たれ、さらに5の感覚でアイドリング出来ていれば、難なく対応出来る。

特にここの重心を落とさない。そして、5の感覚というのが実戦になればなるほど難しいので、ドリルでは極端に意識して取り組んでいます。

自分の中の軸として、西本理論が据わり、それを基準に試行錯誤していく事で、今までで一番成長出来たシーズンでありましたし、これを次に繋げて引き続きやり続けていけば、自然と目に見える結果もついてくるのではという自信が持てました。

また、余談かもしれませんが先日散髪をしに行って最後、背中の辺りをマッサージされた際に、背中が柔らかくてビックリされました(笑)
昔は、少し凝ってますと言われたりしたのですが、フライングバックはもちろん、日々の生活の中でも骨盤を縦に動かすことを常に意識していたりしたことで、姿勢も良くなり、また自然と背中を使えるようになったことがそういった事にも繋がっているのかな⁉︎と思ったりしました。

今シーズンは西本さんとの出会い以外に、本当に色々な事や感じる事が公私ともにここに書ききれないほどあり、実は今後の状況によっては、今シーズンで最後かも……というところでした。

ですが、とりあえずは来シーズン、自分は30歳、そしてサッカーを初めてちょうど20年のシーズン、やります!
チームは降格してしまい、一つ下のカテゴリーでの戦いになります。
チームとして、全勝優勝&昇格はもちろん。
自分のモットーである因果一如の精神でどんな時も目標や自分の理想に向かう今の自分の生き様や成長に拘ってやっていこうと思います。

今年もあとわずかですが、これからもっと寒い時期になります。どうかお身体にお気をつけてお過ごしください。

いかがでしょう、西本塾や直接指導を受けた方でも、ここまで動きの感覚を言葉にできる人は少ないと思います。
これだけのことを言えるほど真剣に継続してくれているでしょうか。

しっかりとした目的を持って継続していなければ、感じることのできない感覚です。
私が指導する側になっている人たちに言いたいのはここなのです。

私の言葉をそのまま受け売りで伝えるのではなく、本当に自分の体がそう思ったことを伝えて欲しいのです。

特に、3・5・7理論の5の感覚に関しては、単なるリラックスとか脱力という言葉では言い表せません。
屈筋であればそういう表現もしやすいのかもしれませんが、問題にしているのは「頑張らないように頑張ってくれている伸筋」の感覚なのですから。

がむしゃらに力むことなく、関節の角度を変えるという目的のために骨を動かすという仕事をしてくれる筋肉、それも常に働き続けてくれている伸筋に対して「5」という感覚を見つけることは、まさに雲をつかむような話です。

今私が言葉として表現するならば、「3の方向へも5の方向へも向かっている感覚のない状態」くらいの言葉にしか出来ません。

完璧に5を目指すことより、別の尺度、例えば顔の表情が強張らないでゆるんだままで動けているとか、視野を狭めることなく頭がクリアに働き続けていることをもって、自分の5の状態を認識するというのはどうでしょうか。

宮澤さんの書かれた言葉は、今まさに真剣に取り組んでいる方々にとっては、私の言葉以上に伝わるものがあると思います。

こうして何度も近況を送っていただいていることに感謝します。

「正しいものは正しい」、その正しさをさらに高めて行くことはこれからも続けていきます。
しかし、それを声高に叫んでいるだけでは誰の心にも届いていきません。

私に向き合ってくれるそれぞれの人に必要な正しいことを、相手の立場に立って伝えられる能力こそ、これから私が磨いていかなければならない能力だと思います。
ブログから私の考えを学んでくれている方々のために、もう一工夫していこうと思います。

3連休を終えて、日常モードに戻らなければなりませんね。

今年の三連休、と言ってももっと長い連休を過ごしている方も多いかもしれませんね。

私のように個人で仕事をしている人間、さらには直接対面でなければ基本的に収入にならない業態の方にとっては、連休を喜んでばかりもいられないのが本音かもしれません。

そうは言いながら、現実として休みと決めたからには、楽しむということも必要だと思えるようになりました。

私個人としてもそうですが、長女とその子供たちに、少しでも楽しい思い出を作ってあげたいと、私なりにお爺ちゃんとしての役割も果たしていこうと思います。

今年の三連休、私にとっても思い出に残る出来事がありました。

まずは初日5月3日ですが、いつもなら登録会員になっているゴルフ場に行くところを、今回は以前にはよく誘っていただいた、呉市にある「郷原カントリー」の一人予約に申し込みラウンドすることにしました。

5年ほど前、送別ゴルフと言うことで、5年来施術とトレーニングに通って頂いていた会社経営の方ご夫婦と、ゴルフ場の研修生と4人でラウンドさせていただいたことがありました。

午前中のインコースで「38」という、もう二度と出せないのではという、ハーフのベストスコアを記録した縁起の良いコースでした。

当然、トータルのベストスコア70台を目指しましたが、午後は力みと緊張で崩れてしまい、目標には届きませんでした。

広島に帰ってきてからは、そのコースに行く機会がなく残念に思っていましたが、今回やっと実現しました。

15番474ヤードパー5、打ち下ろしがありますから、実質はもっと短いと思いますが、ドライバーが芯を食って残りが190ヤード、フェアウェーど真ん中にボールがありました。

左足下がりのライでしたが、打ち下ろしを考慮して175ヤードと見積もり、一番得意とする6番アイアンを振りぬくと、ボールは真っ直ぐピンに向かって飛んで行き、ピンの少し手前で止まるのが見えました。

同伴競技者の方から、「ナイスショット」の声がかかり、続いて「イーグルチャンス」と言われ、そうだここはロングホール、入れたらゴルフ人生17年にして初めてのイーグルと記録できると大興奮でした。

ビビッてしまってショートだけはしたくないと、上りのストレートラインをしっかり打ちきれ、カップのど真ん中から入ってくれました。

動画を撮っておけばよかったねとか、いろいろ言っていただきましたが、もしそんなことをしていたら、たぶん緊張して外してしまったかもしれません。

ホールイン1は経験がありませんが、一生の思い出に残るイーグルになりました。

そして次の日は、近くにある広島競輪場で、子供が遊べるイベントがあるというので長女と一緒に連れて行きましたが、2時から競輪場の中を走る体験会があるということを聞き、子供たちだけでなく私も挑戦させてもらいました。

棄権防止のため、大人と子供が交互に5週、傾斜のあるバンクには上ってはいけないということでしたが、普段経験できない35度の傾斜を見ると、とても素人が上って行く勇気はありませんでした。

それでもロードバイクで2回、そして競輪選手と同じ直結のピストで2回と、本当に良い経験をさせてもらいました。

ピストは直結でもちろんブレーキもありませんので、400mの外周の半分くらいの所からスピードダウンしていかないと、決められたところで止まれないということも経験でき、プロの競輪選手の凄さを改めて実感できました。

もちろん競争しているわけではありませんが、息子のような年回りの若いお父さんたちに負けてはなるかと、ラスト1周は真剣に踏み込み、気分は競輪選手でした。

17年ほど前になるでしょうか、落車で大けがをした地元の選手の、復帰に向けてトレーニングを指導したことがあり、競輪場にも応援に行ったことがありました。

その頃1度だけ、公道ですが少しだけピストに乗せてもらったことがあり、普通の自転車とは全く違うものだということは知っていました。

そして昨日は、広島フラワーフェスティバルの最終日、孫たちの興味を引く手作りコーナーとかがメインでしたが、あまりの天気の良さに疲れてしまい、早々に引き揚げてきました。

3日間とにかく色々なことがあって、私にしては珍しく、仕事のことを忘れて楽しい休日を過ごさせてもらいました。

さて、先日来行っていた遠隔サポートのこと、しっかり整理しておかなければなりません。

詳細はすでに記事として書いてきましたので、今回は送られてきたお父さんからの感想をご紹介します。

一応匿名とさせていただきます。

M田です。

感想メールをお送りするのが遅くなってしまい申し訳ありません。

西本先生、1週間の遠隔指導ありがとうございました。

息子の現状に自分たちではどうしようもなく、だからと言って医者にかかれば済むような問題ではないこともうすうす感じていました。

ですから、ここでダメだったらどうしよう、と最初は半分祈るような気持ちで申し入れのメールをお送りしました。

まず息子のプレー動画を分析してもらい、走り方に根本的な原因があることを指摘されました。

そのことを理論立てて説明されたことで、そこを直せば逆に全てが改善方向に向かうだろうと思えました。

次に送られてきた理論や映像は私にとっては難解でした。

骨や筋肉の名前すら知らないわけですから、先生もさぞ頭を悩ませられたことと思います。

その後も次々と参考動画が送られてきて、すこし頭が混乱しましたが、繰り返し見返すことでなんとかアイドリング、アイドリングからの前進、引っ張り出しまでは理解できるようになったと思います。

過去の経験から、身体と頭がシンクロするには時間がかかることはわかっていますので、理論や実演の動画を繰り返し観て動きをイメージすること、実践してみて違ったところはまた自分の動画を撮ってチェックすることで試行錯誤しながら体得していく考えです。

まだきちんと検証できていませんが、こうかな?とトライしてみた走り方では、太もも前側の筋肉痛が明らかに減りました。楽に走れているような気がします。

反面、胸の前側が筋肉痛になったのですが、これが正しい方向なのかどうかはわかりません。

腕のリラックスが足りないのかもしれません。

息子にも変化が見られました。コツコツと続けることができるタイプですが、日々のFBTはサボらず続けていますし、プレー中も姿勢に気をつけるようになったことを本人からも聞きました。

いまは姿勢が改善されつつあるだけで、走り方を身につけるのはこれからですが、太もも前側の張りが減りましたし、足の痛みを訴えることも少なくなりました。今の方向でトレーニングを継続していくことできっといい方向に向かうだろうという希望を持てたことがとてもありがたいです。

今後、走り方や方向転換を身につけてプレー中も実践できるようになれば、サッカープレーヤーとしての伸びしろが大きくなると信じてトレーニングを継続していきます。

今度は直接指導を受けたいと思います。

ありがとうございました。

息子の感想は改めてお送りします。



今回のサポート対象が10歳のサッカー少年と言うことで、お父さんの協力が不可欠でしたが、真剣に取り組んでくれました。

最初は直接指導受けていただき、その後に遠隔サポートという形をとることが理想だと思っていましたが、1週間、毎日一歩ずつ前進していけるように内容を工夫して、もちろんそれですべてを理解して頂けれとは思っていませんが、それでもこういう形の指導でも、直接指導と同等か、それ以上の指導内容が届けられるかもしれないと思えました。

すべては本人の変わりたい変わらなければという強い気持ちと、サポートするご家族の応援なくしては成立しないことは当然のことです。

1週間と期限を切ることで、お互いに集中して向き合うことができ、これで終わりではなく、今後は少し時間を空けて、少しずつ修正していくサポートが出来たら良いと思っています。

小学生だから、競技レベルの選手だから、どこの誰に相談すればいいのか分からないという選手はたくさんいると思います。

今回のことでこういう形でもお役にたてるという自信が持てました。

希望があればお問い合わせください。

また先日は、16歳で南米でプレーしている選手が、膝の痛みを訴えるも、所属するクラブのメディカルスタッフから理解されないと、40時間プラス国内移動の時間をかけて私を訪ねてくれました。

痛みの改善だけではなく、なぜそうなってしまのか、どうすればそうならないで済むのか、さらには私の提唱する動きを身に付けることで、選手としてのさらなる成長が期待できるのではと、様々な思いを持ってきてくれました。

これは、遠隔サポートを行った10歳の選手と、まったく同じ状況で、まったく同じような指導をすることになりました。

海外の選手に比べ日本の選手の体はどう違うのか、ずっと言い続けている「背中を使えていない」という現実に、指導者はしっかり向き合うべきだと思います。

このことは改めて詳しく書かなければならないと思います。

「私が話しておかなければならないこと」、いつになってもその種は尽きそうもありません。

サッカー少年に対する遠隔サポートが始まりました。

昨年の7月から、LINEアプリを使用して、広島から離れた地域に住んでいる方にも、私の指導を受けてもらえる「遠隔サポート」というシステムを導入しました。

実際に利用してくれたのは、西本塾生で福岡県に住んでいる古賀隆太さんお一人です。

彼は趣味で行っているバドミントンという競技に、西本理論がどう応用されるか、自分のプレーしている動画を見て私がどう感じ、改善点があれば参考にしたいと言ってくれました。

幸い智志がバドミントンの経験者でしたので、私のアイデアを実際にラケットを振って実演してくれた動画でやり取りが出来たので、お互いにとって有益な遠隔サポートになった思いました。

その後は一人二人と問い合わせはありましたが、私自身が確実にお役に立てるという判断ができなかったので、依頼を受けるまでには至りませんでした。

それが今、遠く北陸地方にお住まいの方からの依頼があり、現在進行形で遠隔指導を行っています。

対象は10歳のサッカー少年で、動きを改善して欲しいということでした。

専門知識のないご両親から見ても、彼の動きは他の子供たちと違って見えるし、体の痛みを訴えることに不安を持たれたことがきっかけでした。

5歳ころからサッカーを始めて、小学2年生の時に膝の痛みを訴え、プレー時にはサポーターが手放せなくなったそうです。

このままでは大好きなサッカーが続けられなくなるのではないか、体の動きも力任せで固く見え、技術的な向上も難しいのではとご両親は考えられたようです。

こういう相談の場合、子供さん本人は私のことは知らず、ご両親が心配していろいろ調べて行くうちに私の存在に行き着いたということだと思います。

ですからまず確認したのは、彼自身が現状に危機感を持ち、何とか改善できないかという強い気持ちを持ってくれているかということでした。

さらには本人自身が、私の指導を受けてみようと希望してくれなければ何も始まりません。

そういう問題をクリアし、いよいよ遠隔サポートを始めることにしました。

規定通りの手順を踏んでいただき、プレーしている動画を送ってもらいました。

それに対して私の意見や改善点をアドバイスするというのが、遠隔サポートの趣旨です。

しかし、動画を見てそんな簡単な問題ではないと思いました。

遠隔サポートどころか直接来ていただいたとしても、痛みを改善するための施術から始まって、なぜこういう状態になってしまったのかを説明し、何をどう変えて行けば痛み出ない動きが出来るようになるのか、さらには自分が思い描く良いプレーが出来るようになるのか、1回2回でどうにかなる状況ではないと感じました。

医療系の資格を持ち、最低限の解剖学の知識がある人たちに対してなら、私の理論もある程度は理解しやすいと思います。

それが一般の方に遠隔サポートでとなったら、何をどう伝えて行けばいいのか、正直動画を見て大変なことを引き受けてしまったと思いました。

しかし、こういう方に対して私の理論や実践方法がお役に立てなければ、遠隔サポートなどと聞こえの良いシステムなど意味を成しません。

もし直接指導を受けに来ていただいたとしても、その場限りになってしまうことの方が多いことを考えると、これは私にとっても新たな挑戦だと気持ちが高ぶってきました。

正しいことを伝えているつもりです、なぜ私の言うとおりにしないのですか、こうすればこうなるのに、継続すれば必ず良くなっていくのに、これまで何度も歯がゆい気持ちを繰り返してきました。

これでは私の独りよがりで、本当の意味で誰かのお役に立てていることにはなりません。

今スタートして3日目です、最初の動画を見た感想には、彼が自分の動きを見て本当にこのままではダメだという危機感をもったかどうかを知らせてくださいと書きました。

次のやり取りでは、「一般的に行われている走るという行為の体の使い方の問題点」と、「私が提唱する体の使い方の違いとその利点」、さらには「動画で確認した彼の動きの問題点」を整理し、ホワイトボードに書いて図解したものを写真に撮って送り、それを見て頂きながら昨夜直接LINEでお話しして説明しました。

対象は10歳の子供ですし、これからずっと関わって行くのは私ではなくご両親ですから、お父さんに理解していただかなければ、成長していく本人を変えていくことは出来ません。

私が彼と直接話をするのではなく、私から学んだことをお父さんの言葉で伝えてもらって、そのやり取りを聞いたうえで次の作戦を進めています。

筋肉の収縮には、まさに宇宙を探検するような奥深さを感じています。

それをどう分かりやすく伝え、役に立つものにしていくのか、まだ始まったばかりですが、直接指導では味わえない今までには感じたことがない不思議なやりがいを感じています。

昨日のやり取りで次のステップに進めることになりました、FBTです。

姿勢の問題は頭でどんなに意識しようと、背骨のS字を作ってくれる広背筋の機能を目覚めさせることができなければ、改善することは出来ません。

まずはFBTの意義と正しいやり方をマスターしていただいて、これをやり続ければきっといいことがあるんだと、親子共々分かってもらうことです。

当初私に期待していただいた、膝の痛みにどう対処すればいいのかとか、滑らかな動きがどうやったら出来るようになるのかという目的に対して、私が持っている答えを、こうすればいいですよとすぐに見せることは簡単なことです。

ただそれでは絶対お役に立てることは出来ません。

今進めている段階を踏みながら、ご両親と彼本人の理解を確認しながら、少しずつ進めて行こうと思っています。

そして必ず期待に応える結果を出してあげられると思っています。

こういう過程を経ながら、試行錯誤しながら目標に向かって親子で進んで行ける、とても羨ましいと思います。

いくつになっても子どもは子ども、私も親としてつくづくそう思います。

それがまだまだ10歳という年齢ならば、親としてできる限りのことをしてあげたいと思うのは当然のことだと思います。

これからの将来の道筋を作る「夢先案内人」でありたいと私自身は思っていますが、こういう親御さんに的確なアドバイスができる、親世代の応援団でもありたいと思います。


そしていつか直接指導をさせていただく機会があれば、いきなり広島に来て指導を受け、その場限りになってしまうよりも、さらに深い理解と成長のお手伝いができると思います。

今回の遠隔サポート、とてもやりがいを感じています、色々なことに自分の能力を発揮させていただけることに感謝です。

精一杯知恵を絞って、お役に立ちたいと思います。


プロフィール

Author:西本 直
1993年、Jリーグサンフレッチェ広島を皮切りに、社会人野球三菱重工広島・協和発酵・ヴィッセル神戸・川崎フロンターレ、そして広島カープ佐々岡真司投手など、プロアマ問わず競技レベルのスポーツ選手から一般の方まで、トレーニングやメンテナンスの指導を行ってきました。
その経験と知識の蓄積を「西本理論」としてまとめ、一人でも多くの方に実践していただくことが、これからの私の使命であると信じ、このブログから発信していきます。
私の理論はスポーツ選手のみを対象としたものではなく、ビジネスマンや家庭の主婦まで老若男女すべてに当てはまる不変のものです。
指導や講演のご依頼も受け付けています。
実名でツイッターも書いていますので、チェックしてみてください。
2013年9月9日にConditioning Studio 操をオープンしました。
また、遠隔地にお住まいの方を対象とした動き分析とアドバイスを行っています。
詳細は「スタジオ操」のホームページ内の「遠隔サポート」をご覧ください。
今年は「西本塾」3月10・11日と9月8・9日に、「深める会」を4月8日と10月7日に、そして「走り方錬成会」を12月29日に予定しています。
詳細はStudio操ホームページ内の「講習会情報」をご覧ください.
「1回5分体が喜ぶ健康術」はアマゾンで在庫切れのことが多く、購入希望の方にはご迷惑をおかけしています。
出版元からの購入は可能ですので、ガリバープロダクツ(代)082-240-0768までお問い合わせください。

最新記事

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カウンター

検索フォーム

QRコード

QR

フリーエリア

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51P40WM8EQL.jpg