動きを見るということ

先ほどNumberを買ってきて、自分のインタビュー記事のところをとりあえず読みました。
この記事も、先日ご紹介したスポーツライターの木崎さんの手によるものです。
彼は今ロシアで本田選手を追って取材中とのことです。

今回のことも、彼との何気ないはない話の中から、私が選手の動きを体の使い方と関連づけて話をした時に、こんな視点は今まで聞いたことがなく斬新で、なるほどと思わせる説得力があると言ってくれて、機会を作って是非こういう 企画を実現させましょうということになっていきました。

程なくメッシやネイマール等、6人の選手について分析しておいてくださいという連絡があり、今回の記事に繋がっていきました。

私が人間の体そのものと、スポーツ動作の関係を意識し始めたのは、20数年前サラリーマンをやめ故郷宇和島に帰り、開業してしばらく経った頃でした。

まだまだ駆け出しだった私を、本当に信頼してくれて大事な選手のコンディショニングを任せてくれた、現在八幡浜高校の陸上部を指導されている岩川英俊先生との出会いからでした。

彼は数年前から広島で行われている、全国都道府県対抗駅伝の愛媛県チームの監督もされています。

お互いにまだまだ若く指導も手探りだったと思いますが、その頃指導されていた愛媛県最南端、いや最西端の南宇和高校で指導をされている時に出会いました。

宇和島から車で1時間以上もかかるところに学校があり、高知との県境までは数分といった場所です。

冬の高校駅伝の県予選を控え、代表選手を選ぶ際に、最後の一人を決めることに最後まで悩んでいました。
2年生か3年生のどちらを選ぶかだったと思います。

実力は甲乙つけ難く、最終的には記録会を行って公平に勝者を選手として選ぶということになったようです。

選手たちは大会一ヶ月前くらいから、どこか故障がなくても、週に一度は私の施設を訪れケアを受けることになっていました。

もちろんその二人は、少しでも良い状態で記録会に臨むために、他の選手以上に真剣に私のケアを受け話を聞いてくれていました。

3年生の選手が直前に訪れた時、「体調も良いし体も軽いのに記録が落ちてしまって焦っています」と言ってきました。

その時、体をチェックして気付いたのは背中の筋肉の張りでした、今思えばまさに広背筋だったと思います。

長距離選手ですから同じ姿勢をずっと保ちながら走り続けます。

足に不安さえなければ練習量を増やせますし、強度も上げることができたのでしょう、それでも記録が伸びてこないことに不安を感じていました。

まだ今のように理論だてて説明することができなかったのですが、この背中の丸みがストライドを縮め記録が伸びない原因ではないかと思い、操体法によって全身を整え、とくに背中側に関しては念入りに本人の意識も確認しながら施術を行っていきました。

施術後、外に出て少し走らせてみると、明らかに楽そうに走っているのが分かりました。

一緒に来た選手にも聞いてみると、そう言われればここ最近は少し猫背になっていたように思いますと、言ってくれ、今見ている走り方が彼の本来の走り方だとも言ってくれました。

本人も気を良くして残りの期間全力を尽くして練習しましたが、記録会で2年生に僅差で敗れ補欠に回ることになりました。

しかし、やり切ったという思いから、予選の時も補助としてしっかりサポート役に徹していた姿が忘れられません。

努力が全て実らないのは、どんな世界でも仕方が無いことで、その過程を立派にやり通したことが彼を育てたのだと思います。

その後、県大会で2位となり、全国大会は逃しましたが、その後行われた四国大会では選手として出場を果たし、立派な記録で監督の期待に応えてくれました。

思い出話になってしまいましたが、普段接することがない彼らでも、体を見て動かすことによって、たくさんの情報が得られアドバイスができることが自信になりました。

その後サンフレッチェ広島にトレーナーとして加わってからも、リハビリにおけるトレーニングや様々な局面でのトレーニングにもその視点は持ち続け、それが操体法からオクタントトレーニングに発展したり、体作りから動きづくりへとトレーニングの方向性が変わって行く基礎になって行ったのだと思います。

今回も、何人かの選手の名前があがりましたが、その直前に西本塾一期生で今治でサッカースクールを運営する 笠原さんから、イニエスタとプジョルという、正反対のタイプの体の使い方をする選手の動きの違いについて質問を受け、すでに分析というか、こういう視点で見ればいいんだということが事前に分かっていて、さらにツイッターでもタウソンさんからも「イニエスタは重心移動が上手なんですよね」というヒントもいただいており、木崎さんのご期待に沿える話が出来るのではと準備していました。

編集担当の方と木崎さんのお二人で広島に来られ、ビデオでも見ながら分析結果をお話しするのかと思ったら、私が準備した内容をとりあえず話してみてくれということになり、途中途中質問を受けながら、結局私が一人で実演を交えながら、喋り続けてしまうことになりましたが、その内容はお二人の期待をはるかに超えていたようで、十分これで記事になりますと言っていただくことができました。

私の視点の中心となったのは、やはり背中を使えているかということです。

抽象的な言い方ですが、背筋が伸びて姿勢が良く見えるということは、広背筋を中心とした背中側の筋肉がきちんと機能していて、骨盤の角度がしっかり起こされ、股関節の自由度が増します。

自由度が増すということは、走る止まる蹴ると言ったサッカーの基本動作がやりやすくなるということです。

関節を伸ばす伸筋が使いやすくなり、筋肉の疲労も猫背で屈筋に動きを依存する使い方よりも疲労は明らかに少なくなるはずです。

そういう意味で指定された6人の中では圧倒的にエジル選手の使い方が理に適っていて美しく見えました。

イニエスタ選手も同じ理由で素晴らしい動きだと思います。

メッシ選手とルーニー選手は、少しタイプは違いますが、分類するとすれば同じグループに入ると思います。

背中側というより前側の屈筋の使い方に特徴がありました。

もちろん背中側を使った方が良いと思われる局面では、きちんと背中が機能しています、それに加えてゴール前の密集地帯や、小さく鋭いキックが必要な局面では屈筋をうまく使うという、使い分けができているのです、流石としか言いようがありません。

そしてどちらにも入らなかったのがブラジルのネイマール選手となったわけです。

こういう視点というか分析の仕方をする人は今までいなかったようで、チームとして個人として私の分析を参考にしてもらえば、さらに能力を向上させることができるのではないかと思っています。

決してこれがいいこれがダメという分析ではなく、自分でも気づいていなかった自分の体の動き方の特徴を知ることは、プレーに生かされ、今後の成長に役立のではないでしょうか。

そこから長所として発展させる部分や、改善点も見つかると思います。

戦術のスカウティングではなく、動作のスカウティングという発想は面白いと思います。

もちろん相手選手の動作の特徴を知れば、対応策も見えてくるでしょうね。

チームとして個人として、私の視点を生かして、使ってくれるところがあれば面白い結果が出せると思うのですが。

それにしても面白い仕事をさせていただきました。

Numberぜひ読んで見てください。

それから、ブログを読んでいただいている方の数は少しずつ増えてきて、書いていてとてもありがたく励みになっています。

この下にブログ拍手というポッチがあるのですが、感想やコメントはいただけなくても、面白かったと思って頂けたらポチッとしていただけたら嬉しいです。

数が多いからと言って何かあるわけではありませんが、みんなどう思って読んでくれているんだろうなと、ふと思ってしまいます。

よろしくお願いします。
スポンサーサイト

操体法のこと

昨日のゴルフは残念な結果となってしまいました。
天気予報がピタリとあたり、明け方前から雨が降り続き、私より一回り上の方ばかりのコンペなので、幹事さんから中止の連絡があるのではと、スマホをBluetoothで接続して車を走らせました。

到着しても雨が弱まる気配はありません。
他のグループの方も中止にするか検討されていました。

そこに幹事さんが到着し、アメダスの画像を見ながら午後にはあがるだろうから予定通りコンペを行うことになりました。

ところが4人組乗り合わせてやってくる1台が到着せず、結局その4人はスタートに間に合わず、雨も酷いからと帰ってしまわれたそうです。

基本的にゴルファーは、予約した限りはゴルフ場からクローズの連絡がない限り、自分の判断で中止にしたり来なかったりするとキャンセル料が課せられることになっています。

一時お客さんが減って、そこまでやるとさらにお客を失うとゴルフ場の方が弱気になって、急なキャンセルでもキャンセル料を取らなくなったようです。

しかし、大雪や雷でもない限りゴルフ場がクローズになることは基本的にないわけで、予約をして来ないというのはやはりルール違反なのです。

以前Twitterで指摘したプロゴルファーの喫煙の問題にしても、紳士のスポーツと自認しているゴルファーの皆さんのルール以前のマナーに反する行為は、目に余るものがあると思います。

練習場に行っても、駐車区域外のクラブハウスに近いスペースに堂々と停めているのはいわゆる高級車ばかりです。

私は性格なのか、そういう行為がやたらと気になってしまいます。

どんなことにもルールがありマナーがあります。
その範囲の中で楽しんでこそ、お互いが気持ち良く楽しめる時間を共有できるはずです。

成績のことはあまりの悪天候で、前日の言い訳通りになってしまい、恥ずかしながらご報告ができません。
3人で回らせてもらいましたが、気持ち良く楽しく回らせて頂きました。

さて、このところ私の仕事というかブログや雑誌の記事の内容もサッカーづいていますが、もちらん私はサッカー自体を語る専門家ではありません。

第二回の西本塾に参加を予定していただいている方々のお仕事もサッカー関係者の方がほとんどとなっています。

たまたまそういう流れでサッカーが身近になっていますが、本来ならば野球やゴルフその他様々な競技の関係者や、一般の方にも参加していただきたいと思っています。

定員にはまだ余裕がありますので、ぜひご参加いただければと思っています。

私が体の動きを分析したり、体作りではなく動き作りのためのトレーニングが重要であるという考えに辿り着いたのも、元はと言えば私が「操体法」に出会、と言うより師である渡辺栄三先生に出会っていなければ、こういう発想をすることはできなかったと思っています。

「操体法」ってなんですか?という素朴な質問を受けることがあります。

真剣にその答えを書いて行くと、それこそ一冊の本を書かなければなりませんので、相手が操体法のどの部分を聞いているのかをはかって答えを用意することにしています。

ほとんどの場合は、
「一般的に言われている整体術の一種で国で認められた資格制度の範疇には入っていませんが、生きていらっしゃれば100歳をはるかに越えられた、仙台の医師橋本敬三先生が、日本古来の整体術等を研究され、体系化したものです。
その施術方法は、他のやり方とは一線を画し、施術を受ける方の感覚を重視し、受け身ではなく自ら動くことで体の変化を確認できるものです。
さらに、痛みを我慢するだとか怖い思いをすると言ったことは一切ありませんので安心して施術を受けることができます。」
とこんな感じで説明します。

これでも十分長いですかね。

この操体法を学び始めた時最も驚いたというか不思議に感じたのは、腰痛の時はこうするとか、肩こりの人にはこういう操法をするといった、ある種当たり前だと思われる指導が全くされなかったのです。

これは渡辺先生流の指導だったのだと思います。

いつも例に出す、大きな赤い飴玉を引くテクニックを学ぶつもりで参加した人たちはすぐに離れて行ってしまいました。

私が長くおつき合いをいただけたのは、その型にはめないというより、形なんかどうでもいいんだよという懐の広さに惹かれたからだと思います。

事実、現在様々な症状の方に施術を行う時、全てが応用で元の形を忘れてしまうこともあります。

目指すところは、相手の体になり切って、その感覚までも共有し、痛みを抱えた体のどこなら動いてもいいよ、動かしてみたいよと言ってくれるているのか、こちらの独りよがりの決めつけではなく、もつれた糸をほぐすように丁寧に話しかけていくと、良くなりたくないと思っている体はないわけですから、少しずつ少しずつほぐれて緩んでいくのが、まさに言葉通り手に取るように分かっていくのです。

体のどこに働きかければどこを通って全身にどう伝わって行くか、痛みのある場所から相手の意識をそらすために、どういう言葉で誘導してあげれば安心して動いてくれるのか。

そういうことを繰り返してきた結果が、スポーツ選手の動きの分析といった、全く別の分野のようなところと、実は直結していたというわけです。

「サッカーもやったことがないのに、野球だってたいした結果も残せていないのに、なぜお前にそんなことがわかるのだ」人に言われる前に自分でもそう思うことがあります。

しかし、渡辺先生から授かった人の動きを感覚で捉えるという視点を通して人間の動きを見ると、全てが共通の仕組みによることが分かるのです。

それにプラスして、それぞれの体型があり筋力があり技術があるといことを踏まえて分析すればはっきり見えてくるものがあるのです。

この感覚を現場に活かすことができればさらに効果的なトレーニングができ、動きの質を向上させられるのは間違いありません。

操体法という、整体術の一流派のような捉え方から離れ、橋本先生が気づき体系化された体の仕組みと、渡辺先生から受け継いだ感覚の世界、さらに私が経験してきたたくさんの事実を、もっともっと活かす術を探って行きたいと思います。

昨年後半には、もう現場の仕事はいいと本気で思っていましたが、今年の失敗から学んだことは大きく、まだまだやらなければという意欲だけは回復しましたが、それを発揮させてくれる環境は現れるのでしょうか。

これは頑張らなければ

今日は二回目のブログの更新となります。
ブログを書き始めてから初めてのことかもしれません。

先ほど書いた質問についての私の考え方が、皆さんにどう受け取られるのか、少し心配なところもありましたが、そのすぐ後に頂いたお二人からのコメントには、明日に先延ばしせず、今書かなければという気持ちになりました。

実は先ほどまで近くのショッピングセンターに買い物に行っておりました。

恥ずかしながらユニクロの創業祭というものがあって、割引になる金券を持っていたので家内と二人この時を逃してなるものかと出かけて行ったのです。

そこへコメントが届きました。

さらに明日は、今月唯一のゴルフのコンペがあって、普段から早寝早起きの私が、さらに早く寝ようと準備していましたが、やはり今書かねばとパソコンを開いています。

まずは、いつも応援していただいている福田さんからのコメントです。

本当に良いことを質問していただいたので、了解をいただかないままに掲載させていただきました、お許しください。

こんにちは。サッカーマガジン買いました。
正直、読んだのは大久保選手と西本さんのところだけで、他はまだです。
他はあまり興味が無い.......すみません。
読んでいて気がついたことがあります。まず、キックの時に伸筋を意識する。ゴルフスイングと同じとありました。
ゴルフスイングと聞いてイメージしやすかったです。
でも、蹴る時に伸筋と言うのは解り易いかもしれません。
よくフィニッシュやフォロースルーを大きくとか大事にとか言いますが伸筋を意識してと言うのは一番解り易いです。
これを27年前に聞いていたらラグビーボールをもう少しうまく蹴れたかもしれません。
そして二番目が広背筋です。
これはイメージも出来ませんが、上半身と腰から下をうまく繋ぐ大事な筋肉ですか?
私は股関節を意識(最近出来ているのか不安と不信)して歩くようにしていますが、肩甲骨と連動した動きとなるとイメージ出来ません。
明日の通勤時から試してみますが、実は、股関節にしても肩甲骨にしてもある程度の速度と動きがないと機能しないのでは無いかと言う気がしてきました。
例えば早足で歩くとスムーズだけれど普通の速度では最近は出来ているのかいないのか解らなくなってきました。
階段もスムーズではありません。
最初は楽だったのですが、どこか勘違いしているのでしょうね。
勘違いついでに質問させてください、四足歩行のトレーニングは有効でしょうか。
普段の生活に操体法を取り入れたいと始めましたが、運動にも興味が湧いてきましたので時々このような文章をお送りしています。
これからもなるべく「やって」みながら読ませていただきたいと考えています、よろしくお願いいたします。


実は私も福田さんと同じで、嘉人の記事と私のところしか読んでおりません(笑)

まずはキックに際の伸筋の使い方はゴルフのスイングと同じ、という所は、ゴルフのトップオブスイングの右利きで言えば左肘が伸びて右肘がたたまれている状態のことですが、アドレスからトップの位置まで持ってくるときに、右肘を曲げるたたむというイメージではなく、トップの位置から切り替えしてダウンスイングに入り、インパクトに向かって右肘を伸ばすための準備動作として意識すると、トップの位置で力むことなくスムーズにスイングが進行するということを言いたいのです。

インパクト時には、厳密には右肘は伸びきっていません、あんな小さなゴルフボールですが、インパクトの衝撃は想像以上で、素振りで出せるヘッドスピードなら60近くでますが、実際にボールを打つと53とか54という数字に落ちます。

そのためインパクト時には、右肘は伸びきらずボールを押せる角度が必要となります。

ただその後はしっかり伸びていきますので、伸ばすための準備という表現は間違っていないと思います。

次は広背筋の問題です。

説明が不十分で申し訳ないのですが、福田さんが意識していただいている股関節と肩甲骨の連動を主に担当しているのが、実は広背筋なのです。

広背筋の起始(筋肉の端と端を言い表す言葉で、体の中心部分の側を起始、末端側を基本的に停止と呼びます)が、下半身に分類される腸骨稜の後ろ1/3部、第7胸椎から第12胸椎、椎骨の棘突起および胸腰筋膜、第9から12肋骨部と肩甲骨の下角であり、停止が上腕骨の小結節稜であることが大きな意味を持っています。

この位置を正確に理解している人は少なく、専門的な勉強をしている人でもすぐには答えられないと思いますが、大事なことは、広背筋がきちんと収縮してくれなければ、骨盤がきちんと起こせず、いわゆる腰が落ちているとか骨盤が後傾しているという状態になり、股関節が正しく機能できないことになります。

広背筋が正しく収縮すると、骨盤が正しく前傾し、背骨のS字カーブがきちんと描かれ、上部の肩甲骨が下部内側側に引き寄せやすくなり、いわゆる良い姿勢になります。

そして停止部分が上腕骨部にあるために、上腕部を体幹部の後方へ引かれる状態になります。

ボートを漕いでオールを引ききったときの姿勢です。

言葉としては間違っていますが、胸を張って(胸を張るは間違いで、背中が縮んでいるが正しい表現だと思います)肘を引ききった形を作ってくれているのが広背筋です。

ですから歩く時走る時、背中が伸びて上腕部分が後ろにのみ引かれているように見えるのが、体にとって自然で無理のない姿勢ということになります。

来週発売のNumberの記事で、私がイチオシであると褒めたのが、その動きを体現しているイニエスタでありエジルなのです。

この走り方については、西本塾でしっかりお伝えしようと準備しています。

ゆっくり歩く時に股関節と肩甲骨の連動が意識しにくいとのことですが、それをつなぐ背骨を意識し、その背骨をしっかり起こしてくれる広背筋を意識することでおのずと三者の連携連動が起こってきます。

ですから、腕は振るものではなく広背筋によって後方に引かれているだけと思ってください。

そうすればゆっくりでも連動が意識できると思います。

膝をついての四足歩行、赤ちゃんのハイハイ動作ですが、ご自宅でなら恥ずかしくなくできると思います。

まっすぐ進んだり方向を変えたり、背中を反らしたり丸めたり、また体全体で左右に振り向いたりと、様々な動きの中で本来の人間に備わった動きが覚醒してくるはずです、お試し下さい。                             

続いては、初めてコメントをいただいた愛知県のジュニアサッカー指導者さんからのご質問です。

ボールを蹴ること
こんにちは、私愛知県でサッカーの指導者をしております。
いつもブログを楽しみに読ませていただいているのと同時に西本さんの理論に引き込まれ、早くブログが更新されないかと見るのが日課となりました。
さて、タイトルの事でゾーンにシュートに関する記事が載っておりました。非常に分かりやすく、日本人がよく言われるようにシュートをふかしてしまうのはなるほどそういうことか、と納得しましたが、その後思い当たることがありまして質問させていただきます。
インサイドキックなどの日本人のパススピードは海外の選手に比べると遅いと言われています。
確かに海外の試合などを見ていましてもパススピードの違いは感じますし、逆に日本人選手は強いパスを通そうとすればするほど相手選手に読まれパスカットされる確率が高いように見受けられます。
もちろん駆け引き等の戦術の事もあるとは思いますが、どうしても日本の選手のキックは力んでいる印象です。
これは屈筋と伸筋の使い方や股関節と肩甲骨の連動に問題があるのでしょうか。
サッカーの指導現場では「軸足を強く踏み込んで!」とか「強くボールを押し出して!」というような言葉を使ったりもしますが、最近逆効果な気がしてなりません。


コメントありがとうございます、こういう質問を待っていましたという感じです。

まずは私のブログの更新を楽しみにしていただいているとのこと、毎日は無理ですが題材を見つけては私の思いを発信していますので、これからもよろしくお願いします。

そしてこういう質問をしていただければ、自分の頭を整理する良い機会になりますので頑張ってお答えをしたいと思います。

そう言っておいてなんですが、ここで何でも答えてしまっては、西本塾を行う意味がなくなるかもしれませんね、でも言葉では説明できない部分もありますので、西本塾もよろしくお願いします(笑)

さて、キックの強さと正確性と身体の使い方の関係の問題です。

実は私も同じ感想を持ちました、初めてサッカーにかかわった1993年Jリーグ開幕を控えて、サンフレッチェ広島のトレーナーとして初めてスウェーデンにトレーニングに行った時のことです。

体育の時間しかボールを蹴ったことがないまったくの素人でしたが、日本もプロリーグができその一員たるチームなのだから、それは凄いレベルの選手がたくさんいて、海外の選手たちとも見劣りすることはないのだろうと思っていました。

目の前で練習している選手たちの動きこそがプロのレベルなのだと信じて疑いませんでした。

ところがスウェーデンで行われた練習試合で見た光景は、まったくイメージと違っていました。

相手は今の日本で言えば、J2かさらにもっと下のレベルのチームだったかもしれません。

それが体は大きい足は速いボールスピードはまるでシュートをするかのような勢いのパスが行きかうのですから、我が目を疑いました。

その時からすでに外国人の選手に対抗するには、今までのようなトレーニングの方向性では太刀打ちできないと考えるようになりました。

そして生まれた言葉が「体作りから動き作りへ」というキーワードになって、私が生涯をかけて追及するテーマになったのです。

日本人は屈筋をうまく使うことにたけています。

のこぎりや包丁は引いて切れるようにできています。

欧米の押して切るのこぎりとは全く逆の発想です。

そのおかげで細かい細工や繊細な技術に関しては、あっという間に欧米に追い付き追い越せになっていけたのだと思います。

ただスポーツに関しては、その屈筋を使うことがあだになっていることが多いのです。

最初の質問にお答えしたように、広背筋をうまく使えることで欧米人は背中がすっと伸びて骨盤が起きています。

そのために股関節が本来の機能を発揮しやすく(骨盤が大腿骨との関節部分・股関節の角度を保ち、邪魔をしていないという意味です)大腿骨から膝下まで大きな動きが可能となります。

陸上選手の走りを見比べていただければ違いが分かると思います、特に長距離選手は顕著です。

そうするとボールを蹴る際にも、全身が柔らかく鞭のようにしなってボールに力を加えることができる欧米人と、猫背で腰が落ち前側の筋肉(屈筋)を主に使ってボールを蹴っている日本人とでは、ボールに伝えられる力が当然違う訳ですから、ボールスピードや飛距離にも違いが出てくるのは当然ではないかと思うのです。

では欧米人は伸筋だけを使うのか、もちろんそうではありません。

ボールをとらえる瞬間に伸筋から屈筋への微妙な受け渡しがあって、表現が難しいのですが、大きくゆったり踏み込んでおいて、蹴り足がボールをとらえる瞬間に、胸筋や腹筋といった前側の筋肉をきゅっと締めるようにして力を瞬間的に集め、強さと方向性を兼ね備えたキックが可能になっているのではないかと思うのです。

日本人の場合は、前段の背中側の筋肉をうまく使えておらず、最初から屈筋ありきで強く踏み込めだとか強く蹴れという言葉で、屈筋に対して意識が行くような指導をしてしまっているのではないかと思うのです。

そのためには、背中側に筋肉がきちんと機能してくれるようになるための、意識付けのトレーニングが必要となるのです。

単純に広背筋を鍛えるというのとは意味が違います。

試合後のユニフォーム交換の際、外国人選手の上半身裸の姿は後ろから見ると背中が張っていてとても大きく見えます。

対して日本人選手は背中も胸も貧弱な選手が多いと思います。

だから大きくしようではだめなのです。

きちんと機能してくれるためのトレーニング、「体作りではなく動き作りのためのトレーニング」、このことを訴え続けているのです。

私が実際に見た選手の中でボールを遠くに強く蹴ることができた選手は、サンフレッチェ広島からヴィッセル神戸に移り、現役を引退後はいくつかのチームで監督を務め、残念ながら今季途中で栃木の監督を辞任した「松田浩」元選手です。

親しくさせてもらっていたのでいまでも「松っつぁん」と呼んでいますが、彼が神戸のコーチ時代、練習場のセンター部分からゴール後方のフェンスを越えるキックを蹴っていたのをはっきりと覚えています。

残念ながら現役の選手は誰も越えませんでした、あのキック力がJリーグ開幕の年に彼が放った35メートルだか45メートル弾と呼ばれたロングシュートを生んだのだと思います。

彼は今思えば普段からとても姿勢が良かったです、監督としてスーツ姿で指揮を執る姿も絵になっていました。

そういう所からも普段の姿勢が良い選手の方が強く早いボールを蹴りやすいということになると思います。

ボールを蹴るのは確かに足ですが、足は股関節部分から下です。

その股関節を安定させているのが背中の筋肉で、肩甲骨との連動でさらに動きを高め、上腕骨とつながっていることで腕を後ろに振ることでさらにその連動性を高めている。

いかがですか、体って面白いでしょ。

こんなことばかり考えているうちに歳をとって55歳になりましたが、まだまだ考えれば考えるほど面白い部分が次から次へと顔を出して、もっと勉強しろと背中を押されています。(ダジャレみたいですね)

本当に答えがいのある質問をしていただいたので、こんな時間になりました。

せっかくのゴルフも明日は雨の予報です、間違いなさそうです。

雨男ではないつもりですが、どんな条件でもスコアを作らなければならないのがゴルフというスポーツです。

雨は得意ではありませんが、行く前から言い訳をしても仕方がないのでとりあえず頑張ってきます。

いつもならとっくに寝ている時間でかなり眠たいです。

それではおやすみなさい。

ついにこんな質問が

タウソンさんからこんなコメントが入りました。

『サッカーマガジン「ゾーン」で大久保選手が言っていた筋トレがどういうことなのか分からなかったので教えていただきたいです』

原文どおりです。

この短いコメントをどう捉えたらよいのでしょうか。

サッカーマガジンの誌面で、大久保嘉人選手のインタビュー記事の後ろに、私のトレーニングに関しての考え方が、5つの章に分けてまとめられています。

私はこの記事に関して、読んでいただいた方からの感想やご意見をいただきたいと、このブログにもツイッターにも書きました。

私は初対面の人から、ある程度面識のある方まで、私がどういう仕事をしている人間かを知ると、必ずと言っていいほど体に関することやトレーニングに関する内容の質問を受けます。

それに対しては、失礼の無いようにできる限り詳しくお役にたてる内容のことをお話しするようにしてきました。

しかし、そのほとんどの場合、そんな専門的なことを聞いても分からない、もっと簡単なやり方はないのですかと、自分から質問をしておいていやな顔をされたりしました。

そのうち初対面の人には自分の仕事の話はしないようになりました。

また、私が答えてあげなければならない、私に質問をする権利というか立場にある人にも、こう言うようになりました。

「人にものを尋ねる時は、そのテーマに対して自分の考えをまず伝えてください、またそれに対して自分がどうアプローチして、どういう結果になっているのか、それも話してください。そのやり方に対して私の意見を求めるとか、そのテーマに対しての私のやり方をできる限り事前に調べ、それに対しての疑問や質問を私に対してぶつけてください、と言うことにしています。

今年こんなことがありました。

練習が終わって、クラブハウスに戻ろうとする私に、練習を見学に来てくれていた高校生のグループの一人が話しかけてきました。

近くの高校のサッカー部員だそうです。

「僕足が遅いんですけど、どうやったら速くなりますか」

と、ぶっきらぼうに質問を投げつけてきました。

先ほどの言にもとづけば、

「君の質問は質問になっていない、小学生が聞いてくるならまだ答えようもあるが、高校生の君が質問するならもっと他に聞き方があるんじゃないのか」

と、突き放すところですが、わざわざ練習を見に来てくれているサポーターですからそうもいかず、階段を使ったトレーニング方法などを優しく説明をしました。

周りで聞いていた他のサポーターの方たちも、なるほど自分もやってみようなどと話をしながら聞いてくれていました。

そこまでなら良かったのですが、調子に乗った高校生は、「おれ、顔がでかいんですけど、どうにかなりませんか」と続けてきたのです。

さすがに私もカチンと来て、「君ね、人に質問するのに、さっきから姿勢というか態度が悪いというか、緊張感がないよね、そういう普段からの態度が顔に出てるんじゃないのか」と、少し真顔で言ってやると、周りの友人たちが「そうなんですよ、こいついつもこんなんですから」と言ってくれ、本人もバツが悪そうに黙ってしましました。

他のサポーターの方々も、私の言っていることを分かってくれたのか、うなずいて聞いてくれていました。

私に聞けば何でも知っている、なんでも答えてくれると思っていただくことは光栄なことかもしれません。

だからこそ私は真剣に応える義務があると思っています。

今回2ページにわたって紹介された文章だけで、嘉人が具体的にどんなトレーニングをしていたのかが分かるはずはありません。

文章の最後の6行に書かれたことが、全てかもしれません、考え方を変えるきっかけになってほしいと。

しかし私はこのブログの中で、私のトレーニングや体に対する考え方を数多く語ってきたつもりです。

やり方を説明したり回数や重さを具体的に書いても、まったく意味のないことだと言い続けてきたつもりです。

そうした考え方を、実際に体験し身に付けていただこうという思いで「西本塾」を始めました。

冒頭の短い文書で質問してくださったタウソンさん、私にどんな答えを期待していただいたのでしょうか。

申し訳ありませんが、その質問に対して的確にお答えすることができません。

あなたのトレーニングに対しての考え方や、紙面に掲載された文章から何を読み取っていただき、どういう所が知りたいのか、その答えはおそらくこのブログの過去記事の中にすでに書かれていると思います。

どのマシーンを使って、どういうフォームで、何キロで何回行わせていましたという答えを期待されていたとしたら、まったく私の思いが伝わっていないということになってしまいますから。

せっかく質問していただいたのに、こんなことしか言えませんでした。

木崎さんのこと

昨日発売された(広島では今日でしたが)、今月からリニューアルされて月刊化されたサッカーマガジン「ゾーン」という雑誌に、私のトレーニングに関する考え方が「トレーニング革命5つの極意」と題して、見開きで2ページを割いて掲載されました。

この記事をまとめてくれたのは、木崎伸也というスポーツライターです。

今年1月、私が川崎フロンターレのトレーニングコーチという肩書きで仕事を始めてから、折に触れて私の考え方を知りたいと話を聞きに来てくれました。

彼は川崎フロンターレの監督をしている風間八宏と共著という形で、「革命前夜 すべての人をサッカーの天才にする」という本を著しており、その風間がチームに必要だと言って呼んだ「西本直」という人間に、とても興味を持ってくれていたようです。

宮崎でのキャンプの際も、チームの取材というよりは私の行うトレーニングのやりかたに興味を持ってくれ、極めつけはある選手が膝を痛めた際、3日後の練習マッチに出場させられたことに衝撃を受け、とにかくチャンスがあれば私の話を聞きに来てくれました。

私もマスコミの人間との対応は久しぶりでしたが、話をしても良いことと悪いことがあることぐらいは分かっていますので、最初は少し警戒していましたが、少しずつ彼の人柄が分かってきて、彼に対しては逆にもっと分かってほしい、私の考えを理解してほしいと思うようになっていきました。

私が川崎に入ることを決めた大きな要因は、これまで経験し積み上げてきた私の理論を、広く世の中に開示することで、サッカー界のみならず、スポーツ全般、もっと言えば一般の人たちのための健康管理にまで踏み込んで役に立てる、セオリーとなりうるものを構築したいと思ったからです。

そのためには、まずJリーグで結果を残し、私のやり方が正しいことを証明しなければなりません。

そしてそれを正しく評価し、報道してくれる媒体が必要でした。

そういう存在になってくれそうなのが木崎さんだったのです。

しかし私は5月というまだリーグが始まったばかりの時期にチームを辞めてしまいました。

社交辞令で、また話を聞かせてくださいと言ってくれる人はあっても、実際に行動に移してくれる人などいないことは、いくら私がお人好しでも分かっています。

メジャーな立場にいてこその取材対象であることは明らかだからです、世間一般に知られていない私のような人間の発言が、スポーツライターの書く記事として価値があるとは思えませんから。

しかし彼は本当に広島にやってきてくれました。

私の中にある思いを本当に文章にしてくれました。

サッカーを専門として、日本だけではなく世界中のサッカーにかかわる様々な立場の人たちを取材し続けている彼が、私という人間に興味を持ち、私の考えをもっともっと表に出すべきだと評価してくれたことは、私にとって大きな自信となりました。

このブログを通して自分の思いを書き綴っていますが、スポーツジャーナリストである第三者としての彼によって書き表された文章には、私にはできない表現だったりまとめ方だったり、とにかく読者を惹きつける力があると思います。

感謝してもしきれません。

今回のサッカーマガジンの記事でも、短くしか関わっていないにもかかわらず、得点ランキングトップをひた走る大久保嘉人選手の活躍の裏に、私の理論に基づくトレーニングの効果があったことを、多くのサッカーファンの前に明らかにしてくれたことは、当初の私の思いを形にしてくれたものとなりました。

彼はトレーニングに関しても、それこそ世界中で様々なやり方を見聞きしていると思います。

その中でも私の理論は異質なものに見えたようです。

私自身はまったくノーマルな考え方だと思いますが、異質に見えてしまうのは、私の考え方というより実際の指導方法が教科書的というか画一的なものでないことが一番の特徴ではないかと思います。

文章に著せば著せないことはないのですが、それを読んでやり方をまねても、おそらく私が直接指導したと同じ効果は期待できないと思います。

ですから新たに本を書いてほしいと言われても、後継者というか弟子のような存在を作れと言われても、実行に移すことはありませんでした。

それが広島に戻ったことで、逆に闘志が湧いてきて、このままでは終われないもっと自分の考えを広めなければと思うようになってきたのです。

世間ではその時代時代に、時代の寵児となるようなトレーニング理論や方法論が存在しています。

現在も〇〇トレーニングという名前のトレーニングが様々なメディアに登場しています。

実際、今回のサッカーマガジンでもそういうページがあります。

しかし私にはどうしても万人に効果があるというか、読んで見て形をまねて本当に効果が出せるトレーニングを指導する自信がないのです。

それでも行動を起こしたのは、せめて直接指導させていただいた方々には、私の思いを分かっていただいたうえで、方法論を使っていただければ、同じ効果とは言えなくても、私の考えてきたことの恩恵を受けられる選手が一人でも多く増えることを、まずは優先させることの方が、大事なのではないかと思うようになったからです。

指導者に対する指導、まずはこの活動で私の思いを広げていきます、さらには直接指導を受けたいという選手に対しては、私にしかできないという自信を持って結果を出せるトレーニングを指導していきます。

トレーニングも操体法も、数字や形で表せるものではありません。

まかり間違って私が有名になっても、西本式トレーニングなどと言われる方法論を形にすることは難しいと思います。

思いを伝えたい、その方法を模索していきたいと思います。

12月の14・15日に行う「第二回西本塾」では第一回目の内容を踏まえ、この一か月の経験も加えてたくさんのことをお伝えできると思います。

私の思いをしっかり受け止め、それぞれの立場で生かしていただけるよう、一緒に学んでいきましょう。

楽しみにしています。

手前の手前 を探ること

先日のオランダ戦の後、先日取材に来てくれたスポーツライターの木崎さんが、さっそく西本目線の記事を書いてくれたので、私もその記事の中にあった写真の中から一つのシーンを切り取ってTwitterでコメントしたところ、たくさんの反響がありびっくりしました。

そのシーンは、オランダのデ・ヨング選手と大迫選手がボールに向かって体を入れあっている状況でした。

ボールに対して近いポジションにいる大迫選手に対して、デ・ヨング選手が右半身をあずけ、さらに右手を伸ばして大迫選手の行く手を阻もうとしています。

以前Numberwebで紹介していただいた、一対一での競り合いの際、腕を曲げ上腕二頭筋を力ませて相手を押すよりも、背中を伸ばしその延長線上にある腕も伸ばした状態で体を使った方が、相手に押し負けず自分の態勢を維持できることを説明しました。

そういう意味でデ・ヨング選手の体の入れ方は理にかなっています。

木崎さんも私のツイートに反応して、そのことに対するコメントを書かれました。

しかし、私が本当に気づいて欲しかったのは、理にかなった寄せ方をしてくるデ・ヨング選手に対して、左半身を伸ばし、背中側は見えませんが背筋はしっかり伸びて背中が使えている状態で左半身をあずけて対応している大迫選手の体の使い方の方だったのです。

隠れて見えない左手がスッと伸ばされ、さらには右手も同じように伸びています。

人間は不思議なもので、どちらかの手は力んで曲がっているが、反対側の手はリラックスして伸ばせているという状況は作り得ないのです。

試しに右腕で目一杯頑張って力こぶを作って、左腕をリラックスさせようと思ってください、見た目にできているように見えても、実際は脱力できていないことが分かるはずです。

そういう意味でも、大迫選手こそ相手のプレッシャーを上手く受け止め自分の態勢をキープするという、私に言わせれば見事な身のこなしができていると褒めてあげたいシーンだったのです。

日本人はフィジカルが弱いとか、外国選手との体格差はいかんともし難いと言われてきたようですが、ようは使い方の問題なのです。

そしてそれを可能にするのは、そういう体の使い方をすることが理にかなっているという正しい知識を持つこと、そういう風に体が使えるようになるためのトレーニングの仕方を工夫すること、これに尽きます。

分ったからすぐできますというわけにはいきません。

それを今までは、あの選手は体の入れ方が上手いとか、天性のものだとか、特別な能力であるかのような言い方で片付けられていたのではないでしょうか。

同じ人間のやることです。

出来ている人はおそらくそんなこと考えてやっているつもりはないと言うでしょう、だから他の人に伝えられないし、見た目だけを真似しても同じようには出来なかったのだと思います。

それを一歩手前の部分、どういう意識で行っているのか、そのまた手前の部分である、骨を動かしている筋肉がどういう収縮の仕方をしてそういう状況を作り得たのか。

手前の手前を探ってその理屈が解明できれば、そこに到達するための方法論が自ずと導かれ、同じことができるようになるかもしれないと考えることも間違いではないと言えないでしょうか。

理屈や理論というものは、現象として起こっているものを、言葉で説明するためのツールであって、まずは理論ありきではないのです。

スポーツで実績を残した人ほど、理屈じゃ説明できない体で覚えるんだ、的なことを平気で言う人がいますが、自分のやってきたことを理路整然と説明できなくて他人に何かを伝えるなんてできるはずがないと思うのですが。

一枚の写真にこれだけの説明が必要なほど、人間の体を操るという行為は奥が深く楽しいものです。

専門家の方々の戦術や個人の能力に関する解説も、なるほどと読み応えのあるものがたくさんありましたが、現在プレーヤーや指導者として活動している方々には、私のような視点も必要なのではないでしょうか。

この一枚に限らず、話題にしたくなるシーンはたくさんありました。

写真ではなく動画を見ながら、選手の動きの特徴を探ったのが、先日の取材のテーマであった、6人のスーパープレーヤー達の体の使い方を分析するという作業だったわけです。

これについては28日発売予定のNumberの紙上で紹介していただく予定です。

ただ何時間もかけてYouTubeを見続け、取材の際は実演も入れながら2時間近く熱弁を振るいましたが、記事になったのはほんの一部なので、発売後、私が語って記事にならなかった部分については改めて紹介したいと思っています。

さて、明日は月刊化されて初めてのサッカーマガジンが発売される予定だそうです。

私が川崎でどういう考え方でトレーニングを指導したかという部分についても、紹介していただけることになっています。

これに対しての皆さんの反応も楽しみです。

新しいとか独自のとか、いろいろなことを言われましたが、サッカー選手にとって川崎というチームにとって、あの時点でベストだと思った手法を提供しようとしただけのことです。

何処かで聞いたことがある、なんとか式だとか、なんとかトレーニングに当てはめるのではなく、体の仕組みにのっとった、体を動かすためのトレーニング、これを実現させるために知識と経験を総動員して知恵を絞るのがプロとしての私の仕事だったいうだけのことです。

もう一度私に指導させてくれるクラブはないでしょうか。

目指していくもの

11月も半ばを過ぎ、広島でも雪の便りが聞こえて来る季節になりました。
今年を振り返るにはまだ早い気もしますが、振り返るというよりもこれから先の自分に対しての期待感の方が大きく、これまでに感じたことのない不思議な感覚になっています。

私は今やっているようなこと、今人様から求められているようなことが出来るようになることを目指してというか、目標にしてやってきたわけではありません。

目の前の分岐点を不安定な方へわざと進路を取り、次々と向かってくる難問に神経をすり減らしながら真剣に立ち向かい、突き破ったり跳ね返えされたりしながら、様々な経験を積んできました。

他人事のようですが、こんな波乱万丈の人生を歩んで来られただけでも、充分楽しい人生だったと思っていました。

普通の生活では経験できないような世界で、楽しいことも辛いこともたくさんありました。

正直、もう十分やり切ったという気持ちが強く、今年からは以前の「からだ工房」でマイペースの生活を望んでいました。

通算7シーズンも仕事をさせて頂いた三菱重工広島の硬式野球部の仕事も、続けて欲しいと言っていただいていましたが、卒業という言葉で引かせていただくことにしていました。

旧知の風間八宏君からの誘いにも、当初は断るつもりでした。

それがどうして心変わりをしてしまったか、彼が言ってくれた言葉が大きく心に響いたからです。

「西本さんの技術と経験を、このまま眠らせてしまうことは絶対にだめだ、日本のサッカー、いやいスポーツ界のためにも広島ではなく関東に拠点を移して活動して欲しい」、彼は現在の仕事である川崎フロンターレの監督として、たんにチームが強くなるためのツールとしてだけではなく、もっと大きな視点でサッカー界を見つめ、日本サッカーの将来を見通したうえで、私の能力を必要だと言ってくれたのです。

しかし私にはそんな大きな目標も高い志もなく、何より本当に自分にそんな能力があるのだろうかという気持ちの方が強かったと思います。

数ヶ月のやり取りの中で、少しづつ彼の言葉に心を動かされ、大きなことは別として、まずは彼の理想とするサッカーができる下地を作る手伝いならば、今の自分の力で協力できるのではないかと思うようになりました。

そして大きな決断をし川崎に行くことを決めたのです。

結果的に、彼の期待に応えることができず、志半ばにも届かないままに川崎を離れてしまいました。

あれから半年が過ぎ、考えないようにしようと思っても考えてしまう時間がたくさんありました。

あの時こう言えばよかったとか、こうしていれば良かったなどという反省ももちろんありました。

しかしそればかりではありません、まだまだ経験不足で知らないことがたくさんあったことに気づかされたり、逆にもっと自分の能力をうまく発揮できれば、八宏が言ってくれたように、チームのためにサッカー界のためにスポーツ界のためにもやれることがもっともっとあるんじゃないか、そんな前向きな気持ちにもなってきました。

その一つの表れがこのブログであり「西本塾」という形で行動を起こささせたのだと思います。

これまでの私はまったくの自己満足で、この仕事は自分にしかできない、他の人には無理でも自分なら絶対に結果を出させてみせるなどと、世間の誰にも評価されなくても、評価できるレベルの人がいない分野で評価されないのは当たり前、分っていない人に良いも悪いも言われたくないと、マイペースを貫いてきました。

サッカーは世界のスポーツです。

そして頂点を目指すためには、サッカーを始める子供のうちにきちんとしたことを教えておく必要があります。

そういう部分を含めて八宏は私に期待してくれたのではないかと思います。

彼が目指す世界の底辺の部分はとても広くなっています。

すべてを彼が行うわけには行きません、直接的なつながりはなくなってしまいましたが、私の活動がどこかで彼の目指す理想の日本サッカーの一助になり得るかもしれないと思います。

そういう新しい目を開かせてくれたという意味で、彼にはとても感謝しています。

今のような気持ちで今年のスタートを切っていれば、今頃私はここにいないことになっていたでしょうか。

それは私にも分かりません。

ひとつだけ言えることは、川崎に行ったことも間違いではなかったし、辞めて広島に帰って来たことも間違いではなかったのだということです。

だから今があり、新たな出会いも生まれています。

人生に無駄なことは一つとしてない、そう思えるようになりました。

これからの自分に大いに期待しています。

感覚を伝える

自宅近くのスポーツオーソリティーに注文していたトランポリンが届いたという連絡があったので、お昼休みに自転車で取りに行ってきました。

小さくない荷物ですが、片側のペダルとハンドルにうまく乗っかってくれたので、ここまで自転車を押して運んできました。

トランポリンと言ってももちろん小型のもので、一般用の健康器具的な用途のために売られているものですが、私にかかると、股関節を意識させる絶好の器具に変身します。

昨年まで使っていたものは三菱広島野球部に寄付してしまいました。

もう野球の、それも投手のフォーム作りを真剣に指導することなどないと思っていたからです 。

縁というのは不思議なもので、今またそれに取り組もうという選手が現れたため、小道具を集め直したというわけです。

私はこれまでも様々な道具を考え、イメージどうりのものがないと自分で作ってしまうほどでした。

一般家庭に比べるとDIY用品はかなり集めてしまいました。

フォームを指導するということは、毎度おなじみの技術の定義「自らが意図(企図)した筋肉の収縮活動を、反復継続して行うことのできる能力」 の中で最も大切な、自分が何をしたいのか、どういう動きをしなければならないのかという根本的な部分を明確にすることです。

しかし、言われた方はそれが分からないからもがいているわけで、その基本的な部分についてはこちらが道筋を作ってあげなければなりません。

そのうえで、それに近づくためのトレーニングを提案し、目標との因果関係を説明しながら本人の気づきを待ちます。

自分の口から方向性に関する言葉が出て来た時に、選手の理解度が把握でき修正を加えて行くという手法を取ります。

その中で難しいのは、やはり感覚の部分です。

どの筋肉が強く意識されているとか、どこから発生した力がどこを経由してどこへ作用していくのか。

股関節に乗せるとか、関節を潜り込ませるとか、実際にはあり得ないけれど、感覚的にはそういう感じで、などという場合の、最も近い感覚を体験させるために、様々なアイデアを尽くし、子道具を用いてきたのです。

昨年までの施設は今以上に小さな施設で、おそらく日本一小さなトレーニングルームを自負していましたので、置き場所が大変でした。

ここもそんなに広くはないので、できるだけ増やしたくはなかったのですが、必要なものは必要で、トランポリンもやっぱり必須アイテムとして帰ってきたというわけです。

いかに自分の感覚を相手に伝えるか、お互いが感覚を共有できるかが指導の鍵となります。

まずは自分がきちんと理解して、実際にやって見せることができなければ話になりません。

そのうえで、相手の動きを正確に分析し、同じ感覚を共有できているのかいないのか、しっかり見極めることが必要です。

その部分を曖昧にしてしまうと、お互いが一方通行の会話になり、まったく伝え合うことができなくなります。

私も少し利口になったのでしょうか、その辺りに最も気を使うようになりました。

さて、「第二回西本塾」の開催まであと一ヶ月となりました。

ブログに書き綴った私の思いを、直接お話できる貴重な機会となり、参加していただいた方々からも、二回三回と継続を望む声もいただきました。

あれから一ヶ月の間にもいろいろなことがありました。

これから一ヶ月の間にもまたいろいろなことが起こると思います。

その一つ一つの経験をこれまでの経験に加えながら、新しい何かを発信して行こうと思っています。

年齢やお仕事もそれぞれ違う参加者の方の、どこに焦点を絞って内容を組み立てればいいのか、一回目はそこの腐心しました。

今度はそういうことではなく、私がお伝えできることは一つしかないのですから、私がお伝えした内容を、それぞれの立場でどう活かしていただくか、私が答えを並べるのではなく、様々な提案をさせていただいたことをどう使ってくださるのか、その先のことまで私が責任というか心配するのはおこがましいのではないかという気がしています。

皆さんが聞きたいこと知りたいことは、私が積み上げてきた経験と知識、そしてそれらをまとめた理論もどきの考え方だと思います。

こういう時はどうすればいいですか的な、質問に答えても、本当にその答えが 分かるのは、その問題に直面している人だけだと思うのです。

私はそうやって問題を自分一人で克服してきました。

そういう経験の中で導かれた考える道筋を知っていただくことこそ、それぞれの皆さんにとって本当の意味で答えを導くお手伝いになるのではないかと思います。

そのために多くに時間を費やし、できるだけ分かりやすくお話しし、実技を体験していただくことで、身を持って体験し理解を深めていただく、それが「西本塾」がやらなければならないことだと思います。

残り一ヶ月、私も引き出しをどんどん増やして行きたいと思います、参加予定のみなさん楽しみにお待ちください。


第三者の目

広島も昨日から本当に寒くなりました。

今年は、ここでの室内仕事になったので、自転車で通勤するほんのわずかな時間我慢すればよくなったので、あまり気にならなかったのかもしれません。

北国の方々はこれから本当に大変でしょうね。

さて今回取材に応えるために、サッカー選手の動きを動画で繰り返し見て行く中で、改めて感じたことがあります。

私が感じたことを、本人たちは意識しているのだろうかということです。

私が知るスポーツ選手の口からよく聞かれる言葉に、「自分が良かった時、何が良かったのかよく分からないが、結果が残ったことで満足してしまっていた」ということを言う選手がいます。

逆に、いわゆるスランプに陥った時に、「何がどう悪くなったのかがわからない」 という言葉もよく聞きます。

これでは本人の力で修正のしようがありません。

過去結果を残した時のビデオと現在を見比べてという手法がとられるようですが、良い時に何が良かったのかわからなければ、形だけその時を真似ても同じ結果が出るはずはありません。

私に言わせれば全く無駄な作業としか言いようがありません。

加えて月日が経てば、肉体的な状態も変わっていますし、精神的にも変化があって当然です。

過去のことはひとまず脇に置いて、今現在の体の状態を確認し、これから進むべき方向性を明確にしていかなければ、日々のトレーニングは一体なんのために行っているのかということになります。

毎日毎日与えられたメニューを一生懸命こなして行けば、良い方向へ進んで行くと信じて取り組んでも、今まさに来シーズンの契約が結ばれず、夢を叶えプロというレベルに到達した選手たちが、一般社会の荒波に放り出されて行きます。

選手として何を目標にしてトレーニングを行っていくのか、より高くより明確な目標を設定し、そこに到達するための階段をできるだけたくさん、一段でも多く設定することで、目標に近づいているという実感を持ちながら、日々のトレーニングを行えば、必ずたどり着けると信じています。

その過程で、階段の登り方を見ていれば、目標自体をさらに高く設定し直すこともできるかもしれません。

すべての始まりは、何を目標にするかという目標設定そのものです。

私の頭の中にある辞書の技術の定義である「自らの意図(企図)した筋肉の収縮活動を、反復継続して行うことのできる能力」にあるとおり、自分が何をしたいのか、何をしなければならないのかという部分を明確に持っていなければ、成功もいっ時の幻で、それを継続させることはできません。

言葉は悪いですが「頭の悪い選手は伸びない」という言い方はここに由来しているのです。

ただ一流と呼ばれるレベルになった選手でさえ、自分の動作を分析し言葉に表すところまでできる選手はほとんどいません。

日々苦しい練習に耐え身につけてきた経験論が先に立ちます。

そういう選手が指導者になると、自分がやってきたことと指導する動きの感覚が全く違うものになったりすることがあります。

やって見せて、こうやるんだという動きと、今口に出した動き方が違っていたりすることもよくある話です。

それほど人間の動きを表現することは難しいものなのです。

「自分のことは自分が一番わかっている」これほどあやふやな言葉はありません。

分析の対象となった6人のスーパープレーヤーたちは、私が感じた感覚を「やっぱりそういう風に見えるかい」と認めてくれるでしょうか、それとも「そんなこと考えたこともないよ」と一蹴されるのでしょうか。

私は小学生の頃から、人の動きが気になるちょっと変わったものの見方をする子供で、中学生の頃には、自分のことより他の投手の投げ方が気になって、ブルペンの中でああだこうだと言っていた記憶があります。

現実、動きの意識を少し変えるだけで、動作そのものが変わってしまいます。

一般の方でも、寒くなって体を丸くし猫背の状態が続くと、気分が晴れないとか良いアイデアが浮かばないなど、心や頭脳にも影響があることは広く知られるところとなっています。

単純に背筋を伸ばせとか、良い姿勢を意識しなさいではなく、そうなっている原因を分析し、改善に導く道筋を示してあげなければなりません。

それができるのはやはり第三者の目ではないでしょうか。

目は心の窓と言います。

最近テレビで頭を下げている人の姿が目につきますが、本当に自分が悪いことをしたと思って頭を下げているのか、そうでないのかは目を見れば一目瞭然です。

一回目は他人事のような顔で頭を下げた人物が、ことの重大さに気づき自らの出処進退を迫られたとき、改めて頭を下げるその目は一回目のそれとは全く違うものになっていました。

政治家など典型で、本気でそう思っているかどうかは、目に出ています。

顔に書いてあるというのはそういうことなのでしょうね。

話がそれましたが、スポーツ動作に限らず、コメントをいただいた「サッカー好きの音楽家さん」 の言われるとおり、体の仕組みに沿った無理のない使い方というものが、どの分野にも共通して存在するのだと思います。

それを基本として、それぞれの特徴を生かした動きを発展させて行くことが大事なのではないでしょうか。

どうやってその動きを見極めるのか、私の目にはそう見えるけれど、他の人には見え方が違っていることに、今年やっと気づかされました。

今までは、目の前に広がる風景も、選手の動きも、故障した選手の体の状態も、みんな同じように見え、同じように感じているのだと思っていたことが、自分のストレスの原因だったとは思ってもみませんでした。

他者に強制することが、どれだけ意味のないことか、強制ではなく、どう伝えて理解してもらい、良い方向へ導いていけるか。

誰よりも鋭い感性を持ち続けて、少しでも悩みもがく選手たちの、頼れる第三者であり続けたいと思います。

視点、論点

昨日の夕方、スポーツ雑誌Numberの取材を受けました。

私の体に対する考え方や視点に興味を持ってくれた、スポーツライターの木崎さんから、W杯出場国の中心選手6人の特徴を、体の使い方という観点で分析して欲しいという依頼でした。

私はこのブログで何度もお話ししているとおり、サッカーに関しては仕事で関わっていたとはいえ、ほぼ全くの素人同然の人間です。

リフティングも広い場所で浮いたボールを追っかけ回して、やっと最高記録で20回くらいしかできません。

正直、仕事を離れた今は代表の試合をチラチラと見る程度しか興味はありませんでした。

先週連絡があり、そういう話になったのですが、6人中3人は流石に私でも名前を聞いたことがある超有名な選手でしたが、後の3人は申し訳ありませんが全く知らない選手でした。

先日取り上げたイニエスタ選手と同じ状況でした。

引き受けたからには、私なりの視点で6人の動き方体の使い方に、特徴的な何かを見つけ出さなくてはと、YouTubeで検索してみました。

流石にスーパースターたち、スーパーゴール集とか神業プレー集などのタイトルで、次から次へと動画が見られるのですね。

最初はどの選手を見ていいのか分からない状態でしたが、数日間何度も何度も繰り返し見ていると、それぞれの骨格や筋肉の使い方に、一定の共通点があったり、また全く独自の使い方をしている部分があったりと、見れば見るほど面白く感じてしまいました。

最初はその選手の動きを追うのですが、逆の立場のディフェンスの選手の動きが気になり出し、どうしてこんなに簡単に抜かれてしまうのか、激しいファールまでして止めなくてはならないのか、そちらの動きにも注目するようになりました。

さらには、6人の中には入っていないけれど、画面の中に出てくる他の選手をピックアップした動画を見て、動きの違いを確認したり、それはもうきりがないくらい枝が広がっていきました。

もちろんサッカーの解説者という人がいたり、経験者やそうでなくてもサッカーに詳しくて、サッカー選手としての彼らの優れた部分を語れる人は沢山いるのでしょうし、実際そういう解説はすでにされ尽くしているのかもしれません。

そこにあえて私のような技術や戦術的な部分を離れ、人間本来の能力をそれぞれの選手がどう生かしているかを分析することで、サッカーを見ることが好きな人にも、実際に行っている人や指導している立場の人にも、新しい視点を持ってもらうことで、もしかしたら日本のサッカーの進歩に少しでもお役に立てるのではないかと、ほんの少し思っています。

余談ですが6人の中にドイツ代表でバイエルンミュンヘンのミュラーという選手の名前があり、検索した結果私たちの世代のミュラーという選手がヒットし、なんで他の人は現在活躍している人たちなのに、この人だけ過去の名選手なんだろうと不思議に思いながらも動画をチェックしていました。

そうしたらあるサッカー好きの人から、それはミュラー違いで、現役バリバリのトーマス・ミュラーのことですよと教えて頂き、昨日の取材で恥ずかしい思いをしなくて済みました、西村さんありがとうございました。

6人それぞれに身体的な特徴があり、それを上手に活かした動き方使い方があるのですね。

あの人は特別だから、あの人のようにはなれないから、そう簡単に諦めてしまわず、様々な角度から分析し、自分が目指すべきはこの選手のような使い方かなと想像を膨らませてはいかがでしょう。

みんながメッシにはなれないし、ネイマールにもなれないでしょう、でも誰かはそういうタイプを目指した方がいいという選手もいるはずですし、イニエスタやエジルタイプを目指した方がいい選手もいるはずです。

たんなる憧れではなく、自分の身体能力に合わせた目標設定という発想も面白いのではないでしょうか。

サッカーだけではなくあらゆるスポーツに、体観点の視点を持って観戦することができれば、スポーツ観戦はもっと奥深く興味深いものになるはずです。

勝ち負けや贔屓の選手の活躍に一喜一憂するのも、スポーツ観戦やサポーターとしての醍醐味でしょうが、有る意味人間観察にも似た視点を持つと、さらに楽しいものになると思いますよ。

月末には、今回取材していただいたNumberと今月から月刊誌としてリニューアルされるサッカーマガジンにも、私の記事が掲載される予定です。

なんだか私の仕事が思わぬ展開を見せてきましたが、期待を込めて与えていただいた機会ですから、私にできる精一杯のことをやって、その期待に応えて行きたいと思います。

どんな記事になるのか私自身とても楽しみです。

理論と現場を結びつけるために

現在の私はスポーツの現場で直接指導ができる立場にありません。

過去の経験を踏まえて、自分ならこうできる、こうすればもっと良くなる、そう思って今年、最後の現場のつもりで出て行ったにもかかわらず、志半ばにも届かないまま離れてしまいました。

指導という言葉は、どちらかと言えば一方的で、上から目線になってしまいます。

その場その場に必要な内容を整理して、少しずつ小出しにしていかないと、いきなりこれが正しいんだ、こうやればいいんだでは、反発を受けることになりかねません。

私がこのブログで書いていることは、教科書的な理屈ではなく、経験し積み上げられてきたものの集積ですが、それでも初めて聞く相手からすれば、にわかには信じられないことも多いのだと思います。

第一回目の西本塾をやってみて、それぞれの立場で苦労されているお話を伺ったり、ブログにコメントを寄せてくださる方の中にも、指導者として様々なご苦労をされていることが伝わってきます。

おそらくこれが正解だというものは、存在しないのだと思います。

たとえそれがどんなに正しいことであっても、相手にとって必要なことであっても、今この瞬間相手の胸に響かなければ、それはただの自己満足に過ぎないことになります。

自分の経験の中で、なんとか今この選手に分からせてあげることができなければ、その後伸び悩んでしまった過去の選手と同じ道を歩んでしまう。

何度そう思ったかわかりません。

それが伝えられないのは、自分の指導力ひいては人間力が足りないのではと、わが身の未熟さを嘆いたりもしました。

しかし、どちらを選ぶのも相手の自由ですし、歩いて行く先まで面倒を見るわけにはいきません。

所詮他人の人生ですから。

ところがそう割り切れないのが、こういう仕事を選んだ人間の性なのでしょう。

だからこそたくさんの人が、真面目に取り組み悩みもがいて、私のわずかな経験の中にでも、なにかヒントを得ようと集まってくださるのだと思います。

とにかくたくさんの引き出しを準備して、その場その場でどこを開けなにを伝えられるか、その引き出しも誰かに与えられたものではなく、自分で一つ一つ手作りで作り上げたものでなければ、相手には薄っぺらなものと映ってしまうでしょう。

学んだこと経験してきたことを、どうやって選手に還元できるか、今その瞬間に自分の知識だけで対応できなかった時、誰かに助けを求めるのではなく、自分で考えを発展させるための基礎の部分をどれだけ学んでいるか。

本当に大事なのは、その部分ではないでしょうか。


私がよく例に出す、何種類かの大きさと色の違った糸のついた飴玉を束ねたものを、糸の側から一本選んであたったもの がもらえるというのが駄菓子屋さんにありますよね。

世の中みんなが賢くなったのかずるくなったのか、欲しい飴をちょっと引いて、確認してからその紐を引くというやり方が効率的と判断される世の中になってしまいました。

思った結果が出なければすぐに方法を変えてしまう、手っ取り早く効果の出るやり方を選んでしまう。

スポーツの世界でもそんな風潮がはびこっています。

失敗の積み重ねの中にこそ見えてくる何かがあるはずです。

それを繰り返してきたからこそ、これが正しいやり方だよと言いたい私がいます。

失敗をさせるとは言いませんが、簡単に答えを与えてしまうことが本人にとって良いことばかりではないことも、少し分かってきたように思います。

それでも私のような立場にいようと思えば、やはり正しい道筋は押さえておかなければなりません。

あとはそれをどのタイミングでどう伝えて行くかということが、それ以上に難しい技術ということになるのだと思います。

まだまだ自分は未熟だと思います。

多くの方と交流させていただくことで、足りなかった何かを身につけて行きたいと思います。

現場の仕事のあるなしに関わらず、この道に足を踏み入れてしまったからには、最後まで理想を追い求めて行きたいと思います。

重心移動?体重移動?

昨日のブログの閲覧数、多分このブログを書き始めて最高の数だったと思います。

100を超えたことが何度かありましたが、スポーツライターの木崎さんが自身のツイートで、私のブログに関する内容をつぶやいていただいた時に、数字が大きく跳ね上がるようです。

さすがにメジャーな媒体で活躍している方の影響力は絶大です。

さらに、このブログを見ていただいている方は、サッカーの関係者が多いようなので、昨日のようなテーマにはいつも以上に興味を持っていただけるのですね。

私としては20数年のトレーナー人生の中で、最も力を発揮できたと思っているのは、広島カープの佐々岡真司投手との9年間だと思っています。

人間の体の仕組みを分析し、投手として必要な要素を確実に発揮できるための投球動作の理想形を模索し、そのために必要なトレーニングを考え指導し、納得の行く結果に結びつけて行けたことは、大きな自信となっています。

しかし、広島という地域性でしょうか、私の存在が表に出ることはなく、佐々岡投手に続いて指導を依頼してくる選手は出てきません。

それどころか、アマチュアの指導者たちも、私の理論と方法論を学ぼうという人が出てこないことは、私にとっては不思議でなりません。

高校生の年代で、すでに肩や肘に将来に影響する故障を抱えてしまっている選手を、数多く見てきました。

もっと早い段階で、正しい体の使い方を指導されていればこんなことにはならなかったのにと思うことがしばしばでした。

野球の世界では今だに経験論が幅を利かし、選手としてまた指導者としての実績の大小で発言力が違っているようです。

大切な子供達を預かる指導者が、もっと勉強する姿勢を示さなければ、かわいそうなのは子供達です。

以前から、保護者の方から指導者には内緒で治療を受けたいという申し出を受けることがありました。

その時に私が言うのは、ここで肩肘が多少良くなって練習に復帰したとしても、故障してしまった原因が練習内容や指導者の知識不足であることは明白なのだから、そのことをきちんと訴えて改善してもらわなければ、こそこそ治療に通っても意味がないということです。

我が子をなんとかして欲しい、かと言って指導者に意見をすれば子供の立場が悪くなって、試合に使ってもらえなくなるかもしれない、みんなそう思っています。

指導者がどんなに実績があって評価されている方であったとしても、現実に起こっている選手の故障に対して、何のてだても講じられないのであれば、勝ち負け以前の問題だと思います。

歳が上であろうと有名な指導者であろうと、間違っていることは間違っていると言ってあげなければ何も変わりません。

私が直接言ってあげますから、と言っても、それなら結構ですと尻込みされてしまいます。

つい先日も、何処かの県で部活の朝練習を禁止するとかしないとかいう記事を見ましたが、私がすでにこのブログでも指摘したとおり、学力云々を問題にしていましたが、動物としての人間の成長の完成期である年代に、きちんとした睡眠時間も朝食を取る時間も与えず、他もやっているから過去もやってきたからという理由で朝練を強要する指導者や、もしかしたら自主的にやっているかもしれませんが、正しい知識を持てばどちらが大切か子供たちにもわかるはずですし、その分の内容を放課後の練習時間の中身を見直す工夫で、十分対応できると思います。

さて、昨日のイニエスタ選手の動きに関して、ツイッターから質問をいただきました、一方通行でなくやりとりをさせていただけることは何より励みになりますので、気になることがあればどんどん質問してきてください。

内容はイニエスタは重心移動をうまく使っているから早く動けるのではないですかというものでした。

ここで出てきたのは重心移動という言葉です、もうひとつ体重移動という言葉もありますね。

昨日もそこまで書こうかと思ったのですが、文書が長くなりすぎるため割愛しました。

私の理論では、体重移動と重心移動は明確に分けて考えています。

イニエスタの動きで言うと、昨日も書いたように、上体は相対する人間の方に向いたまま、体の中身が別の方向へ動き出すという言い方をしました。

ここで体重移動という概念で動きだそうとすると、足の裏で支えている体重のほぼ全てを、同時に移動する方向へ運ばなければならないことになります。

体重が75kgくらいでしょうか、その重さを移動させるために、足の裏で地面を押してその反力で移動するためには、体重の何倍かの力が必要になります。

ところが、イニエスタのように下半身はその場に居続けるように見えて、上体の中身が進行方向へ動き出した場合、単純に言えば歩くとき、両足を揃えて立ち、体を真っ直ぐにしたまま、前に倒れて行けば、当然前のめりで倒れてしまわないように、どちらかの足が一歩前に出て体を支えますよね。

その時に、踏み出した足は地面を強く蹴ったでしょうか。前のめりになったことで移動したのは、体重ではなく重心が移動したのですよね、その移動した重心の下に、足が支えに行ったというのが正しい解釈ではないでしょうか。

使われた筋力の差は歴然です、真っ直ぐ立っていた体重そのものを運ぶために使われた筋力と、ほんの少しのきっかけで移動した重心の下に運ぶために使われた筋力は、誰がどう考えても大きく違うと思います。

さらに体重移動のためには、しっかり地面を蹴るという予備動作(これがいわゆる居つく)が必要になり、相手に動きを読まれてしまいます。

対して、ほんの一瞬の重心移動(皮膚の内側をずらすように)しただけで動き出されてしまっては、それに対応するために予備動作を行ってから体重移動する相手が、対応できるわけがないということになるのです。

いかがでしょうか、大雑把な説明ですが、体重移動と重心移動の違い、ご理解いただけたでしょうか。

実際にやってみると、有る意味簡単である意味とても難しい動作になります。

しかし、イメージを正しく持って、まずはゆっくりした動作で繰り返し行って行けば、いつか必ず大事な場面で周囲をあっと言わせる、イニエスタかメッシのような身のこなしができるようになるかもしれません。

指導者のみなさん、まずはしっかりご自分で理解し実践して、子供達に伝えてください。

数年後には日本の選手の動きが世界中の注目を集めているかもしれません。

現役の選手たち、現状に満足せずもっともっと上を目指そう、君たちにはすでに相対評価ではあるけれど、他者よりも優れた能力を備えているはずです。

それに満足せず、さらなる可能性を信じて挑戦して行こう。

今すぐ取り組まなければならないのは君たちです。


追記

西本塾に参加を検討しているが、参加できない場合私の方から出向いての講習会は開催してもらえないのか、という内容のコメントをいただきました。

第一回第二回と予定しておりますが、私の考え方を理解していただくためには、ある程度の時間をかけてじっくり話を聴いていただく必要があると思っています。

たとえば単純に走り方のみの実技講習会では、私の意図するところが断片的にしか伝わらないのではと危惧しているからです。

ですから、何回か西本塾に参加して頂いて、この方ならと思った方のところへなら、直接伺って指導のお手伝いができるかなと思っています。

まだまだ手探りの状態ですが、来年からは、例えば一日目は午後から、もしかしたら夜の時間帯にでも伺って、指導者の方に対しての講習会を行い、翌日に現場で指導者もしくは選手たちも交えての実技講習会という形で、理論と実践両方に時間をかけられる形が取れれば、日本全国何処へでも飛んで行こうかなと考えています。

ある程度費用がかかりますので、参加者を集めていただいたりする手間もかかると思いますが、ご希望があればご検討いただければと思います。

イニエスタ選手の身のこなし

西本塾に参加して頂いた、Jr世代のサッカー指導者の方からメールでご質問がありましたので、この場を借りて私の感じたことを述べてみたいと思います。

質問の内容は、

イニエスタの動きの特徴のひとつは、地面を強く踏んでいない、蹴っていないという点です。

また、プジョールのような、地面を頑張って思いっきり踏みしめていますね、と解説を入れたくなる動きをする選手は五万といます。

この違いはなんでしょうか?


という趣旨だと思います。

私はJリーグで通算4シーズンと少し仕事をさせていただきましたので、サッカーに関して全くの素人ですとは言いにくいのですが、申し訳ないことにイニエスタという名前もプジョールという名前も、全く聞いたことがありません。

もちろんどんな選手なのかも分かりません。

そんな私が、二人のプレースタイルというか、体の使い方身のこなしについてコメントを求められても、正直すぐに答えられるわけはありません。

ただ私に聞いてくるということは、私の専門分野である体の仕組みやその正しい使い方という観点から、どう思うかという意見を求められているのは百も承知ですから、とりあえずYouTubeで動画を探して見ました。

見る前から想像は付いていましたが、なるほどこういうところを見て、私に意見を求めてきたのだなというのが一目瞭然です。

おそらく二人とも世界でもトップレベルのプレーヤーなのでしょう。

西本塾でも少し触れましたが、体を移動させるという行為、歩くとか走ると言った動きを行うためのエネルギーを、どこで発生させどこへ伝えて、どういう動きを誘発させるかという、最も基本的な問題です。

普通は足の裏で地面を蹴って、その反力を得て体重を移動させようとします。

体が悪い意味で一つの硬い物体となっており、その重さを移動させるためにはかなりの筋力が必要となります。

その最も分かりやすいのが砂浜を走る時の感覚です、ふくらはぎや太ももに大きな負荷がかかり、筋肉が疲労して硬くなるのがわかります。

イニエスタ選手の動きを見ていると、いわゆる踏ん張る、居つくという感覚が伝わってきません。

地面と接しているのは、確かに足の裏ですが、宙に浮いているというのは大袈裟ですが、スピードを上げる瞬間、切り返したりターンをする瞬間、全く踏ん張っていません。

全く踏ん張らなければ反力は得られないのに、なぜそう見えるのかということになります。

人間は皮膚という皮袋に包まれた液体だと思ってください。

実際、体重の60%以上は水分であると言われています。

さらに、皮膚と身(筋肉や脂肪組織)の間には緩みというか、間があります。

試しに片方の腕の柔らかい部分を、反対の手の指先でつまんで動かしてみてください。

腕自体は動かず皮膚だけが3センチとか多い人だと5センチくらい動くのが分かると思います。

これが「間」です。

イニエスタの動きにはこの間が随所に見られます。

上体はまだ対面する選手に向いているのに、体の中身はすでに別の方向へ動き出しているように見えます。

次回の西本塾で取り上げますが、地面を蹴らない走り方や方向の変え方、そのための股関節と背骨、肩甲骨との連動、こういうものを後天的にでもトレーニングの意識を変え継続することで、有る程度のレベルまでは獲得することができるのではないかと思っています。

ところが、踏ん張る力を増強する方が、変化としてわかりやすいので、肉体改造やパワーアップという言葉に踊らされて、その他大勢の能力を身につけようとしている人がほとんどであるというのが現状だと思います。

何度か例に出してきたイチロー選手の体が証明してくれていますね。

コップの中の水はほんの少しコップを傾けただけでも、そのあり様が変わります、人間は柔らかい皮袋で包まれ、なおかつ中身も柔らかいのですから、それをうまく使わないてはありません。

頑張れば頑張るほど早く疲れますし、動きの変化に対応できません。

たくさんある関節を、ほんの少し筋肉の力を借りて連動させるだけで、自分が思っている以上の動きを表現してくれます。

筋力に頼って、体を固くし、関節の動きを妨げてしまっている選手たちの間を、柔らかくしなやかに関節を連動させ、皮膚と身の間をうまく使って、相手に動きの変化を悟られず、自由に動き回れるイニエスタ選手、あなたのことを、どこのどなたかも知らなかった私に、褒められても嬉しくもないでしょうが、みんなあなたのような身のこなしが出来るようになりたいと思っていますよ。

そしてかわされてバランスを崩し、しまいには足を出してファールをしてでも止めようとしますが、それでも倒れずドリブルで突破して行く、そういうシーンばかり集めたものでしょうが、見ていて気持ちがいいですね。

私でも知っているメッシ選手も全く同じです。

だからこそ小さな体で、屈強なディフェンスの間を自由自在に動き回れるのでしょうね。

そのための方法論、一朝一夕にはもちろんいきませんが、あの人は持っているものが違うとか、センスの問題だという言葉で片付けてしまわず、なぜどうしてという部分をしっかり分析して、少しでも近づくことができるように努力して行きたいですね。

そう簡単に、なるほどそうだったのか分かった、と言われてもそんな簡単な話ではありませんが、体の仕組みを学べば学ぶほど、人と違う視点で動きが見えてくるようになることは間違いありません。

それを応援するのが私の仕事です。

プロフィール

Author:西本 直
1993年、Jリーグサンフレッチェ広島を皮切りに、社会人野球三菱重工広島・協和発酵・ヴィッセル神戸・川崎フロンターレ、そして広島カープ佐々岡真司投手など、プロアマ問わず競技レベルのスポーツ選手から一般の方まで、トレーニングやメンテナンスの指導を行ってきました。
その経験と知識の蓄積を「西本理論」としてまとめ、一人でも多くの方に実践していただくことが、これからの私の使命であると信じ、このブログから発信していきます。
私の理論はスポーツ選手のみを対象としたものではなく、ビジネスマンや家庭の主婦まで老若男女すべてに当てはまる不変のものです。
指導や講演のご依頼も受け付けています。
実名でツイッターも書いていますので、チェックしてみてください。
また、2013年9月9日にConditioning Studio 操をオープンしました。こちらもご覧ください。
また、遠隔地にお住まいの方を対象とした動き分析とアドバイスを行っています。
詳細は「スタジオ操」のホームページ内の「遠隔サポート」をご覧ください。

最新記事

カレンダー

10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カウンター

検索フォーム

QRコード

QR