自らの意図した筋肉の収縮活動を、反復継続して行えるようにするのがトレーニングの目的。

これまで色々な形で指導をする機会を与えて頂きました。

一口で指導と言っても、色々な意味があり、一括りにして語ることはできません。

私の場合、私に期待されていることに応えるというよりも、対象となる選手やチームにとって何が必要なのか、それを正確に見極めることなしに指導はできないと思ってきました。

ですから、私を受け入れた側からすれば、そんなことは頼んでいないと思われることも多々あったことと思います。

もちろん私がその組織の最高責任者として招かれることはありませんし、個人が対象だとしても、私の考え方がすべてに優先されるとは思っていません。

ただ、私が関わった限りは、期待された以上の結果を出させてあげたいという思いが何よりも優先されました。

その過程では当然のように軋轢があり、衝突することもありました。

それでも目先の結果ではなく、もっと大きな目標に目を向けさせ、そこに到達するためにはこういう考え方や方法論が必要なのだと、熱く語ってきました。

トレーニングに関しては、何度も繰り返し書いてきたように、ただ体を追い込む、いじめるなどという発想はありませんでした。

選手にとってはそう感じることもあったかもしれませんが、私の中ではすべてにおいて計算ずくで、本当に必要な能力を獲得してもらうためには絶対に乗り越えなければならない課題でした。

10年くらい前だったでしょうか、当時指導していた社会人野球の三菱重工広島が、立派な雨天練習場を新設してくれました。

それまでは雨が降ると、練習らしい練習ができず、スケジュールが大きく狂ってしまうことがありました。

雨天練習場のお陰で、その問題が大きく改善されたことは言うまでもありませんでした。

中でも、私が取り入れたサーキットトレーニングは、選手の能力を大きく向上させられたと思っています。

選手を2人ずつペアを組ませ、できた数だけの種目を並べ、時間を決めて交代で行わせ、すべての種目を一回りもしくはふた回りさせるというものです。

その種目は野球選手としてだけではなく、スポーツ選手として必要な、あらゆる動きをスムーズに行えるように考えて設定しました。

時間はその時期の練習や、前後のトレーニングの内容を勘案して、けっして無理なく、そしてもちろんかなりきつい内容でした。

一人が行っている時には、相棒は休んでいるのではなく、補助と言うか一緒に動きていなければならない種目がほとんどですから、二人が終わった瞬間に隣の種目に移動して行うので、インタバルというか休憩はありません。

団体競技ですから、できれば全員が高いレベルの能力を身に付けて欲しいことは当然ですが、個人差が大きいこはある程度仕方がないことでした。

それを自覚してもらう意味でも、全員で行うサーキットトレーニングには意味があったと思います。

ややもするとトレーニングはが、ただキツければ効果あると思われてしまうことがありますが、それはあくまでも結果であって、指導する側される側、双方の自己満足に過ぎないことがほとんどです。

問題はその内容であることは誰が考えても分かることで、その一つ一つに意味を持たせなければ、行う意味はありません。

今行なっている中高生のサッカー選手たちとのトレーニングも同じです。

彼らには明確な目標があります。

そして、私のところでトレーニングを行うことができる期間も、最初から決まっていました。

ただの肉体改造で、体重の増加や筋力アップが目標なら、本意ではありませんが、そういう指導もできたかもしれません。

4月からそれぞれ次のステップに進み、そこからさらに上のステージを目指す彼らに、今、身に付けて欲しいことを、限られた期間の中で指導しなければならないという、私にとってもひとつの挑戦でした。

これまで作り上げてきた理論を基礎としたノウハウで指導すれば、それぞれの目標に対して、ここまでは届かせることができるという勝算は当然ありました。

今回驚いたのは、私が過去指導してきた誰よりも、中高生の彼らの変化は大きく、私の予定というか想像をはるかに超えた能力を身に付けてくれています。

彼らはただ言われたことを素直にやってくれるだけではなく、実際のプレーの中の動きとの関係性や、トレーニング自体の意味に対しても、貪欲に質問し吸収してくれています。

そのやり取りの中で、私自身がこれまで感じてこなかった沢山のことを気づかせてくれています。

そんな中、受験勉強が一段落し、4月からの生活に気持ちが向かい始めると、トレーニングに対しても、今やっておかなければ、4月以降どうなるんだろうという不安感からか、頻度を増やす傾向が出てきました。

動きが明らかに変わってきた、トレーニングが楽しくて仕方がない、その効果を感じれば感じるほど、トレーニングを休みなくない、1日でも多くトレーニングをやりたい、その気持ちは嬉しいしよく分かります。

しかし、いくら若くて疲れ知らずの年頃とはいえ、また彼らの息遣いを感じながら、負荷を調整しているとはいえ、明らかにオーバートレーニングになっていると感じる部分が見えてきました。

こうなると自分から回数を減らしたいという言葉は言いにくいと感じて、私の方から回数を制限すると伝えました。

体はけっしていじめるものではありませんから。

この先、自分の夢を叶えてくれる、もっとも信頼すべき相棒なのです。

その信頼関係を作り上げるのが「伸kingトレーニング」「動きづくりのトレーニング」なのです。

自分の体をどうやって動かしたいのかをきちんと意図し、それが正しく行われているかを検証しながらトレーニングを行わなければ、意味がないのです。

楽そうなイメージがまだあるかもしれませんが、頭も体もフル回転させなければならず、想像以上にきついトレーニングです。

彼らと過ごす時間の中で、指導する側として何をどう伝え、色々な意味で彼らをどうコントロールするかという部分に関し、日々新たな発見があります。

これまで私は相手の能力の限界が、ある程度見えてしまうというか、決めてしまうことがありましたが、彼らを見ていると、そんなことはまったく意味をなさないことが分かります。

彼らの能力は無限大で、どこまで成長していくのかは、彼らがその歩みを止めない限り永遠に続いて行くような気さえします。

そんな彼らのお手伝いをさせてもらっていることを、とても嬉しく思います。

長く指導を続けられないことは残念ですが、3月末までの半年間とはいえ、彼らの人生の中で貴重な期間だったと思ってもらえるように、もうひと頑張りしたいと思います。

スポンサーサイト

プロフィール

Author:西本 直
1993年、Jリーグサンフレッチェ広島を皮切りに、社会人野球三菱重工広島・協和発酵・ヴィッセル神戸・川崎フロンターレ、そして広島カープ佐々岡真司投手など、プロアマ問わず競技レベルのスポーツ選手から一般の方まで、トレーニングやメンテナンスの指導を行ってきました。
その経験と知識の蓄積を「西本理論」としてまとめ、一人でも多くの方に実践していただくことが、これからの私の使命であると信じ、このブログから発信していきます。
私の理論はスポーツ選手のみを対象としたものではなく、ビジネスマンや家庭の主婦まで老若男女すべてに当てはまる不変のものです。
指導や講演のご依頼も受け付けています。
実名でツイッターも書いていますので、チェックしてみてください。
また、2013年9月9日にConditioning Studio 操をオープンしました。こちらもご覧ください。
また、遠隔地にお住まいの方を対象とした動き分析とアドバイスを行っています。
詳細は「スタジオ操」のホームページ内の「遠隔サポート」をご覧ください。
西本塾を深める会を9月10日(日)に開催を予定しています。
詳細はstudio操のホームページ内の「講習会情報」をご覧ください。

最新記事

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

カウンター

検索フォーム

QRコード

QR