頑張れS太!

昨年の9月から始めたグループトレーニング、一番遅くに参加して来たのがS太でした。

私は相手が子供であっても、名前を呼び捨てにすることが好きではありません、チームに所属して日々一緒に過ごすようになる対象なら別ですが、そうでなければよほどのことがない限り、君やさんをつけて呼ぶことにしています。

それがS太に対しては、すぐにこう呼ぶようになりました、君でもさんでもない、S太はS太そのものでした。

彼のお父さんがサッカーに対して本当に熱心で、世界のサッカーをテレビ等で調べ、S太に対しても様々なアドバイスをしていたそうです。

そして最後にたどり着いたのが私の存在でした。

お父さんとは直接の面識はありませんでしたが、愛媛の宇和島生まれの私にとって、ご夫婦ともに隣町と言っても良いくらいの地域の出身であることを伺い、当然ですが親近感を覚えました。

1学年しか違わないことで、共通の友人の名前が出てきたり、お父さんにとっても私は本当に身近な存在に感じていただけたようでした。

そんなご縁の中から、12月も後半になって、S太が私の所に通ってくることになりました。

以下、彼から届いた感想です。

西本先生、智志先生へ

あっと言う間の3ヶ月間でした。

昨年12月のことでした。

10月に痛めた右足付け根付近の骨折も癒え、何とか間に合った全国大会も終わって、クラブチームでの活動が全て終わった時、お父さんから「次のステージに向けて、準備をしておかないか?サッカーについての全ての動きについて、専門の先生に指導してもらわないか?足も速くなるらしいぞ!」って言われたのが先生の指導を受けるきっかけでした。

僕が今までサッカーをしていて、一番ほしかったもの・・・それがスピードでした。

お父さんからは、足が遅いと思っているなら、いつも周りをよく見ろ、予測しろ、相手より判断スピードを上げろ!、そして相手より良いポジショニングを取れ!、そして誰よりも早く動き出せ!と言われていて、それは僕がいつも練習から取り組んできたことでした。

でも、いつも思っていたのは、単純に足がもう少し速かったらな~・・・って事でした。

テクニックでは絶対に負けないのに・・・。

それと後は身体的コンプレックス、もう少し大きくなりたい、そう言った思いが僕の心を動かしました。

12月も既に年の瀬に近い頃からのスタートとなりました。

初めて先生の指導を受けた感想は、正直何をやってるんだ?と思いました。

『体を変に動かして、変な踊りの様だな?』と思ってました。

西本先生に「同じ動きをしてみて」と言われて、見よう見真似でやって見たら、ものすごく変で、付き添いで来ていたお母さんと顔を見合わせて笑ってしまいました。

西本先生から「まずは形から入れ!真似ることは大事だよ」って言われ、なるほど・・・それなら得意かも?と思いました。

昔からサッカーの試合をテレビで見て、新しいフェイントを一度見ただけで覚える(形を捉える)のは得意でした。

トレーニングを始めた当初は、普段使ってない筋肉を動かしているためか、疲れがすごく出て、最初は風邪を引いたり、体調を崩すのが多かったです。

しかしそれも少しずつ慣れて行き、だんだんコツを掴め初めて来ました。

(もう笑いは出ません。いつも真剣に取り組みました。)

トレーニングで1番難しかった点は、背中を意識する事です。

今では、意識できているのですが、やはり最初は難しくて、重いものを上げたりする時に腕の力を使ってしまい筋肉痛になってしまったりしていました。

でも、自分よりはやくから来ていた先輩方と一緒にトレーニングをすることで、近くで良い見本を見ながらやったりして行くおかげで、自分もだんだん出来るようになりました。

また、智志先生にも1対1で教えてもらったおかげもあって、すごい勢いで上達しました。

走り方をはじめ、アイドリングの動作や背中を使った動きを学んで、サッカーの練習では見違えるほど、プレーがスムーズになり肩に力が入り、力むことも無くなり、プレーに余裕が生まれました。

12月末から3月まで、実際は2ヶ月ちょっとの先生からの指導でしたが、もう少し早く始めることが出来ていたらと、今は思っています。

これからは、先生の指導を忘れることなく、いつも背中を意識し、僕が進む高校でも、トレーニングを継続して行きたいと思います。

短い時間でしたが、西本先生や智志先生のお蔭で自分の身体を自由に使う基礎は学べたと思います。

これからは、新しいステージで、今まで僕が小学校~中学校と取り組んできた、『相手の裏を突くサッカー』、『攻撃の起点となる縦へのパス』、『中盤でのためを作る動き』、『攻守の切り替えのスピード』、『ボールを奪われない動き』、『ゴール前でのアイデア』などを生かせる身体を、より完璧なものにするために、今回学んだことを忘れることなく、努力していきます。

そしていつか、先生に同じ時期に指導を受けた三人で、先生の指導方針に間違いが無かったことを証明することが、西本先生や智志先生への恩返しだと思っています。

短い期間でしたがありがとうございました。

(PS-次はお父さんに頼んで、僕の試合をビデオに撮ってもらって、遠距離指導を受けながら、より完璧な動きを目指します。今後も先生、よろしくお願いします!!)

S太より

S太は、クラブチームに所属していましたが、なかなか出場機会に恵まれず、悔しい想いのままで中学校生活を終えることになりました。

高校に進んで、心機一転活躍を期してのトレーニングだったと思います。

「伸kingトレーニング」は別として、走りのドリルは確かに初めて見る人にとっては、笑ってしまうのも当然だと思います。

一緒に来てくれるお母さんと、お腹を抱えて笑っていたのがつい昨日のことのようです。

1回目は、H君やA子ちゃんの動きを見よう見まねで真似してごらんとしか言わなかったのですが、最初は笑って見ていただけの動きが、スピードに乗った柔らかい動きへと変わって行くにつれ、同じことを自分が出来ないことに、とても悔しそうな顔をしていました。

2回目、3回目と、驚くようなスピードで体の動きをマスターして行くことに、私と智志の間で、S太は今まで見てきた人間とはちょっと違う何かを持っているという話になり、「天才」という言葉まで使うようになりました。

これまで様々な種目の様々なレベルの選手を指導してきましたが、これほど吸収力のある選手は初めてでした。

世間で知られた有名選手など、太刀打ちできない理解力と吸収力、そして表現力です。

毎回トレーニングを重ねるたびにS太を褒めましたが、お世辞でも褒め殺しでもなく、本当に彼の成長には驚かされました。

これまでの環境で、彼の能力が生かされていないことの方が不思議でした。

欲を言えば、お互いにもう少し期間が長く指導できれば、さらにその可能性を広げることができたと思いますが、今の時点で、たったの3か月に満たない期間でしたが、彼の頭と体には、西本理論がしっかり染み付いてくれたと思います。

H君、A子ちゃん共々、近い将来きっと世間を驚かせてくれる存在になってくれると信じています。

S太が新しい環境に旅立つまで、今日を含めあと2回のトレーニングとなりますが、本当に良い縁を頂いたと、私の方が感謝しています。

他の二人に比べれば、それほど遠い所へ行ってしまう訳ではないので、機会があれば成長していくS太の姿を、私もこの目で見られると思うので、本当に楽しみにしています。

毎回、S太の成長に目を細め、懐かしいふるさとの話も交えながら、私のつまらない冗談にもお付き合いいただいたお母さんにも心から感謝します。

また私の存在を探し出し、S太に指導を受けさせていただいたお父さんにも感謝します。

これからも一緒に、S太を応援していきましょう!

スポンサーサイト

プロフィール

Author:西本 直
1993年、Jリーグサンフレッチェ広島を皮切りに、社会人野球三菱重工広島・協和発酵・ヴィッセル神戸・川崎フロンターレ、そして広島カープ佐々岡真司投手など、プロアマ問わず競技レベルのスポーツ選手から一般の方まで、トレーニングやメンテナンスの指導を行ってきました。
その経験と知識の蓄積を「西本理論」としてまとめ、一人でも多くの方に実践していただくことが、これからの私の使命であると信じ、このブログから発信していきます。
私の理論はスポーツ選手のみを対象としたものではなく、ビジネスマンや家庭の主婦まで老若男女すべてに当てはまる不変のものです。
指導や講演のご依頼も受け付けています。
実名でツイッターも書いていますので、チェックしてみてください。
また、2013年9月9日にConditioning Studio 操をオープンしました。こちらもご覧ください。
また、遠隔地にお住まいの方を対象とした動き分析とアドバイスを行っています。
詳細は「スタジオ操」のホームページ内の「遠隔サポート」をご覧ください。

最新記事

カレンダー

02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カウンター

検索フォーム

QRコード

QR