フライングバックトレーニング(FBT)再考、最高(笑)

先日依頼を受けた、『大阪府立大学サッカー部』の指導が1ヶ月後となりました。

このチームとはこれまで全く縁はありませんでしたが、ブログ等を通して私に興味を持ってくれた、4回生の石川拓志さんから突然電話で指導の依頼があり、それ以来当日に向け連絡を取り合いながら準備を進めています。

このチームは、現在関西学生サッカーリーグの3部に所属し、前期日程を首位で終え、2部昇格をかけたチャレンジリーグへの出場を決めたそうです。

8月後半、福山で行われる合宿期間中の貴重な1日を割いて、私の指導を受けようとしてくれているのですから、こちらも気合が入らないわけがありません。

サッカーの経験者ではない私が、縁あってサッカーのチームで仕事をさせていただき、またサッカー選手として必要な能力を超一流選手の動きから分析する仕事をさせてもらったりしたことで、いつの間にかサッカー選手を指導する立場になってしまいました。

ならば私が指導した選手やチームには、絶対に他とは違う何かを感じてもらい、個人として、またチームとしていろいろな意味で向上を実感してもらえるように指導しています。

実際に指導を受けてくれた選手たちはそれぞれのステージで結果を出してくれていますが、相変わらず私の存在は表に出してくれませんので寂しい限りですが。

今回は、丸一日の時間を頂いていますが、実技を指導する前に、「西本理論」と称している部分を少しでも理解してもらっておく必要があるので、前日の夕方にも2時間、講習会のような形で座学の時間を取ってもらいました。

それでも当日いきなり私の話を聞いたのでは理解しにくい部分も多いと思うので、西本塾で使用しているレジュメを再構成して作成しなおし、予習の意味も含めて全員に配布してもらうように手配しました。

今回の指導で何としても結果を出させてあげたい、私自身が強くそう思っています。

石川さんとのやりとりの中で、FBTに関してはブログを読んで、自分たちなりの解釈でトレーニングの一環として取り組んでいます、という言葉を聞くことができました。

本当にありがたいことなのですが、これまで直接指導してきた人たちであっても、私の意図が正確に伝わっていないことが多く、せっかくの取り組みが勿体無いことになってしまっている例が多いので、ここで改めてFBTについて説明を加えておくことにしました。

そういう訳なので、今初めてFBTという言葉を聞いたという人や、ブログを読んで少しやったことはあるが、ほとんど継続できていないという人には、今日の内容は理解できないと思いますので、興味があれば過去記事をきちんと読んで勉強してから今日の記事を読むことをお勧めします。

そもそもFBTとは何かということですが、私が人の体と向き合ってきた30年以上の年月の中で、特にスポーツ選手を対象としていた期間が長いのですが、その経験の中で、我々日本人は背中をうまく使えていないのではないかという、大きいとか強いとかいうレベルの問題ではなく、体の使い方という根本的な問題意識の中で生まれたトレーニングです。

現在の場所に腰を落ち着けるまでは、以前に運営していた施設を訪れ、備え付けたトレーニング機器を使用したり、同じような器具を備えたチームに出向いて指導をしていましたので、あえて自重を使ったFBTのようなものを指導する必要はありませんでした。

それがこの場所で「西本塾」という形で指導をすると決めた第1回の前日の夜に、「参加者のほとんどは器具を揃えた環境にはいないはずで、器具の使い方を指導しただけでは意味が無い」という家内の指摘に、なるほど言う通りだ、ならば器具なしで目的に叶う何かをと考えたのがFBTの1から4の動作でした。

ですから当初の目的は、一言で言えば骨盤と背骨を動かすことに関して、最も重要な役割を担っている「広背筋」の収縮を意識的に行わせることであり、それによって背中の機能を高めると言うことが目的でした。

広背筋という筋肉の解剖学的な機能や、筋肉の起始と停止の位置関係を考えればFBTの2が一つの答えであり、それを補う形での1の動作を考えました。

加えてグランドレベルで行うことを考えれば、下半身の意識づけも重要になってくるので、特に股関節に乗り込む感覚が分かれば、その後に続くアイドリング動作や走るという行為へもスムーズに移行できると考え、3と4の動作を加えました。

そうした中で、私の中では当たり前だと思ってやってきたこと、私の体は自然にそういう風に動いているにもかかわらず、目の前で行なってくれる人たちの動きが、残念ながらそうなっていないことに気付き、指導の仕方や見せ方にも工夫を凝らし、最近では私なりに納得のできる動きを指導できていると思えるようになりました。

その一番のポイントは1と2の動作では重心がかかとから爪先へ移動していきますが、その際最もきついと感じるポジションで、骨盤がクイっと反り上がり、お尻の穴が下方向から真後ろに向かって上方向に上がっているかということです。

そもそも広背筋の機能を高めることの目的は、骨盤を後上方に引き上げ、股関節の自由度を高めるということなのですから、背中がキツイだとかも太腿裏が突っ張るとかいう感覚ではなく、あくまでも骨盤の角度を意識して変えるという動作を繰り返すことで、その動きが自然に行える体を作っておくための動作なのです。

この一番肝心なことがうまく伝わっていないために、頑張りすぎて腰が痛いとか、どこに効いているのかよく分からないなどという感想を聞くことになってしまっていたのです。

3と4の動作も同じです、こちらは沈み込んでいくときに爪先側に重心を移すのではなく、逆にかかと側に重心を移し、お尻を突き出すようにしてさらに骨盤を反り上げる必要があるのです。

この動きこそが、股関節を伸展しながら着地するという、私が提唱する走り方に繋がっていきます。

「引っ張り出しのドリル」で、足の裏ではなく股関節そのもので着地をする感覚という言葉を使いますが、その準備の意味もあります。

FBTを継続しているが、今ひとつ物足りない、どうなることがFBTが正しく行えていることの証になるのかと思っていた方には、なるほどそういう意識で行えばいいのかと思っていただけたと思います。

大阪府立大学サッカー部の皆さんには、ぜひ今日の記事を参考にしていただき、1ヶ月後にお会いするときには、FBTに関してはもう指導の必要がないというレベルにまで高めておいて欲しいと思います。

この動きがきちんとできるようになっていることが、他の動作を習得するカギになります。

それくらいこのFBTという動作には深い意味があり、何の道具も使わず、時間や場所も必要としない、コストパフォーマンスでいうとこれ以上ない「最高の動きづくりの基礎トレーニング」となります。

私も日々行なっていますが、骨盤の「クイっ」という動きの感覚が、何とも心地よいです。

1ヶ月後になりましたが、サッカーに必要な、いえあらゆる競技に必要な、自分の体を自分の思ったように動かす能力を向上させるために、私のこれまでの経験と知識を総動員して「大阪府立大学サッカー部」大躍進のお手伝いをさせていただきます。

そして周りの見る目も変えて欲しいと思います、私の考え方を取り入れれば必ず変われる、成長できるということを知らしめて欲しいと思います。


スポンサーサイト

プロフィール

Author:西本 直
1993年、Jリーグサンフレッチェ広島を皮切りに、社会人野球三菱重工広島・協和発酵・ヴィッセル神戸・川崎フロンターレ、そして広島カープ佐々岡真司投手など、プロアマ問わず競技レベルのスポーツ選手から一般の方まで、トレーニングやメンテナンスの指導を行ってきました。
その経験と知識の蓄積を「西本理論」としてまとめ、一人でも多くの方に実践していただくことが、これからの私の使命であると信じ、このブログから発信していきます。
私の理論はスポーツ選手のみを対象としたものではなく、ビジネスマンや家庭の主婦まで老若男女すべてに当てはまる不変のものです。
指導や講演のご依頼も受け付けています。
実名でツイッターも書いていますので、チェックしてみてください。
また、2013年9月9日にConditioning Studio 操をオープンしました。
また、遠隔地にお住まいの方を対象とした動き分析とアドバイスを行っています。
詳細は「スタジオ操」のホームページ内の「遠隔サポート」をご覧ください。
「第25回西本塾」を11月18・19日の土日に開催を予定しています。
詳細はStudio操ホームページ内の「講習会情報」をご覧ください
尚、深める会も12月9・10日に予定しています。

最新記事

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カウンター

検索フォーム

QRコード

QR