感覚を伝える

自宅近くのスポーツオーソリティーに注文していたトランポリンが届いたという連絡があったので、お昼休みに自転車で取りに行ってきました。

小さくない荷物ですが、片側のペダルとハンドルにうまく乗っかってくれたので、ここまで自転車を押して運んできました。

トランポリンと言ってももちろん小型のもので、一般用の健康器具的な用途のために売られているものですが、私にかかると、股関節を意識させる絶好の器具に変身します。

昨年まで使っていたものは三菱広島野球部に寄付してしまいました。

もう野球の、それも投手のフォーム作りを真剣に指導することなどないと思っていたからです 。

縁というのは不思議なもので、今またそれに取り組もうという選手が現れたため、小道具を集め直したというわけです。

私はこれまでも様々な道具を考え、イメージどうりのものがないと自分で作ってしまうほどでした。

一般家庭に比べるとDIY用品はかなり集めてしまいました。

フォームを指導するということは、毎度おなじみの技術の定義「自らが意図(企図)した筋肉の収縮活動を、反復継続して行うことのできる能力」 の中で最も大切な、自分が何をしたいのか、どういう動きをしなければならないのかという根本的な部分を明確にすることです。

しかし、言われた方はそれが分からないからもがいているわけで、その基本的な部分についてはこちらが道筋を作ってあげなければなりません。

そのうえで、それに近づくためのトレーニングを提案し、目標との因果関係を説明しながら本人の気づきを待ちます。

自分の口から方向性に関する言葉が出て来た時に、選手の理解度が把握でき修正を加えて行くという手法を取ります。

その中で難しいのは、やはり感覚の部分です。

どの筋肉が強く意識されているとか、どこから発生した力がどこを経由してどこへ作用していくのか。

股関節に乗せるとか、関節を潜り込ませるとか、実際にはあり得ないけれど、感覚的にはそういう感じで、などという場合の、最も近い感覚を体験させるために、様々なアイデアを尽くし、子道具を用いてきたのです。

昨年までの施設は今以上に小さな施設で、おそらく日本一小さなトレーニングルームを自負していましたので、置き場所が大変でした。

ここもそんなに広くはないので、できるだけ増やしたくはなかったのですが、必要なものは必要で、トランポリンもやっぱり必須アイテムとして帰ってきたというわけです。

いかに自分の感覚を相手に伝えるか、お互いが感覚を共有できるかが指導の鍵となります。

まずは自分がきちんと理解して、実際にやって見せることができなければ話になりません。

そのうえで、相手の動きを正確に分析し、同じ感覚を共有できているのかいないのか、しっかり見極めることが必要です。

その部分を曖昧にしてしまうと、お互いが一方通行の会話になり、まったく伝え合うことができなくなります。

私も少し利口になったのでしょうか、その辺りに最も気を使うようになりました。

さて、「第二回西本塾」の開催まであと一ヶ月となりました。

ブログに書き綴った私の思いを、直接お話できる貴重な機会となり、参加していただいた方々からも、二回三回と継続を望む声もいただきました。

あれから一ヶ月の間にもいろいろなことがありました。

これから一ヶ月の間にもまたいろいろなことが起こると思います。

その一つ一つの経験をこれまでの経験に加えながら、新しい何かを発信して行こうと思っています。

年齢やお仕事もそれぞれ違う参加者の方の、どこに焦点を絞って内容を組み立てればいいのか、一回目はそこの腐心しました。

今度はそういうことではなく、私がお伝えできることは一つしかないのですから、私がお伝えした内容を、それぞれの立場でどう活かしていただくか、私が答えを並べるのではなく、様々な提案をさせていただいたことをどう使ってくださるのか、その先のことまで私が責任というか心配するのはおこがましいのではないかという気がしています。

皆さんが聞きたいこと知りたいことは、私が積み上げてきた経験と知識、そしてそれらをまとめた理論もどきの考え方だと思います。

こういう時はどうすればいいですか的な、質問に答えても、本当にその答えが 分かるのは、その問題に直面している人だけだと思うのです。

私はそうやって問題を自分一人で克服してきました。

そういう経験の中で導かれた考える道筋を知っていただくことこそ、それぞれの皆さんにとって本当の意味で答えを導くお手伝いになるのではないかと思います。

そのために多くに時間を費やし、できるだけ分かりやすくお話しし、実技を体験していただくことで、身を持って体験し理解を深めていただく、それが「西本塾」がやらなければならないことだと思います。

残り一ヶ月、私も引き出しをどんどん増やして行きたいと思います、参加予定のみなさん楽しみにお待ちください。


スポンサーサイト

Trackback

Comment

Post a comment

Secret


プロフィール

Author:西本 直
1993年、Jリーグサンフレッチェ広島を皮切りに、社会人野球三菱重工広島・協和発酵・ヴィッセル神戸・川崎フロンターレ、そして広島カープ佐々岡真司投手など、プロアマ問わず競技レベルのスポーツ選手から一般の方まで、トレーニングやメンテナンスの指導を行ってきました。
その経験と知識の蓄積を「西本理論」としてまとめ、一人でも多くの方に実践していただくことが、これからの私の使命であると信じ、このブログから発信していきます。
私の理論はスポーツ選手のみを対象としたものではなく、ビジネスマンや家庭の主婦まで老若男女すべてに当てはまる不変のものです。
指導や講演のご依頼も受け付けています。
実名でツイッターも書いていますので、チェックしてみてください。
また、2013年9月9日にConditioning Studio 操をオープンしました。こちらもご覧ください。
また、遠隔地にお住まいの方を対象とした動き分析とアドバイスを行っています。
詳細は「スタジオ操」のホームページ内の「遠隔サポート」をご覧ください。
西本塾を深める会を9月10日(日)に開催を予定しています。
詳細はstudio操のホームページ内の「講習会情報」をご覧ください。

最新記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カウンター

検索フォーム

QRコード

QR