相対評価と絶対評価、その先に

ソチで行われている冬季オリンピック、期待の選手たちがなかなか思ったような結果が出せず、マスコミはあの手この手で盛り上げようと躍起になっているのがわかり、少し白けてしまいます。

オリンピックは4年に一度、その時点でのNo.1を決める大会です。

そこに集まってくるのは世界の精鋭達で、極端に言えば誰が一番になってもおかしくない選手たちだけが参加しているとも言えるわけで、そこに参加する選手が、必ず金メダルを取りますだとか、金メダル以外は欲しくないみたいな言い方には矛盾を感じます。

それを報道する側も、応援する我々も、過大な期待をかけすぎたり、本来スポーツの結果とは関係ない部分ばかりがクローズアップされたり、普段マイナーな競技にとっては、知ってもらう絶好の機会だとは思いますが、日本のマスコミはスポーツを正しく伝えているのかと思ってしまいます。

金メダルも銀メダルも、今日この瞬間の結果であって、それがその選手に対する正当な評価で無いことは明らかです。

長い期間に渡って各地を転戦してポイントを争うW杯の総合成績こそが、最も評価されるべきものだと思います。

そういう部分の報道は少なく、とにかくオリンピックありきでは、選手は育っていかないような気がします。

スポーツに限らず、自分の位置を確認する方法として、相対評価と絶対評価という考え方があります。

相対評価はその時その瞬間に競う対象の中で、どういうポジションにあるかという目安になります。

体調や気象条件にも左右され、また自分が思うような結果を残せなくても、相手がそれ以上に良くなければ、結果として自分の方が上だったということもありますし、自分が普段通りの実力を発揮しても、相手がそれ以上であれば自分の順位が下になるという結果になります。

もし明日も試合があれば、結果はひっくり返るかもしれないという、まさに流動的な評価と言えます。

オリンピックはこの相対評価を競い合う大会です。

絶対評価というのは、自分が立てた目標に対してどれだけそれに近づけたかという、自分に対しての評価です。

100%目標を達成したとしても、それを超える選手がいれば1番にはなれません。

相対評価で争う時には運不運や、言葉は悪いですが再現性の低いまぐれのようなパフォーマンスであっても、その瞬間のトップになれるかもしれませんが、心からそれを喜べるアスリートは少ないと思います。

絶対評価に対しては、自分の目標を達成したというそれなりの満足感はあると思いますが、そこに相対評価が加わらなければ、ただの自己満足と言われかねない結果になってしまいます。

我々は普段話題にもしない選手たちに対して、マスコミに煽られオリンピックの時だけ過大な期待を寄せることになります。

そんなプレッシャーをかけられる選手たちも、金メダルだけが全てのような悲壮感漂うコメントを発して競技に臨み、結果が出せないと、まるで何か悪いことをしたかのようなコメントをしてしまいます。

果たしてそんな必要があるのでしょうか。

私が二つの評価を使い分けるきっかけになったのは、20数年前にある方から頂いた講演を録音したカセットテープでした。

聞こえてきたのは、ミュンヘンオリンピックの100m平泳ぎで金メダリストとなった田口信孝さんのお話でした。

軽妙な語り口で様々なエピソードが語られていましたが、私が最も心に残り、その後もことあるごとに使わせていただいているお話があります。

田口さんの専門は100mの平泳ぎ、世界の様々な大会を転戦していれば、おおよそライバルと目される選手は決まってくる、オリンピックまで見たことも聞いたこともない選手が、いきなり世界記録を出して優勝してしまうなどということはあり得ないと言われていました。

そうなるとライバルの数は限られ、決勝のスタート台に立つ選手の顔ぶれも、よほどのことがない限りは決まってくる、そうであればライバルとなる選手たちの練習内容から、大会ごとの記録や体調を調べ上げ、自分がそれに勝る記録を出すための練習を工夫し体調を整え、全ての準備が整っていれば負けるはずがないという、揺るぎないものを作れるかどうかが勝負を決めていると言われるのです。

確かにその通りです、自分はこれ以上はできないというところまで一生懸命努力しました、神頼みもしました、あとは運を天に任せるだけですという気持ちでスタート台に立っても、それは自己満足に対する準備であって、金メダルを取るという確信を持ってのスタートではないのです。

田口さんは100%金メダルを取れるという確信を得るための練習をされたそうです。

だからスタートの瞬間、すでに金メダルを手にしていたということになるのです。

そんな甘いものじゃないと思われるでしょうが、ライバルと言ってもいろいろなレベルの選手がいて、ライバルが並ぶスタート台で自分を含めて最高でも4人しか、本気で金メダルを目指して練習してきた選手はいない、その4人の情報くらいどんな手を使っても調べ上げることはできる、だから自分がそれ以上の結果を出せると信じるに足りる練習をして、その場に立っているのだから、何の疑いもなく金メダルを取ったということになるのだそうです。

最終的には4人が3人か2人にまで絞られるそうです。

そのための努力は並外れたものだったと思いますが、事前の準備段階から自己満足の絶対評価ではなく、勝つための相対評価で組み立てて行くというお話には驚かされました。

結果が出なかった後に、言い訳のようにこういう部分が足りなかったとか、どこそこを痛め完治していなかったなどというコメントを聞くことがありますが、その時点で田口さんに言わせれば勝てるわけがないということになるのでしょう。

日本のスポーツマスコミはどうもそういうところがあります。

事前にはメダル確実万全の準備などと言わせておいて、ダメだったらああだこうだが次々と出てくる、なぜ最初からこういう準備をしてきて、完成度はこのくらいです、そのできる自分の力の全てを発揮して頑張ります、メダルはその結果としてとれたら嬉しいです、ではダメなのでしょうか。

もし田口さんのように全ての準備ができていたとしても、冬の競技は気象条件やコースコンディション、また採点競技であれば、納得いかない点数が出ることもあるのです。

私が勝った負けたの世界で仕事をする時、負けるとわかっているケンカは買わないと決めています。

ずるいように聞こえると思いますが、負けるとわかっているというのは、本気で勝ちにいかないということの裏返しです、それぞれ条件はあるでしょうが、その範囲の中で勝つための最善の努力をする気がない個人や集団を、いくら応援しても勝てるわけはないのです。

自分の力が、勝つという目的のために存分に活かせる環境でなければ、私がいる必要はないのですから。

とりあえず私は勝ち負けにこだわってきました。

田口さんのように、勝つためには何をしなければならないのか、そのことばかりを考えてきました。

ただ一人の人間としては、全ての選手が結果を残せるわけではないので、自分の求められる最高の目標を設定し、そこに向かって努力を積み重ねて行く、自分に対する絶対評価を求める選手を応援して行きたいと思います。

その目標設定の部分から関与することで、より現実的でより効果的な努力目標を設定してあげることが、私の役割ではないかと思っています。

オリンピックで興味を持った競技や選手を、継続して応援してあげてこそ、オリンピックを報道の価値があると思います。

カーリングなどその良い例で、つい最近まで誰も知らなかった競技が、ある意味メジャーな扱いをうけているのですから。

あとは選手の人柄というか、インタビューの受け答え一つで印象も違ってきますから、そのためにもインタビューをする側の人間にもっと勉強してもらいたいですね、本人が答えたくなる意味のある質問をして欲しいと思います。

真摯な気持ちで目標設定をし、そこに向かって努力を積み重ねて自分に対して自信を持って絶対評価を下し、全ての条件にも味方されて、その瞬間での相対評価である金メダルを勝ち取る、そんな理想的な展開を神様はなかなか許してはくれないようです。
スポンサーサイト

Trackback

Comment

Post a comment

Secret


プロフィール

Author:西本 直
1993年、Jリーグサンフレッチェ広島を皮切りに、社会人野球三菱重工広島・協和発酵・ヴィッセル神戸・川崎フロンターレ、そして広島カープ佐々岡真司投手など、プロアマ問わず競技レベルのスポーツ選手から一般の方まで、トレーニングやメンテナンスの指導を行ってきました。
その経験と知識の蓄積を「西本理論」としてまとめ、一人でも多くの方に実践していただくことが、これからの私の使命であると信じ、このブログから発信していきます。
私の理論はスポーツ選手のみを対象としたものではなく、ビジネスマンや家庭の主婦まで老若男女すべてに当てはまる不変のものです。
指導や講演のご依頼も受け付けています。
実名でツイッターも書いていますので、チェックしてみてください。
また、2013年9月9日にConditioning Studio 操をオープンしました。こちらもご覧ください。
また、遠隔地にお住まいの方を対象とした動き分析とアドバイスを行っています。
詳細は「スタジオ操」のホームページ内の「遠隔サポート」をご覧ください。
西本塾を深める会を9月10日(日)に開催を予定しています。
詳細はstudio操のホームページ内の「講習会情報」をご覧ください。

最新記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カウンター

検索フォーム

QRコード

QR