3回目が近づいてきました。

毎日寒い日が続いています。
お年寄りの方々が、生まれて初めてこんな大雪を見たというくらいのとんでもない雪で、たくさんの方々が被害に遭われています。

国民の生命財産を守るために存在する政治家という職業の人間たちは、もっと真剣に目の前の状況に目を向けて欲しいと思います。

ありがたいことにここ広島では、大きな影響を受けていませんが、こういう時こそ我が身に置き換えて、非常時の備えを確認しておかなければならないと思います。

被害に遭われている地方の方々、くれぐれもお体ご自愛ください。

さて、第3回西本塾が週末に迫ってきました。

当初は、このブログに書き綴っている私の想いを、直接感じたいという要望にお応えして、自分の中にある経験をお話しすればいいと思って始めたのですが、回を重ねるごとに、自分でもそれだけでは満足できなくなりました。

これまででも自分なりに結果を残し続けてきたつもりですが、それで満足してしまっては進歩がないし、何よりせっかく集まっていただくみなさんに、新しい私を見せ続けていかなければ、私自身が楽しくないと思うようになりました。

新しい何かといっても、体の仕組みには原理原則があって、身体運用の法則に新しいも古いもなく、どこかを切り取っただけの⚪️⚪️式トレーニングや⚪️⚪️健康法にも違和感を覚えてしまう私にとっては、どこか矛盾を感じてしまうところもあります。

それがスポーツライターの木崎さんとの出会いによって、自分の中では当たり前のことで、特に自分から話題にしたり細かい説明など必要ないと思ってきたことが、一般の皆さんにとっては最も聞きたいことだったり、知ってはいるつもりが何となくもやもやしたところがあって、自分の言葉で自信を持って指導できていないなどということが、たくさんあることを気づかせてくれました。

また彼との会話の中で、今までまったく考えていなかったことや、実際に発していなかった言葉が、次から次へと引き出されて行くのが、我ながら楽しくて仕方がありません。

聞き上手というのでしょうか、人の能力を引き出すという意味では、私の仕事との共通点もあり、見習うところがたくさんあります。

どんなことを聞かれても、それなりに彼を納得させられる答えが出てくることに驚かれてしまいますが、冗談半分照れ半分で、いや思い付きの口からでまかせですよと、返すこともありますが、私の中でベースになっている考え方や経験に照らし合わせると、ほとんどの質問に答えを見出せてしまうのです。

枝葉の問題や、何色の花を咲かせたいのかという問題は、根本になる土の問題や栄養や日照条件など、周辺の環境条件からある程度想像がつくのです。

「木を見て森を見ず」それ以前の問題から、前の前をどれだけ掘り下げて考えられるかが、本当の意味で自分という存在に自信を持てることで、いろいろなセミナーに通い、それぞれの方法論を学んだところで、自信を持ってそれを使いこなせていないのは、そういうことなのだと思います。

そういう意味で西本塾では、1日目をとにかく私の考え方に触れていただく時間に当てています。

それでも時間は足りませんが、枝葉のことに気を取られていたり、既成概念から抜けられない思考を、まっさらな状態にしていただきたいと思っています。

二日目の実技に関しても、その既成概念を捨て、もしかしたらこれまで学んできた知識さえ、まったくゼロの状態になっていただくことで、私が言わんとしていることを体が感じて理解していただけると思います。

とくに、歩く走るは人間にとって基本の運動です。

ここで既成概念から抜け出すことができなければ、それぞれのスポーツ動作で新しい何かを得ようと、ここ広島まで来ていただく価値はありません。

過去2回の参加者の方々が、実際に体験し、頭も体も生まれ変わったように、それぞれの場所で活かしていただいていると信じています。

ノウハウを学んでいただくことが目的ではありません、根本となる考え方をしっかり学んでいただきたいと思います。

現場で直接指導に関わること機会は、今のところ与えられそうもありません。

もし私がそういう環境にいたら、こうして様々な立場の皆さんとのご縁はなかったと思います。

今こうして指導させていただけることは、自分にとっても成長するチャンスだと思って、時間の許す限りじっくりと指導させていただきますので、雪などの天候が少し心配ではありますが、皆さん気をつけて、そして楽しみにしておこし下さい。

いま、縁があって指導をさせてもらっている選手が、その効果を少しづつ発揮してくれています。

まだまだ先は長いですが、本人が自分のやるべきこと、進むべき方向が分かってきたようなので、あとは私がその道を踏み外さないようチェックしながら、本人の求める高みにまで導いてあげたいと思っています。

あくまでもやるのは選手本人です、目を釣り上げ声を荒げて、「なんで俺の言うことがわからないんだ、言う通りやれ」という、若い頃のスタイルではなく、「結果が出て嬉しいのも自分、結果を残せず消えて行くのも自分、私の仕事は応援団であって、やるのは自分だからね」という、一歩引いた気持ちで接しています。

それでも私のことを、とにかく熱い人だと言われてしまうのですから、以前の私はどんな人間だったのでしょう、自分では優しい人間だと思っていましたが、厳しいとか怖いとか近づきにくいとか、あまりいい印象は与えていなかったようです。

これからはそういうイメージをもたれないように、良い歳の取り方をして行きたいと思います。
スポンサーサイト

Trackback

Comment

塾に参加したいです!
  • 2014-02-21│10:51 |
  • 稲田 URL│
  • [edit]

Post a comment

Secret


プロフィール

Author:西本 直
1993年、Jリーグサンフレッチェ広島を皮切りに、社会人野球三菱重工広島・協和発酵・ヴィッセル神戸・川崎フロンターレ、そして広島カープ佐々岡真司投手など、プロアマ問わず競技レベルのスポーツ選手から一般の方まで、トレーニングやメンテナンスの指導を行ってきました。
その経験と知識の蓄積を「西本理論」としてまとめ、一人でも多くの方に実践していただくことが、これからの私の使命であると信じ、このブログから発信していきます。
私の理論はスポーツ選手のみを対象としたものではなく、ビジネスマンや家庭の主婦まで老若男女すべてに当てはまる不変のものです。
指導や講演のご依頼も受け付けています。
実名でツイッターも書いていますので、チェックしてみてください。
また、2013年9月9日にConditioning Studio 操をオープンしました。こちらもご覧ください。
また、遠隔地にお住まいの方を対象とした動き分析とアドバイスを行っています。
詳細は「スタジオ操」のホームページ内の「遠隔サポート」をご覧ください。
西本塾を深める会を9月10日(日)に開催を予定しています。
詳細はstudio操のホームページ内の「講習会情報」をご覧ください。

最新記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カウンター

検索フォーム

QRコード

QR