今日はゴルフネタです。

今朝未明、2時過ぎに、ここ広島でも震度5弱という大きな地震がありました。

私が住んでいる広島市の南部、広島湾にほど近い場所は、気候は温暖で、同じ広島市でも北側の山にはたくさん雪が降りスキー場もありますが、ここに雪が降ることは滅多になく、降ってもそんなに積もることもありません。

台風シーズンにも、なぜかこの辺りだけは大きな雨雲が避けて通ってくれるようで、大きな被害も出にくくなっています。

何年か前の芸予地震以来、大きな地震もなく、多少気が緩んでいるところもありましたが、私自身はいつか必ず大きな地震が来るという覚悟と言うか予感があったので、グラっときた瞬間には飛び起きて、いよいよ来たかと身構えました。

大きな被害がなく何よりでしたが、改めて自然災害に対する人間の限界を考えなければならないと思いました。

原発が安全だという理屈を展開できる、科学者の人には本当の意味での現実が見えているのでしょうか。

今日の話題はゴルフです。

このブログはサッカーに関わっている方が多いので、前々回のテーマ「体の使い方・・・」のような時には閲覧者の数も増え、下の方にあるブログ拍手の数も、久し振りに20を超えていましたが、今日はきっと少ないのでしょうね。

あの数字は意外に気になるもので、誰かのために書いているつもりはないのですが、やはり少ないとテンションが下がってしまうものですね。

さて昨日は仕事を休んでゴルフに行って行きました。
昨年、広島に戻ってから心身のリハビリのつもりでけっこうゴルフにも行ったのですが、その中でホームコースである「戸山カンツリークラブ」で、月に一度木曜日に行われている「戸山杯」と銘打たれた、登録会員も参加できるクラブ競技で、60歳以下の一般の部で5位に入賞し、今回のチャンピオン大会の出場権を得ていました。

有資格者しか参加できない大会ですので、普段と違う緊張感を持ってゴルフができる良い機会だと、仕事は休まなければなりませんがとても楽しみにしていました。

週間天気予報が気になっていましたが、前後一週間には雨マークがないのに、よりによって木曜日だけが雨、いや近づけば変わるだろうとの期待も見事に裏切られ、夜半から降り始めた雨はスタート時間になっても弱まることがなく、最悪の条件の中でのスタートとなってしまいました。

ドライバーが絶好調で、距離も方向も安定していたのですが、フェアウェーに運んでも地面には水がしっかり染み込んでいて、うまく振り抜けたつもりのセカンドショットがダフってしまい、アプローチも抜けが悪く、グリーンに乗せるのに一苦労でした。

少し雨脚が弱まってきたと思ったら、今度は濃霧で視界が効かず、ホームコースでなかったら、どっちへ向いて打てば良いのかわからない状況になりました。

さらに午後からは、雨は上がったものの、今度は強風が吹き荒れ、ボールがどちらに飛ぶのか風に聞いてくれという状況になりました。

ベストが83で、90が切れれば今日はうまくできたと思えるレベルのゴルファーですが、気持ちはいつもパープレーを目指しているので、不本意なホールが続きました。

終わってみれば48・45の93、クラブのハンデが18もあるのでネット75という結果でした。
同伴の方々はみなさん私よりローハンデでしたが、結果的にグロスでも私の93がトップでした。

スコアカードを提出した時に、クラブのスタッフの方が、「今日の天候でみなさんスコアを崩し、これまでスコアを提出された方の中でネット70台は西本さんお一人です」、と言われたのです。

「あと3組残っていますが入賞の3位には残ると思います」 、との言葉を聞いて気持ち良くお風呂に入り、支払いをして帰ろうとした時、「西本さん、表彰式がありますから帰っちゃダメですよ」と、スタッフに声をかけられました。

なんと優勝してしまいました。

戸山カンツリークラブのホームページのクラブ競技の結果から、戸山杯チャンピオン大会と辿って行くと、トロフィーを持ち嬉しそうな顔で記念写真に収まった私が出てきますので、お暇な方は覗いて見てください。

その後はいつになくハイテンションで、気持ち良く眠りにつきましたが、あの地震でいっぺんに現実に引き戻されました。

遊んでばかりいるようですが、実は今ゴルフは仕事の一部になっています。

全国に130カ所以上のゴルフ場を運営する「アコーディアグループ」が会員向けに年4回発行している機関紙に、1年間4回シリーズで連載をさせていただいています。

34ページくらいのページ数ですが、著名人のインタビューや所属プロのレッスンページなど、盛り沢山な内容となっています。

最初にこの企画のお話をいただいた時に送られてきた過去の機関紙の関連ページは、私の予想通り、こういうストレッチをしたらスイングが大きくなって飛距離が伸びますとか、体幹トレーニングで飛距離を伸ばしましょうと言った、ゴルフ雑誌でよくある企画の内容でした。

私に対しても、編集担当の方は操体法のエッセンスを取り入れたゴルファー向けのストレッチを期待しているようでした。

それなら私でなく他の方でも良いわけで、私でなくてはできない視点からのページにしたいと、広島に打ち合わせに来ていただいた編集者の方の前で持論を展開し、テーマ「ゴルフスイングにおける股関節の重要性」を採用していただきました。

せっかくいただいたチャンスです、いくらゴルファーの平均年齢が上がり、ストレッチやちょっとした筋力トレーニングが大切だということがわかっていても、実際に実行するのは難しいことですし、何よりその手の情報はすでに飽和状態になっています。

私も42歳からゴルフを始めてかれこれ13年、レッスン書やゴルフ雑誌も読み漁りましたが、根本的な部分でこれはというものになかなか出会うことができませんでした。

スイングのフォームがいくら綺麗でも、それがそのままスコアに結びつかないのがゴルフの難しいところです。

しかし、私は仕事柄まず正しい動きとは、という発想になってしまいます、分解写真や動画を見て、ああだこうだと試行錯誤してきましたが、ゴルフはその時々の自分のレベルに応じて、同じものを見ても感じるところが違うのです。

ほんの一瞬で完結してしまうスイングという動作の中で、何カ所もチェックポイントがあり、それを考え出すと体が動かなくなる、いわゆるイップスという状況まで生まれてしまいます。

ならば我々素人ゴルファーが、アドレスし静止した状況から、何か一つだけ考えることで、あとはオートマチックにスイングが流れていくポイントはないだろうかと考えたわけです。

それをたったの1ページの中で表現するという、とても難しい挑戦ですが、股関節をイラスト化し、簡単な説明にとどめることで 、もしかしたらなるほどと思っていただき、自分もやってみようという方が出てこないかなという内容となっています。

まだ12月に1回目が出されただけで、もうすぐ2回目が出ますが、自分の体で自分がゴルフをすることで、自分の理論を実証して行きたいと思っています。

と言うわけで、私のゴルフ場通いはただの遊びではないと言う言い訳でした(笑)

どんな瞬間にも、人間の体はどうやったらこの動きを効率的に行えるのだろうと考えてしまう私の頭は、ある意味病気なのかもしれませんね、もっと心から楽しめれば良いのに、自分でもそう思います。
スポンサーサイト

Trackback

Comment

Re: 優勝おめでとうございます!
ありがとうございます。
ゴルファーは皆そうだと思うのですが、終わった後に必ず、あの一打はもう一度やり直したら、絶対に同じミスはしないという凡ミスがあり、それらを足せばあと5打は縮められたのにと悔やみます。
しかし、あのショットをもう一回打てと言われても、それは難しいというナイスショットも同じくらいあって、結局最後は結果を受け入れるしかないんですよね。
自然を相手に自分との戦い、だからやめられないんです。
私なりに頑張った結果の相対評価が、優勝という結果だったので、素直に喜んでまた次に活かしたいと思います。
5月のラウンドを楽しみにしています。
  • 2014-03-15│10:01 |
  • 西本 直 URL│
  • [edit]
優勝おめでとうございます!
戸山カンツリーのサイトにて西本さんの素敵な笑顔を見させていただきました。

「ゴルフコーチ」の活躍に、「レッスン生」として勝手に喜んでおります。

西本さんから直接ご指導いただいた「股関節の重要性」を、自分で体験しながら、これからゴルフを始める友人にも伝授しております。

「人のスイングにあれこれ言ってはいけない」と自分に言い聞かせてきた数年間のリミッターを外していただいたおかげで、久しぶりにゴルフが楽しくなりました。

今現在はアコーディアグループの機関紙が読める環境にないので残念ですが、4回の連載で西本さんがどうゴルファーに伝えていくのか、今から楽しみです。

拍手の件、これまで以上に押させていただきます(^-^)
  • 2014-03-15│00:28 |
  • 諏訪 俊一 URL│
  • [edit]

Post a comment

Secret


プロフィール

Author:西本 直
1993年、Jリーグサンフレッチェ広島を皮切りに、社会人野球三菱重工広島・協和発酵・ヴィッセル神戸・川崎フロンターレ、そして広島カープ佐々岡真司投手など、プロアマ問わず競技レベルのスポーツ選手から一般の方まで、トレーニングやメンテナンスの指導を行ってきました。
その経験と知識の蓄積を「西本理論」としてまとめ、一人でも多くの方に実践していただくことが、これからの私の使命であると信じ、このブログから発信していきます。
私の理論はスポーツ選手のみを対象としたものではなく、ビジネスマンや家庭の主婦まで老若男女すべてに当てはまる不変のものです。
指導や講演のご依頼も受け付けています。
実名でツイッターも書いていますので、チェックしてみてください。
また、2013年9月9日にConditioning Studio 操をオープンしました。
また、遠隔地にお住まいの方を対象とした動き分析とアドバイスを行っています。
詳細は「スタジオ操」のホームページ内の「遠隔サポート」をご覧ください。
「第25回西本塾」を11月18・19日の土日に開催を予定しています。
詳細はStudio操ホームページ内の「講習会情報」をご覧ください
尚、深める会も12月9・10日に予定しています。

最新記事

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カウンター

検索フォーム

QRコード

QR