名前が出るということ

このブログは昨年途中、志半ばで広島に戻り、捲土重来を期して活動を始めるにあたり、誰に言うのではないけれど、良いことも悪いことも全て含めて、自分の経験してきたことをブログと言う形ではあるけれど文字として残しておきたい、そして自分の頭の中を整理しておきたい、色々な思いを込めて書き綴ってきました。

何事も継続は大切なことで、このブログも毎日100人近くの方に見ていただけるようになり、ただの独り言のつもりが、何か大きな責任も感じるようになりました。

もともと私などメジャーな人間ではありませんし、仕事の内容を考えても表舞台でスポットライトを浴びるような立場でないことは百も承知です。

「知る人ぞ知る」と言う言葉がありますが、私の仕事に用がない人には、まったく縁などできるはずのない人間です。

それが昨日は、スポーツライターの木崎さんの手になる文章が、number webに掲載されたことで、ブログの閲覧者が2000人を超えました。

以前にも何度か同じことがありましたが、昨日の数字は我が目を疑うほどでした。

すでにこのブログを読んでいただいている方や、西本塾や個別指導で私と言う人間に接したことがあるみなさんには、昨日の文章の内容は、何の違和感もなく、「なるほど西本の目にはそう見えたのか」と思っていただけると思うのですが、number webの記事で、初めて私のことを知っていただき、このブログまで見に来てくださった人には、numberの記事も私のブログに書かれていることも、素直に受け入れ難い眉唾ものの内容に映ったかもしれません。

好意的に読んでいただき、それぞれの立場で応用してみようと思っていただいたり、単にものの見方として、そう言う見方もあるのかなと思っていただけたかもしれません。

筆者の木崎さんも私も、機をてらった内容で、人目を引こうなどという小賢しい考えなど毛頭ありません。

ものには色々な見方があって、木崎さんが追い続けているサッカーというスポーツの中に、私のようなものの見方をする人間がいなかったから、一つの考え方としてこういう視点で、選手の動きそのものを分析することによって、現在選手として頑張っている人、それぞれの年代の指導者として活動している人、そしてサッカーが大好きで一生懸命応援してくださっている人、そんな様々な立場の方々に、もしかしたら新しい視点を持っていただいたり、なにかのヒントになるかもしれないという思いから、こういう企画と言うか文章が構成されているのだと思います。

私も依頼があって、初めて見るプレーヤーの動きを、そんな思いを込めて動画を何度も繰り返し見るという作業をして、私なりの分析をしているのです。

こうして不特定多数の方に自分の考えを知らしめる立場になってしまい思うことがあります。

以前にも話題にしましたが、かの風間八宏に言われた言葉です、

「良いことばかり言われているうちは、どんな世界でもまだまだ2流、一流と呼ばれる人間は、味方半分、敵半分になってやっと本物だよ」

彼のような立場になれば、勝っているうちはいいですが負ければ何を言われるかわかりません。

贔屓の選手を使ってくれなければ、勝っても文句を言われるかもしれません。

ただスタジアムでアンチ八宏と大声を出しているサポーターも、ちゃんと入場料を払ってくれている大事なお客さんで、その中から我々は年俸をいただいているんだから、それに対して目くじらを立てる筋合いではないと、またアンチになるくらい深く興味を持たれているんだよ、と言っていました。

今の私と比較するのもおこがましいですが、初めて目にした記事で私を判断し、ああだこうだ言われたとしても、それは喜ぶべきことなんだと思わなければいけないようです。

昨日、少なくとも2000人の方々が木崎さんの文章を読み、私の存在を知ってくれたのです。

かと言って、何を言われても大丈夫だと言えるほど人間ができていませんから、もし私に対して好ましくない言葉を言われたとしても、こちらが言うことはただ一つです、「このブログを一から全て読んでから、もう一回言ってこい」と言うことでしょうか。

すでにそういうことがあったとか、そういう意味ではなくて、色々な方がいて色々な感想を持つだろうけれど、私はこんな思いで仕事をしています、ということを言っておきたかっただけですので、誤解のないようにお願いします。

さて今日はJ1のどのカードをライブで見るとしますか。

明日は、すでに西本塾を体験された方を対象とした、初めての深める会を行います。

一度や二度でわかっていただけるとは思っていません、本気で取り組みたい方にはとことん付き合って行こうと思っています。

5月に行う「西本塾イン札幌」に関しても、正式に「操」のホームページ上に募集の告知をアップしています。

北海道のみなさん、ぜひご参加ください。
スポンサーサイト

Trackback

Comment

Post a comment

Secret


プロフィール

Author:西本 直
1993年、Jリーグサンフレッチェ広島を皮切りに、社会人野球三菱重工広島・協和発酵・ヴィッセル神戸・川崎フロンターレ、そして広島カープ佐々岡真司投手など、プロアマ問わず競技レベルのスポーツ選手から一般の方まで、トレーニングやメンテナンスの指導を行ってきました。
その経験と知識の蓄積を「西本理論」としてまとめ、一人でも多くの方に実践していただくことが、これからの私の使命であると信じ、このブログから発信していきます。
私の理論はスポーツ選手のみを対象としたものではなく、ビジネスマンや家庭の主婦まで老若男女すべてに当てはまる不変のものです。
指導や講演のご依頼も受け付けています。
実名でツイッターも書いていますので、チェックしてみてください。
また、2013年9月9日にConditioning Studio 操をオープンしました。こちらもご覧ください。
また、遠隔地にお住まいの方を対象とした動き分析とアドバイスを行っています。
詳細は「スタジオ操」のホームページ内の「遠隔サポート」をご覧ください。

最新記事

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カウンター

検索フォーム

QRコード

QR