アイドリング状態

今日は動き出す準備としての、股関節の「アイドリング状態」について書いていきます。

このアイドリング状態という言葉は、体の動きで使われることはなかったと思うので、あくまでも便宜的に使用している私の造語だと思って下さい。

様々な競技の動きを見ていると、いわゆる静から動という静止またはほぼ静止した状態から動き出すものと、常に動き続けている中で、その方向やスピードを変化させていくものに別れると思います。

ただアーチェリーや弓道また射撃といった、外見的にはほぼ静止した状態のままで行われる競技もあります。

今回取り上げるアイドリングという状態は、静から動、動から動、そのどちらにも必要ですが、その動きは外見的にはまったく別のものに見えるかもしれません。

まず体を目的とする方向へ、目的とするスピードで移動させようとする時の方法として、体重移動と重心移動という二つの概念が存在します。

体重移動はその言葉のイメージ通り、自分の体重分の重さ以上の力を地面に加えることで、その反発力を利用して体を移動させようとするやり方です。

移動のスピードを求めるならば、当然その反力は大きなものが必要となり、それに必要な関節の動きも大きくなり筋力も必要となります。

何度か例に出している、野球選手が次の塁を狙うためにベースを離れるリードオフの姿勢です。

重心を落とし、というより腰を落として足幅を広げて、関節を深く曲げた姿勢をとっています。

その方が、しっかり地面を蹴ることができて、力強いスタートが切れると信じてやっていることだと思います。

しかし、曲げられている関節が、そのまま伸ばされて筋力を発揮してくれているかといえばそうではなく、さらにもう一度深く曲げるという動きがないと、実際には動き出せていません。

さらには方向を変えるために足を踏み変える動きをする選手もいます。

これらの動きは相手投手の投球動作に対して、コンマ1秒でも早く反応してスタートを切る必要がある盗塁という動作にとって、マイナスになっていることは明らかです。

それでも従来の姿勢を変えられないのは、強く蹴って勢いをつけた方が速く走れるという、思い込みがあるのだと思います。

地面を強く蹴る、大きな反力を得る、そのことがその場所に強く居ついてしまい、結果としてスタートを遅らせるという結果になっています。

何度か盗塁王のタイトルをとった元選手と、そのことについて話をしましたが、居ついているとかスタートが遅れるといった発想はなく、その動きの中で、いかに相手投手のモーションを盗み、素早く強くスタートできるかを磨いてきたというのが結論でした。

ほぼ100%の野球選手はそう思って練習してきたと思いますし、指導者も同じ発想だと思います。

人間が静止した状態から動き出すための方法論として、この体重移動という方法以外にはないと思ってきたからだと思います。

お互いが常に動きあっているバスケットボールやサッカーなどの競技では、完全に静止したまま次の動きに備えるという状況は少ないと思いますが、それでもとくに相手主導で対応しなければならないディフェンスの際に、同じ状況が起こっています。

野球選手の盗塁のスタートのように、低く腰を落とし背中を丸めてしまうと、相手の動きに対する反応が遅くなってしまいます。

逆に言うとオフェンス側の選手は、相手にそういう姿勢を取らせることができれば、抜いていく隙というかタイミングが見つけやすくなるということです。

オフェンス側にも言えることですが、力んで踏ん張って次の動きに移ろうとすれば、それはディフェンス側の思う壺で、容易に動きを読まれ、先に体を入れられてしまうことになります。

ではどういう態勢が、地面に居つくことなく、無駄な筋力を使う体重移動ではなく、ほんの少しの重心の移動による動き出しを可能にしてくれるのでしょうか。

その大きな前提となっているのが、私の提唱する歩く走るの体の使い方です。

すでに説明した股関節の構造と、それを自由に動かすことのできる姿勢です。

動き出すためには、太腿の前側の筋肉やふくらはぎの筋肉を使って、膝を引き上げる膝を曲げるという動きが必要だという(いわゆる腿上げの動き)概念を取り払い、骨盤を左右に捻り上げることによって、足は自然に踏み出されるという風に考えるのです。

体の水平面は変えずに骨盤の端を上下に持ち上げるという動きは一見とても不自然に感じますが、骨盤よりも大腿骨の一番外側に出っ張っている部分、大腿骨大転子と呼ばれる部分ですが、この部分を上下にしっかり上げ下げすると、骨盤は自然にほんの少し前後に捻られるのがわかります。

骨盤を捻じるのではなくて、あくまでも大転子部分を上下させた結果として、骨盤に捻じりを感じたというところがポイントです。

誰かに後ろから骨盤を抱えてもらい上下に回してもらっているという感じでしょうか。

一番肝心な部分ですが、言葉で正確に伝わるかどうか自信がありません。

この動きができるためには、広背筋にしっかり働いてもらい、骨盤を後方に引き上げるという仕事を常に行ってもらう必要があります。

さらに、その動きをコントロールしてくれているのが、広背筋の停止部位である上腕骨の小結節部分ということになり、これらが常に連携連動して小さく動き続けている状態を「アイドリング状態」と呼んでいます。

相手の動きに合わせて、自分が行きたい方向に重心を傾けることで、自然にその方向へ足が出せ、上腕骨の上後方への引き上げのスピードの変化で、広背筋による骨盤の引き上げリズムを変化させることができ、まるで無段階変速装置がついた車のように、滑らかなギアチェンジが行われるのです。

重心移動による動き出し方向転換は、自転車やバイクに乗っている時に感じるものや、実際に乗ったことのある人は少ないと思いますが「セグウェイ」という乗り物に乗った時の感覚に似ています。

長時間、それこそ何回何十回、いやもっと多いかもしれませんが、体重移動のための踏ん張り動作を繰り返し無駄に筋力を浪費するのか、それとも小さなアイドリング状態を維持し、いつでも動き出せる準備をしておくのか、フィジカルや持久力という既存の物差しではなく、動きの意識と質を変えることで、今までと違った世界が見えてくるのなら、取り入れてみる価値はあると思います。

すでに西本塾でこの感覚をつかんでいただいた方は、ご自分の体で、また指導している選手の動きを通して、変化を実感していただいています。

抽象的で掴みにくい感覚だとは思いますが、「アイドリング状態」何となくわかっていただけたでしょうか。
スポンサーサイト

Trackback

Comment

アイドリング状態
有難うございます。
すごく勉強になりました。

ジュニアサッカーの指導をしているのですが、海外プロを研究し、自分が実践して、どうすればしなやかに動けるか「体で理解」して子供たちが自然に出来るよう練習メニューを考える努力しています。
「体で理解」が今回のブログを拝見させていただいたことで、より具体性を持ったものになりました。
しなやかなアウトサイドドリブルを子供たちに伝えたく、アウトサイドドリブルでぐるぐる一方向円を回る動きを自分でしてみるとしっくりきたので練習メニューに加えているのですが、上手く動ける選手、そうでない選手がいました。
そのとき理論がないので上手くいかない選手に伝えることができませんでした。
プレーを再現すると、姿勢はいい、ボールとの距離もいい、ただ西本さんがおっしゃっている体重移動をしていて、姿勢よく重心先行の重心移動が出来ていないことに気づきました。

「自分が行きたい方向に重心を傾けることで、自然にその方向へ足が出せ、上腕骨の上後方への引き上げのスピードの変化で、広背筋による骨盤の引き上げリズムを変化させる」という表記が、「骨盤(大転子部)と上腕骨の小結節部を結ぶ広背筋の連動性」が非常に分かりやすく説明されていたので実際の動きとリンクさせることが出来ました。
実際に実践してみましたが、走り出しに力感がなく、でもしなやかで速く、調子がいい時の感覚がいつでも引き出せる自信が出来ました。

早く子供たちに伝えたい!!(笑)
本当にありがとうございます。
ご無沙汰しております。
鬼木です。

今、スペインにいろんなチームのサッカーの練習を見に来ております。

昨晩スペインの4部のチームの練習を見学しに行ったのですが、選手たちの姿勢の良さに驚いています。
皆、背中がシュッとしていてお尻がクッと上がって全く力みがない状態でサッカーをしています。
また、街を歩いている人たちも皆、姿勢がよくおじいさんやお婆さんですら背中が曲がっているような人はほとんどいません。

パスの精度に関しては正直日本人の方が上手いんじゃないか?という感じですが、ボールを受ける側の選手たちの許容範囲が日本人とはまるで違います。
まさに意識せずにアイドリング状態でボールを受ける準備をしていて、全く踏ん張らずにスッと重心移動とともに足が出る。
そんな感じで簡単にパス交換をしていました。

日本ではパスの精度をあげよう。
ボール扱いを高めよう。

それが基本となっている気がしますが、
それをやろうとすればするほど前側の筋肉を使うようになり、ボールをしっかり見ることで居つくような姿勢に自然となりやすくしているんじゃないか?
と思うようになって来ました。

今日はこれから3部の上位にいるチームの練習を見に行きます。
明日は、FCバルセロナの試合を見に行きます。

西本さんに教えていただいた視点で、トップレベルの選手たちの動きを感じてきたいと思います。
また、ご報告させていただきます。
  • 2014-03-28│23:11 |
  • 鬼木 URL│
  • [edit]
Re: アイドリング状態
コメントありがとうございます。
私の考えがうまく伝わっていると思います。
膝を抜くという感覚は、少し真下に落ちるイメージが私の中にあって あまり好まず、この方向に動きたいという意識が重心をそちらに向かわせ、股関節から下が自然に降り出されて行くという感覚を大事にしています。
風に吹かれるように体が流されて、という表現も使ったりします。
言葉のやりとりだけで、お互いの理解度を図ることはできませんが、伝わってくるイメージはそれでいいと思います。
いろいろ試してしっくりいく体の使い方と言葉を工夫し、子供達に伝えてあげて下さい。
  • 2014-03-27│13:49 |
  • 西本 直 URL│
  • [edit]
アイドリング状態
いつも拝見させて頂いております。
自分はサッカーのジュニアチームで指導しております。
膝抜きの感覚で一歩目を出していく、そしてそれが出ていける状態ニュートラルな状態(背中はスッと伸びていて軽く腰を落とす姿勢、膝は曲げない脱力した状態)に常にしておくのがいいのかなとまだまだ勉強足らずで若輩者の私の考えでいます。
西本さんのブログで紹介された文の中で、四股を踏むようにして股関節をロックしているのがよくないと言ってらっしゃったのがとても考えさせられました。もっと勉強し指導内容をもっと見直す必要があるなと
  • 2014-03-27│13:31 |
  • まさや URL│
  • [edit]

Post a comment

Secret


プロフィール

Author:西本 直
1993年、Jリーグサンフレッチェ広島を皮切りに、社会人野球三菱重工広島・協和発酵・ヴィッセル神戸・川崎フロンターレ、そして広島カープ佐々岡真司投手など、プロアマ問わず競技レベルのスポーツ選手から一般の方まで、トレーニングやメンテナンスの指導を行ってきました。
その経験と知識の蓄積を「西本理論」としてまとめ、一人でも多くの方に実践していただくことが、これからの私の使命であると信じ、このブログから発信していきます。
私の理論はスポーツ選手のみを対象としたものではなく、ビジネスマンや家庭の主婦まで老若男女すべてに当てはまる不変のものです。
指導や講演のご依頼も受け付けています。
実名でツイッターも書いていますので、チェックしてみてください。
また、2013年9月9日にConditioning Studio 操をオープンしました。こちらもご覧ください。
また、遠隔地にお住まいの方を対象とした動き分析とアドバイスを行っています。
詳細は「スタジオ操」のホームページ内の「遠隔サポート」をご覧ください。
西本塾を深める会を9月10日(日)に開催を予定しています。
詳細はstudio操のホームページ内の「講習会情報」をご覧ください。

最新記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カウンター

検索フォーム

QRコード

QR