受講者からの感想 その2

受講者からの感想、5人目は何度も名前が登場している、札幌から参加の「小林 敬」さんです。

西本先生 北海道まで来ていただきましてありがとうございました。

また、先生を必要としている広島の皆様やご家族との大切な時間を奪い、大変ご迷惑をお掛けしたなと思っております。

移動時間やセミナーの時間も含め、地方開催は難しいのかなと感じておりましたが、99.9%のコーディネートを諏訪さんが動いてくれたからだと感じております。

私自身、4月の新店舗オープンや準備等で参加できるか不安でしたが、所属先の代表に「NO!!」と言われたら「じゃ退社します!!」という事を言いかねない私を理解してくれている会社のスタッフや家族にと全てに感謝しております。

本題に入りますが「腕の振り」について確かシドニー五輪かアトランタ五輪で小出監督が「〇〇選手は上り坂が苦手だから腕を後ろに引く」事を意識させて指導しているとTVで言っていました。

私が初めて走ることについて意識したのはこの言葉でした。
=フライングバックに繋げるのも容易に受け入れることができました。

また、先生が例えの選手として名前を出す「マイケル ジョンソン」も、インターバルトレーニングで当時は大嫌いな400mが速い選手として頭に入っておりイメージができました。

私の場合は耳で聞いた情報「腕を後ろに引く」目からの情報「マイケル ジョンソン」が走るときのお手本( 偶然 )であったため、意識が骨盤や腰であったため幸運だったなと感じます。

当時はそれが正しいとか正しくないかまで掘り下げていませんでした。
改めて「普通」と言われていることに「なぜ?」という疑問を投げかけることの大切さを感じ取りました。

しかし、競技生活が長ければ長いほど反復練習をする事により、形ができ、それが普通となり、やがて無意識でできるようになります。

今回現役で競技をされている方が受講されているのを見ると羨ましいなと正直思ってしまいました。
競技を離れ医療従事者となった身としては少しでも固結びになっている動きを現役の時に紐解けるとどんなに楽しいかなと想像してしまいます。

本来は1週間後と思いましたが早速結果が現れましたので書くことにしました。

今現在で必要と思われる10名にフライングバック②を要点だけ伝え実践しました。

昨日施術した20代の男性が今日も来院して頂き「姿勢は大事なんですね」と言い意識・学習ができたのかなと感じます。

施術+フライングバックではありますが「意識・学習」を脳に届けた実感があります。
これから総合的に「歩く」ことに関しての取り組みをしていこうと考えています。

私自身は「誘導」と「あの感覚」を忘れずにやっていこうと思います。

現役の時にお会いしていたら西本先生とバチバチやっていたなと思いますので「今」お会いしていて良かったと今回も思いました。色々なお話しありがとうございます。

私は今回一つだけ先生にお願い事をしようと思っていましたが聞き入ってしまいましたので次回お会いするまでの楽しみと宿題にします。

最後になりますが、先生長旅お疲れ様でした!!そして、ありがとうございました。


小林さんの存在なくして、今回の札幌開催はありませんでした。
私にそう思わせた小林 敬という人間の情熱を皆さんにも感じていただければと思います。

トップアスリートとして現役の選手時代に私と出会っていれば、何度も聞いてきた言葉ですが、彼のような人間に私ももう少し若いときに出会ってみたかったと思います。

二人で大きな夢を追いかけられたかもしれません。

すべては縁です、これから施術者として、また指導者として大きく羽ばたいてほしいと思います。

昨日の交流戦は残念な結果になりましたが、たんに彼の投球フォームや体の使い方にとどまらず、詳しいことはこれこそ彼と私の企業秘密となりますが、私がここまで踏み込んで野球を考えているとは彼も思っていなかったでしょうから、驚いていましたが、私は単に動きづくりのコーディネーターではありません。

すべてを含めて野球を見ています。

少しずつ彼に対しての要求もレベルアップしてきました。

私がマスクをかぶってリードしてあげられたら、せめてベンチかベンチの裏に居て、その場でアドバイスができたら、こんな結果にはさせなかったのにと残念でなりません。

感情移入はできるだけしないように、仕事としての感覚を忘れないようにしよう、そう思って引き受けた仕事ですが、だんだんそうも言っていられなくなってきました。

なんとかしてやりたい、そう思わせてくれる良い男です。
スポンサーサイト

Trackback

Comment

Post a comment

Secret


プロフィール

Author:西本 直
1993年、Jリーグサンフレッチェ広島を皮切りに、社会人野球三菱重工広島・協和発酵・ヴィッセル神戸・川崎フロンターレ、そして広島カープ佐々岡真司投手など、プロアマ問わず競技レベルのスポーツ選手から一般の方まで、トレーニングやメンテナンスの指導を行ってきました。
その経験と知識の蓄積を「西本理論」としてまとめ、一人でも多くの方に実践していただくことが、これからの私の使命であると信じ、このブログから発信していきます。
私の理論はスポーツ選手のみを対象としたものではなく、ビジネスマンや家庭の主婦まで老若男女すべてに当てはまる不変のものです。
指導や講演のご依頼も受け付けています。
実名でツイッターも書いていますので、チェックしてみてください。
また、2013年9月9日にConditioning Studio 操をオープンしました。こちらもご覧ください。
また、遠隔地にお住まいの方を対象とした動き分析とアドバイスを行っています。
詳細は「スタジオ操」のホームページ内の「遠隔サポート」をご覧ください。
西本塾を深める会を9月10日(日)に開催を予定しています。
詳細はstudio操のホームページ内の「講習会情報」をご覧ください。

最新記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カウンター

検索フォーム

QRコード

QR