朝3分の寝たまま操体法

まだまだ昨日ブログを立ち上げたばかりなので、操作法というか使い方がよく分かりません。
いまやっとアクセスカウンターを設置することができました。

そして早速ですが画面左下のフリースペースに私の唯一の著作である「朝3分の寝たまま操体法」のバナーを張りました。

この本は2004年7月20日に第1刷が発行され、以来版を重ねて今年の4月10日に第9刷が発行されました。
この本を書くきっかけになったのは、当時個人トレーナーとして契約していた広島カープの佐々岡真司投手が、私だけでは満足できないようで、メンタルトレーナーと新たに契約を結んだことに始まります。

その方は、その分野では有名な方で、多くの著作物を手掛けていました。
その方が私の考えをまとめた本を出してみたらと、いくつかの出版社に声をかけていただき、講談社の+α新書の編集者が興味を示し、出版されることになったのです。

ですが正直本を書くことに関してあまり乗り気ではありませんでした。

目の前にいる人間に対して、誠心誠意思いを伝えても、こちらの伝えたかったことがどれだけ伝わることか、1対1でもそうですから、複数の人間を相手にする時など、本気で聞いてくれているんだろうか本当に彼らの役に立てるのだろうか、こちらが一生懸命になればなるほど自分の力不足を感じていました。

それが活字になると、たしかに何度も読み返してもらえれば、思いを深く読み取ってもらうことができるかもしれません。
逆に、まったく意図したことと違う理解のされかたをしても、何のフォローもできないではないかと思ったのです。

講談社の編集の方と最初の打ち合わせをして、ではまず目次のような感じで全体像を作ってみてくださいと言われてから、約1週間で1冊の本に足りる内容を書き上げ担当者を驚かせました。
やると決めた瞬間から自分の思いが堰を切ったように溢れ出し、自然に言葉が綴られていきました。

書き終わったとき、決められた文字数の中で精いっぱいの文章を書ききったことで、自己満足ではありますが達成感というか、それまで関わってきたたくさんの方々とのことを思い出し、心地よい疲労感を覚えました。

実はそこからが本番でした。

担当さんから、この部分が面白いからもう少し膨らませてほしい、この言い方で何度書き直しても注文が来るのです。
けっして、ここがつまらないから削ってくださいとは言われないのです。

ページ数が決まっていて、どこかの部分を膨らませば、当然どこかを削らなければなりません。
字数合わせなどという単純作業ではなく、前後を含めてかなりの部分を書き直さなければばらないのです。
そんな期間が半年以上続いて、やっとOKが出たのが、今本になっている内容です。
活字として著した分量は、おそらく3冊分くらいになったと思います。

私が書き著したかったもの、出版社が書かせたかったもの、読者が読みたい買いたいと思うもの、そして現実として売れそうなもの、その最大公約数を決めていくのがプロの編集者の仕事です。

結果として、こういうジャンルで私のような無名のトレーナーが書いた本が売れ続け、版を重ねたという事実はまさに編集者の力量によるものだと思います。

発売当時は、こんな内容じゃなかったのにの思いが強く、素直に喜べなかったことを覚えています。
予想通り、様々な反響がありましたが、ほんの数ページしか費やさなかった操体法の実技、健康体操のような部分だけが批評の対象となり、私の思いはやはり伝わらないのだなと思いました。

あれから9年、この本は私の手を離れ子供のように育っていきました。

私自身、折に触れて読み返し、自分が書いた文章でありながら改めて多くのことを学んでいます。

「からだとの対話」すべてはここから始まるのです。
スポンサーサイト

Trackback

Comment

Re: この本と出会って
コメントありがとうございました。
10年も前に巣立って行った我が子が、今世間の評価をいただいているようで、とても嬉しいです。
まさかこんなに長く皆さんの目にとまる本になるとは思いませんでした。
健康管理の一助になっていれば幸いです。
これからもお元気でお過ごしください。
  • 2014-01-31│18:03 |
  • 西本 直 URL│
  • [edit]
この本と出会って
いえ!良い本ですよ。私は朝起きると腰が痛い状態が長く続いていますが、このストレッチを毎朝実行するようになってから、かなり楽になりました。ストレッチ本は数多くありますが、比較的簡単で長くにやれるストレッチは、あまりありません。西本さん、有難う!
  • 2014-01-31│16:20 |
  • しろうと URL│
  • [edit]

Post a comment

Secret


プロフィール

Author:西本 直
1993年、Jリーグサンフレッチェ広島を皮切りに、社会人野球三菱重工広島・協和発酵・ヴィッセル神戸・川崎フロンターレ、そして広島カープ佐々岡真司投手など、プロアマ問わず競技レベルのスポーツ選手から一般の方まで、トレーニングやメンテナンスの指導を行ってきました。
その経験と知識の蓄積を「西本理論」としてまとめ、一人でも多くの方に実践していただくことが、これからの私の使命であると信じ、このブログから発信していきます。
私の理論はスポーツ選手のみを対象としたものではなく、ビジネスマンや家庭の主婦まで老若男女すべてに当てはまる不変のものです。
指導や講演のご依頼も受け付けています。
実名でツイッターも書いていますので、チェックしてみてください。
また、2013年9月9日にConditioning Studio 操をオープンしました。こちらもご覧ください。
また、遠隔地にお住まいの方を対象とした動き分析とアドバイスを行っています。
詳細は「スタジオ操」のホームページ内の「遠隔サポート」をご覧ください。

最新記事

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カウンター

検索フォーム

QRコード

QR