やらなければならないこと

毎日暑い日が続いています、私は室内仕事なので、直接の影響を受けなくて済んでいますが、屋内外を問わずスポーツ活動をしている、またさせている人たちは大変だと思います。

スポーツ活動にとって、夏休みという絶好の機会と、命に係わる健康問題としてのスポーツ活動、せっかくの機会なのに、前から決まっていたから、そんな言葉で安易な判断をしてしまうと、取り返しのつかない事態が起こることは、みんな分かっているのに、それでも中止にできないのですね。

毎年のことですが、何かあってからではなく、しっかりとした大人の判断をして、尊い命を守ってほしいと思います。

さて、先日のテレビ番組で、様々なスポーツ競技の選手たちの本音トークを聞き出すというバラエティー番組がありました。

もちろん作られた演出の部分も多いと思いますが、その中でいくつか気になることがありました。

柔道では相手の動きを体で感じるために真っ暗な中で練習した、精神的な自立を図るために一人で遠征に行かせた、ラグビーの女子代表に入ると自動的に自衛隊に体験入隊する、陸上の400mの選手は練習では300mか350mしか走らない、1時間弱の練習で、あとはトレーニングはほとんどしない。

ほかにも、エーっという話がたくさんありました、本当に演出であって欲しいと思う話ばかりでした。

もちろんすべてが真実ではないにしても、日本のトップランクの選手や指導者たちの、トレーンングに対する取り組み方や考え方は一体どうなっているのだろうと、心配になってしまいました。

トレーニングの方向性、目的、方法論、すべてにおいて確立されていないのではないかというのが、テレビを見た限りでの感想です。

これだから、〇〇トレーニングが良いと言われればそれを取り入れ、また別の何かが出てくればそれに乗り換える、そうやって自分たちはしっかりとトレーニングを行っているのだと信じているのでしょう。

私がこれまで関わってきた選手たちも、そういう意味では何ら変わることはありません。

素質とセンスに恵まれ、気がつけばトップレベルの選手になっていた、ところがそれだけではもうトップレベルを維持することが難しく、同じように上ってきた若い選手に、その立場を脅かされそうになってきて、このままではまずいとトレーニングを始め、なんとかパフォーマンスを維持しようと努力する。

しかし、そうしたトレーニングを重ねてもなお、自分の思ったような動きができなくなっていくことに不安を覚え、なぜどうしてと自問自答が始まった時に、私という人間と、私の考え方に出会い、自分の努力の方向性に軌道修正が必要なことに気づくのです。

このパターンは、判で押したようにという言葉がありますが、途中まで聞いてもうそれ以上は言わなくても分かったと、話をさえぎりたくなるほど同じ言葉が出てくるのです。

年齢による衰えや、自分以上の能力を持った選手に対応するための方策として、必ず取り組もうとするのが、肉体改造という名のもとに行われる、体作りのトレーニングです。

そしてそのトレーニングを真剣にやればやるほど、自分の中に違和感が生まれ、トレーニングの方向性や実際のプレーに疑心暗鬼になっていくのです。

これはリハビリを目的として行うトレーニングにも同じことが言えます。

健側に対して患側の筋力が何%になった、ケガをする前と同等の筋力を取り戻し、周径もほぼ回復できたからもう大丈夫、そういう数値目標を立てて、それがクリアされても現実的には、自分の納得できる動きを取り戻すことができないと、これまた進むべき方向が見えなくなっていきます。

ずっと繰り返しているように、もっとシンプルに人間の体の仕組みをとらえて、それに沿った動かし方ができるようになるためのトレーニングを行えばいいのです。

それを「動きづくりのトレーニング」という言葉で表現し、指導してきたのが私のやり方です。

屈筋重視で、数値ありきのトレーニングをとことんやりこんだという選手も、決して無駄な努力だったとは言いません。

それでは自分の能力を向上させることができないという事実を、身を持って体験したのですから、動きづくりのトレーニングへの方向転換に必要な意識改革も、より真剣に行うことができるからです。

中途半端に、〇〇トレーニングの一つくらいの軽い気持ちで取り組んでも、成果が出るはずはありませんから。

さらには異口同音に、もっと早く知りたかった、回り道をしてしまったという言葉も聞きますが、若いときの勢いだけで活躍できていたその時に、私の話を真剣に聞いて、すぐにでも取り組もうという気持ちには、残念ながらなってはくれません。

みんな後になって気付くのです。

20年以上その繰り返しです。

私の指導力不足、人間力が足りないと言われれば返す言葉もありませんが、すべては本人の人生ですから、どんな道を歩もうと後悔さえしなければいいのです。

回り道もまた良しと、過去を振り返ればいいのです。

まだまだ私の考え方が独自なもので、一般的には異端なものと受け止められてしまうことは仕方がないのかもしれません。

しかし、オリンピックに出場する日本を代表するような選手や組織の人たちから、トレーニングとはこうあるべきで、それに向かって日々精進しています、というくらいの発現が、当たり前になるように、一人でも多くの人が私の考え方に共鳴してくれるように、体づくりから動きづくりへの意識改革を、小さな声で発信し続けていきます。

このブログの本来の目的である、トレーナーとして話しておかなければならないことも、ほとんど言い尽くした感はありますが、それはあくまでも自己満足で、やはり言いっぱなしではなく、誰かにきちんと届いて、何かの役に立ててもらいたいという気持ちは強く持っています。

少なくとも私が直接手をかけられる相手に対しては、確実に意識を変え、動きを変え、誰が見ても、なるほど西本理論とはそういうことだったのか、というレベルまで引き上げたいと思っています。

「本当にやらなければならないことは何なのか」、もっと真剣に考えてほしいと思います。
スポンサーサイト

Trackback

Comment

「ならぬものはならぬ」
コメントありがとうございます。
仰る通り、いつから日本は正しいことを正しいと言えない国になったのでしょう。
人間は二人いればどちらかが上に立とうとし、三人になれば二対一を作って仲間外れを作り、我が身を守ろうとします。
NHKのドラマで、福島県の会津地方で「ならぬものはならぬ」という言葉を聞きました。
今それを当てはめようとすると、いつまでも青いことを言ってとか、もっとうまくやってくれとか、とにかく角が立たないよに世間に迎合することが求められます。
熱中症対策もそのさいたるものです。
毎年痛ましい事故が報道されてなお、同じことが繰り返されています。
この日程しかできなくても、「ならぬものはならぬと」信念を持って体を張れる大人はいないのっでしょうか。
そこで初めて問題提起され、ではどうすれば良いのかという論議が始まると思うのです。
前からこうしている、自分が担当の時には波風立たせたくない、そんなちっちゃな考えでは何も変わりません。
嫌われ役を買って出る勇気をみんなが持たなくては、けっきょく同じことを繰り返すだけです。
自分はなぜこの世の中に存在しているのか、誰かの役に立っているのか、生きている限り無駄な時間はないはずです。
人それぞれ考えはあるでしょうが、世渡りが上手いだけの生き方をしたいと思ったことはありません。
望月さんのような方がたくさんいてくれると信じたいです。
8月の西本塾、募集を開始しました。
ぜひご参加ください、お待ちしています。
  • 2014-07-29│10:07 |
  • 西本 直 URL│
  • [edit]
No title
連日、暑い日が続いていますね。西本先生、体調は大丈夫ですか?
いつも勉強になるブログありがとうございます。
世の中のトレーニングに対する疑問もさることながら、熱中症に対する認識も疑問に思う事が多いです。
毎年、暑くなってくるとテレビでは、「熱中症で病院へ○○人搬送」という決まったフレーズを連呼する。そして、コメンテーターやゲストの医師が熱中症にならない水分補給方法や外出を控える対策などがアドバイスされています。
視聴者は、過剰な反応を示して、熱中症になるから外出を控えてエアコンの効いた室内に閉じこもる。夏なのに汗をかかない環境に閉じこもる。
そのような人が、どうしても参加したいイベントに参加するべく、イベント会場へ行く。
暑いので、汗をダラダラとかく事が予想されるが、汗をかく環境を避けて通っていた為、汗腺がひらかず汗をかけずに体内の熱を外へ出す事が出来ず、体内温度が上昇して熱中症になり病院へ搬送される。
水分補給をしっかりして、塩飴をなめて対策をとっていても、汗をかくという人間本来がもつ機能がつかえなくなって熱中症になる方が大半ではないかと私は思います。
その証拠に、定期的に炎天下の中でゴルフをしている人達で熱中症になったという方はほぼいないのではないのでしょうか。
汗をかく=汚い、臭い。
汗をかく=熱中症になる。
という認識が間違いだと思います。汗は、体の体温調整をする機能の結晶です。
汗を定期的にかく環境をつくる事が熱中症対策になると思うのですが、
このような事をテレビで言っているのを見たことがありません。
本来の熱中症対策とは、4月の春くらいから、定期的に外で動く事をして適度に汗をかく体作りをする。水分補給、栄養補給、休養をしっかりとり夏場の暑い時期に向けて体を暑さに慣らす。夏になったら外出を控えるのではなく、外出する時間を朝早く、夕方にずらして一日一回は必ず外へ出る。
このような事がテレビで言われて欲しいものです。

私は、3歳~9歳の子供たちへ特定のスポーツを教えず体の正しい使い方を教える塾を行っています。体のあらゆる正しい知識を子供たちへ伝える事が私の使命だと思っています。
しかし、体の正しい使い方は、まだまだ勉強不足な所が多いので西本先生に教えて頂きながら、今後も精進していきます。
ところで、西本先生8月の西本塾は予定通り行われますでしょうか?私は参加する気満々です。ホテルも新幹線のチケットも予約済です。
とても楽しみにしていますので、何卒宜しくお願いします。
  • 2014-07-28│14:53 |
  • 望月 URL│
  • [edit]

Post a comment

Secret


プロフィール

Author:西本 直
1993年、Jリーグサンフレッチェ広島を皮切りに、社会人野球三菱重工広島・協和発酵・ヴィッセル神戸・川崎フロンターレ、そして広島カープ佐々岡真司投手など、プロアマ問わず競技レベルのスポーツ選手から一般の方まで、トレーニングやメンテナンスの指導を行ってきました。
その経験と知識の蓄積を「西本理論」としてまとめ、一人でも多くの方に実践していただくことが、これからの私の使命であると信じ、このブログから発信していきます。
私の理論はスポーツ選手のみを対象としたものではなく、ビジネスマンや家庭の主婦まで老若男女すべてに当てはまる不変のものです。
指導や講演のご依頼も受け付けています。
実名でツイッターも書いていますので、チェックしてみてください。
また、2013年9月9日にConditioning Studio 操をオープンしました。こちらもご覧ください。
また、遠隔地にお住まいの方を対象とした動き分析とアドバイスを行っています。
詳細は「スタジオ操」のホームページ内の「遠隔サポート」をご覧ください。

最新記事

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カウンター

検索フォーム

QRコード

QR