数値と感性

覚悟はしていましたが、毎週月曜日の連載記事を書くのは思った以上に大変な作業です。

個人的なブログなら何を書こうが私の勝手で、何を言われても自分の問題で済むのですが、Newspicksという媒体での連載ですので、それなりの責任は感じています。

このプレッシャーを良い方に捉えて、頭の中にあることに新しい発想をプラスして、自分のためにもなるような記事を書いていきたいと思います。

再来週の予定が「ゴルフ」をテーマに、ということで今まで以上に気合が入っています。

ご承知の通り、私の趣味と呼べるものはゴルフしかありません。

もちろんスコアも良くしたいですし、飛距離だってまだまだ上を目指しています。

ゴルフ関連のユーチューブの動画を見ない日はないくらいです。

トッププロのスイングから一般の方の投稿動画、レッスン動画やドラコン選手の動画まで、暇さえあればあちこち見ています。

それは自分のためでもありますが、私の技量で言うのはおこがましいのですが、たとえ相手が上級者や競技レベルの方であっても、もしかしたらプロの選手であったとしても、さらに向上するためのヒントを提示できるようにしておきたいという気持ちが強いのです。

何をするのも、何を見るのも仕事のため、少し淋しい気もしますが、こればかりは性分ですので仕方がありません。

サッカーや野球の選手は、私が彼らとはまさにプロと素人の違いがあっても、自分のためになると思えば耳を傾けてくれますが、ゴルフをやっている人たちだけは、自分より下手な人間の言うことに耳を傾けようとしません。

目指しているものが違うというか、求めているレベルが違うのだから仕方がないのかもしれませんが、目先の技術に気持ちが向いてしまい本質的な部分には目が向かないようです。

日本の選手が世界で活躍できないことの、一つの要因ではないでしょうか。

今回私が分析というか、視点を向けたのは、いつも言っている、股関節・骨盤と、背骨を介した肩甲骨の連動を行うための、広背筋の働きということでした。

いわゆる腕力や体力、一般的に言われるフィジカルの部分では絶対に負けるはずのない女子プロに、飛距離ではなかなかかなわない一般ゴルファーに対し、体のどこを使えばもっと遠くに正確に飛ばせるのかを、世界のトッププロや松山・石川といった日本を代表する選手のスイングにおける体の使い方を例に、解説してみようと試みています。

改めて多くの動画に目を通すと、科学的ではなく、まさに科学のメスが入った解説をしているものを見ることができました。

ローリー・マキロイの飛距離の秘密は、切り返しからインパクトへ向かう骨盤の回転する速度が、一般人どころか、他のプロに比べて異常に速いことがその要因である、という分析がされていました。

スロー再生されながら、その角度角度でスピードが表示され、他のプロの数字との比較がされて、なるほど凄いはと思わされます。

それほど大きくない体であの飛距離を獲得したいなら、ローリーのような回転速度を身に付ける必要がある、そのためにはこの筋肉を鍛える必要がある、それに適した運動はこうであるなどと、話が進んで行くのが、科学が分析した結果だと思います。

はたしてそうでしょうか、なぜそれだけの速度で骨盤を回転できるのか、どうして彼はその方法を選んだのか、遠くに飛ばすために正確なショットを打つために、自分の体にとって最も効率的な方法が今のスイングであって、それは彼にとっての理想であって、他のプロが真似をしたり、ましてや一般の我々がそれをやろうと思ってもできないことくらい、誰が考えても分かると思います。

では全く参考にならないのか、そこに私の「科学的」「科学のような」ものの見方、感性というフィルターが加わることで、私自身にも、そして老若男女誰にも参考になる何かが見えてくるのです。

今回の分析で、私自身スイングに対するイメージが変わりました。

素振りをすること自体楽しくなりました。

体のどの部分をどういうイメージでどこまで使えば、再現性があり力強く正確な動作を繰り返すことができるのか、私の言う技術の定義を満たしてくれる条件の一つが見えてきました。

ただこれを実際のラウンドでその通りにできないところがつらい所です。

平坦なところなどほとんどなく、目の前に広がるロケーションは常に意識にプレッシャーをかけ、できるはずの動きをできなくしてしまう、それがゴルフです。

ましてや月に一度多くて二度くらいしかラウンドできない私のようなアマチュアゴルファーにとっては、場数を踏むというか慣れるという感覚になるのは難しいことです。

お金と時間をかけたもの勝ち、と言われる所以です。

以前にも書きましたが、ゴルフにこれが基本ですと言い切れるやり方はないと思います。

教える人が10人いれば10通りの教え方があり、一人の人から10人が同じように教わっても、みんなが同じような打ち方にはなりません。

私が探しているのは、その中にも不変のというか、同じ意識で動かさなければならない体の使い方があるのではないかという部分です。

意識は同じでも動きは違って見えます、体が違うのですから当たり前のことで、それが同じに見えたら逆に体のどこかが無理をしているという証拠です。

トッププロたちの動きが似ているのは、動きの基礎となる体の能力と、動きの意識が共通であるからこそです。

今回もやはり、骨盤、股関節、背骨、肩甲骨、広背筋といったおなじみの登場人物が活躍しました。

どんなスポーツであろうと、音楽や舞踊、書道のようなものまで含めて、人間の体の動きを担っているのは、そういう登場人物たちなのだなと、改めて思いました。

それを生かすも殺すも、我々の意識の問題で、形だけをまねしても同じ結果にはならないということです。

すべてのことに言えると思います。

私の技術は私の技術、見よう見まねでは同じ結果にはなりません。

私がどういう視点で人間の体を見て、どういう意識で動いてもらおうとしているのか、やはり枝葉の問題ではないということです。

これから普段なじみのないスポーツもリクエストされ、テーマに上がってくると思います。

不安もありますが、この際楽しんで新しいことに挑戦していきたいと思います。

スポンサーサイト

Trackback

Comment

Post a comment

Secret


プロフィール

Author:西本 直
1993年、Jリーグサンフレッチェ広島を皮切りに、社会人野球三菱重工広島・協和発酵・ヴィッセル神戸・川崎フロンターレ、そして広島カープ佐々岡真司投手など、プロアマ問わず競技レベルのスポーツ選手から一般の方まで、トレーニングやメンテナンスの指導を行ってきました。
その経験と知識の蓄積を「西本理論」としてまとめ、一人でも多くの方に実践していただくことが、これからの私の使命であると信じ、このブログから発信していきます。
私の理論はスポーツ選手のみを対象としたものではなく、ビジネスマンや家庭の主婦まで老若男女すべてに当てはまる不変のものです。
指導や講演のご依頼も受け付けています。
実名でツイッターも書いていますので、チェックしてみてください。
また、2013年9月9日にConditioning Studio 操をオープンしました。
また、遠隔地にお住まいの方を対象とした動き分析とアドバイスを行っています。
詳細は「スタジオ操」のホームページ内の「遠隔サポート」をご覧ください。
「第25回西本塾」を11月18・19日の土日に開催を予定しています。
詳細はStudio操ホームページ内の「講習会情報」をご覧ください
尚、深める会も12月9・10日に予定しています。

最新記事

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カウンター

検索フォーム

QRコード

QR