様々な出会いの中で

昨日は広島県が誇る景勝地「安芸の宮島」の中にある「厳島神社」において行われた、第2回西本塾に参加して以来のお付き合いをいただいている、現在はJリーグの大宮の下部組織のコーチをしている倉本和昌君の結婚式に参列させていただきました。

広島に移り住んですでに20年が過ぎましたが、宮島に行ったのは数えるほどしかありませんし、ましてやそこで行われる神前結婚式に参列したことなどもちろんありませんでした。

まだ一年にも満たないお付き合いで、本来ならば声をかけていただく立場にはないのですが、個人的にここを訪ねていただいた時、奥さんも一緒に来ていただき、話の流れでぜひ参加していただきたいということになりました。

お二人の出会いや、そもそも倉本君自身のこともよく分かっていない私でしたから、参加させてもらったはいいが周りが知らない人ばかりでは落ち着かないだろうなと心配していました。

ところが世の中というのは本当に狭いものだということを実感させられることになりました。

厳島神社に到着し、事前の写真を撮っているそれらしい新郎新婦の姿を見つけ近づいて行こうとした目の前に、以前から参加させていただいていた「月一会」というゴルフコンペで、何度も同じ組みで回ったことのある「倉本さん」が居たのです。

お互いに状況が飲み込めず、噛み合わないやりとりが一言二言続いた後、どう見ても新郎新婦どちらかのお父さんという出で立ちを見て、この人は倉本さん、私が参列する式の新郎は倉本君、「えぇー」こんなことがあるんだとびっくりした次第です。

もちろん倉本さんも、私と息子さんがそういう関係だということなど知る由もなく、まったくの偶然不思議なご縁に驚くばかりでした。

お天気が心配されましたが、幸いなことに傘が必要なことにはならず、お二人の門出をたくさんの方々と一緒に祝うことができました。

これまでも何度か広島で披露宴に呼んで頂いたことがありましたが、今回ほど地元愛を感じさせられたことはありませんでした。

広島出身の彼は、どうしても厳島神社で式をあげたいと一年以上前から予約していたそうです。

それでも土日や大安といった日は取れず、月曜日になってしまったようです。

披露宴の中でも定番の、ウエディングケーキの入刀に、ナイフではなく「宮島のしゃもじ」が使われるという念の入れように、ここまで地元愛を感じさせられたことはありませんでした。

サッカーの関係者ということで、彼がジュニアユース時代に指導を受けた、私も旧知のサンフレッチェのスタッフや、初めてお会いする方ばかりでしたが、名刺を持って挨拶に来ていただいたサッカー関係者の方も数人あって、本当にあっという間の3時間が過ぎて行きました。

お二人のお幸せと、倉本君のこれからの指導者としての成長に少しでもお役に立てればと思いました。

さて、松江の本間さんからはコメント欄に感想をいただきましたので、そちらを見ていただくとして、もう一人アルバイトをしながらサッカー選手の夢を追い続けている稲垣君からの感想をご紹介しておきます。

こんなに1日が早く終わるのかと感じる充実した1日でした。

第7回西本塾で感じたこと、学んだことを1人で日々トレーニングするなかで、ちゃんと出来ているのか、と不安になったり、これはどうしたらいいのか疑問が出たりする中で、現段階で自分が今回参加していいのかとも悩みました。

でもやっていく中で自分の中で絡まっていた糸がほどけていくように悩んでいたものが消えていきました。
僕の中で大きな進歩になり、さらに深く深く掘り進めて行きます。

なかなか融通がきかず、自然な動きができない僕の悪いところも、これからはしっかり体を一つのものとして捉えて、しっかり連動して動けるようにしていきたいです!


他の受講生の方々と関わることができ、意識の高さ、現状を知ることができ、自分に甘さを感じたり、他人の動きがどんどんよくなる動きをその場で見ることができたこともすごく勉強になりました。

常に同じ内容を繰り返そうとするセミナーとは違う、一回一回が特別な会だと思える大切な会でした。
その5人でしか感じられないものがあり、これを生かしていくべきだと感じました。

これも全ては西本先生が1人1人に熱く、かつ身体同様にその空間を1つの生き物のように捉えているからこそできるのだなと思い、また人間性の凄さを感じられることも勉強になり、全てが自分に必要なものを与えていただきました。

まとまりのない文章ですが、これが僕の感じたことでした。
このことを結果としてお見せできるように精進していきます。
最後になりましたが、西本先生と奥様、本当にありがとうございました。


彼の熱心さは素晴らしいものがあります。
素直に私の言うことを吸収しようと、それはもう真剣です、目が違います。

これから選手としてどこまで行けるかわかりませんが、こういう人間こそ経験を積んで指導する立場に立って欲しいと思っています。

どちらかの縁を得て、彼には是非そういう道を歩んで欲しいと思います。

12月に行う「第9回西本塾」定員の10人に達し、受付を終了しました。

ブログや様々な媒体に書かれた私の記事を読み、それぞれご自分の現状や悩みが書かれた、受講動機を読ませていただき、少しでもお役に立てるようにと、毎回身が引き締まる思いです。

残念だったのは、受講動機が全く書かれておらず、興味のあるテーマというところに簡単な文書が書かれただけで申し込んで来られた方には、申し込みの受付は出しませんでした。

真剣勝負の場にふさわしい心構えを見せていただけなければ、私の気持ちは動きません。

10人の皆さんとの新しい出会いを楽しみに待ちたいと思います。
スポンサーサイト

Trackback

Comment

Post a comment

Secret


プロフィール

Author:西本 直
1993年、Jリーグサンフレッチェ広島を皮切りに、社会人野球三菱重工広島・協和発酵・ヴィッセル神戸・川崎フロンターレ、そして広島カープ佐々岡真司投手など、プロアマ問わず競技レベルのスポーツ選手から一般の方まで、トレーニングやメンテナンスの指導を行ってきました。
その経験と知識の蓄積を「西本理論」としてまとめ、一人でも多くの方に実践していただくことが、これからの私の使命であると信じ、このブログから発信していきます。
私の理論はスポーツ選手のみを対象としたものではなく、ビジネスマンや家庭の主婦まで老若男女すべてに当てはまる不変のものです。
指導や講演のご依頼も受け付けています。
実名でツイッターも書いていますので、チェックしてみてください。
また、2013年9月9日にConditioning Studio 操をオープンしました。こちらもご覧ください。
また、遠隔地にお住まいの方を対象とした動き分析とアドバイスを行っています。
詳細は「スタジオ操」のホームページ内の「遠隔サポート」をご覧ください。
今年2回目の西本塾を8月26・27の土日に開催を予定しています。
詳細はstudio操のホームページ内の「講習会情報」をご覧ください。
なお、今回も参加者が5名に満たない場合は開催しません。
9月10日には深める会も予定しています。

最新記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カウンター

検索フォーム

QRコード

QR