体が変わっていく過程

最近走ることに関する記事が多かったように思いますが、今日は久し振りに操体法を応用した施術行為を話題にしたいと思います。

私の元に訪れる方々は多岐に渡ります。

現役のサッカーや野球の選手であったり、それらの指導者という立場の方もいます、また理学療法士という現代医学の一端を担う資格を持っている人であったり、鍼灸師や柔道整復師などの資格で、施術を業として行っている方もいます。

また、たんに体の不調を訴えそれを改善して欲しいという目的で訪れる方もあります。

スポーツをやっているから、その指導者だから、体の仕組みや細かいことは関係ない、自分は体の使い方や疲れない走り方さえ教えてくれればいいという感覚の人がいたり、私は施術者だからトレーニングのことはどうでもいいという感覚の人もないわけではありませんでした。

しかし、このブログを読んで私の考え方に共鳴して、ここに来ていただいた方々は、ほとんどの方が、どんな立場であっても私の基本的な考え方から学ばなければ実技への発展は望めず、全体像をつかむことが出来ない事は分かっていただいていると思います。

毎日ベッドに横たわる患者さんを相手に、痛みを取ることが最大の目的であると思って仕事をしていたとしても、その原因や対処法を考えるためには、様々な施術方法の講習会をはしごして得た小手先の技術では通用しないのです。

そういう仕事をしているからこそ、正しい体の使い方を知り自分で実践することで、初めて相手の痛みの本質が見えてくると思うからです。

自分がプレーしたり指導者であったとしても、どうすれば上手くなれるのか、どういう風に伝えればうまく伝わるのか、そのためには体の仕組みをきちんと理解しておく必要があるのです。

そういう意味からも西本塾では二日間かけて、基本的な私の体に対する考え方を伝えた上で実技の指導を行っています。

最後に感想を述べていただく時間には、ほとんどの方がそのことに触れていただき、「一日目の講義があったからこそ二日目の実技が理解できた、正直初日は話ばかりでしんどい部分があったけど、今はなるほどそういうことだったのかと理解できた」という感想をいただいています。

回を重ねるごとに実技の充実が大きな課題となり、反して操体法の実技に関しては時間の配分が少なくなってきました。

操体法が私のベースにあることは間違いないのですが、今西本塾で伝えようとしている西本理論なるものの中に占める操体法の割合は、それほど大きなものではなくなっています。

それは私が操体法から距離をおいているということではなく、もし本気で私のやっている操体法を学んで、同じような施術ができるようになりたいという人だけを対象にして指導するとなると、とても二日間では伝えきれるものではありません。

西本塾は枝葉の問題ではなく根っこを掘る為の知識や技術を指導していますから、そこさえ分かってくれればあとは自分で継続することで、少しづつ自分のものになって行って貰えばいいというのが私のスタンスで、枝がどちらに向かって伸びていっても、正直そこまで責任は持てないかなと思っています。

そのフォローとして、深める会を行って、できれば私の考えと違わない方向へ進んで欲しいと思ってはいます。

それでも十分でないことは分かっていますが。

実際に痛みがあり、体の不調を訴えてここを訪れていただく方に対しては、確実に現状よりも改善したと実感していただけるような施術を行う技術がなければ、仕事としては成り立ちません。

ただ単に何十分かかけて一生懸命やりました、私にできることはこれだけです、では話になりません。

いわゆる慰安的な行為として行う施術であれば、それでもお金をいただいてなんら問題はないのでしょうが、私はそういう仕事をしているつもりはありませんので、結果にこだわっています。

そういう私のような考え方の人間には、この操体法という技術はまさにもってこいの技術だと思います。

言葉は悪いですが、相手がどんなに自分の体の変化に鈍感で認めようとしなくても、私から見ればまさに手に取るように相手の変化が伝わってきますし、実際に動きの変化はもし第三者がついて来てくれている時は、施術前後の客観的な変化を素人目にもわかる形で示し確認していただくようにしています。

それでもわからないと言い張る人はいますが。

本人が分からないのは、これまで大きな変化を感じさせてくれる施術を受けたことがないからとしか言いようがありません。

一度や二度の施術で症状が改善された経験がなければ、そんなことが起こるとは思えないはずです。

そういう人に対しても自信を持って腕を発揮できた、相手の役に立てた、そう思えるような施術ができるようにしてくれと言われたら、いったいどれだけの時間をかければいいのでしょう。

そういう思いもあって操体法の実技に当てる時間が少なくなってしまいました。

現実には、一般の方に対する施術は基本操体法です。

前置きがとても長くなりましたがちょうど1ヶ月間通っていただいている、年齢は68歳の男性ですが、症状はいわゆる50肩を主訴に紹介できていただいた方の、流れを書いてみます。

左肩に痛みがあり、左腕はほとんど上がらない状態でした、その状況は2・3ヶ月に渡り続いていたようで、趣味のゴルフにも行けないどころか横になると痛みが増すので、夜なかなか寝付けず痛みで目が覚めることも多いということでした。

2週間前から鍼灸の施術もやはり友人の紹介で受けているとのことでしたが、それ以前から長い付き合いのマッサージの方がいてかなりの頻度で通っていたそうです。

今回の左肩がが主訴になる前は、右肩にも痛みがあり、2年くらいかかってやっと楽になったと思ったら、今度は左と、踏んだり蹴ったりだと本人は言われていますが、2年かかって治してもらったという表現は正しいとは思えません、おそらく施術行為のおかげというより、時間の経過による自然治癒だと思います。

しかも右の頚椎には触診で明らかにわかるような椎骨の配列異常があり、顔の向きや体勢によっては手先に痺れがあるという状況が続いていました。

骨盤にも異常があり、右膝が大きく浮いているなどの、50肩という主訴以前に全身のバランスが崩れていることは、本人も薄々気づいてはいるようでしたが、それにどう対処していいのかはわからないし、そういう観点で指摘を受けることもなかったようです。

主訴である左肩の状況は痛みが出た数ヶ月前より以前から問題を抱えていたようで、上腕三頭筋はほとんど収縮しなくなっており、三角筋の中部繊維と後部繊維もほぼ同様の状態で、肩甲骨内側縁には強い圧痛がありました。

これで腕が上がったらおかしいでしょ、という状況でした。

さてどうするか、普通であれば患部である左肩周辺に意識が行くところですが、ここで操体法を学び実践してきた私の本領発揮となります。

痛みのあるところが悪いんじゃない、痛みは体から発せられるSOS信号、その原因はどこにあるか、どこという部分ではなく体全体がどうなっているか、そういう視点で体を見直すと、まさに良いところがないというくらいの状況ですから、そのうちの一つでも二つでも改善させることで、不思議なことに肩自体の痛みも、そして動きも改善していきました。

過去何度も経験したことですから驚くこともないのですが、人間の体というものは本当によくできているし不思議な存在だと改めて思わされます。

最初の2週間は2日に一度のペースが必要でしたが、根気よく通っていただいたので日常生活には不自由ない状態には持っていくことができました。

挙上制限は続いていますが、ゴルフにも復帰していただき当初の目的は達しましたが、失われている筋力を回復させるにはまだまだ時間がかかることを説明し、施術とゴムチューブ等を使った可動域の回復と筋力アップのトレーニングを継続中です。

もし私が操体法と出会っていなければこういう仕事はしていないでしょうし、今回の方のような症状の方に対しても、自信を持って現状を把握し、治癒の過程を説明した上で、その通りにことが進んでいくなどということにはならなかったと思います。

50肩と言われる症状にも様々な状態があります。

今回の方はその中でも酷い状況だと思います。

しかしそうなってしまったことは仕方がありません、過去を責めてもなんの得にもなりません、しかしなぜこうなってしまったのかどうすればよかったのかということだけは、知っておいていただかなければなりません。

少しずつ信頼関係ができていく中で、そういう話もさせていただいています。

「肩を治すのではない、あなたの体を治す、さらには治すべきは体ではなく、あなた自身の考え方でもある」、そこまで言われたくはないでしょうが、それが現実です。

あくまでも信頼関係が構築されて行く中での会話ではありますが、ここまで自信を持って言い切り、言ったことがきちんと実行されるような施術ができるようになるためには、相当な覚悟で学び続け経験を積んでいくしかないのです。

それにしても体というのはよくできています、内臓疾患や特殊なものは別として治らない体はないのだなと、ありがたい気持ちになります。
スポンサーサイト

Trackback

Comment

Re: トレーニング指導有難うございました。
最初にお父さんから電話をいただいたときに、息子さんの状況はほぼ想像できました。
これはお役にたてる、すぐにそう思いました。
最初にお二人に数時間後、驚くような変化をさせるから期待してくださいと言いましたが、にわかには信じられないという表情でしたね。
それが3時間後、おそらく期待以上の変化に驚かれたことと思います。
「そんなうまい話があるはずがない」、それが世の中の常識ですが、私の指導に関しては、「そんなうまい話があるのです」、ということが分かっていただけたと思います。
人間の体は、瞬間的に意識できるのは一か所のみ、それをどこにするかでまったく動きが違ってきます。
足さばきのことを言われていますが、そんなことはまったく考える必要はありません。
広背筋が骨盤の角度を作ってくれれば、足は一定の動きをきちんとしてくれます、というかそれしかできなくなります。
その動きを引き出すための広背筋であり、骨盤の角度が大事なのです。
今までの指導が、ここはこうあそこはこうと、細かく指導されてきたためそう思われたのでしょうが、そんな出来もしないこと指導するから、選手が困るのです。
体の仕組みに沿って、正しいトレーニングをすれば、体はちゃんとそれに応えてくれます。
私の年齢でも十分お手本となる体の使い方は、見せることが出来るのです。
自分に出来ないことは人には指導しない、このポリシーは守り続けていきたいと思います。
そのためには、それ相応の努力が必要です。
まだまだ頑張りたいと思っています。
息子さんの活躍を心から願っています。
  • 2014-12-08│14:28 |
  • 西本 直 URL│
  • [edit]
トレーニング指導有難うございました。
西本様へ
12/6にトレーニング指導をして頂いた者です。大変お世話になり有難うござました。
最初、広背筋を使って走るということはどういうことなのか意味が分かりませんでした。しかし、広背筋を使うとはどういうことなのかを説明していただき、実際に走ってみると、まるで下り坂を走っているかのように自分の体が軽く進んでいったのを感じました。
今までに腰を高く保ち重心移動をして乗り込んで行けと指導をされた事が何度もありましたが、それがどういうことなのか理解できませんでした。広背筋を使って走ると、それが自然にできたから、下り坂を走るような感覚で走ることが出来たのだと思います。
指導して頂いたことを自分でも復習して、自分のもにしていきたいです。そして来シーズンに良い結果を出せるように冬季練習を頑張ります。

(その父より)
陸上短距離を小学5年より7年間ほど頑張ってやっていた息子ですが、この2年程記録が低下してしまい陸上への思いが薄れてきていました。
指導者にはフォーム・筋力は申し分ないが接地が出来ていない、重心の真下に接地すると反発が出てきてスピードが出てくるので、その場所を自分で探してと言われました。しかし、7年もやって分からないものをどうやって探したら良いのかと思ってネット閲覧をしていると西本さんのブログに到達しました。
指導して頂くと、たった3時間でフォームが変化(腰の高さ・姿勢・接地位置・足の着き方など)しました。その結果、ピッチが早くなるだけでは無く走りも大きくなりました。教えて頂いた内容やドリルは過去に陸上指導者が言っていたり本に載っていたものと似ているものもありましたが、根本的に体の使い方が違っていました。そして何よりもその動きを実演して一緒に走って頂いたことが良かったのだと痛感しました。
指導後の走りを見ると「足さばき」が変っていたので足の動かし方はどうアドバイスされたたのか息子に質問したところ、広背筋の使い方を聞いただけで足の動きは聞いていないと返答されました。広背筋で足さばきが変わるとは驚愕の事実でした、今その意味を再度ブログを見ながら考えて整理している所です。
勇気を出して広島を訪問して本当に良かったです。この走りを会得するのは難しいとは思いますが、手ごたえは感じた様子なので、きっと今後は陸上を楽しんでくれることと思います。本当に有難うござました。
Re: はじめまして。
コメントありがとうございます。
日本は国民皆保険制度が整備されていて、高度な医療を当たり前のように受けることが出来ます。
自分の体がどうしてこうなってしまったのかはさて置いて、医療従事者に対して、あなたは治してくれる人と、まるで人任せな態度になりがちです。
勿論すべての人がそうだとは言いませんが、人間は自分の体、もっと言えば生き方に責任を持たなければならないと思います。
偉そうなことを言える人間ではありませんが、最低限の覚悟を持って私と対峙してくれない相手には、残念ながら力を向けることはできません。
自分の力の及ぶ範囲で、微力ではありますが頑張っています。
  • 2014-12-04│21:36 |
  • 西本 直 URL│
  • [edit]
はじめまして。
はじめまして、理学療法士の巣山と申します。
以前からブログは、拝見させていただいていたのですが、先日、朝3分の寝たまま操体法を読ませていただきました。
今回のブログや本の中の、クライアント自身が気づかなければならない。どう気づきを与えるかということを大切にされていてとても共感をもちました。
その辺りは、意識しているのですがなかなか難しく悩んでいる部分です。
今後もブログを参考にさせていただきたいと思います。
ありがとうございます。
  • 2014-12-04│20:36 |
  • 巣山 URL│
  • [edit]
えっという感じです。
こんばんは。
フロサポの阪井です。
私が面倒みてもらっているトレーナーにも同じようなことをやってもらったことがあります。
ジムに入り、運動を再開した当初、まだ、体の動かし方がなってなく、長距離を走る度に脚が痛くなっていた頃、痛む場所ではないところをいじるのですが、そうすると痛む場所も痛みが消えました。「体は繋がっているから」ということを毎回聞かされました。
そういう体験もあり、西本さんがおっしゃることを正面から聞けるのかもしれません。
  • 2014-11-28│19:17 |
  • 阪井徹史 URL│
  • [edit]

Post a comment

Secret


プロフィール

Author:西本 直
1993年、Jリーグサンフレッチェ広島を皮切りに、社会人野球三菱重工広島・協和発酵・ヴィッセル神戸・川崎フロンターレ、そして広島カープ佐々岡真司投手など、プロアマ問わず競技レベルのスポーツ選手から一般の方まで、トレーニングやメンテナンスの指導を行ってきました。
その経験と知識の蓄積を「西本理論」としてまとめ、一人でも多くの方に実践していただくことが、これからの私の使命であると信じ、このブログから発信していきます。
私の理論はスポーツ選手のみを対象としたものではなく、ビジネスマンや家庭の主婦まで老若男女すべてに当てはまる不変のものです。
指導や講演のご依頼も受け付けています。
実名でツイッターも書いていますので、チェックしてみてください。
また、2013年9月9日にConditioning Studio 操をオープンしました。こちらもご覧ください。
また、遠隔地にお住まいの方を対象とした動き分析とアドバイスを行っています。
詳細は「スタジオ操」のホームページ内の「遠隔サポート」をご覧ください。
西本塾を深める会を9月10日(日)に開催を予定しています。
詳細はstudio操のホームページ内の「講習会情報」をご覧ください。

最新記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カウンター

検索フォーム

QRコード

QR