走るという行為その4上半身

下半身の動きは、股関節の滑らかなローリングが理想で、上半身はその動きを邪魔しないように、腕をどうやって振ろうとか体幹を安定させようとか、できるだけ考えない方がいいと思います。

それでも我々は、あるがままに自然のままにと言われることが最も苦手な指導のされ方だと思います。
そういう訳で、どういう動きが自然なのか、逆説的ではありますが考えを書いてみます。
前回と同じように、ドリルで進めていきます。

前回の動きが少し滑らかになった人もそうでない人も、とりあえず上半身の動きに集中してください。

まずは下半身の動きはいったん置いておきます。
肩甲骨を、と言いたいところですが、肩甲骨自体を動かせる人は滅多にいないので、肩という言葉を使います。

肩で円を描くように右左と交互に回しながら歩いてみてください、後ろ回しで歩いたら次は前回しで歩きます。
ゆっくり歩くときは、肩を後ろ回しで回して、右足と右肩、左足と左肩の同側を振りだした方がスムーズに歩けると思います。
これが一般的になんば歩きと称される歩き方だと認識している方が多いようです。

そのまま肩の後ろ回しで、その場駆け足をしてみてください、これも後ろ回しの方が動きやすく、前回しに変えるとぎこちなくなります。(すでにこの時点で、肩を回すという感覚が普段ない方は、どちらの動きも難しく、比較以前の問題である場合もあると思いますが、気長くやってみてください。)

後ろ回しの方が肩の動きに関与している背中の筋肉を使いやすいので、人間は後ろ回しの方がやりやすいと感じるはずです。

ところが、その場駆け足からスピードはゆっくりでも前方向に進もうとした瞬間、後ろ回しがやりにくく感じます。
しかし、そこで前回しに変えても全体として上半身の動きが滑らかになったとは感じられません。

ここが問題なのです。
これまで常識とされてきた腕を前後に振る動作では、できるだけ体幹部分(肋骨にぐるりと囲まれたドーム状の部分)が左右に振られたり捻れないように安定させ、そのうえで肩関節から手先までをしっかり振って推進力を得ようという考え方では、筋力の強さがそのままスピードに反映されることになります。

今回は上半身がテーマですが、強い腕振りイコール強い足のけりとなって、何度も強調してきたブレーキがかかる瞬間を排除しにくくなります。

短距離選手のコメントで、「走路に軽くタッチしたような感覚で走れた」とか、「足跡を置いてきた」などという言い方を聞いたことがあります。
強く地面を蹴った感覚がなかったと言いたいのでしょう。

逆に、「スタートで出遅れて力んでしまい腕振りにもキックにも力が入って」というコメントには、明らかに力んだため推進力にブレーキをかけてしまう動作をやってしまったという思いが読み取れます。

では肩は前回しがいいのか後ろ回しがいいのか、答えは「両方しない」ということです。

また始まったと思われるでしょうが、前回のブログで紹介したドリフターズのやっていたヒゲダンスを思い出してください。
どちらに回していますか、そうです「上下」に動かしています。

上下なのですが、下半身・股関節がローリングしていますから、ヒゲダンスの歩きから走る動作に変えると、見た目には肩が前方向に振りだされているように見えるだけなのです。

けっして最初に説明した前回しの動きとは違うものです。

マラソンや長距離の選手が、気分転換にと腕をだらっと下げてリラックスしながら走ることがありますね、その時彼らは腕を振るのをやめようとか振ってはいけないとか、そういう感覚はないはずです。

だらっと下げて肘を伸ばしてしまったから、スピードが極端に落ちたということもありません。

1990年代に活躍した、中国長距離チームの馬軍団の選手たちの走法を覚えていますか。
先ほど紹介した、一般の選手がリラックスしたいときに行う、腕をだらりとさせたままで、最初から最後まで走り切っていました。

彼女たちは「上半身はダチョウ、下半身はシカをイメージしろ」という指示を、指導者である馬俊仁コーチからされていたそうです。
ダチョウには手がありませんから、なるほど上半身をぐいぐい下半身に前に運んでもらえ、という感覚だったのでしょうか。

では振るのでも振らないのでもない、肩から先の使い方を体感していただくドリルとして、ジャージであればポケットを、ポケットがなければだいたいその位置を、指先で軽くつまんで走ってみてください。

振りたくても指先と着ている服が固定されていますから大きくは振れません。
固定されているといっても、服には体との間にゆとりがありますから振ってないわけでもありません。

できるだけリラックスして、軽く洋服をつまんで走る、どうでしょうか、振っているわけでも振っていないわけでもない感覚、見えてきたでしょうか。

それに慣れてしまえば、つまんではないけれどつまんでいるつもりで走ってみる。
つまんでいることで、肩を回すとか上下という感覚も消えて、本当に楽な動きになります。

力が入って重く固まっている上半身を乗せて走るより、できるだけ下半身の負担にならないように、そっと乗ってくれて余計なことをしない上半身を乗せて走る方が、下半身は絶対に楽なはずです。

こんな走り方でスピードなんか出せるのか、これも何度も聞かれてきた質問です。

これまでやってきた、つまんでいるつもりの肩から手先が、股関節のローリングが滑らかにシフトアップされていくにつれて、いわゆる普通の腕振りに見えてくるのです。

しかしこれはあくまでも腕を振ろうとした結果ではありません。

スピードに対応して、下半身に振られているのです。

振られることで、体幹に余計な力が入らず、結果として体幹部分も安定して見える、これが私の考える理想の走り方です。

サッカーやバスケット、ハンドボールなど、移動距離の長短にかかわらず、試合の最初から最後まで安定した走力を維持するために、取り入れてみてはいかがでしょう。

次回は、走り方中間走は分かったが、静止した状態からのスタートのイメージが湧かないという質問が返ってきそうなので、それを取り上げます。
スポンサーサイト

Trackback

Comment

Post a comment

Secret


プロフィール

Author:西本 直
1993年、Jリーグサンフレッチェ広島を皮切りに、社会人野球三菱重工広島・協和発酵・ヴィッセル神戸・川崎フロンターレ、そして広島カープ佐々岡真司投手など、プロアマ問わず競技レベルのスポーツ選手から一般の方まで、トレーニングやメンテナンスの指導を行ってきました。
その経験と知識の蓄積を「西本理論」としてまとめ、一人でも多くの方に実践していただくことが、これからの私の使命であると信じ、このブログから発信していきます。
私の理論はスポーツ選手のみを対象としたものではなく、ビジネスマンや家庭の主婦まで老若男女すべてに当てはまる不変のものです。
指導や講演のご依頼も受け付けています。
実名でツイッターも書いていますので、チェックしてみてください。
また、2013年9月9日にConditioning Studio 操をオープンしました。こちらもご覧ください。
また、遠隔地にお住まいの方を対象とした動き分析とアドバイスを行っています。
詳細は「スタジオ操」のホームページ内の「遠隔サポート」をご覧ください。

最新記事

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カウンター

検索フォーム

QRコード

QR