操体法 からだとの対話

昨日のブログに対して、たくさんの方が拍手を押していただき、お二人の方からは温かい応援のメッセージをいただきました。

ブログ拍手に対する返信のやり方が分からず、この場を借りてお礼を言わせてください、心のこもったメッセージ本当にありがとうございました。

また、ツイッターの方にもたくさんの方からお言葉をいただき、ただただ恐縮しております。

今の私は、こうしてご縁をいただいた、フロサポの皆さんのサポーターを名乗らせていただこうと思っていますがよろしいでしょうか。

そのフロサポの皆さんをはじめ、このブログを読んでいただいている多くの方々に、今日から、からだのメンテナンス編として、私がこの仕事に携わるきっかけとなり、その後もずっと私の思考のベースとなっている、「操体法」というものの考え方と、実際に日常生活に役立てていただける操体法の実際を、ご紹介していきたいと思います。

過去に著した拙著の内容を超えるものになるよう書いていきたいと思いますので、お付き合いください。

まず「操体法」という言葉を知っている方はどれくらいいらっしゃるでしょう。

私の本を読んでいただいた方以外で、その名前を知っている方はそれほど多くはないと思います。

操体法は明治30年生まれで、平成5年に96歳でお亡くなりになった仙台の医師「橋本敬三先生」が、日本で伝統的に行われていた民間療法の一つである「正體術」にヒントを得て確立した、画期的な健康法であり治療法であると言われています。

詳しくは関連の書籍がたくさん出ていますので、興味がある方は是非お読みいただければと思います。

私と操体法との出会いも、拙著に詳しく書かせていただきましたので割愛させていただきますが、胃腸が弱く体が極端に痩せていた私にとっては、治療家になるという夢と希望を与えてくれた大きな存在であるばかりか、私自身の体調を激変させてくれた、まさに運命の出会いでした。

常に下痢気味で、何を食べても身にならないんじゃないかと言われ、諦めかけていた私のからだを変えてくれた操体法、きっと皆さんのお役にも立てると思います。

少しずつ書いていきますので、次回からゆっくり読んでください。
スポンサーサイト

Trackback

Comment

Post a comment

Secret


プロフィール

Author:西本 直
1993年、Jリーグサンフレッチェ広島を皮切りに、社会人野球三菱重工広島・協和発酵・ヴィッセル神戸・川崎フロンターレ、そして広島カープ佐々岡真司投手など、プロアマ問わず競技レベルのスポーツ選手から一般の方まで、トレーニングやメンテナンスの指導を行ってきました。
その経験と知識の蓄積を「西本理論」としてまとめ、一人でも多くの方に実践していただくことが、これからの私の使命であると信じ、このブログから発信していきます。
私の理論はスポーツ選手のみを対象としたものではなく、ビジネスマンや家庭の主婦まで老若男女すべてに当てはまる不変のものです。
指導や講演のご依頼も受け付けています。
実名でツイッターも書いていますので、チェックしてみてください。
また、2013年9月9日にConditioning Studio 操をオープンしました。
また、遠隔地にお住まいの方を対象とした動き分析とアドバイスを行っています。
詳細は「スタジオ操」のホームページ内の「遠隔サポート」をご覧ください。
「第25回西本塾」を11月18・19日の土日に開催を予定しています。
詳細はStudio操ホームページ内の「講習会情報」をご覧ください
尚、深める会も12月10日に予定しています。

最新記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カウンター

検索フォーム

QRコード

QR