西本理論のアウトライン

このブログのタイトルである「西本理論」、どこかで聞いたような独自の新理論を期待していただいた方には期待はずれかもしれません。

巷には〇〇トレーニング、〇〇健康法、〇〇ダイエットと、よくもこれだけ色々なことを考えるものだと、感心してしまうくらいたくさんの方法論が生まれては消えていきます。

今まで正しいと思われていたことが、研究によって明らかに間違いであったという理由で、それまでの方法論が否定されていくということは稀で、ほとんどは同じことを繰り返しているよりは、少し目先を変えて違ったものに見せることで、一つことに飽きてしまった人たちをもう一度取り込もうという、言ってみれば消費拡大という資本主義の原点ともいうべき手法が、こういう分野にも当てはまっているのではないかと思います。

確かに私も、以前から骨盤(股関節)と背骨を介してつながっている肩甲骨の重要性は、声を大にして強調してきました。

だからと言って、それだけが大事でほかの部分は二の次と言ったことはありませんし、骨盤トレーニングとか肩甲骨トレーニングなどという限定的な言い方をしたつもりもありません。

今はやりの体幹トレーニングという言葉も、指導している方にしてみれば、それだけをやっているんじゃないのにと、苦々しく思っているかもしれません、まあ、それらを前面に広告している施設を多く目にはしますが。

私はそのどれも否定するつもりはありません。

目標があるところに方法論が存在し、その個人個人の状態によって同じ方法でもアレンジが加わるはずです。

いわゆる筋力トレーニングであれば、究極の方法目標は、好き嫌いはあると思いますが、あの巨大な筋肉の美しさを競うボディビルダーということになります。

鍛えたい部分にどれだけ的確な負荷をかけられるか、できるだけほかの部分に負荷を逃がさないようにというおまけつきです。

よくあんな体には成りたくない、という言葉を聞きますが、正直あんな体には成りたくても成れるものではありません、24時間生活のすべてをかけて、取り組まなくてはならないのですから。

一般のスポーツ選手たちも、大なり小なり近いことをやっています。

どこの筋肉を鍛えれば、自分の競技のこの動きを強化できるという発想です。

子供のころ通った駄菓子屋さんで、大小さまざまな大きさで、赤や青など何色かの飴玉に紐がついていて、それを束ねてあるほうから1本を引いたものがもらえるというのがありました。

まさにトレーニングは、自分が欲しいと思った赤い大きな飴玉を引き当てるために、ずるをして逆側から引いておいて当たりの紐を確かめ、これがその紐だと分かって引く作業が効率的で、その方法を必死に探し続けているようなものなのです。

これをやればこうなるはず、そう信じて疑わないで一生懸命取り組んでいるはずなのに、なぜ次から次へとやり方が変わっていくのでしょうか。

これもやったけど、もっといいやり方があるのではないかと浮気心が起きた、このやり方では効果があまり出なかった、単純に飽きてしまった、理由はいろいろあると思います。

私が「西本理論」などと大上段に振りかぶって、こうして皆さんにお伝えしようとしていること、一人でも多くの人に知っていただきたいこと。

それは、良い結果が欲しいから無駄なく効率的な方法を教えてほしいという方には遠回りな方法かもしれませんが、
まずは自分を知ることです。

人間の体の仕組みはどうなっているのか、単純な解剖学の知識ではなく、四足歩行の動物から二足歩行に進化し人間として他の動物には真似のできない能力を獲得できた理由、本質的な体の使い方を理解していただきたいのです。

私はこの20年間同じことを言い続けています。

目新しさはありませんから、注目されることもありませんでした。

しかし20年たち、今年1月から4か月間プロスポーツの世界(Jリーグ)に戻っていましたが、何一つ変わっていませんでした、結局は今主流となっている方法論が幅を利かせているだけでした。

これはスポーツの世界にとってとても不幸なことです。

もっと根幹の部分を知ってもらいたい、短い期間ではありましたができる限り選手たちに伝えてきたつもりです。

残念ながら、その志半ばで事情がありチームを離れてしまうことになってしまいました。

スポーツの世界だけではありません、一般の方に対する健康法でも全く同じ状態が続いています。

手を変え品を変え、どんどん目先を変えていかなければ商売にならない、そうでしょうか。

本質を探っていく作業にもうこれでいいというゴールはありません、だからこそ継続しなければならないのです。

季節を先取りし個人の趣向に任せるファッションのようなものとは意味が違うのです。

私は、その本質部分をこのブログで語っていきます。

できれば直接話をさせていただいたり、実際に体験していただき、思いが正しく伝えられる機会を与えていただければと思っています。

これが、私の使命だと確信して。
スポンサーサイト

Trackback

Comment

Post a comment

Secret


プロフィール

Author:西本 直
1993年、Jリーグサンフレッチェ広島を皮切りに、社会人野球三菱重工広島・協和発酵・ヴィッセル神戸・川崎フロンターレ、そして広島カープ佐々岡真司投手など、プロアマ問わず競技レベルのスポーツ選手から一般の方まで、トレーニングやメンテナンスの指導を行ってきました。
その経験と知識の蓄積を「西本理論」としてまとめ、一人でも多くの方に実践していただくことが、これからの私の使命であると信じ、このブログから発信していきます。
私の理論はスポーツ選手のみを対象としたものではなく、ビジネスマンや家庭の主婦まで老若男女すべてに当てはまる不変のものです。
指導や講演のご依頼も受け付けています。
実名でツイッターも書いていますので、チェックしてみてください。
また、2013年9月9日にConditioning Studio 操をオープンしました。こちらもご覧ください。
また、遠隔地にお住まいの方を対象とした動き分析とアドバイスを行っています。
詳細は「スタジオ操」のホームページ内の「遠隔サポート」をご覧ください。
今年2回目の西本塾を8月26・27の土日に開催を予定しています。
詳細はstudio操のホームページ内の「講習会情報」をご覧ください。
なお、今回も参加者が5名に満たない場合は開催しません。
9月10日には深める会も予定しています。

最新記事

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カウンター

検索フォーム

QRコード

QR