「深める会」参加者からの感想②

引き続いて参加者からの感想です、今回の参加者は6名ですから、これで4名の方の感想が届きました。

「西本先生、アシスタントの智志さん、奥様、そして一緒に深める会に参加した皆様、2日間本当にありがとうございました。

深める会に参加するのは東京も含めると3回目になりますが、今回は言い方が合ってるかわかりませんが、深める会というモノをみんなで作り上げたような気がします、本当に同じ時間を共有できて嬉しく思います。

実技や手技が上手くなったということではなく、(もちろんそれもありますが)考え方やカラダとは何かということが「深まった」と感じてます。

自分なりに今回へ向けて、トレーニングや考え方、準備してきたつもりでしたが、全然カラダのことが分かってませんでした。

室内のトレーニング、これは本当に「筋肉の仕事は骨を動かすこと」、この感覚になった気がします。

いままでやってたつもりで無駄だらけでした、こんなに肩が落ちていいなんて、鎧を着てましたね。

具体的には腕を消すことがまだまだ苦手で、でしゃばってしまうな、と感じました。

外の走り、内田さんのフォームの美しさ、森さんの滑らかさ、長尾さん土屋さんの変わりよう、植村さんの切り返しの速さを目の当たりにして、今回の人の中では、西本塾古株ですがまったくそんなのは関係なく、また自分も足元から見つめなおさないと、と思いました。

具体的には回転数を上げても、しっかりと一つの動作が完結してから次の脚を出す。

智志さんの動きを見ると本当になんのスポーツでも出来そうな動きで、(失礼ながら見た目はスポーツとは無縁そうなのに)まさに西本理論の体現者で…、選手なりお客さんをこういった動きにするのかー、とイメージできました。

手技では先生の例え話、火傷の話65%の話ピアノの話観覧車の話、などなど、一つ一つがとても印象に残っています。

本当にカラダのことを深く考えてないと、こういった話は出来っこないなあ、と感じました。

もちろんまだまだ西本理論をわかったとは言えませんが、先生のカラダ観といいますか頭の中を少し覗けたような気がします。

まだ帰って数日ですが、「そうだよな~」と反芻するのと、いままで全然わかってなかったなぁという気持ちです。

それと体がたゆたっているような、心身ともにいい意味でゆとりがあるような感じがあります、調子悪くなったらこれを思い出してやっていこうと思います。

最後の感想では智志さんや植村さんをはじめ、みなさんの熱い想いを聞いて、人のカラダをよくすることだけじゃなく、西本理論を正しく、熱意を持って伝えていこうという気持ちを強くもって今後取り組んでいきたいと思います。

また文章が硬く、鋭く、脈絡なく、となってしまいました、柔らかく柔らかく、ですね。

本当に2日間ありがとうございました、なかなかお会いする機会はありませんが今後ともよろしくお願いします。

深める会 その14 西本塾6期生 川端翔太」

川端さんはまだ20代ですが、日々の自分の活動や考え方に自信を持ちすぎているというか、知識も経験も誰にも負けない、どんなクライアントに対しても、自分が一番良い結果をもたらすことが出来る、そんな自信とプライドを感じます。

このことは常に私が周りからそう思われていることと同じことなのかもしれませんが、まだまだ若い川端さんが、もし本当にそう思っていたとしたら、これからの成長を邪魔してしまうのではないかと思っていました。

自信を持ってクライアントに向き合うことは当然のことで、不安を抱えながらでは相手に対して失礼です、私も知らない出来ないという言葉は使ったことがありませんでした。

今回の二日間で、やっとと言うか自分の口から自分の未熟さに気づいたという謙虚な言葉が出てきました。

もう安心です、彼がそういう気持ちを持ってくれればこれからの伸びしろは無限大です。

このことについては、周りから言われて気づけるものではないのです、私や今回の他の受講者の皆さんが、彼の考え方を変えてくれたのだと思います。

これからがスタートです、しっかりと確実に自分の道を切り開いて行ってほしいと思います。

「西本先生、智志君、奥様、深める会その14参加者の皆様、2日間ありがとうございました。

深める会ではいつも自分1人では到底発見出来ない新たな気づきを得る事ができます。

今回の深める会では今までのそれとは良い意味で違った会で、西本理論以外にも施術家、人間としての自分も深めることができた大切な会になったと感じています。

それは今回2日間を共にできた西本先生と智志君を含めたあの8人だったからこそ生まれたものだと思います、皆様に心から感謝しています。

深める会では様々な時期に西本塾を受講し、それを活かして様々な分野で活躍されている方が来られます。

今回もそうでしたが西本理論に接してからの期間が長い、短いなど関係なく、他の参加者の方の技術の高さや、人としてのポテンシャルの高さには、正直悔しいという感情も生まれました。

ですが、自分の前を走り続けている人がいてくれるという環境に自分がいることに喜びも感じました。

今回得られたことを、これからの自分の全てに活かして、私の進むべき道を一歩ずつ、しっかりと歩んで行こうと思います。

あらためて今回2日間を一緒に過ごせた皆様に感謝し、ご活躍を心からお祈りしています。」

長尾さんの文書はとても短いですが、長尾さんに接した仲間たちには十分伝わるものだと思います。

ただここに送っていただく内容は、このブログを読んでいただいている皆さんに読んでいただくことを対象としたものです。

そういう意味ではまだまだ言葉が足りません、長尾さんが一皮むける成長をするためには、この部分が最も必要なことだと思います。

自分が分かっただけではダメなのです、それを自分の言葉で誰かに伝えて行くのが我々の仕事なのです。

私には長尾さんの変化と言うか成長が十分伝わってきますので、もう一皮むけて欲しいと切に思います。

今日ご紹介した二人も、私にとっては自分の息子たちと同じ気持ちで接しているつもりです。

こうなって欲しいといくら親が思っても、その通りにならないことは4人の子供を育てた親として、嫌と言うほど思い知らされています。

親である私の仕事は、進みたい方向に導くお手伝いをすることです。

どこに行こうとしているのか、何をしようとしているのか、そのことに私と言う存在が少しでもお役にたてるのなら、喜んでお手伝いしていこうと思います。

今回の参加者の皆さんは、息子も含めファミリーになったような気がします、みんなで進んで行けたらいいですね。

さて、今日の仕事終わりに、以前に指導をしたプロスポーツ選手から電話がありました。

色々な話をしましたが、自分が現役選手でいる限りは、私から学んだノウハウも、私の存在自体も仲間には知られたくないし、自分からは知らせない、と言う話になりました。

私が同じ立場ならそうすると思います。

私のことを知れば知るほど、今を戦う選手としての立場を守るためには、ライバルたちには出来ることなら何も知らずに他の選手と同じ考え方でトレーニングをしておいてほしいと思うことは当然のことです。

私の施設が繁盛しないことは、ある意味仕方がないのかもしれません。

そんな中でも縁あって西本理論に出会い、私と言う人間に出会い、これだと思ってくれた選手に対しては、他の誰よりもその選手のためになる指導をしてあげなければなりません。

信頼されればされるほど仕事が増えないという、不思議な仕事です(笑)

スポンサーサイト

Trackback

Comment

Re: タイトルなし
こちらこそ久しぶりです、元気で頑張っていますか。
そうだったですね、車の中で話だけを聞いていましたが、実際に動画を見るとなるほどと言う感じです。
サッカーの動きを追及された結果生み出されたものだと思いますが、やるならこれくらい徹底的にやらないと身に付かないのでしょうね。
育成年代にこの動きを身に付けることには、大きな意味があると思います。
ただ私がこれを行うかと言われるとどうでしょうか。
それぞれ考えがあって、それを全うすることが大事で、これを考え指導されている方は、信念を持って指導されていると思いますが、私は私がこれまで築き上げてきたことが、様々な角度から考えて、サッカーだけではなくすべてのスポーツや日常生活動作に有効だと思って指導しています。
貴重な情報をありがとう、これからも頑張ってください。
  • 2016-05-27│18:24 |
  • 西本 直 URL│
  • [edit]
お久しぶりです。
今年の3月下旬に広島に遠征というご縁があり個人指導していただいた兵庫県の高校生です。
西本さんは帰りの車内でのダンスをするというあるサッカーチームの話を覚えていらっしゃいますでしょうか。昨日友達からその動きがどういうものかという動画を教えてもらったのでURLを貼らしていただきます。少しでもブログや動き、指導の参考になれば幸いです。この動きは中央学院という大学でも行われているそうです。
また今日のブログの内容を拝見して時間があれば西本塾、深める会に参加したいという気持ちが一層強くなりました。個人指導で教えていただいたフライングバックトレーニング、腹筋に見える背筋運動のおかげで姿勢がよくなり結果的に当たり負けするということはほとんどなくなりました。しかし走りに関してはまだまだと感じる部分が多々あり遺憾であるとともにヘディングやキープの際は伸筋をつかえているのかと疑問に思っています。西本さんならどんな風にするだろうと自分の体と日々対話しながら試行錯誤しておりますがなかなかうまくいきません。それでも頑張るしかないので体には力を入れないよう頑張ります。
西本さん、ご子息様、個人指導の際は本当にありがとうございました。これからも健康に気をつけて熱いご指導を様々な方に届けてくださればと思います。
駄文失礼しました。
  • 2016-05-26│22:01 |
  • お久しぶりです。 URL
  • [edit]

Post a comment

Secret


プロフィール

Author:西本 直
1993年、Jリーグサンフレッチェ広島を皮切りに、社会人野球三菱重工広島・協和発酵・ヴィッセル神戸・川崎フロンターレ、そして広島カープ佐々岡真司投手など、プロアマ問わず競技レベルのスポーツ選手から一般の方まで、トレーニングやメンテナンスの指導を行ってきました。
その経験と知識の蓄積を「西本理論」としてまとめ、一人でも多くの方に実践していただくことが、これからの私の使命であると信じ、このブログから発信していきます。
私の理論はスポーツ選手のみを対象としたものではなく、ビジネスマンや家庭の主婦まで老若男女すべてに当てはまる不変のものです。
指導や講演のご依頼も受け付けています。
実名でツイッターも書いていますので、チェックしてみてください。
また、2013年9月9日にConditioning Studio 操をオープンしました。
また、遠隔地にお住まいの方を対象とした動き分析とアドバイスを行っています。
詳細は「スタジオ操」のホームページ内の「遠隔サポート」をご覧ください。
「第25回西本塾」を11月18・19日の土日に開催を予定しています。
詳細はStudio操ホームページ内の「講習会情報」をご覧ください
尚、深める会も12月10日に予定しています。

最新記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カウンター

検索フォーム

QRコード

QR