19期西本塾生からの感想その2

西本塾を受講してくれた人たちからの感想を続けて紹介します。

その前にいくつかのことを書きます。

一つはつい先ほど、私がサンフレッチェ広島に在籍している頃から20年以上にわたってお世話になっている(株)エープライムの仲田清克社長さんからお電話をいただきました。

広島のオフィシャルサプライヤーとして総合ビタミン剤を提供していただいたことが縁で、私という人間に興味を持っていただき現在までお付き合いをいただいています。

3年前にJリーグのチームで仕事をすることになり、久しぶりの大舞台に仲田さんもとても喜んでいただきました。

それがあんな形で辞めることになり、何のご挨拶もできないまま広島に帰ってしまったため、申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

今回2冊の本の出版に関わったことで、私が元気で頑張っていることの証として本を送らせていただきました。

久しぶりに直接お話をさせていただき、安心していただけたと思います。

私の本の文章は、ライターに依頼することなく、全て自分で書いていることを伝えると、昔の私からは想像もつかないくらい、一般の方が読みやすい平易な書き方ができていると褒めていただきました。

もう一つは、先日指導を受けにきてくれた中学生の長距離選手のことです。

お父さんからレースの動画を送っていただき何度も見ましたが、まさに私が教えた通りの走りを再現してくれています。

定期試験明けで練習が足りておらず、1週目に豆が破れるというアクシデントがあったようで、記録的には目標と程遠いものになったようですが、走り方に関しては見ていて嬉しくなりました。

名前はありませんが、「西本走り」と皆さんが呼んでくれている走り方はドリルの最終形ではなく、どんな競技であってもこうやって走ることが効率的で効果的であるという、私にとっては正に最終形の走り方なのです。

しかし、指導を受けたサッカー選手にしてもまだまだ肘を曲げて、過去の走り方と決別するところまではできていません。

現実として、直接その後の走り方を見るチャンスは少ないのですが、今回初めて私が教えた通りの走り方で実際の競技に臨んでくれる選手の姿を見ることができました。

明らかに他の選手とは違いますから、きっと何をしているのかと話題になったかもしれません。

私から見れば、一緒に走っている他の全ての選手の走り方がキツそうでかわいそうになります。

なぜみんな私が提唱する走り方をしないのだろう、知らないから仕方がないですし、もし知っていたとしても他の選手と違う動きをするのは勇気がいると思います。

何とか残されたレースで、目標としている自己ベストを更新して欲しいと思います。

人が当たり前だと思っていることを自分もそう思っていては何の進歩もないとは思いませんか。

さて、ここからが受講者の感想です、お読みください。

【西本塾を受講して】
西本先生、奥様、智志さん、二日間ありがとうございました。とても貴重な経験となりました。
そして第19期塾生の皆様、本当にあっという間の二日間でしたがありがとうございました。

これまで医師や理学療法士、トレーナーが講師を務める色々な勉強会に参加して来ましたが、この西本塾は一味も二味も違うものでした。

座学や実技の中で教えて頂いた知識と技術もさることながら、トレーナーにとってもっと深い大切なところ、最も必要と思われるところを学べた二日間でした。
知識や技術を学ぶセミナーではなく、まさに塾という名がぴったりだと思います。
西本先生の選手・クライアントのためにという思いは想像以上で、もちろん私も自分なりに精一杯 やってきたつもりですが、まだまだ改めなければならないことがあると痛感しています。

西本理論は先生もブログに書かれているように客観的なデータに基づく理論ではないかもしれません。
しかし、ブログを読み、直接解説して頂き、自分の目で見て、体験し実感して、改めて選手をみて、再考し、納得させられる理論でした。

あらゆる選手にとって必要な考え方で、本当になぜ普及していないのか不思議なくらいです。

実際に、片脚立位が苦手なアスリートにオクタントトレーニングとフライングバックトレーニングを行ったところ、トレーニング直後に動きが改善し、見違えるように片脚立位での動きが良くなりました。
単にバランス能力の問題だったのではなく、これまでは体が連動し ていなかったのだと思います。
パワーとスピードには長けた選手なので、実際のプレーでも変化が見られると思うと今後が楽しみです。

これまでの体作りから動き作りへシフトしていきたいと思います。
上を見ればキリがないですが、同世代では身体は大きく筋力も十分であるにもかかわらず、なかなか思い通りのパフォーマンスを発揮できない選手を数名指導させて頂いており、そんな選手たちに希望を与えられるように思います。

決して分かった気にならず、奢らずに精進します。

西本走りはマスターするには、これまでの動きや意識を消すのに時間がかかりそうですが、ドリルから確実に行い、あのほんの少しの練習時間でも感じられた感覚を磨き上げて身につけられ るようにしたいと思います。

これまでは走ることが辛くしんどくて苦手でしかなかったのですが、西本走りは全く違った身体感覚がありました。
まずは自分で動けるように練習し、それを正しく伝えていきたいと思います。

また「人の身体は部分の集合体ではない」という言葉にハッとさせられました。

もうすでに当然のことと思っていますが、塾に参加する前の自分には抜けていた考え方でした。
人間の身体を全体として捉える、さらには気持ちや精神的な部分も含めて考えることの重要性を再認識しました。

先生は「メンタルトレーニングは必要ない」とおっしゃっていましたが、頑張らずに頑張る、思いの強さ、身体への意識、が大切になる西本理論はメンタルへのアプローチも十二分に成されると感じました。

体験させて頂いたオクタントトレーニングは、確実に行えれば動きのトレーニングだけにはとどまらないものだと思います。
自分のように力任せになったりしてはダメですが…自分の身体をコントロールする能力、力まず力強く素早く反応する集中力などが求められ、動きもメンタル面も鍛えられるトレーニングだと感じました。

今回、本当に素晴らしい経験をさせて頂きありがとうございました。
これからも困っている選手やクライアントの力になれるように考え実践して いきたいと思います。

以上です。今後ともよろしくお願い致します。

西本塾 第19期生 伊藤孝信

西本先生、奥様、智志さん、そして参加者の皆様、この度の西本塾では大変お世話になりました。とても濃密な熱い2日間でした。本当にありがとうございました。

著書やブログなどから伝わってくる西本先生は、私の中では大変厳格な方でしたので、スタジオの扉を開ける時は緊張しておりました。
扉を開け、受付の奥様の笑顔で少し気持ちが和らぎました。

人生も半ばを過ぎ、これまでの人生を振り返るにあたり、もう少し出来る事があったのではないか、まだまだ学ばなければならないと考えていました。

残りの人生を人のお役に立てる仕事がしたい、心身の悩みを抱えておられる方に寄り添い、その方が笑顔になられ、元気になっていかれる過程を一緒に歩んでいけたら素晴らしいだろうと思っていた矢先に西本先生の著書に運命的に巡り合いました。

本来人間が持っている正しい体の使い方、自然治癒力を学びたい、そのために、知っていなければならない事、それをどう使えばいいのか、西本先生に教えを請いたいと思ったことがきっかけでした。

参加者の皆様の受講動機と西本先生のコメントお聞きしながら、皆様のお仕事や抱えておられる問題点などを知る事ができ、更に気が引き締まりました。

西本先生の著書やブログなどを拝見し、わかったつもりでいた事も、実際に説明していただく事で、すっと入ってくる事や認識がずれていたと再確認するものがありました。

「3・5・7理論」、「アクチン、ミオシンの関係」、「屈筋と伸筋」、「ケガをしにくい身体の使い方」、「歩くから走るへ」等々すべてが私にとって年甲斐もなくワクワクするものでした。講義を受けることで、身になる部分が多かったと感じました。

マシンを使った実技では、屈筋優位、伸筋優位で動作をした際の違いがはっきり認識でき、身体が素直に反応してくれている事を感じました。「百聞は一見に如かず」を多く体感しました。

理論を説明する際に、実際に教える側が、自分の身体を使って体現して伝える事が出来ないと相手に正しく伝えられないという事がはっきり認識できました。

実際の動きを目の当たりにする事、体感する事で、感じられるもの、見えてくるものがあります。
しかし、自分が企図した筋肉の活動を行う事が出来ない、正しい動きをしようと思っていてもできない事を痛感させられたことも事実でした。

私は2日目の走りの部分で、なかなか西本先生の言われる走りが体現できませんでした。
自己管理を怠っていた事も事実ですが、知らぬ間に屈筋優位で動いてしまっている自分がいました。

他の参加者の皆様は汗もかかずに動いておられましたが、私一人、滝のような汗を流しておりました。
あの運動を屈筋優位で全て動いていたら、私は早々にリタイアしていたと思います。

次の日はかなりの筋肉痛に襲われました。しかし、筋肉痛の中でも、背中を意識した動きをすると意外に動けており、改めて伸筋の大切さを感じています。

もう一つ実感できた事を、帰路をノンストップで3時間半運転したのですが、いつもであれば、腰痛に背部痛が出るはずが、全く痛みもなく、疲労感も全くない…これは驚きでした。実感させていただきました。

オクタントトレーニングは、先生と塾生の真剣勝負と感じ、こちらも力が入ってしまいました。

西本先生から「背骨を動かす事で、人間の内側である脳に直接アプローチできるんだよ!」と教えていただいた時は、目から鱗が落ちました。

職場に戻り、まずは背中に意識を向けていただくことから始めようと、早速、高齢者の皆さんとの運動時に背中を意識していただくメニューを無理のない範囲で取り入れています。
運動の最中にも事あるごとに背中を意識していただくように声掛けをしています。

また、からだほわっとをご本人の了解を得て、数人の方に行わせていただきました。
最初は何をされるのかと感じておられた方も、第2-3趾間辺りで目を閉じてしまわれました。
中には「気持ちが良かった。何だか熱くなってきたよ。足が軽くなったけん、歩いてくるわ」と廊下へ散歩に行かれる方もおられました。

また、子供が大腿部、膝関節周囲の痛みを訴えており、歩行時にも痛みがあったのですが、からだほわっとを行ったところ、「まだ少し痛みはあるけど、すごい!楽になった」とスムーズに歩いていきました。
妻は「温かいわ、全身に血が流れていく感じがする」と夢の中へ、継続し、自分のものにしていきたいと思います。

歩き方も、いただいたレジュメの一つ一つの動作を確認しながら実践しています。
連動を感じる事が出来る瞬間があります、まだ瞬間的ですが…。
全身が連動する感覚を感じられるよう継続していきます。

今回の西本塾で今の自分に不足しているものは何かが明確になりました。
これからはそれをどう埋めていくかを考え、実践し、検証し、次の段階へ歩を進めていきます。

魂で学んだ事を、残りの人生に生かし、「この人なら」と思っていただける“人間”になるべく努力を惜しまず自分に向き合っていきます。枝葉の部分に多くの目を向けてきた自分を改め、自分と向き合い、身体と向き合い、ひいては人間の本質、物事の本質を究めていきたいと思っております。

最後になりますが、日々お忙しい中、またハプニングに対応され、疲労もある中、私たちに時間の許す限り全てを伝えようとして下さった西本先生、常に私たちの後ろにいる誰かのためを考えて下さる「魂の授業」をありがとうございました。熱いものを感じ、感極まってしまいすみませんでした。

笑顔で迎えてくださった奥様、様々な準備をしていただき、大変お世話になりました。ありがとうございました。

疲労もある中、私たちにデモンストレーションをしてくださった智志さんありがとうございました。
そして的確なアドバイスもありがとうございました。智志さんの醸し出す雰囲気には人を癒すパワーを感じました。

そして参加者のみなさん、運動不足の私を温かく見守ってくださりありがとうございました。
この出会いに感謝し、出会いを大切にしていきたいです。お互いのフィールドで学びを継続していきたいですね。
皆さん本当にありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします。

第19期西本塾生  鷲見 洋

お二人から届いた感想、それぞれ年齢が違い環境も違うのですが、共通して感じることは本当にだれかの役に立ちたいと思って仕事をされていることです。

真剣に学んでくれたことが、二人の言葉から皆さんにも十分に伝わると思いますので、私からは最小限のコメントを添えさせていただきます。

鷲見さんは、最初お電話で申込をいただきました。
その時の声や話し方から想像していた通りの真剣な受講動機が届き、もし今回の参加者が鷲見さんお一人であったとしても、この方のためにお役に立ちたいと心から思いました。

私の方が幾つか年が上ではありますが、私は鷲見さんよりだいぶ遅れて、同じような考えを持つに至りました。
鷲見さんのような優しい気持ちで人に接しているかと言われると、まだまだとんがっている部分がたくさんあると思います。

こういう方にお世話していただける高齢者の方は幸せだと思います。
周りの全ての方を幸せにする雰囲気を持った鷲見さんのような人間になりたいと思いました。

伊藤さん、これからの伸びしろは無限大だと思います。
教科書的な指導で伸び悩んでいる選手たちを、しっかり導いてあげて欲しいと思います。

私にとって西本塾は、今の私という人間の存在そのものとなっています。

この3年近くの月日と、ここで出会った人たちが、もう60歳が近くに迫った私という人間を、今までと違った方向に導き育ててくれています。

本当に有難いことだと感謝しています。


スポンサーサイト

Trackback

Comment

No title
西本先生、ブログを拝見させていただきました。過分なお言葉に大変恐縮しております。とても嬉しく、またこみ上げてくるものがありました。
そして、身が引き締まるとともに、受講動機を忘れず、この人ならと思っていただけるように精進する事を改めて強く思いました。
こちらこそこの度の運命的な出会いに感謝しております。今後ともよろしくお願いいたします。

追伸:先ほど2回コメントを送信したのですが、Submitをクリックした後に確認画面が出ずにフリーズしてしまいました。重ねての送信になっておりましたらすみません。

Post a comment

Secret


プロフィール

Author:西本 直
1993年、Jリーグサンフレッチェ広島を皮切りに、社会人野球三菱重工広島・協和発酵・ヴィッセル神戸・川崎フロンターレ、そして広島カープ佐々岡真司投手など、プロアマ問わず競技レベルのスポーツ選手から一般の方まで、トレーニングやメンテナンスの指導を行ってきました。
その経験と知識の蓄積を「西本理論」としてまとめ、一人でも多くの方に実践していただくことが、これからの私の使命であると信じ、このブログから発信していきます。
私の理論はスポーツ選手のみを対象としたものではなく、ビジネスマンや家庭の主婦まで老若男女すべてに当てはまる不変のものです。
指導や講演のご依頼も受け付けています。
実名でツイッターも書いていますので、チェックしてみてください。
また、2013年9月9日にConditioning Studio 操をオープンしました。こちらもご覧ください。
また、遠隔地にお住まいの方を対象とした動き分析とアドバイスを行っています。
詳細は「スタジオ操」のホームページ内の「遠隔サポート」をご覧ください。

最新記事

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カウンター

検索フォーム

QRコード

QR