遠隔地の方にも西本理論を届けるために、具体的な行動を起こします。

現在私は広島を拠点に仕事をしています。

体の不調を訴える方を対象とした施術行為は、一度ですべてが改善できるというわけには行きませんので、それぞれが通える範囲で信頼できる施術者を探していただくことがベストだと思います。

私の仕事のもう一つの柱である、動きづくりをベースとしたトレーニングの指導や、走るという行為を基本とした体の使い方を指導することによって、パフォーマンスを向上させることも、やはり継続した指導が必要なことは当然のことです。

私がどこに住み、どこを仕事の拠点としていたとしても、そこに近い人もいれば遠くて通えないという人が当然出てきます。

数年前までは、遠隔地の人がわざわざ広島まで指導を受けに来てくれるということは想像もしていませんでした。

それが3年近く前になりますが、広島港を見下ろすこの場所にスタジオを構え、地に足をつけて仕事をする覚悟を決めてから、西本塾や個人指導の形で、全国各地からたくさんの方が指導を受けに来てくれました。

そんな方々に対して、私なりにその時々考えている精一杯のことを伝えてきたつもりです。

しかし、一番肝心な継続指導という意味では、深める会という形で、学び続けたいと真剣に思ってくれる人たちに対してのフォローは続けてきたつもりです。

一度は広島に足を運んでくれた方でも、二度三度は難しい、それでも気持ちの中では私の考えを学び続けたいと思ってくれている人もいるかもしれません。

また、ブログや関連の記事を読んでいただき、私の考え方に興味を持ち、共感してくれた方もいるかもしれません。

それぞれの環境の中で、二日間の西本塾には参加できないと残念に思ってくれているかもしれません。

どんな形であれ、私の考え方に触れた人たちは、今まで培ってきた既成概念や固定概念を離れ、人間の体の本質に迫る決意を新たにしてくれます。

それが人の体を扱う仕事をしている人であったり、指導的な立場であるのなら、なおさらその思いは強く、もっと早く知っておきたかった、この考え方を基本として指導しなければ、選手を正しく導くことはできないと、真剣に思ってくれるのです。

自分でスポーツを行っている人はなおさらです、もっと上手くなれる、もっと体を上手く使えるようになれると、子供が新しいおもちゃを手に入れたように嬉々として取り組んでくれます。

そんな中、福岡の中学生そら君とそのお父さんとの出会いで、遠隔地であってもできるだけ継続した指導をしてあげたいと思うようになりました、それは今も継続中です。

やりとりを行う中で、これなら同じように遠隔地の人にも指導ができるかもしれないと考えました。

そのことを記事に書いたところ、西本塾生でバドミントンをやっている古賀さんから依頼をいただき、もし古賀さんが仕事としてお金を頂いて動画を分析し、その結果をもとにアドバイスを行うやりとりをさせてもらって、満足していただけたとしたら、他の方の依頼にも応えることができるかもしれないと考えました。

送っていただいた練習風景を記録した動画を何度も見直し、私なりの分析をしてアドバイスさせていただきました。
今回幸いなことに智志が中学時代に部活動でバドミントンをやっていたので、アドバイスが言葉だけではなく、実演してくれたものを動画にとって送ることで、より具体的な提案ができました。

100%期待に応えられたかどうかは、自分で評価しにくいところですが、古賀さんから送られてきた最後のやりとりを、了解をいただいたので紹介させていただき、皆さんには判断していただければと思います。

やはり背中ですね!!
その点だけはずっと意識してますので、新しい動きに対しても背中、伸筋を意識します(^^)

正面レシーブのお腹対応も、アイドリングとの組み合わせで良い成果が出せそうなイメージはありますので深めていきたいと思います。

バドミントンの攻撃、特にスマッシュは一撃必殺の意識になるとやられます。
そう考えるとわかりやすいですね。体勢が崩れにくい3分割の方が有効ですね。
3分割を自然に使える様に反復継続で頑張ります。

今回、遠隔地の動画指導の第一号とても光栄でした。
表現が正しいかわかりませんが、完全にお値段以上の満足感です(^^)
私は是非定期的にお願いしたいです。

広島にお伺いして直接指導をお願いしたいですが、仕事が日・祝休みで土曜がたまにという感じなので、遠隔地の動画指導は本当にありがたいです。

今度は走りについても指導頂きたいですし、まだ気が早いかもしれませんが、もうすぐ4歳と2歳の子供の走りもいずれ見て頂きたいなと勝手に思っております(^^)

本当にありがとうございました。


古賀さんから有難い言葉をいただきました。

この経験をもとに、私の考え方を基本とした体の使い方を、遠隔地であっても体験できるシステムを作ることとしました。

ただ私はどんな仕事を請け負う時にも結果責任ということを一番に考えます。

例えばお父さんが、子供さんが足が遅いのでなんとかならないかということが目的で依頼してきたとします。

送られてきた動画を分析して、私なりのアドバイスをしますが、それですぐに足が速くなるかというと、そんな簡単なことでないことは、誰が考えてもわかると思います。

実際に行う人間を直接知らないのですから、私のアドバイスをどう受け止めたかということも含めて、コミュニケーションをとるのは難しいと思います。

西本塾の受講者、もしくは個人指導受講者で、そのフォローアップを目的にしてくれるのが一番指導はしやすいと思います。

また指導者の方が、指導しているチーム全体のことを見て欲しいという依頼も難しいと思います。

あくまでも個人、できれば本人からの依頼で、直接コミュニケーションを取れることが前提となります。

出版させていただいた「1回5分体が喜ぶ健康術」や、「体の痛みを治す 寝たまま体操」を読んで頂いた方で、実践方法についてのアドバイスを求めていただくことも、ご自分の体と真剣に向き合って、健康管理に怠りない方にも、良いアドバイスができるかもしれません。

詳しくは、「conditioning studio操」のホームページをご覧ください。

この試みで、一人でも多くの方に継続した指導を届けられるようにしたいと思います。


スポンサーサイト

Trackback

Comment

Re: 遠隔地指導
古賀さん
コメントありがとうございます。
お蔭で少し自信を持って遠隔地の方への指導をスタートさせることができました。

今回はバドミントンでしたが、私の考えてきた体の使い方は、どんな競技の動きにも共通していることだと、改めて感じることができました。テニスでもジョコビッチ選手を見ていると、打つことはもちろんですが、打った後いかに早くスタートポジションに戻れるかが勝負だと思います。

それぞれのスポーツで、一番華々しい動きの部分がクローズアップされてしまいがちですが、そういう基本となる部分を大切にすることこそが、上達の近道ではないでしょうか。

子どもたちを指導するうえでも、ラケットをどう扱うかということと同じくらい、体をどう扱うか、きちんとした構えを作るかという視点も、是非加えて欲しいと思います。

こちらこそこれからもよろしくお願いします。
  • 2016-07-11│16:36 |
  • 西本 直 URL│
  • [edit]
遠隔地指導
西本先生、智志さん、改めまして今回の遠隔地動画指導ありがとうございました。
動画指導の感想はブログに取り上げられた通りですが、私の西本理論取組みも含めてもう少し詳しく感想を書かせて頂きます。

私は学生時代から続けているランニングと、8年程前から本格的に始めたバドミントンを趣味として続け、バドミントンは子供達へ指導も行っていますが、そのレベルを上げる為の情報探しの中、2年程前にネットサーフィンで西本先生のブログに出会いました。
その後、西本塾、深める会、そして今回、遠隔地の動画指導でご指導頂いています。

西本塾生のみなさんが感じ取る事だと思いますが、西本塾受講後は本当にすごい事を学んだとワクワクしました。

その後の取組みは、走りについては教わった理論に自分の感覚を近づける事を意識し、バドミントンへは西本理論をどう落とし込むかを色々と試しました。

西本塾受講の1年半後に深める会へ参加させて頂きましたが、そこではわかっているつもりで続けていたFBTも走りにも勘違いがありました。
取組みの修正が出来た事、そして1年半の間に進化した西本理論を学べた事に、深める会受講後は西本塾を超える大きな収穫を感じました。

深める会から今約半年が経過し、取組みは日々思考錯誤しながら続けています。
そんな中、遠隔地の動画指導という投稿を拝見し私は飛びつきました。
西本先生の目でバドミントンの動きを分析して頂ける絶好の機会だと思ったからです。
結果は本当にお値段以上の大満足(^^)
自分の考えている事と同じ事を先生に言って頂けると自信になりますし、先生の視点で頂いたアドバイスと智志さんの動画からとても重要な事に気付けました。
指導頂いたのは3回目ですが、また今回もワクワクしています。
個人指導もお願いしたいと思っていますが、仕事の都合でなかなか広島までお伺い出来ない私にとって、遠隔地の動画指導は本当にありがたいです。
また是非お願いしたいと思っています。

最後になりますが、私は指導を頂きすぐに感覚を掴み、動き作りがどんどん進化していくような成果は上げれていませんが、2年の間に動きは確実に楽になっていますし、運動後に屈筋へ出ていた筋肉痛は格段に減りました。動き作りに時間は掛かっていますが、思考錯誤の中で感じ修正して来た感覚は、指導する立場として活かせるとも思っております。
西本理論を正しく深め、微力ながら広めていきますので、今後共、ご指導の程よろしくお願い致します。
  • 2016-07-10│18:41 |
  • 古賀隆太 URL│
  • [edit]

Post a comment

Secret


プロフィール

Author:西本 直
1993年、Jリーグサンフレッチェ広島を皮切りに、社会人野球三菱重工広島・協和発酵・ヴィッセル神戸・川崎フロンターレ、そして広島カープ佐々岡真司投手など、プロアマ問わず競技レベルのスポーツ選手から一般の方まで、トレーニングやメンテナンスの指導を行ってきました。
その経験と知識の蓄積を「西本理論」としてまとめ、一人でも多くの方に実践していただくことが、これからの私の使命であると信じ、このブログから発信していきます。
私の理論はスポーツ選手のみを対象としたものではなく、ビジネスマンや家庭の主婦まで老若男女すべてに当てはまる不変のものです。
指導や講演のご依頼も受け付けています。
実名でツイッターも書いていますので、チェックしてみてください。
また、2013年9月9日にConditioning Studio 操をオープンしました。こちらもご覧ください。
また、遠隔地にお住まいの方を対象とした動き分析とアドバイスを行っています。
詳細は「スタジオ操」のホームページ内の「遠隔サポート」をご覧ください。
今年2回目の西本塾を8月26・27の土日に開催を予定しています。
詳細はstudio操のホームページ内の「講習会情報」をご覧ください。
なお、今回も参加者が5名に満たない場合は開催しません。
9月10日には深める会も予定しています。

最新記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カウンター

検索フォーム

QRコード

QR