「conditioning studio 操 」明日3周年を迎えます。

今日は9月8日、明日9日は現在の拠点である「conditioning studio 操」をオープンしてからちょうど3年になります。

そしてこのブログを書き始めたのは、その少し前の5月の27日でした。

年齢も58歳となり、いろいろな意味でこれからのことを考えなければならない時期に来ていると思います。

過去を振り返っても何も変わることはなく、常に明日を、というよりも今日この瞬間が全てだと思って生きてきた人間ではありますが、この3年間は私の人生の中でも大きな転機となったことは間違いのないことで、少しだけ振り返ってみたいと思います。

その前に、これも大きな転機となった、久しぶりのJリーグのクラブでの仕事に備え、ここを作る前に仕事場としていたところから、大切に使っていたトレーニングの器具を、全て長年トレーニングに通っていただいた方が経営する会社に預かっていただていたと言えば聞こえがいいですが、実際には寄贈させていただき、本社の社屋の中に立派なトレーニングルームを作り、活用していただくように準備して広島を離れました。

それが数ヶ月しか経たないうちに帰ってきてしまい、これから先どうしようと途方にくれていた時、真っ先に声をかけて頂き、準備が出来たらいつでもトレーニング器具は返してあげるからと、温かい言葉をかけて頂いたのでした。

私がここで名前を出したからといっても、何の宣伝にもなりませんが、広島県呉市にある「堀口海運」さんの堀口勝哉社長は、どんなに言葉を尽くしても感謝しきれない恩人です。

そして、私の考え方を大きく変えてくれたのが、スポーツライターの「木崎伸也」さんでした。

彼とは川崎在籍時に風間八宏監督の紹介で知己を得て、以来私の考え方や発想に興味を持ってくれたことで、これまで自分でも考えもしなかった発想が次から次へと湧いてきて、私自身を大きく成長させてくれました。

これまでその場その場でしか物事を考えてこなかった私に、様々な視点で人間の体を観察するチャンスを与えてくれました。

彼の存在がなければ、私が今のように多くの方に知っていただくことはなかったと思います。

様々な媒体で私の考えを文章にして頂いたり、私自身にもその機会を与えてくれたことで、自分の中に眠っていたものを整理し伝えるということが出来るようになりました。

そのことがきっかけで「西本塾」を行うことになり、全国各地から様々な立場の方が参加して頂き、私の考え方を広めてくれる人も増えてきました。

「来るものは拒み、去る者は追わず」などと、全く意味不明な発想で他者と交わることを良しとしてこなかった私の目を開いてくれた木崎さんには本当に感謝しています。

自分の考えが文字になり、多くの人の目に触れる、そして様々な感想が寄せられるという、まさに得難い経験をたくさんさせていただきました。

それからここまで、西本塾や個人指導の形で私の考えを学んでくれる人たちとの出会いや、施術者として多くの方の体と心に向き合ってきました。

そして今年の3月からは、我が家の末っ子で三男の智志が私の背中を追いかけてくれています。

数年前までの私は、自分の技術や考え方、そして何より培ってきた感覚の世界を、他者に伝えることなどできるわけがないと思っていました、それが親子であっても同じです。

それがこの3年間の中で、私自身が少しづつ変わっていくのを智志も感じたようで、意を決して私にその思いを伝えてくれました。

四人の子供たちのこと、そしてこの間に生まれた孫たちのこと、一人の人間として得難い経験をたくさんさせてもらっています。

あのまま広島を離れた状態が続いていたらというたらればの話は想像もできませんが、私という人間を成長させてくれる大きな転機となったことは間違いありません。

先日広島での仕事の際に立ち寄ってくれた、形は違えどトレーニングの指導者として大きな成功を収めている故郷の友人と食事を共にしながら話をする機会がありました。

ここまでになった彼の努力は想像を超えるもので、私などとても出来ることではありません、こういう人間を成功者と呼ぶのだろうというすばらしい男です。

彼は私の現状を知り、「お前の経験や技術を活かせば、もう少し違う仕事のやり方があるだろう」と言ってくれました。

彼の今の状況を羨む気持ちがないと言ったら嘘になりますが、そこに辿り着くまでの苦労も知っているだけに、単純にそんな気持ちにはなりません。

今の私にとっての一番の喜びは、縁あって出会った方々が、一人でも多く笑顔になっていただくことです。

まるで綺麗事にしか聞こえないかもしれません、実際そうかもしれません。

後を追ってくれる智志のために、ただ私の持っている技術や経験を伝えてあげるだけでは、彼はこれからの人生を歩んで行く糧を得ることはできません。

私の一番苦手なことですが、生活するための生業としてのやり方を、もう少し工夫しなければならないと、この歳になってやっと考え始めた次第です。

自分のことしか考えてこなかったツケが回ってきたというのでしょうか。

これまでの人生、なんの後悔もありません、その時その瞬間を全力で駆け抜けてきました。

今やっと周囲を見渡しながらゆっくり歩くことを始めたばかりです。

先週、遠く岐阜県から来ていただいた方は、パーキンソン病を患われた66歳の女性の方でした。

ご主人の運転する車で7時間以上をかけて広島まできてくださいました。

50歳の頃から症状が出始め、58歳の時病名を確定診断されたそうです。

現在は筋肉の力が弱まり背骨も丸く湾曲してまっすぐ立つこともままならず、歩行器を使わなければ歩くことも難しい状況でした。

最初の電話を頂いた時に、私の長女も20歳の時に若年性パーキンソン病の診断を受け、一般の方に比べれば病気に対する知識もありますし、私の施術で病気自体が治るわけではないことは当然分かっていただいているのでしょうか、と確認させていただきました。

もちろんそんなことは百も承知で、少しずつ自由の効かなくなっていく自分の体を、少しでも自分の思い通りに動かし続けたいという一心で、私を頼ってきていただけるということでした。

たまたま10年くらい前に、私の初めて書いた本である「朝3分の寝たまま操体法」に出会い、人間の体に対してこんなにも真剣に向き合っている人がいるのかと心に留めていただいたそうです。

今年出させていただいた「1回5分体が喜ぶ健康術」と、「体の痛みを治す寝たまま体操」も全て読んでいただいていて、ご夫婦で工夫しながら体操に取り組んでいただいているそうです。

そんな中、遠隔地ではありますが、直接施術を受け自分で行うやり方を指導して欲しいと思っていただいたのです。

本を書いた人間として、人の体を相手にする施術者として、それ以上にひとりの人間として、これ以上嬉しいことがあるでしょうか。

そして金曜日、本当にここまでくるのは大変だったと思いますが、智志と一緒に精一杯のことをさせていただきました。

ほんのわずかの変化ではあったと思いますが、体の力が蘇り、歩行器につかまりながらではありますが、足取りがしっかりしたような気がすると嬉しそうに話していただけました。

駐車場までお手伝いをして車を見送りながら、これ以上有難いことはないと心から思いました。

4日後の火曜日、お二人から弾んだ声で電話をいただきました、「体が軽く感じます、本当に行ってよかったです。できればまた伺いたいと二人で相談しています」と。

人それぞれ目指す所があり、そこに向かって近づいていくことが成功という言葉になっていくのだと思います。

私はこれまでスポーツ選手や一般の方にかかわらず、こういう一瞬があることで、この仕事を続けてこられたのだと思いますし、もっと良い仕事がしたいと試行錯誤を続けてきたつもりです。

これから先私が考えなければならない方向性は、智志のためにも経営を安定させるという部分は必要になってくると思います。

もう一方で、私の能力を必要としてくれる人たちのために、どうやって応えていくかという問題です。

広島という町が近い人もいれば遠い人もいる、体の問題を抱えた人もいれば、将来に夢を持って「動きづくりのトレーニング」の指導を受けたいと思ってくれている選手もいる、そんな様々な要求に対して私がどういう形で応えていけるのか、一人ではなくなった今、そして自分の年齢を考えた時、そんなにのんびりともしていられないと思っています。

積み重ねてきた小さな有難い出来事を、もっともっと増やしていくことが、私自身にとって、そして誰かのためにという究極の目標を達成するために、やり続けなければならないことだと思います。

これからも頑張りますので、よろしくお願いします。

スポンサーサイト

Trackback

Comment

Post a comment

Secret


プロフィール

Author:西本 直
1993年、Jリーグサンフレッチェ広島を皮切りに、社会人野球三菱重工広島・協和発酵・ヴィッセル神戸・川崎フロンターレ、そして広島カープ佐々岡真司投手など、プロアマ問わず競技レベルのスポーツ選手から一般の方まで、トレーニングやメンテナンスの指導を行ってきました。
その経験と知識の蓄積を「西本理論」としてまとめ、一人でも多くの方に実践していただくことが、これからの私の使命であると信じ、このブログから発信していきます。
私の理論はスポーツ選手のみを対象としたものではなく、ビジネスマンや家庭の主婦まで老若男女すべてに当てはまる不変のものです。
指導や講演のご依頼も受け付けています。
実名でツイッターも書いていますので、チェックしてみてください。
また、2013年9月9日にConditioning Studio 操をオープンしました。こちらもご覧ください。
また、遠隔地にお住まいの方を対象とした動き分析とアドバイスを行っています。
詳細は「スタジオ操」のホームページ内の「遠隔サポート」をご覧ください。
西本塾を深める会を9月10日(日)に開催を予定しています。
詳細はstudio操のホームページ内の「講習会情報」をご覧ください。

最新記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カウンター

検索フォーム

QRコード

QR