2016年忘備録

昨日は振りかえれなかった今年一年を記憶しておくために、改めて記録しておこうと思います。

1月

仕事はじめからJリーグの選手がトレーニングに訪れてくれて、3日間みっちり指導させてもらいました。
故障もあって思ったような活躍は出来ませんでしたが、来年の活躍に期待しましょう。

10・11日と、西本塾生で監督をしている井上さんの招きで、大阪府立旭高校野球部に指導に行きました。
久し振りの野球部の指導に、ワクワクしながらも、自分の時代とのギャップにあぜんとして、厳しい言葉から始まりましたが、選手たちに基本的な体の使い方をしっかり伝えてきました。

2月

西本塾生で名古屋の内田さんの依頼で、27・28の二日間講習会の講師として指導させていただきました。
指導者や選手を相手に、有意義な二日間を過ごせたと思います。
帰り道、奈良に立ち寄り、塾生の植村さんを訪ね、息子さんともども指導をして帰ってきました。

3月

これを忘れてはいけません、「1回5分体が喜ぶ健康術」㈱ガリバープロダクツが発売されました。
残念ながら、重版出来には至っておらず、もっともっと多くの人に読んでもらいたいと願っています。

昨日詳述したとおり、息子智志が、一緒に仕事を手伝ってくれるようになりました。

4月

「体の痛みを治す 寝たまま操体法」宝島社、の写真撮影のため上京、出版社の方、編集会社(㈱G.B)の方、カメラマンさん、モデル(桜めい)さん、メークさんと、丸一日ご一緒させていただき、プロ意識というか仕事に対して一切の妥協を許さない姿勢に、まだまだ自分は甘いなと痛感しました。

この時、等々力競技場で西原雄一さんと一緒に試合を観戦しながら、選手の体の使い方という観点からの解説をさせていただきました。
色々な質問をしていただき、今年の最後にその答えが正しかったことを実際に確認することができました。

6月

「体の痛みを治す 寝たまま操体法」宝島社が発売されました。
コンビニを中心に全国で2万部が売り出されたと聞きましたが、こちらはなんと既に完売してしまい、私も手に入れることができなくなってしまいました。
やはりお手軽な内容というか、難しい理屈はいらないから、写真を見ながら簡単に取り組める健康法の方に、一般の方は目が向くのでしょうね、本当は私の考えを理解したうえで実技に取り組んでほしいのですが。

7月

今年も西本塾番外編として、智志を連れて札幌に行ってきました。
塾生の諏訪さんにはお世話になりっぱなしです。

9月

中高生を対象に、夜7時からのグループトレーニングを開始しました。
こちらから声をかけさせてもらった、高3と中3のサッカー兄妹は、3か月を過ぎ、私の想像をはるかに超えるレベルに成長してくれています。
現在は4人がトレーニングに通ってくれています。

11月・12月

縁あって、月末からの2週間出張で指導を行ってきました。
良い経験をさせてもらったと思います。

もちろんこれら以外にも、一か月おきに開催した西本塾と深める会、そして個人指導の形で広島に来ていただいたたくさんの方々との出会いがありました。

サッカーや野球だけではなく、陸上競技の短距離、そして長距離の選手で福岡のそら君の指導では、智志と二人福岡まで車を走らせたりもしました。

その他、弓道をやっているご夫婦、ウエイクボード、競輪、バドミントン、テニス、トライアスロン、バスケットボール、バレーボール、ペタンク、サーフィンなど等、まったく縁がなかったスポーツをされている方とのご縁もありました。

それらすべてに私が提唱している、人間として持って生まれた能力を余すところなく使えるようにしておく、体の仕組みに沿った使い方をするという、原理原則が例外なくあてはまることを確認できました。

それを開発するためのトレーニングは、体づくりではなく「動きづくりのためのトレーニング」で、「伸kingトレーニング」という言葉に集約されると思います。

もちろん、私のスポーツ活動など知る由もない一般の方々の、体の不調の改善を目的とした施術にも、たくさんの方が通っていただきました。

すべてが改善できたわけではありませんが、私に出来ることはすべてやったと思っています。

手帳をめくりながら一人一人のことを思い出してみると、改めてこの一年も色々なことがあったなと思います。

これまでの経験を、明日から始まる2017年に、そして命ある限り積み上げて行きたいと思います。

今時流行らない、文字ばかりを長々と連ねたブログに、お付き合いいただきありがとうございました。

私の思い、話しておきたいこと、来年も書き続けて行こうと思います。


スポンサーサイト

Trackback

Comment

Post a comment

Secret


プロフィール

Author:西本 直
1993年、Jリーグサンフレッチェ広島を皮切りに、社会人野球三菱重工広島・協和発酵・ヴィッセル神戸・川崎フロンターレ、そして広島カープ佐々岡真司投手など、プロアマ問わず競技レベルのスポーツ選手から一般の方まで、トレーニングやメンテナンスの指導を行ってきました。
その経験と知識の蓄積を「西本理論」としてまとめ、一人でも多くの方に実践していただくことが、これからの私の使命であると信じ、このブログから発信していきます。
私の理論はスポーツ選手のみを対象としたものではなく、ビジネスマンや家庭の主婦まで老若男女すべてに当てはまる不変のものです。
指導や講演のご依頼も受け付けています。
実名でツイッターも書いていますので、チェックしてみてください。
また、2013年9月9日にConditioning Studio 操をオープンしました。こちらもご覧ください。
また、遠隔地にお住まいの方を対象とした動き分析とアドバイスを行っています。
詳細は「スタジオ操」のホームページ内の「遠隔サポート」をご覧ください。

最新記事

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カウンター

検索フォーム

QRコード

QR