不安定の中にこそ安定がある。アイドリング・揺れることの意味。

私がなぜ屈筋ではなく、伸筋の重要性を発信し続けているのか、その一つの答えが今日の記事の表題にあります。

トレーニングイコール肉体の強化、それが体幹であったり太腿の裏側であったり、体の前面の腹筋や胸筋だったりと、とにかく強く大きくということがトレーニングの効果であり、目的だという認識が疑うことのない常識だと思われています。

トレーニングを頑張れば、ケガをしにくい体が手に入る、自分の足らない能力を補ってくれると信じ、一生懸命に取り組んでいると思います。

現在グループトレーニングを行っている4人のなかで、スタート時点ですでに「体づくり」という目的は十分に果たしていたのが高2のY君でした。

高校入学時には細身だったそうですが、チームで取り組まされている筋力トレーニングのお蔭で、入学後の1年間のトレーニングで10キロ強の体重が増加したそうです。

本人の努力は想像を超えるものだったと思います。

当然本来の目的である、彼にとって苦手だったスピードや俊敏性といったサッカー選手にとって大事な能力の向上も期待していたと思います。

ところが彼の期待に反して、動きの改善が図られるどころか、さらに重くぎこちない固い動きとなり、本物のゴリラには申し訳ないですが、ゴリラのような動きと評される、目指した方向性とは全く違うものとなっていました。

言われたことを言われた通り、いやそれ以上に努力したからこそ、チームの誰よりも立派な筋肉を身に付けられたのだと思います。

そういう指導が、本当に人間の動作にとって、サッカー選手としての彼らの能力を向上させるためにプラスになると信じている指導者の側にこそ責任があるのです。

「どうして素早い動きが出来ないのか、どうして柔らかいボール扱いが出来ないのか」、それが自分が一生懸命頑張ってきた「体づくりのためのトレーニング」の一番大きな弊害だと言われたら、彼はどうすればいいのでしょうか。

残念ながら、まさに彼はその悪循環の中に居て、そこから抜け出すことが出来ていません。

後の3人は、幸いなことにゼロからのスタートだったので、私の指導を頭も体もすんなり受け入れてくれ、加えて本来の目的であるサッカ-の動きが向上しているという実感があるため、すべてが良い循環を生んでいます。

ではなぜ体づくりのトレーニングが、私の言う良い結果を生まないどころか、さらに悪い方向へと引き降ろしてしまうのでしょうか。

それは体を安定させてしまうからです。

体が安定するという言葉にマイナスなイメージを持つ人はまずいないと思います。

昨今のマスコミ報道でも、「トレーニングによって体幹が安定したことがフォームの安定につながった」という意味合いの言葉が多く使われています。

それを見聞きする我々の側は、疑うことなくなるほどそういうトレーニングを行えばいいことがあるんだと思わされます。

では、私が求めている方向性とはどんなものなのでしょうか。

我々人間は重力というものが存在する、丸い地球の上に二本の足で立って生活しています。

ここに発想の分かれ道が出来ます。

ひとつは重力に抗して安定を得るために、体を強くするという方向性です。

「どこからでもかかってこい」と言わんばかりの強靭な肉体、押しても引いても倒れない体に鍛え上げようというものです。

これは一見正しいように思いますが、ひとたびバランスを崩されると、あっけないほど簡単に倒れてしまいます、それが重力の中で生きているということです。

対して私が求めていることは、重力の中で二足歩行をしなければならない我々にとって、安定がすべてではなく、不安定をうまく利用し、不安定な中に暮らしているからこそ発揮できる体の能力を磨いていこうという考え方です。

安定を求めて地面を踏みしめ、居着いてしまうのではなく、いついかなる瞬間も前後左右そして上下にと重心を自由に移動させることが出来る状態にしておくことこそ、我々に与えられた最も優れた能力であると考えるのです。

ここ最近の気づきですが、これまで歩く走るの一番の基本となるドリルである「アイドリング」という動作を行ってもらう時、その一番の目的は、おそらくこれまでまったくイメージがなかった、「骨盤を縦に動かす、いや骨盤が縦に動く」という事実を正しく認識してもらうために考えたドリルでした。

今でもそれは変わっておらず、絶対に感じ取ってほしい感覚の一つです。

とくに初心者の方には、しつこいくらいこのドリルの重要性をお話ししています。

そして、さまざまなトレーニングやドリルを繰り返し、実際のサッカーという競技の動作に結び付けて行く中で、このアイドリングという動作から前方への移動までのドリルが、大げさに言えばすべての動作の基本になっているということを確信しました。

このドリルの動きが正確に理解し実行出来ないと、その後のドリルや動作は私の意図している物とは似て非なるものになってしまうということです。

「骨盤を縦に動かす、肩や肩甲骨を縦に揺する」、言葉で言えばそうなるのですが、体の部分ではなく全体が一つの物体として揺れているという感覚まで行かないと、不安定を使いこなすというレベルにはとても届かないことが分かってきました。

人間の体は体重の約60パーセントが水分でできていると言われています。

皮膚という皮袋の中身は60パーセントが水分なのですから、それが気持ち良く揺れてくれなければスムーズで滑らかな体の動きなどできるはずがありません。

残りの40パーセントをいくら力ませたところで、所詮は半分にも満たない存在なのですから。

深めのワイングラスの中に60パーセントの水を入れたところを想像していただき、それをゆったり揺らしたところで中の水がこぼれることはありません。

それを40パーセントが支配してコップを激しく揺らせたとしたら、水はコップの中から飛び出してしまうでしょう。

不安定な地球上に立つ我々こそが、良い意味での不安定さを失うことなく上手に体を操ることこそが、本当の意味での「自らの意図した筋肉の収縮活動を、反復継続して行うことが出来るの能力」と私が定義した技術そのものではないでしょうか。

その不安定さ柔らかさを一番表現してくれるのが、骨盤と背骨だと思います。

棒高跳びのポールは、選手の体重や筋力、そして目的とする高さに応じてグラスファイバーで出来たポールの硬さを変えて使用するそうです。

柔らかくしなやかであれば良いというものではありません。

その選手の求めるレベルに応じた強さが必要なことは当然のことです。

その強さの意味が間違って伝えられているというか、私が間違いだと思っている概念を、世の中のほとんどの人たちが正しいと思ってしまっているという訳です。

不安定を使いこなすためにはそれ相応の筋力が必要となります。

それが骨盤と背骨を操ってくれる、広背筋を中心とした背中の伸筋群です。

そのために、ベンチプレスもスクワットもすべてのトレーニング種目は、背骨を動かすために行うと言っているのです。

それを本当の意味で分かってもらうためには時間がかかります。

頭で理解したつもりだけではまったく意味を成しません、逆に体がトレーニングによって私の求める動きに近づいたとしても、理論的な部分の理解がなければ応用が利きません。

それくらい難しい作業です。

まだ意識が確立されていない中高生だから、継続した指導を受けているからこそ、半年足らずで私の指導を吸収出来たと言えるかもしれません。

彼らが出来たことが他の選手にできない訳がありません。

これまでは「私が出来ることを、君たちが出来ない訳がない」という言い方をしてきましたが、これからは「中学三年生の男女でも出来たことを、君たちができない訳がない、自分が変わりたくない変われないと逃げている言い訳に過ぎない」と言ってやろうと思います。

体全体が揺れているアイドリングから、上半身と下半身をほんの少し捩じってあげることで、重心が移動し前方に進んで行くことが出来ます。

さらにその動きの回転数を滑らかにあげて行けばスピードが上がります。

その後に続く「引っ張り出しのドリル」にも、新しい大きな発見がありました。

この部分はこれまでにない大きな変化だと思います。

トレーニングに通って来てくれる彼らから、次から次へと大きな気付きを与えてもらっています。

それは私の真剣さと、彼らの真剣さが正面から向き合っているからこそのものだと思います。

4月開催予定の西本塾までまだ時間がありますから、まだまだ新しい何かが私の中に湧き出してくれると思います。

私自身がそれらをどう整理して伝えられるか、開催はまだ決定ではありませんが、実現したらきっと面白いものになると思います。

追記
記事の中で下の名前だけですが、実名を使用したため、本人やご家族にご迷惑をおかけすることになってしまいましたことをお詫びします。


スポンサーサイト

Trackback

Comment

Post a comment

Secret


プロフィール

Author:西本 直
1993年、Jリーグサンフレッチェ広島を皮切りに、社会人野球三菱重工広島・協和発酵・ヴィッセル神戸・川崎フロンターレ、そして広島カープ佐々岡真司投手など、プロアマ問わず競技レベルのスポーツ選手から一般の方まで、トレーニングやメンテナンスの指導を行ってきました。
その経験と知識の蓄積を「西本理論」としてまとめ、一人でも多くの方に実践していただくことが、これからの私の使命であると信じ、このブログから発信していきます。
私の理論はスポーツ選手のみを対象としたものではなく、ビジネスマンや家庭の主婦まで老若男女すべてに当てはまる不変のものです。
指導や講演のご依頼も受け付けています。
実名でツイッターも書いていますので、チェックしてみてください。
また、2013年9月9日にConditioning Studio 操をオープンしました。こちらもご覧ください。
また、遠隔地にお住まいの方を対象とした動き分析とアドバイスを行っています。
詳細は「スタジオ操」のホームページ内の「遠隔サポート」をご覧ください。

最新記事

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カウンター

検索フォーム

QRコード

QR