寂しいお知らせです。

今日は3月1日、ほとんどの公立高校は卒業式を迎えたことだと思います。
ここ広島港でも、卒業式に向かう保護者の方の姿がたくさん見られました。

トレーニングに通ってくれているヒカル君も、今日卒業を迎えます。
まだどこへ行くのかは決まっていませんが、4月から始まる新しい環境での生活に胸を膨らませていることと思います。

今日は寂しいお知らせをしなければなりません。
昨日の夜、智志から2月いっぱいで区切りをつけたいという言葉を聞くことになりました。

ご存知の通り、智志は我が家の三男で4人兄弟の末っ子です。
専門学校を卒業後、一般企業に就職しましたが、思ったような環境ではなかったのか、早期に離職してしまい、いわゆるフリーターと呼ばれる生活が続いていました。

それがちょうど1年前、忘れもしない3月3日から、私の仕事を手伝ってくれるようになりました。

もともと私は、自分のやって来たことを誰かに伝えるという事など出来るわけがない、私と同じことを考え実行出来るようになれるわけがないと決めつけ、弟子というか後継者を育てるといことをしてきませんでした。

まだまだ道半ば、自分のことで精一杯で、すべて含めて私の一代限りで終わってしまうことを覚悟していました。

3年半前にここをオープンした時にも、これまでの経験を少しでも還元しながら、あと何年続けられるかわからないですが、細々とでも続けていければという気持ちでした。

しかし、少しずつ欲が出て来て、もうひと頑張りしてみようかなという気持ちになった頃に、智志から父さんの仕事をやってみたいという言葉を聞き、人生でもこれほど嬉しいと思ったことがないというくらい大喜びしました。

智志は広島に移り住んだあと生まれた子供で、物心つく前からスポーツの世界で活躍する私の姿を見て育ちました。
子供ながらに父親の仕事に対しては、憧れというか尊敬に近い感情を持ってくれていたと思います。

何事にもタイミングというものがあると思いますが、昨年の3月という時期は、お互いにとってベストなタイミングだったのかもしれません。

私の仕事はやり方を学べば出来るようになるわけではありません、学校に通って資格を取ったからといって、すぐに実践に役立つ技術を身に付けられるわけでもありません。

私が最初に言ったのは、「3年くらいは父さんのやっていることを見ていろ」という言葉です。
これからは親子としてではなく師弟として、私のすべてを吸収して欲しいと思いました。

昨日までの1年間、楽しいことも辛い出来事も、色々なことがありました。
私にとっては夢の中にいるような一年でした。

そんな中で智志は、私の想像をはるかに超える成長を見せてくれました。
それは単に私の指導だけではなく、西本塾や深める会に参加していただいた皆さんとの交流の中で、これまで経験したことがない様々なことを学ばせていただいたことが大きかったと思います。
このことは改めて皆さんに感謝の気持ちをお伝えしたいと思います。

西本塾で私と過ごした2日間の締めくくりに、感想を述べていただく時間を設けていますが、私という人間に出会い、私の考え方に触れた参加者の方が、涙を流しながら言葉を発してくれている光景は、1月に23歳になったばかりの智志の目にそして心にどう映ったでしょうか。

あっという間に私の技術を身に付け、考え方を吸収してくれました。
ならば何故区切りを付けたいという言葉になったのか、お話ししておかなければならないと思いました。

すべては私の力不足でした。

私はこれまで、とにかく真実を追い求めて来ました。
選手のために何をすることが一番正しいのか、自分は何をどう考え、どんな事が出来るようにならなければいけないのか、試行錯誤しながら妥協を許さず、自分の道を歩んで来ました。

自らを職人と称し、誰にも負けない腕を磨き続けてきたつもりでした。

そんな私に一番足らなかったのが、仕事は生活するためのお金を稼ぐ手段だという当然の感覚でした。
いわゆる経営のセンスというものがまったく欠けていました。

縁あって私に関わった人たちに対して最良の力を発揮したい、ただそれだけでした。
まさに自己満足の極地のような考え方です。

そういうところも含めて、智志は私のことを凄いと思っていてくれたのかもしれません。
しかし、親子とはいえ成人した智志に対してそれなりの報酬を支払うことができなければ、使用者としての責任を果たす事はできません。

恥ずかしい話ですが、現在私のやっている仕事で得られる収入では、智志の能力に見合う報酬を支払う状況にありません。

このままの状況が続けば私に迷惑をかける、親思いの智志はそう思ってくれたのかもしれません。

すでにどこに出しても通用するレベルの技術と考え方を身につけた智志ですが、その能力を生かして収入を得る環境がありません。

1年というこのタイミングで区切りを付けて、私の元を離れ新たな道を模索したいという言葉に、頷くことしか出来ない私は、情けないとしか言いようがありませんでした。

もう少し経営という側面に思いが及んでいたら、智志の能力を存分に発揮できる環境を与えてあげられたと思うと、親として師として責任を痛感しています。

智志は私の後継者として唯一無二の存在です。
もう同じ気持ちで同じ環境で指導できる人間は現れないと思います。

たったの1年間とはいえ、私のすべてを智志に伝えられたことは、絶対に消える事はないと思います。

今の私が、改めて受け入れる準備ができたら帰って来てくれなどと、未練がましい言葉を発してしまうのは、智志に対して失礼だと思います。

ただ私が伝えてきたことを、いつか沢山の人に役立てて欲しいと思います。
それが私がこれまで生きて来たことの証であると信じています。

こんな内輪の話を公にすることには抵抗もありましたが、智志の成長を楽しみにしてくれていたであろう 西本塾生、個人指導や施術を受けてくださったたくさんの皆さんに、何の挨拶もなく智志の存在がここから消えていくことは申し訳がないと、恥を忍んで書かせていただきました。

智志が悪いところはまったくありません、父として師として経営者として、私の力不足が今回の結果を生んでしまいました。

なによりも1年間頑張ってくれた智志に申し訳ない気持ちでいっぱいです。

今朝智志には、もう仕事としてではなく、続けてきたトレーニングをしにきてくれるも良し、智志が指導をしてくれた、今月いっぱい続く子供たちのトレーニングに付き合ってくれるということでもいいから、ここに足を運んで欲しいとお願いしてきました。

元々すべてを一人でやってきた私です、今更こうなったからといってジタバタしても仕方がないことは承知しています。

それでもやはり寂しいです。
こんな状況を作ってしまった自分が情けないです。

当然ですが、父親として智志のこれからを応援したいと思います。

スポンサーサイト

Trackback

Comment

Post a comment

Secret


プロフィール

Author:西本 直
1993年、Jリーグサンフレッチェ広島を皮切りに、社会人野球三菱重工広島・協和発酵・ヴィッセル神戸・川崎フロンターレ、そして広島カープ佐々岡真司投手など、プロアマ問わず競技レベルのスポーツ選手から一般の方まで、トレーニングやメンテナンスの指導を行ってきました。
その経験と知識の蓄積を「西本理論」としてまとめ、一人でも多くの方に実践していただくことが、これからの私の使命であると信じ、このブログから発信していきます。
私の理論はスポーツ選手のみを対象としたものではなく、ビジネスマンや家庭の主婦まで老若男女すべてに当てはまる不変のものです。
指導や講演のご依頼も受け付けています。
実名でツイッターも書いていますので、チェックしてみてください。
また、2013年9月9日にConditioning Studio 操をオープンしました。こちらもご覧ください。
また、遠隔地にお住まいの方を対象とした動き分析とアドバイスを行っています。
詳細は「スタジオ操」のホームページ内の「遠隔サポート」をご覧ください。

最新記事

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カウンター

検索フォーム

QRコード

QR