故障をさせない工夫

慢性的な要素が大きい故障と、アクシデントによるケガはまったく別物だと思います。

それがまったく同じもののように扱われて、あのチームはケガが多い、あの選手はケガが多いというような言われ方をしてしまいます。

アクシデントによるケガは、基本的に相手との接触によっておこるものを指します。

慢性的な要因による故障は、筋肉の炎症や肉離れ、腰痛や首の寝違えなどをこちらに分類します。

ただ、アクシデントと言っても、本来その選手の動きがもっと良ければ、うまくかわすことができたとか、瞬間的な動作によって起こった肉離れが、本人の管理不足なのか、アクシデントなのか、難しい部分もあります。

それでも、ここまで準備しておいたのだから、このアクシデントは仕方がないと自他ともに認められるような自己管理ができていたのなら話は違います。

きちんと準備をしていなければ、起こるべくして起こったと言われても仕方がない場合もあります。

ですから私の仕事としては、与えれた環境の中で、どれだけの準備をさせるかということに尽きると思います。

通算7シーズン関わらせてもらった社会人野球のチームでは、もっともそれが理想に近い形で行えた例だと思います。

プロのチームのように、ケアを行うスペースもスタッフもほとんどいない状態で、いても一人というチームがほとんどです。

午前中はそれぞれ会社員として働き、昼食を取った後にグランドに集合して練習が始まるという環境です。

プロチームのように、練習開始より早くグランドに来て、クラブハウスで風呂に入って体を温め、トレーナーからマッサージを受け、自分でストレッチや軽い負荷でトレーニングをして、万全の状態で練習に臨むなどということは不可能なのです。

そうなると、練習最初のウォーミングアップは、もっとも重要なメニューということになります

一昔前の社会人野球は、全員でグランドを何周かして、全員で軽く体操をしたり、各自が思い思いに体を動かして終わりという、なんとも意図の見えないことが当たり前のように行われていました。

野球は試合時間は長いですが、一つのボールに対している当事者が行うプレーは短い時間で、まさに瞬発力が要求される、静から動のスポーツです。

そのプレーを行うために、さらに長時間にわたって続く練習に備えるために、まったく対応できていないと考えました。
これではケガをしても仕方がないと思ったのです。

そこで、約50分間の時間をかけ、ウォーミングアップとトレーニングをミックスした内容のメニューを作り上げました。

もちろん全員に同じ動きを要求します。

手を抜く選手に対しては厳しい姿勢で臨みました。

50分間のメニューの中身は、内容も順番も考えつくして作ったもので、どれかを省くこともできないし、それ以上加える必要もなく、それさえしっかりやってくれれば、そのあと行われる練習に対して何の不安もなく全力で取り組むことができると、選手たちに納得させて行いました。

それでも何かあったら、あとはしっかり面倒を見るから思い切ってやってくれということです。

またこれを続けることで、身体能力の向上も図ることができ、一石何鳥の効果があるとも言いました。

長時間の練習のため、間食にバナナとオレンジジュースを支給して、練習に集中できるようにもしました。

そして最も重視したのは、練習の後に全員で行うパートナーストレッチです。
これは先輩後輩関係なく、二人一組になって行うストレッチです。

約15分をかけ全身くまなく丁寧に伸ばしていきます。

ここまで行っているチームはおそらくどこを探してもないと思います。

お互いに行う方と受ける方が交替しますので、体の仕組みを自然と学ぶことができます。

限られた人数で活動しますので、お互いの信頼関係が築け、チームの連帯感を高めることにもなって行きました。

私が関わっている間には、慢性的な要因の筋肉の故障はほとんどなかったと思います。

自分の体は自分で守るという意識と行動が、ケガや故障を少なくする最も大切なことなのではないでしょうか。
スポンサーサイト

Trackback

Comment

Post a comment

Secret


プロフィール

Author:西本 直
1993年、Jリーグサンフレッチェ広島を皮切りに、社会人野球三菱重工広島・協和発酵・ヴィッセル神戸・川崎フロンターレ、そして広島カープ佐々岡真司投手など、プロアマ問わず競技レベルのスポーツ選手から一般の方まで、トレーニングやメンテナンスの指導を行ってきました。
その経験と知識の蓄積を「西本理論」としてまとめ、一人でも多くの方に実践していただくことが、これからの私の使命であると信じ、このブログから発信していきます。
私の理論はスポーツ選手のみを対象としたものではなく、ビジネスマンや家庭の主婦まで老若男女すべてに当てはまる不変のものです。
指導や講演のご依頼も受け付けています。
実名でツイッターも書いていますので、チェックしてみてください。
また、2013年9月9日にConditioning Studio 操をオープンしました。こちらもご覧ください。
また、遠隔地にお住まいの方を対象とした動き分析とアドバイスを行っています。
詳細は「スタジオ操」のホームページ内の「遠隔サポート」をご覧ください。
西本塾を深める会を9月10日(日)に開催を予定しています。
詳細はstudio操のホームページ内の「講習会情報」をご覧ください。

最新記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カウンター

検索フォーム

QRコード

QR