私の生き方にこそ固定概念があったのかもしれません。

昨日は育成年代の子供たちのサッカーチームの指導の手伝いに行って来ました。

指導と言ってもサッカー経験のない私に出来ることは、『体の使い方』ということに絞られます。

指導の中で今まで使ったことのない言葉がまた出て来ました、ボールを扱う技術ではなく、『体を操る技術』と言う概念を持って欲しいということです。

実際には体を操る技術こそがボールを操ることそのものなのですが、ボールを思ったように扱えるという技術、具体的にはリフティングやドリブル、止めて蹴るという基本動作が技術そのものだという認識になっていると思います。

世間一般ではそう思われている中、昨日行ったのは、私の考え方に共感し、西本塾にも参加してくれて指導に取り入れてくれている人間が指導してくれている数少ないチームですから、選手たちがどんな動きを見せてくれるのかとても楽しみにしていました。

限られた時間の中ですから、普段行なっている練習を見学させてもらい、気になることがあればコーチに話をして指導に活かしてもらうというスタンスで臨んだつもりでした。

それがせっかく私が来てくれたのだから、この際いろいろなことを直接指導してもらおうと、ほとんどの時間私が動き回って指導させてもらうことになりました。

私ももちろんその気があって、ちゃんとサッカーシューズを履いて行きましたが(笑)

もともと間接的に私の考えが伝わっているはずの選手たちでしたが、直接指導させてもらえるとなると、ついつい力が入り色々な事をやってもらうことになりました。

体の使い方を説明したり、うまく表現してくれている選手を見つけてお手本にしたりと、グランド全体を動き回り、出来る限り一人一人に声をかけて指導しました。

私自身も変化を感じましたが、普段指導しているコーチたちの目にも、短時間でどんどん変化していく選手の動きに驚きを隠せないようでした。

指導の内容は別として、今回自分の中に大きな変化を感じました。

今回はあくまでも見学者であって、もし指導をすることがあったとしてもボランテイアとしての立場での指導となります。

こういう指導はまさに私の仕事ではありますが、今回は仕事抜きの訪問でした。

私は仕事に対して常に結果責任を感じながら行なっています。
たとえ短時間であっても、その場限りの指導であっても、ただその時間を指導したという感覚にはなれません。

なんとか理解させたい出来るようにしてあげたいという気持ちが強く、時には厳しい言葉も発することもあります。

これまで関わって来た選手やチームを勝たせるという、唯一無二の命題を達成するためには、一切の妥協を許さず、すべてをかけて取り組んで欲しい、もちろん私自身が選手たち以上にその気持ちを強く持ち、表裏のある生活を送る訳にはいかなかったのです。

これが私の言う、『与えられた役割を演じる』という生き方でした。

この考え方の元となったのは、初めてプロの組織に飛び込んだ24年前、これがプロのサッカー選手かというお手本というか大きな影響を受けた、現在監督をしているある選手でした。

あえて名前は出しませんが、自分の専門分野では、この選手と対等以上な立場でケアをしトレーニングを指導しなければならないと考えた時、私の中での一切の妥協は消え去りました。

組織の一員であるという意識を持つこともなく、ただ目的のために最善を尽くすのがプロだと、最初に思い込んでしまったことが、その後のトレーナー人生にとって本当に良かったのかどうか、今では比較することもできません。

そういう自分を演じなければならない、そう思い込んで来ました。

昨日の私は、育成年代の子供たちと、呼んでくれた指導者のために、どんな私を期待されているのか、そんな私を演じていたのかもしれません。

それがなぜだかわかりませんが、そこへ向かう車の中から、指導している2時間という時間、そして家路を急ぐ20分の間も、とても心穏やかで心地良いのです。

こんな感覚は初めてだったかもしれません。

商売が下手だと言われ続けてはいますが、商売抜きで誰かのためにという感覚は私にはなかったかもしれません。

これまで作り上げて来た理論と実践を、安売りする訳にはいかないし、指導するに値する対象でなければ、本気になることもありませんでした。

それでも手を抜くなどという考えはないので、常に全力投球でとりあえず自己満足だけは出来る指導をして来たつもりでした。

昨日の私は声を荒げるどころか、ダメとか違うとか否定的な言葉もおそらく一度も使っていなかったと思います。
かと言ってダメなものに対して、適当な言葉で対処したつもりもありません。

実に自然に、選手達にとって分かりやすい言葉を選び、明るく大きな声で話しかけ、上手くいけばもちろん褒めと、自分はこんなことができる人間だったっけと、帰りの車中でほくそ笑んでしまいました。

指導することが楽しいと思ったことがこれまであったのかとも思いました。

すべては結果のため、何としても選手たちをこのレベルにまで引き上げなければと、必死にそういう私を演じてきたのだと思います。
と言うよりも、私自身がそう言う人間なのだと思い込んでいました。

年齢なりに少しずつ角が取れて丸くなってきたと言う言い方もできるかもしれません。
昨日の私も与えられた役を演じていただけなのかもしれません。

でもその役を演じることがこんなにも心地良いと感じられたのなら、本当の私はこっちだったのかもしれない、そんな風にも思いました。

これまでの私は、私自身が一番嫌う固定概念の中で、思い煩っていただけなのかもしれません。

どちらにしても、まだまだこれからの人生を歩んでいく中で、自分はこう言う人間なんだと決めてかかることはやめようと思いました。

信頼し指導を受けてくれる選手や、体の不調を訴え施術を受けてくれる人たちのために、私がどんな役を演じれば良いのか、それが自然に演じられてこそ、これまでの経験がお役に立てる一番の方法だと思います。

『人間の体を自分が思ったように操る』、言葉で言うのは簡単ですが、これほど難しいことはありません。

そこに少しでも近づくための方策を身に付け、指導するためには、やはり現場に足を運ばなければダメだと思いました。

目の前で動きをやって見せ、選手の動きや表情を観察し、どのタイミングでどんな言葉をかけてあげればこちらの意図が伝わるのか、本当に良い経験をさせてもらいました。

そしてそれが上手く伝わった時、本人はもちろん見ているすべての人がはっきりと感じられる変化を引き出せる、私の能力もなかなかのものだ思いました。

毎日接する立場ではないからこそ、責任ある立場ではなかったからこその気楽さもあったと思います。

でもこの感覚で接することこそが、選手たちのためにベターなものだったとしたら、どんな立場で指導を依頼されても、今回のような気持ちで接することは大事なことなのでしょう。

私の本性はどこにあるのか、そんなことはもうどうでも良いことなのかもしれません。

これからも、どんな役でも演じられるように、しっかりと自分自身を高めていこうと思います。

スポンサーサイト

Trackback

Comment

Post a comment

Secret


プロフィール

Author:西本 直
1993年、Jリーグサンフレッチェ広島を皮切りに、社会人野球三菱重工広島・協和発酵・ヴィッセル神戸・川崎フロンターレ、そして広島カープ佐々岡真司投手など、プロアマ問わず競技レベルのスポーツ選手から一般の方まで、トレーニングやメンテナンスの指導を行ってきました。
その経験と知識の蓄積を「西本理論」としてまとめ、一人でも多くの方に実践していただくことが、これからの私の使命であると信じ、このブログから発信していきます。
私の理論はスポーツ選手のみを対象としたものではなく、ビジネスマンや家庭の主婦まで老若男女すべてに当てはまる不変のものです。
指導や講演のご依頼も受け付けています。
実名でツイッターも書いていますので、チェックしてみてください。
また、2013年9月9日にConditioning Studio 操をオープンしました。
また、遠隔地にお住まいの方を対象とした動き分析とアドバイスを行っています。
詳細は「スタジオ操」のホームページ内の「遠隔サポート」をご覧ください。
「第25回西本塾」を11月18・19日の土日に開催を予定しています。
詳細はStudio操ホームページ内の「講習会情報」をご覧ください
尚、深める会も12月10日に予定しています。

最新記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カウンター

検索フォーム

QRコード

QR