想いは届いていました、それもこんな遠くまで!

今日は朝からバスとアストラムラインを乗り継ぎ、広域公園にサッカーを観戦に行ってきました。

まずは午前中、11時から女子サッカーの試合、地元『アンジュヴィオレ広島』『静岡産業大学磐田ボニータ』戦です。

監督が今年から変わり、私がヴィッセル神戸に在籍していた当時選手だった『東博樹』君が就任していましたので、どんなサッカーを見せてくれるのかも楽しみにしていました。

女子サッカ-を生で見るのは初めてでしたが、やはり男子に比べると個人の身体能力も基本的な技術も少し違っているので、監督の采配というか戦術が大きく勝敗を分けるような気がしました。

昨年負けが続き下部リーグに降格してしまったので、圧倒的な強さで勝ち点を重ね1年で上のリーグに復帰して欲しい所ですが、そう簡単にはいかないようでした。

私がもし力を貸してくれと言われたとしたら、色々やらなければならないことがたくさんありそうでしたが、選手の能力を引き出す戦術があっての個人の能力であることは間違いない訳で、やはり信頼できる監督のサポートをするというのが、私の能力を活かせるカギだとも思いました。

そして2時から、隣のメインスタジアムに移動して、『サンフレッチェ広島』対『ジュビロ磐田』戦を見ました。

こちらも、現役時代の雄姿を良く知っている『森保一』対『名波浩』という、当時の日本を代表するMFどうしの監督対決にも興味がありました。

今日は動きがどうの個人の能力がどうのはさておき、低迷するサンフレを何とか応援しようと、家内と三男の3人で応援しました。

結果は0対0のスコアレスドロー、試合内容も正直見ごたえがあったとは言いづらく、危ないシーンの方が多かったのですが、とにかく全員が一生懸命戦っている事だけは伝わってきました。

とくに1トップに起用された『皆川選手』は、前節に続いてのスタメンだったので、とにかく体を張ってという表現がぴったりで、必死にボールを追いかける姿が印象的でした。

森保監督には1年でも長く、新しいスタジアムが完成するまで監督を続けて欲しいと思っていますが、厳しい経営環境の中、思ったような選手補強も出来ない中で、こういう苦しいシーズンもあると思います。

直接手伝いが出来ないことが残念ですが、どんな形でも彼のために出来ることがあればと言う気持ちを持っています。

帰りは、息子智志の車で帰ってきました。

智志は現在青山選手のパーソナルトレーナーを務めていますので、関係者駐車場にも入ることができるのです。

おかげで家内と二人、後部座席に乗せてもらい、お客さん気分で運んでもらいました。

智志と青山選手のことは改めて許される範囲で書いてみたいと思います。

さて今朝目が覚めた時のことです。

メールをチェックすると、ブログのコメントが届いていました。

眠い目をこすりながら読んでみると、いっぺんに目が覚め老眼鏡をかけてしっかりと読み直しました。

昨日の記事に対して、温かい応援のメッセージが書かれていました。

コメント欄ではなく、記事として紹介させていただきますので、読んでください。

 西本さん、はじめまして、海外在住の野村と申します。
 欧州のスロベニアという小さい国にかれこれ20年以上住んでいます。

 二年ほど前でしょうか、木崎さんの記事をきっかけにこのブログに巡り会い、「この人は本物だ」と一番初めから読み始め、広背筋、骨盤の構造、肩甲骨、フライングバック、伸筋、動きづくり、などなど学ぶことも多く、マイケル・ジョンソンの走りかたがいいとあればビデオを探して子供と一緒に見たり、その後は毎日、(文字通り毎日です)ブログの更新をチェックしています。

 子供は今10歳、やはりサッカーをしています。
 ちゃんと背中を使えていると思っているので、特別に西本理論のトレーニングをしているわけではありません。
 でも悪い癖がでてきたりしたら定着する前に直してしまうつもりで見ています。

 西本塾に参加するにはちょっと遠ぎるので、西本さんの文章や参加者の感想から、塾の内容を一生懸命想像して学んでいます。

 自分の子供だけでなく、他の子供たちの動きも動きづくりの観点からみていますが、外国人でも(ここではうちの子が外国人ですが)ぜんぜん背中が使えていない選手はたくさんいます。

 姿勢の悪さが弱点になってると思う子供にときどき、「こうやったらもっと速く走れるよ」「もっと強く蹴れるよ」と教えてあげることもあります。
 だいたいその時は見違えるほどよくなっても、定着せず数日もすると元に戻ってしまいます。
 親でもなく、コーチでもない立場の限界ですね。
 でもそのダメな子ではなく、そばで見ている子が目をキラキラさせて一緒にやってみたり、その場で吸収してしまうこともあります。
 やっぱり上手くなりたい、と本気で思っている子供が一番伸びるようです。

 いろんなコーチの指導を見ていて、現役時代にユーゴ・リーグなどで活躍した指導者はみな、他の人より「頭を上げろ」ということに気づきました。
 姿勢が良ければ体を動かすうえでアドバンテージになるだけでなく、まわりの状況がよく見えてよりよい判断ができる、いい選手になる条件なんですね。

 今回の更新で、「私の存在も指導理念も世の中に逆行して広まって行きません。」と書いてありますが、こんな遠くまで届いてますよ、と励ましになればと、勇気をだしてコメントします。

 これからもずっと読みつづけます、どうぞよろしく。


遠く欧州のスロベニアと言う国にお住いの野村さんと言う方から頂いたものですが、私の愚痴など自分で自分の世界を狭くしていたのだと恥ずかしくなりました。

誰の為に、誰に伝えるために書いているのではない、自分が言いたいこと言わなければならないことを書いているのだから、他人の評価は気にしないと言っておきながら、きちんと評価してくれない、良いものは良い、正しいものは正しいと世の中に広まって欲しいと、全く矛盾していることを言っているんですね。

自分にとって心地よい言葉が聞こえてこない、私の理論が評価され指導の範囲が広がって行かないことにも、少しいらだちさえ感じていたのかもしれません。

そのことを感じ取っていただいたのでしょうか、私のブログを熱心に読んでいただき、ご自分のお子さんや、その周りの子供たちにまで、私の考えに沿ったアドバイスをしていただいたり、目の前にいる私たちから見れば外国人選手の体の使い方が、私の言うところのその部分と実際にどう違うのかをしっかり見て頂いていました。

嬉しいやら有難いやら、朝からとてもハイな気分で一日が始まりました。

文章の中で興味深かったのは、「海外の子供たちの中でも背中を使えていない」という部分です。

私も昨年末この目で見て確信しましたが、彼らは遺伝的に我々日本人に比べて間違いなく広背筋の機能は発達していると思います。

ところがそのことがあまりにも当たり前すぎて、意識して使えていないということも事実のようでした。

一流と言われている選手たち、さらに超一流と呼ばれる選手たちは、間違いなく背中の使い方が上手です。

ただそれは意識してと言うレベルではなく、まさに当たり前のことで、しかもどんな状況においてもそれが崩れることなく発揮され続け、その結果正しい姿勢が維持されているということです。

そうでない選手は、正しく使えるにもかかわらず、意識して屈筋を使うことで体を固くし無駄な力を使い、腰が落ち背中を丸めた前傾姿勢になっているということです。

我々は機能的に発達していない広背筋に働きかけ、本来の機能を発揮してもらえるように準備しておくことはもちろんのこと、どんな状況下でもその機能が失われないように意識付けすることで、海外の選手に十分対抗できると考えたのです。

お子さんはスロベニアのお生まれだとしたら、言葉を覚えることと同じで、周りの子供たちがやっている動きをみて、自分のそれが出来ることが当然だと、自然に思えるように育っているのではないでしょうか。

これも実際にそういう環境で生まれた子供を育てた父親から聞いた話で、私にとっては想像でしかありませんが、それほど間違いない発想だと思います。

仰る通り、いわゆる伸びる子供と言うのは、自分に対してではなく他者に対するアドバイスにも耳を傾け、自分に置き換えるというか、そのままではなく取捨選択して自分のものにしていく能力が高いと思います。

「素直な子は伸びる」と言いますが、素直にハイハイではなく、取捨選択と言う能力が一番大切な能力だと思います。

そのためにはどんなアドバイスにも素直に耳を傾けるという素直な姿勢が大切なことは言うまでもありません。

姿勢の問題は結果論ではなく、次の行動に素早く移行できる準備の姿勢だと思います。

その意味で、「頭を上げろ」という言い方は、ワンポイントアドバイスとして的確なものだと思います。

西本塾に関しても、流石に広島まで来て参加してくださいという距離ではありません。

だからこそブログの内容や受講してくれた人たちからの感想は、何ものにも勝る副読本になっているのでしょう。

西本塾も不定期開催となり、次の予定も立てていませんが、野村さんから頂いたコメントは、私にとって何よりの力になりました。

是非次回の開催も検討したいと思います。

私の考え方に賛同していただける方もあれば、批判的な意見をお持ちの方もあると思います。

それは当然のことで、私がどうこう言うことではありません。

ただこうして、私の言葉に真剣に耳を傾け、勇気づけるような言葉をかけてくださる方が実際にいて、もしかしたら他にもいるかもしれない、それも広島だ日本だではなく、ネットを通じて日本語の読める方なら、地球上のどこにいても私の存在や考え方に触れることが出来ていることが分かり、もうこれ以上嬉しいことはありません。

ブログの最後の所に拍手の数が出たり、その日の閲覧者数も分かりますが、気にしないと言いながらやはり数字を気にしてしまうのも正直なところです。

私に直接出会うことが現実として不可能な方にも、このブログこそが直接的なつながりでなくて何なのかと思わせて頂きました。

これからも自己満足と他者に対してのメッセージという両面を意識しながら、力むことなく私の思いを綴って行こうと思います。

野村さん、本当にありがとうございました。

直接お会いしてお話しできる機会はないとは思いますが、この数年の私の周りで起こる様々な出来事を想うと、「願いは叶う」という言葉がぴったりです。

私の体がバリバリに動ける間に、奇跡が起こることを願います。

もう一度言わせてください、ありがとうございました。

スポンサーサイト

Trackback

Comment

Post a comment

Secret


プロフィール

Author:西本 直
1993年、Jリーグサンフレッチェ広島を皮切りに、社会人野球三菱重工広島・協和発酵・ヴィッセル神戸・川崎フロンターレ、そして広島カープ佐々岡真司投手など、プロアマ問わず競技レベルのスポーツ選手から一般の方まで、トレーニングやメンテナンスの指導を行ってきました。
その経験と知識の蓄積を「西本理論」としてまとめ、一人でも多くの方に実践していただくことが、これからの私の使命であると信じ、このブログから発信していきます。
私の理論はスポーツ選手のみを対象としたものではなく、ビジネスマンや家庭の主婦まで老若男女すべてに当てはまる不変のものです。
指導や講演のご依頼も受け付けています。
実名でツイッターも書いていますので、チェックしてみてください。
また、2013年9月9日にConditioning Studio 操をオープンしました。こちらもご覧ください。
また、遠隔地にお住まいの方を対象とした動き分析とアドバイスを行っています。
詳細は「スタジオ操」のホームページ内の「遠隔サポート」をご覧ください。
西本塾を深める会を9月10日(日)に開催を予定しています。
詳細はstudio操のホームページ内の「講習会情報」をご覧ください。

最新記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カウンター

検索フォーム

QRコード

QR