現在の環境下でもリハビリトレーニングの指導は出来るようです。

スポーツトレーナーという仕事の内容は、まさに多岐に渡ります。

その仕事の中でも、ケガをした選手を復帰させるためのリハビリトレーニングは大きな仕事の一つになります。

チームに所属していた時にはほぼ毎日一緒にいるわけですから、練習中にせよ試合中にせよ、どんな状況でケガをしてしまったのかということは、目の前で見ていることがほとんどです。

また選手の平常時の動きや身体能力といったことも把握できています。

新人や移籍してきた選手の場合は、それがまだきちんと把握できていないこともありますが、条件としては毎日接することができるので、復帰へのシナリオも描きやすかったと思います。

そんな環境の中で仕事をさせてもらっていたので、私が担当した選手は、元のレベルにしっかり戻してあげることができたと思います。

それが今また、過去に経験してきたようなリハビリトレーニングを依頼されることがあるとは思っていませんでした。

20年以上も前、主力選手のアキレス腱断裂からの復帰を目指すトレーニングを担当した時、クラブには同じようにアキレス腱断裂をした一般の方から、私にリハビリの指導をして欲しいという問い合わせがあったそうです。

もちろんチームの仕事で手一杯なことは分かっていますから、クラブの担当者も丁重にお断りしたようで、私には後日談として伝わってきました。

私自身はそんな大ケガをしたことはありませんが、普段運動不足のお父さんが、子供さんの運動会で張り切って、アキレス腱を断裂したなどという話はよく聞かれる話です。

ただその後のリハビリに関しては、医療機関でしっかり指導を受け、日常生活はもちろん、スポーツに親しんでいた人たちも、ちゃんと元のスポーツ活動に戻っているものだと思っていました。

私が担当するのはチームの選手たち、医療機関が担当するのは、当然そこを訪れた患者さんたちということになります。

両者の間には少しだけ違いがあると思います、リハビリトレーニングのゴールというか、元のレベルが違うということです。

トップレベルのプロスポーツ選手としての動きを取り戻し、戦いの場に戻ってはじめて復帰したと言える競技スポーツ選手と、最低限自分の日常生活に支障がないところまで戻すことが目的となる一般の方という意味です。

一般の方と言っても、まさに色々な状況の方がいるわけで、アマチュアレベルとはいえ真剣にスポーツに取り組んでいる人もたくさんいます。

プロの選手でもそうですが、一般の方の場合大きなケガをすると、そのことがきっかけでスポーツを離れてしまうことが多いようです。

私は与えられた環境の中で、1日でも早く確実に復帰させることを目的に、ありとあらゆることを考え、選手と一緒に頑張ってきました。

教科書的な考え方で、手術の内容に応じてカレンダー通りにメニューを進めていくという発想はありませんでした。

今思い出してみると、リハビリの進行度合いについて、チームドクターから具体的な指示を受けた記憶がありません。

けっして無視していたとか、連絡体制が不十分だったという訳ではなく、きちんとした処置をしていただき、あとは日々接している私が責任を持って任されていたということだったと思います。

今スポーツトレーナーと言う仕事が確立されて、プロという組織の中には必ず配置されていると思います。

そんな中で行われるリハビリトレーニングですが、ケガをした選手が全員きちんとした形で復帰できているかといえばそうではありません。

今日はそのことがテーマではなく、今の私が対応できる相手、ここに通ってきてくれることが前提の選手に限定した話となります。

ケガをしてしまうことに、年齢も性別も関係ありません、スポーツの種目によって受傷しやすい体の部位が決まっているということはありますが。

中でもサッカー選手の場合多いのが膝の関節部分のケガです。

靭帯の損傷や断裂、半月板の損傷、新聞のスポーツ欄にはJリーグの選手が、これらのケガをして全治何ヶ月と、毎日のように載っています。

統計は分かりませんが、プロアマ問わず膝のケガで手術が必要な選手は、1年間でどれくらいの数になるのでしょうか、おそらく相当な数になると思います。

そんな選手たちを待ち受けるのが、医療機関での手術であり、その後のリハビリということになります。

どの医療機関でも手術が出来るわけではありませんので、設備が整い同じような部位の手術を数多く手がけた医師に、依頼することが多いようです。

そのことが専門性を高め、膝の手術なら〇〇病院の〇〇先生が良いよと言う評価に繋がって行きます。

医療機関には理学療法士という専門職がいて、リハビリの指導をしてくれるのですが、日本の医療制度の中で、私が選手にしてあげた内容と時間を、一人の患者さんにかけられるかといえばそれは無理なことです。

申し訳ない言い方になりますが、それはある意味仕方がないことで、日常生活に復帰させることがゴールであることに満足はできなくても、それ以上を望むことはできないことだと思います。

いつものように前置きが長くなりましたが、そんな中の一人が手術前のトレーニングから、復帰までの指導をしてほしいという依頼を受けました。

私の元を訪れたのは昨年の11月、10月にサッカーのプレー中に前十字靭帯断裂という大ケガをしてしまい、学校の関係で12月に手術を受ける予定が決まっていた中学2年生の女子選手でした。

靭帯の再建術を自己移植で行うということで、前述のように一般的な過程をたどれば、おそらく彼女が望ような、復帰後改めて大きな目標に向かってサッカーを続けるという結果にはならないだろうということは想像できました。

とはいえ、チームに所属していた時のような、選手とトレーナーと言う関係ではありませんから、あの時と同じように彼女を復帰させる自信があるかと言われれば、安易に請け負える仕事ではありませんでした。

私の指導を受けるためにはお金もかかることですから、毎日来てもらうという訳には行きません。

1ヶ月に一度程度の頻度で来てもらい、次の1ヶ月の間にやってもらうことを指導すると言うことになりました。

そんな関わり方ですから、正直どこまでの結果に持っていけるのか約束できないことは、最初にお断りしました。

まずは手術のために入院する前の術前トレーニング、これが実はとても大事なのです。

長期間の入院となりますので、それだけで筋力は落ちてしまいます、元々の筋力がある方ではなかったと思うので、ここである程度の筋力をつけさせることは、退院後のトレーニングに大きな違いが出てきます。

さらには、トレーニングの方法を知っておいてもらえば、術前と術後はほぼ同じメニューから始まるので、一石二鳥となります。

その後、退院して指導が始まりましたが、本人は勿論、付き添ってくるお母さんも、私の話を真剣に聞き、指導するトレーニングをしっかり覚えて帰ってくれました。

術後半年が過ぎ、来月の練習復帰に向けて順調に回復してくれています。

おかしな言い方になりますが、これは私にとって想定外の素晴らしい成果が現れています。

先日最後のチェックのために来ていただきましたが、私のオクタントトレーニング(OTT)で全身の関節の連動性を確かめましたが、初めてのOTTにも関わらず、これが現在中3の女の子かと思わせるほどのしっかりとした力強さと、関節の可動域の連動を見せてくれ、本当に驚きました。

その後屋外に出て、走ると言う行為の体の使い方を指導し、ボールを蹴ることも行ってもらいましたが、これなら半月後からチームの練習にも少しずつ入っていけると確信しました。

靱帯断裂の大ケガから、月に一度の指導で、ここまでしっかり回復できたのは、本人の努力としか言いようがありません。

毎回指導したことを、自宅で真剣に継続してくれなければ、これほどの効果があったとはとても思えません、それくらい毎回の変化は大きなものでした。

私の指導のモットーである「ケガする前より逞ましく」この言葉がぴったり当てはまりました。

半年前より体は一回り大きくなり、表情も自信に満ちていると言うか、もう少しで大好きなサッカーが思いっきりできる、それも半年前の自分以上に動ける体を手に入れたわけですから、どんな動きができるのだろうとワクワクしないはずがありません。

1週間の遠隔サポートでも、大きな変化をもたらすことができるという自信もできましたが、こんな形のリハビリトレーニングの指導でも、期待以上の効果を発揮できるという新たな発見というか経験をさせてもらいました。

すべては本人の、絶対に復帰したいという強い気持ちと、私の指導を信じて継続するという覚悟があったからだと思います。

お母さんからの紹介で、高校生男子のリハビリも継続中ですが、現在の医療制度に不満を言っても仕方がないことで、何としてもという気持ちさえあれば、私がお役に立てるということが分かりました。

どんなことを頼まれても、その信頼に応えるために全力を尽くす、そのスタンスを守り続けて一人でも多くの方のお役に立ちたいと思います。


スポンサーサイト

Trackback

Comment

Post a comment

Secret


プロフィール

Author:西本 直
1993年、Jリーグサンフレッチェ広島を皮切りに、社会人野球三菱重工広島・協和発酵・ヴィッセル神戸・川崎フロンターレ、そして広島カープ佐々岡真司投手など、プロアマ問わず競技レベルのスポーツ選手から一般の方まで、トレーニングやメンテナンスの指導を行ってきました。
その経験と知識の蓄積を「西本理論」としてまとめ、一人でも多くの方に実践していただくことが、これからの私の使命であると信じ、このブログから発信していきます。
私の理論はスポーツ選手のみを対象としたものではなく、ビジネスマンや家庭の主婦まで老若男女すべてに当てはまる不変のものです。
指導や講演のご依頼も受け付けています。
実名でツイッターも書いていますので、チェックしてみてください。
また、2013年9月9日にConditioning Studio 操をオープンしました。
また、遠隔地にお住まいの方を対象とした動き分析とアドバイスを行っています。
詳細は「スタジオ操」のホームページ内の「遠隔サポート」をご覧ください。
「第25回西本塾」を11月18・19日の土日に開催を予定しています。
詳細はStudio操ホームページ内の「講習会情報」をご覧ください
尚、深める会も12月10日に予定しています。

最新記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カウンター

検索フォーム

QRコード

QR