夢先案内人、頑張っています!

日本全国どこへ行っても涼しい場所などないのではというほどの、うだるような猛暑が続いています。
ここ広島でも、夜もエアコンを付けたままでないと寝られない日が続いています。

そんな中、トレーニングや走りの実技を指導してほしいと、たくさんの人が私の元を訪れてくれます。

その一人が以前から指導を受けてくれている、日本でいうと小学校6年生のサッカー少年です。
彼は現在スペインにサッカー留学と言うのでしょうか、お母さんと弟の3人で暮らしていて、お父さんは日本で留守を守り、しっかり働いていると言う親子です。

彼がスペインに渡る直前に、私のことを知ったお父さんが出発前に一度だけでもと、広島に連れてきてくれました。
3年半前のことで本人はその時のことをよく覚えていないそうです。

そんな幼い少年に対して、お父さんが私に何を期待してくれたのか、その根本的なテーマが現在まで続いています。
それは体の小さな彼が、これから先、大きな選手たちの中でどう戦っていくかという問題です。
これは日本代表を含め、すべての日本人選手に当てはまる問題でもあります。

最初に来てくれた時には、小学校3年生ということで、小さくて当たり前というか、少し小さいのかなという感じでしたが、そんな体で海外に渡り、体格的に劣っていると分かっている環境の中でサッカー選手を目指して行くために必要な要素が、私の理論というか指導の中にあると感じてくれたことがきっかけになったようでした。

現時点でも明らかに小柄だと思いますが、ここからどう成長していくかは誰にも分からないと思います。
私も小柄な方でしたが、最終的には178センチにまで伸びました。

とくに育成年代では、体の大きな選手の方が色々な意味でアドバンテージがあることは間違いないことですが、そのことだけで自分の将来に蓋をすることは、とてももったいないことだと思います。

6月初旬に個人指導を受けに来てくれた中1のサッカー少年にも同じことを言いましたが、これから3年間諦めずに正しい努力を続ければ、いま現在体格的にかなわないと思っていた選手を追い越すことができる可能性は十分にあると思います。

何故そう思うのかというと、それぞれのカテゴリーでそれなりの体格と基礎体力があると、あとは技術的な部分にしか気持ちが行かなくなってしまうからです。

体の小さな選手は技術的な部分はもちろんですが、体格的なハンデを克服するために大柄な選手以上に考えなければならないことがたくさん出てきます。

その一つの考え方として、「体の使い方」という概念に着目してくれるのです。

それを追い求めて、自分の持って生まれた能力を磨き続けていくと、自然な成長と相まって、個々に与えられた能力を存分に発揮できるようになるのです。

現在トップアスリートと呼ばれているカテゴリーの選手たちでも、私の目から見ると、持って生まれた能力を活かし切れていないと感じる選手がほとんどです。

スペインでは9月が新学期で、日本でいうと中学生になるのだそうです。
子供とは言っても色々なことが分かってくる年頃です、現実として自分の体で大きな選手たちを相手に戦い続けることができるのだろうか、これまでのように足元の技術だけでは通用しなくなってきていることは十分わかっているはずですから。

半年毎に帰国し、その度に広島に来てくれていますので、もう7回目になるでしょうか。
当初は、正直に言うとこんな小さな子供に何を教えろと言うのか、それも半年に一度のタイミングで何を伝えればいいのかと、感情移入というところまでは行かなかったと思います。

それが半年前にきた時に、本人とご両親にはっきりと伝えました、もっと真剣に私の指導を受けなければ来てもらう意味はないと。

もちろん一生懸命やってはくれますが、やはり子供です、危機感を持ってと言われても、楽しくて大好きだからやっているサッカーに、それ以上の感情など湧いてくるはずはないと思います。

しかし、こんな恵まれた環境を与えられているということを、もうそろそろ自覚し覚悟を持って日々の練習を行わなければ、目標としているレベルにまで届くことは絶対にできないと、かなり厳しい言葉で伝えました。

あれから半年、まだまだ子供であることには変わりありませんが、本人が覚えてもいない3年半前から終始一貫伝え続けてきたことが、少しずつ形になって体で表現してくれるようになってきました。

学年が変わるこのタイミングは、これから先を占う大きなターニングポイントになると感じた私は、約2ヶ月の日本滞在期間中に、4日連続のトレーニングを間隔をあけて2回行うことを提案しました。

普通に日本で生活している環境では提案どころか、考えることもできないことですが、そういう意味では子供とはいえすでにプロなのです。

してあげられることは全てやる、お父さんにはその覚悟があります。
私にはとてもできないことですが、このお父さんの覚悟は本物です。

縁あって関わらせてもらっていますが、私の立場でできることは全てしてあげようと思っています。

今回のテーマは基礎体力の養成とその方法論です。

ここで体作りの概念が持ち込まれると、過去多くの選手が陥ったような結果になることは目に見えています。

動きづくりのトレーニング、伸kingトレーニングを体と頭に染み込ませなければ、私を信頼してきていただいていることにお応えすることはできません。

ご連絡を頂き日程が決まってから、私の中で様々なシュミレーションを行いましたが、今日の午前中炎天下の中で行なった、前半の4日間の最終チェックとしての屋外のドリルを見る限り、私の想像を超える成果があったと思います。

これまで様々な年齢やレベルの選手を指導してきましたが、改めて自分のやり方に自信を持つことができました。

相手の体の立場に立って、人間の体の仕組み通りに動かすという、全く基本的なことではありますが、指導する上で一番難しいことだと思います。

マニュアルなどというものはあってないようなもので、とにかく一瞬たりとも気を抜くことなく6年生の少年の体と向き合えば、ちゃんと応えてくれました。

2時間かける4日間で、これだけの動きの変化が出せれば、来月同じように4回行うトレーニングでさらに向上させられることは明らかです。

大きな目標を持って突き進んでいる親子に、西本理論が少しでもお役に立てるように、来月までまた色々考えておこうと思います。

トレーニングはまさにオーダーメード、だからこそお互いに納得できる効果が出せるのだと思います。

何度か書いてきましたが、「1回5分体が喜ぶ健康術」の続編として、私のトレーニング論を1冊の本にまとめることが、いまの私の目標となっていますが、残念ながら未だに重版には至っていませんので、続編の話は出ていません。

読んでいただいた方にお願いですが、アマゾンの書評欄に感想を書いていただけないでしょうか。
そのレビューの件数や星の数が多いほど、まだ読んでいただいていない方への訴求効果が高いそうなので、ぜひ感想をレビューに書いていただければありがたいです、よろしくお願いします。


スポンサーサイト

Trackback

Comment

Re: 4日間ありがとうございました。
コメントありがとうございます。
今回の4日間は、これまでとはまったく違う手ごたえというか、変化を感じさせてくれました。

途中何度かお話ししたように、本人の意思などまったく関係なく、そして私の言うこともまったく理解できないどころか、覚えてもいない3年半前があって、その後もお父さんの意志で継続してきた結果が、やっと少しずつ実を結んできたのだと思います。

こうして私の指導を受けることも含め、様々な要素があって、他の方が同じようなことが出来るかといえば、とても難しいことだと思います。

私から見れば、まさに有り得ない環境とサポート体制を与えられた彼が、本当の意味でそのことをプレッシャーとして感じる年齢になった時に、私から学んだことが少しでも役に立ってくれればと思います。

お父さんだけではなく、奥さんも含め、彼のためにという強い想いが、このまま彼をのびのび育て、夢を叶える日が来ることを信じています。

来月もまた一緒に頑張りましょう。
  • 2017-07-22│09:51 |
  • 西本 直 URL│
  • [edit]
4日間ありがとうございました。
最初にお伺いした頃は本人も殆ど必要性を感じていなかったと思います。
昨年くらいから体格差によるハンデから逃げる事ができなくなり、本人も何かを変えなければならないと感じるようになっていたと思います。
そのタイミングでの先生のお話が非常に効果的でこの半年間は本人も背中の意識を常に持っていたはずです。
そして今やっと先生と行っている動き作りが本人にとっても競争に勝つ鍵だと実感するところまで来ました。
いつも幼い息子に向き合い指導して頂き有難うございます。
4日間での変化は外から見ていても大きいと感じました。来月もよろしくお願い致します。
  • 2017-07-21│22:16 |
  • 父より URL│
  • [edit]

Post a comment

Secret


プロフィール

Author:西本 直
1993年、Jリーグサンフレッチェ広島を皮切りに、社会人野球三菱重工広島・協和発酵・ヴィッセル神戸・川崎フロンターレ、そして広島カープ佐々岡真司投手など、プロアマ問わず競技レベルのスポーツ選手から一般の方まで、トレーニングやメンテナンスの指導を行ってきました。
その経験と知識の蓄積を「西本理論」としてまとめ、一人でも多くの方に実践していただくことが、これからの私の使命であると信じ、このブログから発信していきます。
私の理論はスポーツ選手のみを対象としたものではなく、ビジネスマンや家庭の主婦まで老若男女すべてに当てはまる不変のものです。
指導や講演のご依頼も受け付けています。
実名でツイッターも書いていますので、チェックしてみてください。
また、2013年9月9日にConditioning Studio 操をオープンしました。こちらもご覧ください。
また、遠隔地にお住まいの方を対象とした動き分析とアドバイスを行っています。
詳細は「スタジオ操」のホームページ内の「遠隔サポート」をご覧ください。
西本塾を深める会を9月10日(日)に開催を予定しています。
詳細はstudio操のホームページ内の「講習会情報」をご覧ください。

最新記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カウンター

検索フォーム

QRコード

QR