投手の動作

投手の動作の連動性について、私がプロ社会人の選手たちに伝えてきたことを書きます。
実際にいかの理論に基づいて指導して結果を残していますので、行っているレベルは別として、習得することは絶対的な目標として間違いありません。

もちろん同じことを同じように伝えても、受け取る選手のレベルによって、どこまでそれを表現してくれるのかは分かりませんが、打者を打ち取るという投手の役割はきちんと認識できると思います。
けっしてスピードガンコンテストをしているわけではありませんから。

まず投手がボールを投げる時に使えるエネルギーの種類を分析します。

野球は投手が投球モーションを起こして、ボールを投げない限りはゲームが流れていきません。

それだけ責任がある仕事を任されているわけです。

マウンドは、内野のダイヤモンドのほぼ中心に位置し、土が盛り固められてお椀を伏せたような形状をしています。

その上に長方形の投手版が埋め込んでありますが、我々が目にする長方形の白い板状のもののすぐ捕手側にも同じ大きさのプレートが埋め込まれています。

この二枚のプレートによって、スパイクが土の中に深く潜らないように、そして蹴る力が得られやすいように作られています。

投手が使えるエネルギーの種類は、大きく3つあります。

一つ目は、マウンドという高いところからホームベースに向かって踏み出すという、上から下へ落ちてくることによる位置エネルギーです。

二つ目は、プレート後方から捕手方向へ踏み出す時に得られる、後ろから前に向かうエネルギーです。

そして3つめが、右投手であれば、一度右方向へ体を捩じっておいて左へ捩じりかえすことによる、回転のエネルギーの3つということになります。

その3つの要素をすべて使い、一番打者に近いポイントでリリースできた時が、最も効率的に体の運動を集約できた、最高の動作と言えます。

そのためには、まず右の股関節でプレートの上にしっかり立つということが絶対条件になります。

股関節は右と左の二つがありますが、軸足となる右の股関節の上に、左の股関節を乗せるようなイメージで立ちます。

ただ左の膝を上げただけでは、次の体重移動に移るときに、体全体が捕手方向に倒れてしまい、そのまま右から左への回転動作が始まり、左膝と左肩がいわゆる開いた状態になります。

しっかり右股関節の上に左股関節を乗せた意識で立てると、直立した頭がそのままの位置に残り、右のお尻が投手方向へ動き出す、右のヒップファーストという体重移動が始まります。

すると右手は打者に対して体の後方に隠れ、ボールが見えなくなります。

打者は当然ですが白いボールの位置を確認しようとして、投手を目視していますから、視界からボールが消えることはタイミングを取ることを難しくします。

さらにヒップファーストで体重移動してくると、18.44mのプレートとホームベースの距離を短く感じさせます。
打者から見れば、自分に近いところまで近づいてからボールを投げる動作が始まる感覚になります。

そして踏み出された左足に体重が移っていきながら、上半身の右から左への回転動作が始まり、隠れていた腕の肘が右の耳をすり抜けるように高い位置から振りだされます。

この時点ではまだボールを持っている前腕が見えず、そのあと遅れて肘から先が振りだされることで、打者にぎりぎりまでボールを確認させないというメリットが得られます。

キーワードは「乗って・運んで・うねりだす」という感じとなります。

高いところから低いところへ降りてくるエネルギー、後ろから前に出てくるエネルギー、右から左へ回転するエネルギー、これらを一点に集約し、なおかつ少しでも打者の近くでボールをリリースし、リリースの直前までボールを認識させない、さらに常に一定の動作・リリースポイントで投げることでボールの変化を予測させない、これが理想の投球フォームということになります。

これは単純な理想論ではなく、一流の投手はほぼこの条件を備えています。

指導する側としては、そのどの部分を改善できるかを見極める目を持つ、ということになるのですが、簡単に言ってしまえば、スタートを間違えれば途中での修正は難しくなります。

逆に言えば、きちんと立てるように指導できれば、あとは自然に流れてくれる場合が多いと思います。

3つのうちの一つを強く意識して投げたとしても、トータルとしては体に無理がかかりますし、本人の能力を生かし切れないことになるのでもったいないと思います。

投手の動作を改善することは、そのまま投手としての成績に直結しますし、それはそのままチームの成績も左右しますので、自己流でいいと開き直らず、3つの要素を融合させる努力をするべきだと思います。

テレビの野球中継を見ながら、この投手には、このポイントをアドバイスできればもっと良くなるのになと残念に思うことがよくあります。

人間の動作は突き詰めていけば、かならずきちんとした言葉に置き換えられる理論が存在します。

数の論理や経験論だけでは指導はできません。

野球に関わる人たちには、ぜひ読んで参考にしていただきたいと思います。
スポンサーサイト

Trackback

Comment

Post a comment

Secret


プロフィール

Author:西本 直
1993年、Jリーグサンフレッチェ広島を皮切りに、社会人野球三菱重工広島・協和発酵・ヴィッセル神戸・川崎フロンターレ、そして広島カープ佐々岡真司投手など、プロアマ問わず競技レベルのスポーツ選手から一般の方まで、トレーニングやメンテナンスの指導を行ってきました。
その経験と知識の蓄積を「西本理論」としてまとめ、一人でも多くの方に実践していただくことが、これからの私の使命であると信じ、このブログから発信していきます。
私の理論はスポーツ選手のみを対象としたものではなく、ビジネスマンや家庭の主婦まで老若男女すべてに当てはまる不変のものです。
指導や講演のご依頼も受け付けています。
実名でツイッターも書いていますので、チェックしてみてください。
また、2013年9月9日にConditioning Studio 操をオープンしました。
また、遠隔地にお住まいの方を対象とした動き分析とアドバイスを行っています。
詳細は「スタジオ操」のホームページ内の「遠隔サポート」をご覧ください。
「第25回西本塾」を11月18・19日の土日に開催を予定しています。
詳細はStudio操ホームページ内の「講習会情報」をご覧ください
尚、深める会も12月10日に予定しています。

最新記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カウンター

検索フォーム

QRコード

QR