体を癒すもの

私は鍼灸師の資格は持っていますが、もちろん医師ではありませんので、人の体に対して行う行為に対して「治療」ということばを使えません。

日本では昔から「施術」という言い方が使われてきましたが、読んで字のごとく「術を施す」という言い方が現代的でないので、若い人たちはこの言い方を使わない場合も多いようです。

日本では法律で医療行為ができるのは、医師の国家資格を持った人に限られます。

治療ということばも、診断ということばも、医師の資格がなければ使うことができません。

専門学校に通っている時に医事法規の授業もありましたが、医師が行う医療行為とは別に、これも正式な法律用語ではないと思うのですが「医業類似行為」という言われ方をしている資格があります。

鍼師・灸師・あんまマッサージ指圧師と柔道整復師の4つです。

これ以外のいわゆる整体やカイロプラクティックなどは、非常にあいまいな状態で存在し、加えてエステティックサロンなどでもマッサージということばが使われており、一般の方から見れば、人の体を触ることを業としているそれらの仕事の、何がどう違うのかまったく分からないと思います。

ここでこれ以上の説明はしませんが、国家資格としての医師免許と、前述の4種類の国家資格保有者がいて、その他はあくまでも任意団体の認定する資格であるということは知っておいた方がいいと思います。

今日の本論に入ります、医師はけがや病気を治すために医療行為をします。

4種類の国家資格保有者も、それぞれの方法を使って症状の改善を図ります。

その他の業態の方々もそれぞれの考え方と方法論を持って、体にアプローチしていきます。

読んでい頂いてお分かりのように、医療行為ということばが、それぞれの立ち位置でだんだんぼかされていきます。

私は単に医師のすることが唯一最高のもので、他のものはだめだと言っているわけではありません、それはまさに自己否定そのものになってしまいますから。

皆さんがケガをしたり病気になったとき、当然医師の資格を持った医療機関を受診されるでしょう、当然のことです。

そして症状が改善され体が回復していくと、それはその医師が治してくれたという言い方をします。
それはある意味正しいことではあるのですが、私は症状を改善させ体を回復させてくれたのは、医師でも薬剤でもなく、本人の体が元に戻ろうとする自然治癒力そのものだと思うのです。

病院に行かなかったら、あの医師に出会わなかったら、あの新薬が間に合ったから、もちろんそれはそうですが、私が言いたいのは、他人任せで体が改善したと思ってしまうと、何かあればまたそれに頼ればよいという考え方になってしまうことが、少し違うような気がするのです。

体はどうやって数えたらそうなるのか分かりませんが、30兆という細胞でできています。
その細胞の一つ一つに栄養を運んでくれているのが血液です

血液の中には空気中から取り込んだ新鮮な酸素と、食事から摂取した各種の栄養素が含まれています。

言い換えれば血液以外に体を治してくれるものはないと言っても言い過ぎではないと思うのです。

私は非喫煙者ですが、喫煙者の肺がどういう状態になっているのか、専門学生の時の解剖見学の際、真っ黒になった肺をこの目で見ました。
その後も書籍等で数多く目にしています。

体にとって最も大切な酸素の取り込み口である肺を、そういう状態になると分かって喫煙している人に対しては、私の力を必要とされるときにも、今一つ本気になれません。

他人に迷惑をかけていないとか、嗜好品だからと、理由はそれぞれですし、現実喫煙者でも長命な方もたくさんおられます。

それでも筋肉の仕事は骨を動かすことだ、筋肉の動きの連動が理想の体の使い方だ、などと言っている私から見れば、筋肉そのものの収縮に悪影響を及ぼすと分かっている行為を止められない人に、それ以上の何かを求められることが納得いかないのです。

今回自分のことで、心の持ちようが体に対してこれほどまでに大きな影響を与えることに、我がことながら本当に驚きました。

ですが、喫煙をやめることのストレスを言われても、それ以上に体内で起こっているたくさんの問題に比べれば小さいのではないでしょうか。

健康な体を維持し、何かあった時にも体を癒し改善してくれる血液、そのもっとも重要な酸素と栄養、基本的な問題ですが、本気で考える必要があるのではないでしょうか。

私の出番はまだまだあとです。

その人その人が真剣に取り組んでいることに、私の経験や知識が少しでもお役にたてるのであれば、喜んでお手伝いします。

それは本当に小さなお手伝いで、やはり最後はご自分の思いがすべてだと思います。

次回は私がどうやって体にアプローチしていくのか、基本的な考え方をまとめてみます。
スポンサーサイト

Trackback

Comment

Post a comment

Secret


プロフィール

Author:西本 直
1993年、Jリーグサンフレッチェ広島を皮切りに、社会人野球三菱重工広島・協和発酵・ヴィッセル神戸・川崎フロンターレ、そして広島カープ佐々岡真司投手など、プロアマ問わず競技レベルのスポーツ選手から一般の方まで、トレーニングやメンテナンスの指導を行ってきました。
その経験と知識の蓄積を「西本理論」としてまとめ、一人でも多くの方に実践していただくことが、これからの私の使命であると信じ、このブログから発信していきます。
私の理論はスポーツ選手のみを対象としたものではなく、ビジネスマンや家庭の主婦まで老若男女すべてに当てはまる不変のものです。
指導や講演のご依頼も受け付けています。
実名でツイッターも書いていますので、チェックしてみてください。
また、2013年9月9日にConditioning Studio 操をオープンしました。
また、遠隔地にお住まいの方を対象とした動き分析とアドバイスを行っています。
詳細は「スタジオ操」のホームページ内の「遠隔サポート」をご覧ください。
「第25回西本塾」を11月18・19日の土日に開催を予定しています。
詳細はStudio操ホームページ内の「講習会情報」をご覧ください
尚、深める会も12月10日に予定しています。

最新記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カウンター

検索フォーム

QRコード

QR