FC2ブログ

理屈だけを言っている人間ではないことを証明してくれる岩城さんからの報告です。

連日の更新です。
昨日は『吉備国際大学Charm岡山高梁』に指導に行ったことを記事にしました。

改めて考えてみると、もう6年も前のこととなりましたが、その時点での私の経験をチームの躍進に活かすために、満を持してという表現は大袈裟に聞こえるかもしれませんが、それくらいの気持ちと自信を持って乗り込んで行ったように思います。

しかし、私の思いは身を結ぶことなく短期間で広島に帰ってくることになってしまいました。
今になって思えば、私の中で積み上げてきた人間の体に対する思いは、その当時私に対してよく使われた、独自の考えとか少し変わった考え方と言われても仕方がないものだったかもしれません。

かっこよく言えば時代が私の考え方についてきていなかったというか、私が時代の先を走り過ぎていたのかもしれません。
それが証拠に当時から私が言い続けているような人間の体の仕組みや使い方といった部分のことを、多くの方が発信するようになり、そのオリジナリティーを競い合っている状態です。
そういう人たちも世の中全体から見ればあくまでも少数派でしかなく、従来の経験論を前面に押し出した指導者が多いことは変わっていないようです。

私自身特に広島に帰ってから今日までの6年間に関しては、これまでの人生でも経験したことがなかったような荒波に立ち向かって行くような感覚でした。

正しいことを正しいと言い続けていることは変わっていませんが、それを相手にどう伝えどう理解してもらいどう活かしてもらうのか、世の中全体を変える力はなくても、前述のチームの監督やコーチのコーチとして起業しセミナーを開催している倉本さんのように、私の考えてきたことが本当に選手個人を変え指導者を変え、チーム全体を変えて行ける大きな力になると信じてくれる人が現れてきました。

このことは、生涯一トレーナーとして孤高を貫こうと思っていた私にとっては、ある意味想定外のことで私自身が驚いています。

そして年齢や性別、取り組んでいる競技のレベルにかかわらず、私との出会いでそれこそ予想もしなかった変化を遂げていることを報告してくれる人まで現れたのです。

以前にも紹介した、本業は消防士さん三重県在住の『岩城巧』さんから、新たな展開があったことをお知らせいただいたので、是非紹介させてもらいたいと思います。

お疲れ様です!
6/8.9とマスターズ35⚽️の東海予選を戦ってきました!
6/8は、岐阜国体との試合でした。個人同士の能力や、チームとしての組織的なものを比べ三重国体の方が試合を有利に進めることができましたが、中々得点がとれず、後半の途中まで苦しい展開でしたが、一点を取れたことを境に結果は4対0と勝つことができました!

そして、2日目の試合は、愛知国体と静岡国体との試合で勝利した静岡国体との対戦になりました。
初日とは違い個人能力、組織力ともあまり大差はなく前後半2対2の同点により、延長戦もしましたが勝敗つかずPK戦となり、勝利することができました!

これで全国大会出場が決まり、ひとまずの結果を出すことができました!
個人的には、キャプテンを務めさせていただき、2日連続の試合、さらには延長戦までを行いましたが、最後まで周りの状況をみることができ、足も止まらず、まだまだ走れる余力さえ残し試合を終えられた様に感じます!

そして、何よりもまた感じたことは、チームメイト、対戦相手をみても筋肉系のトラブルが多いことが目につきました!
若い時の自分でも、これくらい連戦を戦えば当日の今でも脚の張りにより歩くことさえ苦痛に感じていましたのに、現在は全くないんです!
むしろ、明日もまだまだ試合が出来そうです!笑


全国大会は9月にあります!
また、良い結果と共に報告できることを、楽しみにし、継続していきます😊

いかがでしょうか、30も半ばを過ぎた岩城さんの口からは、こうした前向きな言葉しか聞こえてこないのです。
サッカーでよく使われる「足が止まる」という表現ですが、それは仕方がない当然のことではなく、そうならないための体の正しい使い方を身につければ良いだけのことなのです。


「そんな簡単なことではない」そう言って取り組もうとしない、いや興味すら持たない指導者や選手たちに、一泡もふた泡も吹かせてくれる岩城さんの活躍は痛快としか言いようがありません。

私の発信が足りないし、発信の仕方も悪いのかもしれませんが、こうして私の存在を見つけてくれて、結果に結びつけている人が本当にいるのだということだけは、紛れも無い事実として知ってほしいと思います。

個人指導を受けた後、チームに西本理論を浸透させようと頑張ってくれている『沼津中央高校サッカー部監督の二橋慶太』さんのところにも、私の指導に関して興味を持った指導者からの問い合わせがあるようですが、二橋さんのように自ら行動を起こし、直接私の指導を受けようという強い気持ちがなければ、中途半端な取り組みで終わることは目に見えています。

私は私を信頼して指導を受けてくれ指導者や選手たちに対してしか、伝えることができません。

世の中は変えられなくても彼らを変えることはできると思うし、またそれをやらなければならないと思います。

それにしても本当にたった一度しかお会いしたことがない岩城さんの変化には驚かされるとともに、西本理論を信じ継続してくれていることには頭が下がります。

さらに進化していただけるように、私自身が歩みを止めることなく色々なことに挑戦して行こうと思います。

岩城さん本当にありがとうございました!

スポンサーサイト



Trackback

Comment

Re: 西本理論に感謝!
岩城さん
こちらこそいつもありがとうございます。
ご自分の体が証明してくれていること、私の文章よりよほど説得力があります。
信じる信じないはそれぞれでしょうが、信じるに値する動きづくりを追求していきます。
これからもよろしくお願いします!
  • 2019-06-11│17:35 |
  • 西本 直 URL│
  • [edit]
西本理論に感謝!
いつもお世話になっています!ブログへの紹介ありがとうございます。静岡国体の面々の方はおそらく経歴としましては、自分より上のカテゴリー(元Jリーガー、有名大学等で)経験されていた方々なんだろうなというのは、サッカーの戦い方、雰囲気、技術等で感じました!年齢は同年代、もしくは少し上の方々かなとも!自分が過去に対戦していれば、うまさ、強さを感じ同じ土俵で戦えていたかと思えばそう思えませんでした!それが自分がサッカーでプロの道を諦めた1つの壁でもありました!しかし、その私が同じ土俵に立ち、技術やサッカーの経験値は抜きにしろ、走り勝ち余裕を持って最後までプレーをする事ができたのは、西本さんの動きを継続し続けているからだけだと自負しています。過去は同じ土俵に立てなかった相手達に、歳がとったから相手は衰えたと理由ではなく、同じ土俵もしくは越えている現状があるということだと思います!私ごときがここまで、成長できるのですから、元々この理論を使わずにプロレベルで戦っている人達が、身につければもっともっと余裕に現状あるいはそれ以上のカテゴリーにいけるのは、目に見えます!なので、今子供の頃から西本理論を学べる人達が羨ましすぎます!是非、西本理論を元に世界で活躍する日本人が沢山出てくれることを期待します!

Post a comment

Secret


プロフィール

Author:西本 直
1993年、Jリーグサンフレッチェ広島を皮切りに、社会人野球三菱重工広島・協和発酵・ヴィッセル神戸・川崎フロンターレ、そして広島カープ佐々岡真司投手など、プロアマ問わず競技レベルのスポーツ選手から一般の方まで、トレーニングやメンテナンスの指導を行ってきました。
その経験と知識の蓄積を「西本理論」としてまとめ、一人でも多くの方に実践していただくことが、これからの私の使命であると信じ、このブログから発信していきます。
私の理論はスポーツ選手のみを対象としたものではなく、ビジネスマンや家庭の主婦まで老若男女すべてに当てはまる不変のものです。
指導や講演のご依頼も受け付けています。
日々の気づきやブログの更新情報はツイッターに書いていますので、チェックしてみてください。
2013年9月9日にConditioning Studio 操をオープンしました。
「西本塾」と「深める会」を開催しています。
詳細はStudio操ホームページ内の「講習会情報」をご覧ください.
「1回5分体が喜ぶ健康術」はアマゾンで在庫切れのことが多く、購入希望の方にはご迷惑をおかけしています。
出版元からの購入は可能ですので、ガリバープロダクツ(代)082-240-0768までお問い合わせください。

最新記事

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

カウンター

検索フォーム

QRコード

QR

フリーエリア

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51P40WM8EQL.jpg