FC2ブログ

『アイドリング動作』がうまくできない方、こんなアイテムを使ってみませんか。

動きづくりの中でも、皆さんが一番必要としている『走るという行為』、その体の使い方をマスターするために考えたのが、FBTに続く何種類かのドリルです。

その基本となるのが、『アイドリング動作』、これがきちんとできていなければ、地面反力を使った体重移動ではなく、『落下』『捻転』動作を同時に行って、前後左右、自分が進みたい方向へ重心の移動だけで素早く動き出すことはできません。

私の直接指導を受け、さらにはDVDを購入していただいて継続して練習を行っていただいていることとは思いますが、今ひとつ柔らかさというか、しなやかな動きとは言えないと、自己評価している皆さんの、ヒントになればと動画を作りました。

ユーチューブにアップしましたので下記のリンクからご覧ください。

この『スラックレール』と言うアイテムは、今私が真剣に取り組んでいる、2.5センチ幅のスラックラインを使った『高所綱渡り』(まだまだ低所ですが)の練習用に購入したものです。

最近それを使って『FBT』を行ったり、今回紹介する『アイドリング動作』を行ってみたところ、とてもスムーズに関節が連動してくれることが分かり自分でも驚いてしまいました。

この関節の柔らかさや、スムーズに連動している感覚が分かると、地面で行う時の目標というか、こんな感じでやればいいんだという目安になると思います。

真剣に取り組んでくれている方々に少しでもヒントになればと思いアップしました。

ただ、直接指導を受けていない方がこれだけを見ても、本質的な部分は分からないかもしれませんが、やってみても面白いかもしれません。

『ユーチューブへのリンク』
スラックレール を使った『アイドリング動作』の練習

スポンサーサイト



Trackback

Comment

Post a comment

Secret


プロフィール

Author:西本 直
1993年、Jリーグサンフレッチェ広島を皮切りに、社会人野球三菱重工広島・協和発酵・ヴィッセル神戸・川崎フロンターレ、そして広島カープ佐々岡真司投手など、プロアマ問わず競技レベルのスポーツ選手から一般の方まで、トレーニングやメンテナンスの指導を行ってきました。
その経験と知識の蓄積を「西本理論」としてまとめ、一人でも多くの方に実践していただくことが、これからの私の使命であると信じ、このブログから発信していきます。
私の理論はスポーツ選手のみを対象としたものではなく、ビジネスマンや家庭の主婦まで老若男女すべてに当てはまる不変のものです。
指導や講演のご依頼も受け付けています。
日々の気づきやブログの更新情報はツイッターに書いていますので、チェックしてみてください。
2013年9月9日にConditioning Studio 操をオープンしました。
「西本塾」と「深める会」を開催しています。
6月20・21日に行う西本塾の募集を行っています。
詳細はStudio操ホームページ内の「講習会情報・募集中」をご覧ください.
「1回5分体が喜ぶ健康術」はアマゾンで在庫切れのことが多く、購入希望の方にはご迷惑をおかけしています。
出版元からの購入は可能ですので、ガリバープロダクツ(代)082-240-0768までお問い合わせください。

最新記事

カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カウンター

検索フォーム

QRコード

QR

フリーエリア

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51P40WM8EQL.jpg