FC2ブログ

サッカー選手に私が伝えられること。個人指導を受けてくれた方からの感想です。

今日もブログを読んで頂きありがとうございます。

先日、サッカー選手としてまだまだ成長したいという42歳の三重県の『小林元洋』さんが、個人指導を受けに来てくれました。

自分で言うのも変ですが、まさに『類は友を呼ぶ』という言葉通り、初めてお会いしたにもかかわらず、旧知の間柄のように自然に会話が進みました。

私を知って頂くきっかけとなった『岩城巧』さんの活躍に刺激され、私のブログを真剣に読み込んで、この考え方は何なんだ、今まで自分が正しいと思ってやってきたことがことごとく否定されている内容に衝撃を受けたそうです。

ブログを読んでも分からないと言われることがほとんどですが、その文脈を必死に読み取り、実践してこられたことが十分に伝わってきました。

岩城さんも同じですが、ここまで真剣に取り組んでくれれば、私の直接の指導を受けるまでもなく、大きな変化を感じることができる人が何人もいるのです。

結局は自分が本当に変わりたい、成長したいという思いの強さと覚悟を持ってやり続けられるかがすべてだと、改めて感じさせられました。

ツイッターで小林さんのターンバックの動画を載せたところ、普段は考えられない10,000越えのアクセスがありました。

あの動画を見て、私が何を指導しているのか、本当の意味が分かるのは直接指導を受けた人だけだと思います。

その方々が継続して取り組んでいるとして、初めて指導を受けた小林さんが、ここまでの動きが出来るようになりましたよ、皆さんはどうですか?という意味を込めて動画を載せました。

初めてあの動きを見た人には、これが何の役に立つのかとしか映らなかった動画でしょう、それで良いと思っています、それ以上の説明を加える気はありませんから。

さあ、送られてきた感想を是非読んでください。
小林さんのワクワク感が文章に溢れています。

西本先生
先日は施術、トレーニング指導とありがとうございました。
そもそもですが、西本先生を知ったきっかけはサッカー仲間である『岩城巧さん』(以前ブログで紹介した35歳以上の全国大会で、三重県チームのキャプテンとして全国制覇を成し遂げた方です。)より西本先生のブログを教えて頂いたことでした。

ブログを読ませて頂き、眼から鱗というより衝撃の方が多く、今までの私の考えとは根本的に真逆のことが書かれていました。

私は42歳ですが、まだアマチュアでサッカーの選手としてプレーしています。

対戦相手には一回りも年齢の違う若い選手もいます。
そんな中で試合をしていますが、勿論相手に負けたく無い気持ちが強く、負けないためには「一生懸命トレーニングだ!」とランニングやダッシュ、筋トレと全力でトレーニングしていましたが、肉離れや疲労回復が出来ずに、結局試合へのコンディションが合わない、挙句にはアキレス腱を断裂してしました。

復帰してからも、これ以上怪我をしないようにと身体を鍛えるために全力でトレーニングをしていました。

自分ではこんなにトレーニングをしても試合終了まで走れないのか、当たり負けるのか…と、もう歳だから限界だなと思っていました。

そこで出会った西本先生のブログです。

先生の言う、「だからこうでしょ!」が、私自身に全てというくらい当てはまり「なるほど、そうだったのか」とたくさんの気付きを与えてくれました。

ブログ、Youtube、書籍と先生が書かれたものはすべて読んで理解して、実践あるのみ。

それを繰り返していましたが、こうかな?と自分なりの解釈や理解が入ってきましたので、方向が逸れる前にやはり本物に習いたいという思いが強くなり、勇気を持ってご連絡をしました。

広島電鉄に揺られ、ワクワクと緊張で『Conditioning Studio 操』に到着しました。

体に不安があったため、施術から始めてもらいましたが、まずベッドに寝て「あなたの身体はこうなってるよね?」と今までそれが普通だと思っていた事を指摘され、「この感覚を覚えておいて!」という言葉から『からだほわっと』が始まりました。

あの感覚は西本先生の『からだほわっと』を受けた方しか分からないと思いますが、何とも言えない心地良さです。

すぐに効果が表れ全身の緊張がなくなり、ベッドに包み込まれているようでした。

私は施術開始5分くらいで「この人、スゲェ。来て良かった」と思いました…。

施術を1時間ほど受けましたが、施術中もたくさんのお話しや関節の6方向への動きの調整をして頂き大満足、そして、身体が元気になって行く感覚があり良い事づくしで、先ずは施術からと、お願いしたのは間違いなかったです。

その後、午後からのトレーニング指導では、まずしっかりと室内で身体の使い方をホワイトボードや人体模型を使って説明をして頂き、『伸kingトレーニング』ではそれぞれのマシンの使い方(これは左肩負傷のため出来ずに。泣)や『アイドリング』『引っ張り出しのドリル』のやり方と、ブログで読んでいた内容が次々と続いて行きました。

私が「難しいなぁ」と言った瞬間、先生が「そうやって自分の世界に入るな!、屈筋を使うな!」と厳しい指摘が入りました。

トレーニング指導中の詳しいアドバイスは書けませんが、この室内での指導時間が非常に大切で全てに繋がっていました。

屋外に出てからはそんなに走らせるか?というくらいの本数を走りました。
それでも脚の疲れは全くありませんでした。


何度も走り方を見て頂き、修正点をもらい改善する、「屈筋を使わずもう少しこうだね!」と、自分では気付かない見えない箇所まで、細かく指導して頂けました。

坂道の上り、下り、左右横へ、後ろへと走りっぱなしの楽しい時間でした。

言いたくてうずうずしますが、詳しく書けずにすみません(笑)

具体的なサッカーでの身体の使い方、ボールの蹴り方、止め方の指導が始まった時、サッカーにおいては未経験者であるはずの先生が、これらもすべて人間の身体はこうなっているといった視点からの言葉に「なるほど!」とうなるばかりでした。
こちらも詳しく書けませんが…。

さぁこれで全て終わりのはずでしたが、そこからの私のたくさんの質問にも、快く丁寧に納得出来る言葉で答えて頂けました。

この1日を経験した事でどれだけ自分の努力や一生懸命が間違っていたのか、改めて身を持って体験する事になりました。

まだまだ完璧では無く西本先生の考えに少し近づいた程度かと思います。

もっと磨きをかけて自分の身体がスムーズに反応してくれる様に、これからもトレーニングをして行きたいです。
西本先生、ありがとうございました!!
小林元洋

こちらこそありがとうございました。
西本塾も個人指導を受けにきてくれる人の数も減ってしまいましたが、こうして私から何かを学び取りたいと、真剣に向き合う覚悟を持って来てくれる人が居ることが何より嬉しいです。
そんな方に少しでもお役に立ちたい、常にその気持ちを持って、私自身が成長を続けたいと思います。

明日明後日と広島を離れますので、ブログは帰ってからと思いましたが、先ほど送って頂いた感想が余りにも嬉しい内容だったので、早寝早起きの私がこんな時間にブログを書いています。

スポンサーサイト



Trackback

Comment

Post a comment

Secret


プロフィール

Author:西本 直
1993年、Jリーグサンフレッチェ広島を皮切りに、社会人野球三菱重工広島・協和発酵・ヴィッセル神戸・川崎フロンターレ、そして広島カープ佐々岡真司投手など、プロアマ問わず競技レベルのスポーツ選手から一般の方まで、トレーニングやメンテナンスの指導を行ってきました。
その経験と知識の蓄積を「西本理論」としてまとめ、一人でも多くの方に実践していただくことが、これからの私の使命であると信じ、このブログから発信していきます。
私の理論はスポーツ選手のみを対象としたものではなく、ビジネスマンや家庭の主婦まで老若男女すべてに当てはまる不変のものです。
指導や講演のご依頼も受け付けています。
日々の気づきやブログの更新情報はツイッターに書いていますので、チェックしてみてください。
2013年9月9日にConditioning Studio 操をオープンしました。
「西本塾」と「深める会」を開催しています。
4月19日に行う深める会の募集を行っています。
詳細はStudio操ホームページ内の「講習会情報」をご覧ください.
「1回5分体が喜ぶ健康術」はアマゾンで在庫切れのことが多く、購入希望の方にはご迷惑をおかけしています。
出版元からの購入は可能ですので、ガリバープロダクツ(代)082-240-0768までお問い合わせください。

最新記事

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カウンター

検索フォーム

QRコード

QR

フリーエリア

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51P40WM8EQL.jpg