FC2ブログ

FBTやってますか!

今日もブログを読んで頂きありがとうございます。

一昨日YouTubeにアップしたフライングバックトレーニング(FBT)の動画いかがでしたでしょうか。
FBTが誕生したのは今から6年以上前、第1回の『西本塾』を行う前日のことでした。

個人であろうとチームであろうと、私がスポーツ選手を指導する際最も重視していたのは体作りではなく、動き作りを目的としたトレーニングでした。

私の施設で行う場合は勿論ですが、こちらから出向いて行って指導を行う際にも、ほぼ同じマシンを準備してもらった環境での指導が主でした。

しかし、『西本塾』を受講してくれる方々に、同じ環境があるはずがないと、ではどうすれば私の言わんとしていることを実践してもらえるかと考えたことが、FBT誕生のきっかけとなりました。

YouTubeではコメント不可の設定にしてありますし、ツイッターやこのブログにも幸か「不幸かFBTってなんですか、どんな効果があるのですか」といった、初歩的な質問は来なかったので、とりあえず安心しています。

もしあったとしたら、「このブログを最初からよく読んでください」という、質問者が絶対にやらないであろう答え方をするしかありませんから(笑)。

と言うより、あの動画を見た人それぞれが実際にやってみることでしか答えは見つからないと思います、答えはみんな違っていいのです。

実際私の指導を受けたことがある人にとっては、受けた時のタイミングによって受け取り方もまちまちだと思います、こんな説明のされ方ではなかったと思った人も多いはずです。

実際にそうなのです、有り難いことにたくさんの方に指導させていただき、目指すところは変わっていないのですが、実際にやって見せる私の動作や説明している言葉も、どうすれば私の意図が正確に伝わるのか、より理解しやすくなるのか、まさに試行錯誤を重ねて今のスタイルになりました。

出来れば過去指導を受けた方々、その人たちから指導された皆さん、そして初めてFBTを目にする皆さん、すべての人に私が提唱しているFBTとはこうやるんですよと伝えたかったのです。

真剣に継続してくれている皆さんにも、似て非なるものに陥っていないか、もう一度私の動画を見て欲しいと思います。

少しだけFBTとは何かという理論的なところに触れておきますが、毎度同じことを繰り返していますが、人間の体は骨盤と背骨を中心として6(8)方向に連携連動する構造となっています。

何故6方向とか8方向とかいう表現をしなくなったのかというと、6で方向性は示すことができますが、8とだけ表記したのでは+2の方向性が分かりにくいと思ったからです。

しかし、この+2の方向性というか可動性こそが、目に見える6方向の連動性を高めるとても重要な要素であるため、どちらを選ぶかと考えた時に、あえて『6+2方向』という表現ではなく『6(8)方向』という表現を使っていることをご理解ください。

この『+2』の可動性とは、7個の頸椎12個の胸椎5個の腰椎そして仙骨と連なる25個の背骨の一つ一つが、椎間板と呼ばれる組織によって結合されており、その部分の可動性が、本来目に見える6方向の連動性を決めているのです。

これは私が行っている施術の基本にもなっていて、6方向の連動性を高めることで体の不調を改善させています。

ここでスポーツ選手に必要な連動性を考えた時、椎間板の部分の連動性を高めるためには、+2即ち骨と骨の隙間を縮める『圧着』と、隙間を広げる『離開』概念が必要となります。

椎間板という組織は骨ではありませんがある程度の硬さと、水分を含んだ柔軟性を持っています。

しかし、この『圧着と離開』という方向性を正しく使えていないと、本来人間が使わなければならない6方向の動きを十分に生かしきれないことになるです。

ブログを読み込み直接指導を受けていただいた方には、ここでもうお分かりのことだと思いますが、背骨の前後の可動性、その反らすという動作が、どうやら我々は不得意な民族のようなのです。

そのことを一言で表しているのが『背中が使えていない』という言い方をしています。

FBTをやって背中に強烈に効いたとか、こんな簡単な動作が思ったようにできなかったと思った皆さんは、まさにこれまで背中が使えていなかったという証明となります。

動画の中でも使った言葉ですが、FBTは背中の筋肉主に広背筋のことを言っているのですが、その部分を大きく強くしてかっこいい体を作ることが目的ではありません。

背骨をうねうねと前後にしならせるように動かせるようになれば、目に見える6方向の動きがさらに動きやすくなりますと言っているのです。

他にも効果というか良いことはたくさんありますが、ここではここまでにして、まずはそのことを知って欲しいと思います。

一昨日のお昼に動画をアップしましたが、既に視聴回数が850回を超えています、もっともっと多くの方に動画をを見て実際にやってみて、そして継続してほしいと思います。

少なくともこのステイホーム週間の間、毎日1回でもやってもらえば、連休明けにはあなたの姿勢は間違いなく良い形になり、久しぶりに会う方からもその変化を感じてもらえるはずです。

是非とも継続してください。

今日はさらにもう一つ記事にしたいことがあります。

以前ご『谷田部貴寛』さんから、まだ『よちよち歩きのお嬢さんのスクワット動画』を提供して頂き、背中を使うことのお手本のような動きを紹介させていただきました。

その際に、緩い下り坂をとことこ降りていく姿に、「これこそまさに『西本走り』の原点を感じた」という谷田部さんの言葉があり、今回その動画を送って頂きました。

人間の成長の過程ですが、寝返りを打てるようになり、つかまり立ちが出来るようになり、そして自分の足で歩けるようになっていきます。

そのことは、まさに背中側の筋肉がしっかりと機能していくことと同時進行のはずなのですが、我々日本人は背中側の筋肉がしっかりしないままに次のステップに進んでしまうために、いわゆる猫背の人が多く、背中がうまく使えないままに大人になっていくことが、トップアスリートと呼ばれるレベルになったスポー選手にもみられるのです。

そのことを谷田部さんにはお話ししていて、お嬢さんのハイハイの期間をしっかりと取って頂いたことが、あのスクワットに結び付いたという訳です。

そして今回のトコトコ走り、緩い下り坂をお嬢さんは転ばないように、重心が移動した大転子の下に足をついて支えるという動作を繰り返しているだけなのです。

これが人間としての本能の動きです!

どこをどう動かす、足をどう引き上げて腕をどう振って、そんなことを考えているはずがありません、地球の重力に抗して二本足で立っている我々が行う最も基本的な本能の動作がこれです。

重心(骨盤の中の大腿骨の大転子部分)を、進みたい方向を意識する(これも本能の動きだと思いますが)ことで、重心が傾いた体が倒れないように骨盤が縦に動いて大転子の振り子の動きを誘発する、これが我々に与えられた歩行そして走るという動作の本質だと思います。

身近に同じくらいのお子さんがいればぜひ観察してみてください、我々が目指すべき動作は、競技として行っている陸上競技選手のそれではなく、もともと備わった自然な使い方なのです。

長い自粛期間が続きますが、何とか乗り越えていきましょう!

最後に、残念なことに高校総体も全中も中止が決まりました、努力を重ねてきた選手たちにはかける言葉が見つかりません・・・。

スポンサーサイト



Trackback

Comment

Post a comment

Secret


プロフィール

Author:西本 直
1993年、Jリーグサンフレッチェ広島を皮切りに、社会人野球三菱重工広島・協和発酵・ヴィッセル神戸・川崎フロンターレ、そして広島カープ佐々岡真司投手など、プロアマ問わず競技レベルのスポーツ選手から一般の方まで、トレーニングやメンテナンスの指導を行ってきました。
その経験と知識の蓄積を「西本理論」としてまとめ、一人でも多くの方に実践していただくことが、これからの私の使命であると信じ、このブログから発信していきます。
私の理論はスポーツ選手のみを対象としたものではなく、ビジネスマンや家庭の主婦まで老若男女すべてに当てはまる不変のものです。
指導や講演のご依頼も受け付けています。
日々の気づきやブログの更新情報はツイッターに書いていますので、チェックしてみてください。
2013年9月9日にConditioning Studio 操をオープンしました。
「西本塾」と「深める会」を開催しています。
詳細はStudio操ホームページ内の「講習会情報・募集中」をご覧ください.
「1回5分体が喜ぶ健康術」はアマゾンで在庫切れのことが多く、購入希望の方にはご迷惑をおかけしています。
出版元からの購入は可能ですので、ガリバープロダクツ(代)082-240-0768までお問い合わせください。

最新記事

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カウンター

検索フォーム

QRコード

QR

フリーエリア

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51P40WM8EQL.jpg