FC2ブログ

自分にとって大切な何かを再認識しています。

今日もブログを読んで頂きありがとうございます。

残念ながら、新型コロナウイルス対策として行われていた、全国一斉の自粛要請期間が今月末まで延長されることが決まりました。
ほんの少し前までは、コロナウイルスのニュースは、豪華客船の中で起こっていることが中心で、どこかよそ事のような気持ちでいたのがうそのようで、先の見えない状況が人間の心と体の両面に大きな影響を与える事態になってきました。

私個人としては運営する『ConditioningStudio操』も、施術とトレーニングの指導の二本立ての仕事ですが、どちらも濃厚接触だと言われれば否定できないところもあり、最大限の対策はとってはいますが、まさに開店休業状態を余儀なくされています。

こんな時ではありますが、下を向いてマイナス思考に陥るどころか、今改めて健康の有り難さ、体を思ったように動かせることに喜びを感じています。

以前にも書か着ましたが、一昨年末ほんの些細なことで左肘に痛みを覚え、瞬間的なものでそのうちによくなるだろうと甘く見ていたところ、一向に良くなる気配はなく、それどころか日常生活にも支障をきたすほどの痛みに変わっていきました。

たまりかねて受診した病院で受けたMRIでの診断は、左上腕骨内側上顆に付着する、解剖学的な正式名称で言うと「撓側手根屈筋」「長掌筋」「尺側手根屈筋」「浅指屈筋」のそれぞれの起始の部分が、根こそぎ切れているという信じられない診断でした。

私も画像を見た瞬間血の気が引く思いでした。

一般的にテニス肘と呼ばれる痛みの部分ですが、ここまでの障害を受けているとは想像もしていませんでした。

受傷から時間がたっていること、もし手術を受けると仕事に復帰するのに2~3か月かかるということで、残った筋肉を上手に使って何とか仕事はできるだろうと医師に言われ、そのまま自分なりにリハビリというかトレーニングを続けていましたが、痛みは変わることはありませんでした。

それが今年に入ってまた痛みが我慢できなくなり、二度目の痛み止めの注射を受けた後から、不思議なことに痛みが減っていったのです。

痛めた部分が自然治癒する可能性はほぼセロなので、なぜそうなっていったのかは分かりませんが、とにかく日に日に楽になってきたのです。

完全に治っているとは思えないので、用心しながらではありますが、自分のためのトレーニングを再開しました。

その矢先にこのコロナ騒動が始まり、これは私にもう一度一から自分の理論、効率的かつ効果的な体の使い方が本当に正しいことを確かめなおせという天からの啓示だと勝手に解釈しました。

体が故障するのは大きく3つの原因があると、私は言い続けています。

そのうちの一つが、どれだけ正しい体の使い方を理解していたとしても、その動きを体現する基礎体力が伴わなければならないという条件です。

今の私には、この基礎体力という部分が足りなくなっていました。

もうすぐ62歳になろうとする男性に、どれくらいの基礎体力が必要なのかはそれぞれの立場で違うとは思いますが、少なくとも私の場合は、自分ができないこと、過去にはできたかもしれないが今見せることができないことは、基本的に指導しないという基本姿勢を持っています。

何時までできるか分かりませんが、口だけではだめだということです、目の前でやって見せ、どんな意識で体を操っているか、指導を受ける側になるほどそういうことかと納得してもらいたいのです。

YouTubeにアップしている動画も、そこをよく見て欲しいと思います。

常にそう思い続けてきた私にとって、今回の肘のケガは致命的とも思えました、「これまで積み上げてきた知識と経験があるじゃないか」、そう言ってくれる人もいるかもしれません、でも私は嫌なのです。

新たな疑問や知的好奇心ならぬ、『動的好奇心』が沸き起こったとき、自分の体で確認作業をしないと気が済まないのです。

またそれができるかもしれない、毎日基礎体力の回復、いえ更なる向上を目指してトレーニングを行っています。

私には私が必要としている環境が揃っています、ソフトもハードもあるのです、私の頭の中には自分の体を動かすためのノウハウがギッシリ詰まっています。

これを使わないという選択肢はありません。

以前ニュースで、自粛の要請で近隣の施設が営業していないから筋トレができなと、県をまたいでジムに通うトレーニングオタクが紹介され、そこまでしてトレーニングをしたいのかと、ある意味顰蹙を買いましたが、私は本当に恵まれています、自分の施設で自分の考えで誰にも遠慮することなくトレーニングができるのですから。

智志も青山選手の活動再開に備えて、私とは一緒にならないように『Studio操』に通ってトレーニングを続けています。

以前は当たり前だったことが1年半ぶりに、思い切って体を動かしトレーニングできることが本当に嬉しいです。

長く続けてきたことで、当たり前だと思ってしまい重要視してこなかったことも、初心に帰って意識しなおすことができるようになりました。

『誰かのために』と聞こえの良いことを言っていますが、私自身がこれまで生きてきたそれぞれの局面で、「こんなことができたらな」「こんなことを教えてくれる人がいたらな」と思ったことに応えられるよう、誰のためでもなく、その時々の自分自身に対して夢を広げてあげられる答えを探し続けているのだと思います。

それがたまたま「誰かの役に立つこともある」ということになっていました。

だから私は歩みを止めるつもりはありません、私自身が楽しんでいるのですから。

こういう時期だからこそ、自分が一番大切なものは何だったのか、一番やりたいことは何なのか、一番会いたい人は誰なのか、人としての原点を見つめなおす良いきっかけになると思います。

週に一度ほどではありますが、こうして自分の思いを文字にして書き綴ることも、私にとっては楽しい時間となっています。

アントニオ猪木さんの名言です、『元気があれば何でもできる!』、皆さん、私のユーチューブを見て自分の体と対話するという感覚に目覚めてください。

またすぐに皆さんとお会いできる日が来るでしょう、その時はさらにバージョンアップした『西本直』の体と心でお会いできるよう頑張ります!

スポンサーサイト



Trackback

Comment

Post a comment

Secret


プロフィール

Author:西本 直
1993年、Jリーグサンフレッチェ広島を皮切りに、社会人野球三菱重工広島・協和発酵・ヴィッセル神戸・川崎フロンターレ、そして広島カープ佐々岡真司投手など、プロアマ問わず競技レベルのスポーツ選手から一般の方まで、トレーニングやメンテナンスの指導を行ってきました。
その経験と知識の蓄積を「西本理論」としてまとめ、一人でも多くの方に実践していただくことが、これからの私の使命であると信じ、このブログから発信していきます。
私の理論はスポーツ選手のみを対象としたものではなく、ビジネスマンや家庭の主婦まで老若男女すべてに当てはまる不変のものです。
指導や講演のご依頼も受け付けています。
日々の気づきやブログの更新情報はツイッターに書いていますので、チェックしてみてください。
2013年9月9日にConditioning Studio 操をオープンしました。
「西本塾」と「深める会」を開催しています。
詳細はStudio操ホームページ内の「講習会情報・募集中」をご覧ください.
「1回5分体が喜ぶ健康術」はアマゾンで在庫切れのことが多く、購入希望の方にはご迷惑をおかけしています。
出版元からの購入は可能ですので、ガリバープロダクツ(代)082-240-0768までお問い合わせください。

最新記事

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カウンター

検索フォーム

QRコード

QR

フリーエリア

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51P40WM8EQL.jpg