現場に活かすために

間近に迫った西本塾の準備で、改めて頭の中を整理しています。

二日間延べ8時間という限られた時間の中で、私の頭の中にある全てをお伝えすることなど出来るはずもありません。

第1回ということで、少し薄まっても全体像を掴んでいただくことを優先させるか、それとも流れの中で深まっていけば、 それに逆らわずに時間をかけてより深くを優先し、行けるところまで行って続きは次回にとしてしまうのか、自分でも悩ましいところです。

私は世間で言う博学とか、話題が豊富な人間ではありませんが、こと自分の仕事に関しては、それこそエンドレスで話をしてしまう人間です。

もう10年くらい前になると思いますが、当時個人契約で仕事をしていたカープの佐々岡投手が、その年から新たにメンタルトレーナーと契約し、宮崎キャンプで初めてお会いすることになりました。

私はメンタルの部分を区分けして考えるのではなく、普段のトレーニングやケアの段階からの人間関係があって、初めてその選手に対して精神的なサポートができると思っている人間ですから、そういう人と契約すると聞いた時には、正直自分では足りないのかとがっかりしましたが、彼が将来指導者として現場に立つ時、そういうことが役に立つのであれば、それはそれと割り切ろうと思いました。

そして、同じホテルで二泊したのですが、夕食を終え夜の10時頃からだったでしょうか、広くないホテルのフロントの椅子に座り、なんと朝刊が配達されるまで延々と話し込んでしまいました。

相手は話をする専門家ですが、3分の2は私が話していたと思います。

相手の方が良い悪いではなく、私の考え方を全て伝えておかなければ、佐々岡投手を支えるという同じ目的を持って仕事をする立場同士として問題があってはいけないと考えたからです。

まあその時には、そんなことより一つ話題を振られると、これでもかというくらい私の思いが吹き出して、止まらなかったのだと思います。

私は相手が話を本気で聞いてくれていると思うと、本当に後先関係なく自分の考えを理解してもらいたくて一生懸命話をしますが、そうでない場合は全く話をする気になりません。

私の仕事を知って、所構わず質問をしてくる人がありますが、一生懸命話をしても、そこまで聞いてないよ、という感じでめんどくさそうに話を打ち切られることがあります。

私としては中途半端な説明はしたくないのでついついそうなってしまうのですが、質問した人にとっては、私の嫌いな紐付き飴玉の答えを期待するのでしょうね。

ですから基本的に、外ではなるべく仕事の話はせず、質問にも答えないようにしています。

先日ここを訪ねてくれた、元サンフレッチェ広島で同僚の野田哲由さんは、現在了徳寺大学の教授をされていますが、10人の中で1人でもこちらを向いていないような雰囲気を感じる教室とかでは、たぶん私は話をしないと思います。

途中で講義をやめて帰ってしまうかもしれません。

私がそんな立場に立つことはないでしょうから、心配する必要もないのですが。

今回6名の方が来ていただくことになっています。

このブログを読み、私個人に対する興味と、お伝えできるであろう内容に興味津々で、間違ってもよそ見をしたりする方はいないと思います。

一生懸命が過ぎないように、時間配分を考えながら良い内容にしたいと思います。

こうして準備して行く中で、私の理論はやはり現場で生かされてこその理論だなと、改めて感じています。

現場の経験の中で蓄積されたものですから、当たり前の話ではあるのですが、それをうまく活かしきれずに広島に帰ってきてしまいました。

こうして時間が経ち、人に伝えようという気持ちになってくると、やはり直接自分の手で指導してみたいという気持ちも、やはり起こってきました。

自分のできることは限られていますから、これからも一人でも多くの方に西本理論の代弁者になっていただき、スポーツの現場に新しい風を吹かせていただきたいのはもちろんですが、自分がやればの気持ちも消えることはありません。

例えば、トレーニングキャンプ中だけのスポット契約とか、年間を通して定期的に直接指導に行くとか、そんな風に私の能力を使ってくれたら、いい仕事ができるような気がするのですがいかがでしょう、そんな使い方をしてくれるチームはないでしょうか。

それともう一つの柱である操体法の普及です。

施術家の養成学校のようなものではなく、ご自分やご家族の方の健康管理のための、本来の意味での予防医学的な、理論と実技をお伝えできる講座もやりたいと思っています。

いつもコメントを頂く福田さんの言葉をお借りすると「一家に一人操体師」を、これですね。

いつか関東で開催できるよう、目標を明確にして準備して行きたいと思います。

やりたいことが多すぎて困ります。

私は心身共に元気を取り戻しました。

また新たな気持ちで、全力疾走を開始します。


追記
嬉しいことに、もうお一人の方から参加のお申し込みをいただき、これで7名の方が参加いただけることになりました。
予定では、土曜日は1時から5時となっていますが、6時半からの懇親会の時間までは「操」のなかでできるだけお話を続けたいと思っています。
また日曜日も、9時から12時としておりますが、遠路起こしの方々に、お帰りの時間の許す限り、ご質問や実技のおさらいをする時間を取りますので、2日間私を目いっぱい使っていただきたいと思っています。
土曜日の懇親会はターミナルビル内の中華料理店で行いますが、土曜日のお昼はインドの方が作る本格カレーの店もありますので、とりあえず宇品港まで来ていただいて、「操」を覗いて、声をかけていただきたいと思います。
ゴルフを始めたころの前日の興奮、古くは子供の頃の遠足や運動会の前夜の興奮、いくつになってもこの感覚はいいものですね。
参加者の皆さんと一緒に、充実した2日間にしたいと思っていますので、よろしくお願いします。
スポンサーサイト

Trackback

Comment

Post a comment

Secret


プロフィール

Author:西本 直
1993年、Jリーグサンフレッチェ広島を皮切りに、社会人野球三菱重工広島・協和発酵・ヴィッセル神戸・川崎フロンターレ、そして広島カープ佐々岡真司投手など、プロアマ問わず競技レベルのスポーツ選手から一般の方まで、トレーニングやメンテナンスの指導を行ってきました。
その経験と知識の蓄積を「西本理論」としてまとめ、一人でも多くの方に実践していただくことが、これからの私の使命であると信じ、このブログから発信していきます。
私の理論はスポーツ選手のみを対象としたものではなく、ビジネスマンや家庭の主婦まで老若男女すべてに当てはまる不変のものです。
指導や講演のご依頼も受け付けています。
実名でツイッターも書いていますので、チェックしてみてください。
また、2013年9月9日にConditioning Studio 操をオープンしました。
また、遠隔地にお住まいの方を対象とした動き分析とアドバイスを行っています。
詳細は「スタジオ操」のホームページ内の「遠隔サポート」をご覧ください。
「第25回西本塾」を11月18・19日の土日に開催を予定しています。
詳細はStudio操ホームページ内の「講習会情報」をご覧ください
尚、深める会も12月10日に予定しています。

最新記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カウンター

検索フォーム

QRコード

QR