充実の二日間

昨日一昨日の二日間、北は北海道から埼玉、名古屋、愛媛そして広島から、5名の方の参加をいただき、第一回西本塾を無事開催することができました。

お二人の方が急きょ参加参加できなくなったのは残念でしたが、それぞれの事情があり仕方のないことで、次の機会にはぜひ参加していただければと思います。

この西本塾、人生に「たられば」はないのですが、もし私が川崎に行かず、昨年から引き続いて、からだ工房で仕事を続けていたら、そして川崎をやめて広島に戻り、「Conditioning Studio 操」を作っていなければ、ぜったいに行われなかったと思います。

会社員をやめて故郷宇和島でこの仕事を始め、紆余曲折がありながらも20数年間スポーツトレーナーとしての人生を歩んできましたが、目の前の難問を、自分の考えたやり方で乗り越え切り開いてきたので、それを人に伝えるとか、いわゆる弟子や後継者を養成するという発想はありませんでした。

それでも、これまで関わってきた選手たちが指導者となり、私の力を必要としてくれるようになり、私の積み重ねてきた経験や知識を、もっと多くの人に広めて、その恩恵を受けられる人を増やしていくことが、これからの私の使命だ、などという言葉にその気にさせられ、プロの世界に戻っていきましたが、気合が空回りしてご存知のような結果になってしまいました。

それでも一度は決心した、自分の考え方を広め残していくという気持ちは変わらず、今回の西本塾の開催となりました。

二日間、8時間の予定で講義の内容を考えましたが、結局10時間以上話し続けてしまいました。

「体作りから動き作りへ」というメインテーマに沿って、体の仕組みや3・5・7理論、かわし動作、痛みに対する考え方や対処法など、出来る限り余すことなく、それでいて浅く広くではなく、それぞれの内容を掘り下げ、実技を交えながら、頭での理解だけではなく、体で感じていただけるように工夫して準備を進めてきました。

参加していただいた方々が、積極的に発言し実技に取り組んでいただいたことで、私の予想をはるかに超える充実した二日間になったと思います。

もっと早く私のお話しした内容を知っていれば、もっと違った競技生活が送れたのにとか、別の角度から指導ができたのにと言ってくださる声に、やはり私の考えをもっともっと広げていかなければの思いを強くしました。

それにしても札幌から参加していただいた小林さんは、連休で広島市内のホテルの予約が取れず、寝袋を持って野宿覚悟で飛行機と夜行バスを乗り継いでやってきてくれたのですから、その意気込みにただただ感謝です。

他の4人の方々もそれぞれの目的を持ち、西本直という人間そのものと、ブログを通して感じていただいた西本理論を、肌で感じたいとやってきてくださいました。

私なりに精一杯お話し、体を動かし、出来る限りのことをしたつもりです。

こんなに真剣に準備をし、充実した時間を過ごしたことが過去にあっただろうかと思うくらいの濃密な時間でした。

昨日の夜も、小林さんと一緒に食事をし、朝までとはいきませんが延々と熱く語り続けてしまいました。

今朝は満足感と疲労感が入りまじり、体がふわふわした不思議な感覚です。

皆さん無事にお帰りになられたでしょうか、本当に二日間ありがとうございました。

これからも、私の話を聞きたいという方がいれば、二回三回と回を重ねていきたいと思います。


参加者のおひとり、名古屋市から来ていただいた森さんから、嬉しいコメントをいただいたので、表のページに再掲させていただきたいと思います。
私の思いは伝わっていたんだと、本当に嬉しくなりました。
森さん本当にありがとうございました。

スタートから終了まで、まさに充実した2日間でした。

魂のこもった講義&実技の数々をすべて聞き漏らすことなく持ち帰り母校の選手たちに伝えることができたら、どんなにすばらしいかと興奮を抑え切れませんでした。

それでももっともっと聞きたいという感覚が消えることはなく、別れ際のなんともいえない名残惜しさにつながっていたのだと思います。

そして次回、仮にまったく同じ内容であってもまた参加します。決して気を抜いていたわけではありませんが、必ず新しい発見と深い理解を得られるはずだと思うからです。

ぜひぜひ第二回西本塾の開催を心から願っています。

今回西本塾を開催していただいたことに、西本さんはじめ参加者の皆様に、西本塾にめぐり合うことができた偶然に、そして参加することができたことに、すべてのことにただただ感謝しています。

本当にありがとうございました。
スポンサーサイト

Trackback

Comment

ありがとうございました!
スタートから終了まで、まさに充実した2日間でした。

魂のこもった講義&実技の数々をすべて聞き漏らすことなく持ち帰り母校の選手たちに伝えることができたら、どんなにすばらしいかと興奮を抑え切れませんでした。

それでももっともっと聞きたいという感覚が消えることはなく、別れ際のなんともいえない名残惜しさにつながっていたのだと思います。

そして次回、仮にまったく同じ内容であってもまた参加します。決して気を抜いていたわけではありませんが、必ず新しい発見と深い理解を得られるはずだと思うからです。

ぜひぜひ第二回西本塾の開催を心から願っています。

今回西本塾を開催していただいたことに、西本さんはじめ参加者の皆様に、西本塾にめぐり合うことができた偶然に、そして参加することができたことに、すべてのことにただただ感謝しています。

本当にありがとうございました。
  • 2013-10-14│17:45 |
  • 森孝寿 URL│
  • [edit]

Post a comment

Secret


プロフィール

Author:西本 直
1993年、Jリーグサンフレッチェ広島を皮切りに、社会人野球三菱重工広島・協和発酵・ヴィッセル神戸・川崎フロンターレ、そして広島カープ佐々岡真司投手など、プロアマ問わず競技レベルのスポーツ選手から一般の方まで、トレーニングやメンテナンスの指導を行ってきました。
その経験と知識の蓄積を「西本理論」としてまとめ、一人でも多くの方に実践していただくことが、これからの私の使命であると信じ、このブログから発信していきます。
私の理論はスポーツ選手のみを対象としたものではなく、ビジネスマンや家庭の主婦まで老若男女すべてに当てはまる不変のものです。
指導や講演のご依頼も受け付けています。
実名でツイッターも書いていますので、チェックしてみてください。
また、2013年9月9日にConditioning Studio 操をオープンしました。
また、遠隔地にお住まいの方を対象とした動き分析とアドバイスを行っています。
詳細は「スタジオ操」のホームページ内の「遠隔サポート」をご覧ください。
「第25回西本塾」を11月18・19日の土日に開催を予定しています。
詳細はStudio操ホームページ内の「講習会情報」をご覧ください
尚、深める会も12月10日に予定しています。

最新記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カウンター

検索フォーム

QRコード

QR