軸の概念再考 第二回西本塾告知

最初に第二回西本塾開催のお知らせです。

日程は12月14日土曜日と15日日曜日の二日間で行います。
前回はそれぞれ半日の講習でしたが、今回は両日とも午前9時から午後5時までとします。


第一回に参加していただいていた方と、初めて参加する方とでは、スタート時点での理解が全く異なりますので、土曜日はおさらいの意味を含めて理論編を詳しく行い、日曜日にはトレーニングと操体法をベースにしたケアの実技、さらには天候にもよりますが、歩き方から走り方まで、実際に外で一緒に体を動かしていただきたいと思っています。

今回までは、二日間の講習とし、三回目以降は基本的に一日講習で行おうと思っています。

本当は一日では伝えられないのですが、以降は回数を重ねながら理解を深めていただくというやり方がいいのかなと思っています。

西本理論の基本からきちんと学んでおきたいと思われる方は、この第二回に参加していただきたいと思います。

それと、一回目の時にも参加者の方にお聞きしたのですが、このブログを最初のページから全て読み込んでから参加していただいたのは、5名中2人だけでした。

パンフレット的なものは準備しますが、私の話す内容は基本的にこのブログに書き綴ってきたものです。

せめて一通り目を通して、今話をしているのはあのことかという顔をして聞いていただきたいと思います。
初めて聞くような顔をされてもこちらの方が困ってしまいますから、よろしくお願いします。

費用は時間的にほぼ倍の内容となりますので、通しで三万円とさせていただきます。

近日中に「操」のホームページ内に案内を出しますので、そちらの申し込みフォームから申し込みください。

さらに充実した内容で実施できるよう、時間をかけて準備して行きます。

さて、昨日のついったーでも話題にしました「体の軸」という言葉の捉え方です。

すでに何度か触れてきましたが、私は一般的に言われている棒や線のような軸は体には存在しないと考えています。

そういう風に捉えられるのは結果であって、軸ありきでそれをどう意識するかではなく、股関節という太ももの骨が腸骨に収まっている球関節が、地面からの反力を使って、いかに骨盤そのものを回すのではなく、股関節単体として、体を動かすエンジンとしての機能を発揮させるかなのだと考えています。

骨盤自体を回そうとすることで、体の左右の中心である背骨を軸とする1軸の回転の発想が生まれ、左右の股関節とその上方の肩甲骨を連動させることで、左右それぞれの1軸運動として捉え、さらに左右を別々に使うという意味で2軸という発想になるのだと思います。

何かを回すために何処かが動くではなく、股関節そのものが球関節としての働きを全うしてくれた時に、他の部分がどう連動して、どういう動きを導き出してくれたかというのが正しい説明ではないかと思うのです。

軸ありきではなく、二つの強力なエンジンである股関節をどう使うか、その結果として、体に無理がなく滑らかな、以前にも例に出した楕円の動きをするロータリーエンジンのイメージになるのです。

軸はあくまでも結果論で、もっと股関節自体のローリング動作を追求するべきではないでしょうか、居つくことなく滑り出すように走れたり、体重の移動ではなく重心の移動だけで、軽やかに前後左右にステップが踏めたり、私の指導で十分それが出来るようになるのですが。

股関節というのは本当に良く出来ていて、私たちの力の源になってくれています。

走ることはもちろん、投げること蹴ること飛ぶこと、軸という概念から離れて、もっと股関節そのものに注目して行くべきではないかと思います。

第二回の西本塾では、この股関節を意識して歩く走るの動作を実感し、伝える人になっていただきたいと思っています。
スポンサーサイト

Trackback

Comment

Post a comment

Secret


プロフィール

Author:西本 直
1993年、Jリーグサンフレッチェ広島を皮切りに、社会人野球三菱重工広島・協和発酵・ヴィッセル神戸・川崎フロンターレ、そして広島カープ佐々岡真司投手など、プロアマ問わず競技レベルのスポーツ選手から一般の方まで、トレーニングやメンテナンスの指導を行ってきました。
その経験と知識の蓄積を「西本理論」としてまとめ、一人でも多くの方に実践していただくことが、これからの私の使命であると信じ、このブログから発信していきます。
私の理論はスポーツ選手のみを対象としたものではなく、ビジネスマンや家庭の主婦まで老若男女すべてに当てはまる不変のものです。
指導や講演のご依頼も受け付けています。
実名でツイッターも書いていますので、チェックしてみてください。
また、2013年9月9日にConditioning Studio 操をオープンしました。
また、遠隔地にお住まいの方を対象とした動き分析とアドバイスを行っています。
詳細は「スタジオ操」のホームページ内の「遠隔サポート」をご覧ください。
「第25回西本塾」を11月18・19日の土日に開催を予定しています。
詳細はStudio操ホームページ内の「講習会情報」をご覧ください
尚、深める会も12月10日に予定しています。

最新記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カウンター

検索フォーム

QRコード

QR