FC2ブログ

高みを目指す方法は、やっぱり基本の繰り返し。

今日もブログを読んで頂きありがとうございます。

週末の雨で一気に季節が進み、朝夕はめっきり涼しくなってきました。

コロナの影響で観客数が大幅に制限されていた様々なイベントが少しずつ緩和され、屋外のスポーツ観戦には追い風になってくれそうな秋を迎えました。

軽々には言えませんが、このコロナ騒ぎというものが、だいぶ前から仕組まれた陰謀説まで飛び交っていて、単純に恐れたり不安を煽られていることが、そのまま真実に基づいたものなのか、私自身不信感を覚えています。

それはさておき、これまで当然だと思ってきたことがそうでなくなって、色々なところで大きな影響が出ていることは間違いありません。

今まで通りが良い、出来れば大きく変わって欲しくない、様々な分野でそんな風に思う人が多い日本ではありますが、固定概念を離れどんどんチャレンジしようとしている人たちには、逆に追い風が吹いているのかもしれませんね。

テニスの『大坂なおみ選手』が、二度目の全米オープンを制したニュースは、ここ最近にない明るいニュースとなりました。

日本のマスコミの常で、裏話的な報道がたくさんされていますが、その中でもコーチを変え、リニューアルした『チーム大坂』のトレーナーを務めている方のことが紹介されていました。

トレーナーという肩書は色々な仕事が含まれていますが、取り上げられていたのはトレーニングに関することでした。

コロナ禍で試合が行えない約二か月間を有効に利用して、弱点強化というか更なる能力の向上を目指したトレーニングを行ってきたようです。

世界のトップを争う大坂選手、一般の方から見れば想像もつかないような、見たこともない凄い内容のトレーニングを行っていると考えるのではないでしょうか。

しかし、報道されたのは、とんでもなく地味なフットワークのトレーニングや、あまり好きな言い方ではありませんが体幹を鍛えるといった類のものでした。

もちろん全てを公にしているとは思えませんが、テニスプレーヤーにとって必要な基礎的な能力を、もう一度一から作り直したとでも言うべき、まさに基本的な能力の向上を目指していたようです。

本来ならばオフシーズンに取り組むべき内容かもしれませんが、その時期に行うにしても地味で根気のいるトレーニングです。

さて、今日私が何を言いたいのか、もうお分かりだと思いますが、世界のトップを争う大坂選手のような超一流選手でも、そこに近づくための近道は無いということです。

一流か超一流かの差はそこにあるのではないでしょうか。

技術的なこと戦術的なことは、科学的な手法を使って蓄積された多くの情報を整理して、最も適したものを選択していくことが出来る時代です。

この分野に関しても分析担当という専門職が居て、その能力を競い合い高め合っていますから、その気になれば必要な能力を持った人の協力を仰げる時代になっています。

ではそういう科学的な情報戦が行き着く所まで行った時、最後に選手が必要な結果をもたらす要素は一体何なのでしょうか。

そうです、最後に信じられるのは己の肉体だけです。

その能力の優劣が、個人であれチームであれ勝敗を決する大きな要素になることは誰も否定できないでしょう。

しかし、指導する側も選手の側も私の主張とは違い、選手の能力の向上もチーム力の向上も、技術戦術を優先に考えられているのではないでしょうか。

勿論それを否定しているのではありません、バランスの問題です。

それが行き着く所まで行った大坂選手のような立場になって初めて、『人間という動物に与えられた基本的な能力の向上』という、一見地味な発想に立ち返って行くという皮肉な現象が起こってしまうのです。

趣味でやっているゴルフですが、特に女子ゴルフでは低年齢化が顕著で、昨日終わった『日本女子オープン』という大きなトーナメントでも、昨年のプロテストを受かったばかりの選手が何人も上位で戦っていました。

それこそ小学生から真剣にゴルフに取り組み、ひたすらボールを打ってきたことと思います。

夢にまで見たプロテストに合格しても、トーナメントに出場できるのはほんの一握りです、それが数年のうちに後輩選手に追い越されていきます。

見た目のフォームも同じ、体格もそれほど変わらない彼女たちは、ひたすら技術を向上させようと努力していると思います。

そしてどこかのタイミングで、肉体改造の名のもとにトレーニングを行い、自分の目指している目標とは違った結果になっていくという選手をたくさん見てきました。

特に技術が優先されるゴルフという競技で、肉体的筋力的な変化がプラスになっているようには見えません。

ゴルフを始めた育成年代から計画的に動きづくりのトレーニングをしていれば、相乗効果で向上し、プロとなった時更に技術が向上するのではと、勝手に想像しています。

大坂選手のような立場になれば、最新にして最高のノウハウを享受できると思いますが、そういう選手にしてフットワークなどの基礎練習に多くの時間を費やしたというのです。

今朝スポーツニュースで、海外で活躍するサッカーの岡崎選手が所属するチームと久保選手が所属するチームが直接対決したということで思わずテレビを見てしまいましたが、先発出場した岡崎選手のプレーが起点となって得点したシーンを映像で見ましたが、体の小さな岡崎選手が相手選手を背にしてボールを受ける際に、まったく体格差を感じさせませんでした。

これは体の使い方という側面は勿論ですが、体格差に勝る海外の選手たちの中で、何年もプレーしていることで、当然ですが経験値が加わり、当たり前のようにああいうプレーが出来るようになったのだと思います。

そういう意味では、日本代表として世界に伍して戦いたいとか、純粋に海外のチームで自分の力を試したいと考えている選手は、どんどん海外に進出するべきだと思います。

私はそういう海外志向のない、まったくの井の中の蛙ですが、だからこそそういう意欲のある選手に、私が身に付けてきた知識や経験がどうやったら役に立てるかと、考えるだけで楽しいです。

それが一周回っても二週回っても、向上心にあふれる選手たちに最も必要で、私が役に立てるのは、『体の基礎的な能力の向上』というところに戻っていくのです。

正直地味なトレーニングばかりです、今日やったからと言って明日役に立つものもあれば、そうでないものの方が多いかもしれません。

それをどれだけ理解し継続できるかが、選手としての運命の分かれ道ではないでしょうか。

目指すところが高ければ高いほど、間違いなくそうであると断言しておきましょう、しかし、今やっていることで十分だと考える選手も多いでしょう。

最後にもう一度、大坂なおみ選手が取り組んだのは『基本の基本』です、これからもきっと同じだと思います。

私にできることはその部分のサポートです。

現場を離れ責任ある立場でのチームの指導もなくなった今、個の成長に関わることで満足してしまっている部分もありますが、この仕事を志した時の初心、今は結果が出ていないが、それぞれの頂点、全国大会の出場や日本一という明確な目標を持ったチームや選手を相手に、思いっきり感情移入をして応援してみたい、そんな気持ちが大きくなっています。

おかげさまで『Conditioning Studio操』はオープン7年を迎えます。

今日もブログを読んで頂きありがとうございます。

皆さんのお住まいの地域では台風10号の影響はいかがでしょうか、私の住む広島市内には特に大きな影響はありませんでしたが、今も時折強い風の音が聞こえています。

自然災害は防ぎようがありませんが、今回は多くの方が事前の避難をしているという報道を見て、少しでも被害が少なくなってくれればと、少し安心した気持ちになりました。

さて、今日は9月7日ですが、2日後の9月9日は『Conditioning Studio操』をオープンして7年の記念日となります。

思い起こせば2013年の5月の大型連休が終わった日に、広島に帰ってきました。

しばらくは何も考えられない日々が続きましたが、5月27日から新たな一歩を踏み出さなければと、このブログを書き始めました。

あれから7年、よくもまあこれだけの分量の文章を書き続けてきたものだと、我ながら感心しています。

読んでくれる人がいるのか、誰かの役に立つのか、とにかく自分の思いを書き連ねてきました。

最近の記事には、拍手のボタンを押してくださる方が『11』人、シェアしてくださる方も『18』人と数が一定しているので、おそらくは毎回同じ方が応援してくださっているのだなと、感謝感謝の気持ちで一杯です。

広島に帰ったのが連休明け、ブログを書き始めたのはその月末、そこからこの施設をオープンさせるまで3か月を要しました。

当時はまだ55歳、仕事を離れて悠々自適の生活など夢のまた夢で、なんとかもう一度前に進まなければと、必死にもがいていました。

それまでの私は、縁あって与えられた仕事で、自分の能力のすべてを発揮して、選手の能力向上とチーム力の向上を目指し、結果として求められるのは『勝利』のみ、勝つことがすべてという気持ちでした。

そこまで私に求められてはいなかったでしょうが、『結果責任』という言葉を常に最優先し、組織の人間関係などは考えたこともありませんでした。

常に自分がやっていることが選手にとって最良の方法であると言い切れるように試行錯誤の毎日でしたが、絶対に誰にも負けないという強い気持ちだけで、自他ともに認めるとんがった生き方をしてきました。

教科書的な知識や金太郎あめのような誰がやっても同じ結果を導き出せるやり方で事が済むのなら私は要らないと、常にもっともっとと目を吊り上げてきました。

思い起こせば家族のための時間はほとんどなく、申し訳ない気持ちと、自分でももっとうまく時間を使えばよかったと思うことも多く、不器用な性格に呆れてしまうほどでした。

そんな私でしたが、『西本塾』や個人指導の形で、私が積み上げてきた知識と経験を学びたいという方の存在があり、自分の中だけで練り上げてきたものを発信するという行為で、自分でも気づかなかった多くのことを再認識させてもらう結果となりました。

このことはその後の私にとって本当に有り難いことで、これまで言葉にしたこともないことが、次から次へと私の中から溢れ出るという体験は、私の力ではなく沢山の方々のおかげだと感謝しています。

7年という日々の積み重ねが、これからの私が進むべき方向というか、無理してとんがっていることが必要ではなくなったことを教えてくれました。

このブログで一番伝えたかった事、『体づくりから動きづくりへ』という意識改革や、『木を見て森を見ずにならないように』という全体を俯瞰するものの見方、『体の使い方』という視点などが、私以外の方々が当たり前のように発信してくれるようになりました。

それまでは独特の考え方であるとか、ものの見方であるという、一般的ではないという評価しかされないところもありましたが、7年間発信を続けてきたことで、「そういう見方もあるよね」と、市民権を得たような気がしています。

まだまだその端緒に立ったというレベルですが、結果を残してきた指導者のやり方や、自分の経験だけで語られてきた指導方法に一石を投じられたのではと思っています。

日々スポーツ競技をテレビで見るにつけ、まだまだ私の思いが届いていないなと感じることの方が多いですが、前回記事にしたように、その時代時代を生きる選手や指導者の皆さんが、自分の考えで取り組んでこそ、結果に対する喜びも、その責任も負わなければ、振り返った時の充実感は得られないと思います。

色々思うところはありますが、一言で言えば「好きなようにやってください」ということになります。

そんな中で、私の積み上げてきたことにヒントを求めようとしてくれたのなら、何時でもその期待に応える準備はできています。

正しいことを正しいと言い続けるだけでは、何も生みだしてはくれません。

迷いに迷って先が見えなくなったときに、「こういう考え方、こういうやり方もありますよ」と言ってあげられたら、私の積み上げてきたことがものが、本当の意味で役に立てるのかもしれません。

まだまだ試行錯誤は続き、積み上げなければならないことも沢山ありますが、棘が抜けてきた分、自分に対しても他者に対しても優しくなってきたと思います。

これまでは自分の思いばかりを書いてきましたが、読んでくださっている方からテーマを頂ければ、私がわかる範囲で文章にしてみたいと思っています。

難しいことは無理ですが、私に対する質問でも何でもよいので、何かあればご提案ください。

いつも👏ボタンを押してくださっている方、シェアしてくださっている方、本当に励みになっています、最後にもう一度『いつもありがとうございます』。

まだまだ頑張りますので、これからもよろしくお付き合いください。

自分の経験から回り道と感じることを否定することはできない。

今日もブログを読んで頂きありがとうございます。

私の住む広島市の南側の湾岸地域、今朝はほんの少しですが涼しげな風が吹いてきて、秋の気配を感じています、後数時間でまたうだるような暑さに変わっていくとは思いますが😅

今日で8月も終わり、区切りとなるような行事や出来事がないままに、月日だけがある意味無情に過ぎていきます。

コロナウイルスに関しては、何かに心をコントロールされているというか、何が真実でどう向き合えばいいのか、ただ不安と恐怖を植え付けられているようで、素直に受け入れられない部分が多くあります。

その影響もあって、人との繋がりが大きく制限されてしまい、あまり人付き合いの得意ではない私でも寂しい気がしています。

体の動きを肌で感じながら、息遣いまで心を配りながら施術やトレーニングの指導を行うのが私の流儀ですが、『西本理論』と呼んで頂くようになった私の考え方の一端は、対面でない方法でも伝えることが出来ないものかと思ったりもしますが、具体的な一歩は踏み出せていません。

本来ならば直接の指導ができたであろう水戸の高校生たち、一度だけの指導で途切れてしまっていますが、選手たちや指導されている方たちが、私の理論と方法論に触れてどう変化してくれたのかとても気になっています。

こちらから出向いて行っての指導もそうですが、もしかしたら広島まで来て直接の指導を受けてみたいと思ってくれている選手もいるかもしれませんので、色々な意味で残念に思っています。

最初に私自身が指導する側の立場に立った時には、当然指導者としての初心者でした。

人間の体そのものを相手とする仕事ですから、現時点で世間一般に認められている定説というものがあります、金太郎あめのようにどこを切っても同じ顔が出てくるという、一定のレベルのサービスをどこに行っても受けられるということは大事なことだと思います。

人生をかけてスポーツに取り組む選手たち、その意味はプロだけではなく小学生や中学生であっても同じだと思います、そういう人たちを相手にしているという強い気持ちは最初からありました。

私自身が初心者から始まって、長く指導に携わっていく中で感じることは、その経験がなかなか受け入れられないという現実です。

既に成人している選手、もっと言えば既に引退している選手たちに対しても、「こういう時にはこうなっているんだよ、だからこうすればいいんだよ」と、いくら説明しても、その人間個人にとっては初めてのことであって、明日こうなるという目の前に見えているはずの現実さえ受け入れられないことの方が多いのです。

競技能力を向上させたいと取り組むトレーニングであっても、今現役で結果を残している選手が取り組んでいる方法論は受け入れやすいですが、私の経験から導き出された『人間の体はね・・・』に続く本質論に耳を傾け取り組んでくれる選手はほんの一握りです。

しかしそういう選手であっても、歳を重ね失敗を重ね活躍の場を失いそうになった時点で、「あの時言われたことはこういうことだったのですね」と振り返って気付く選手もいますし、気付かないままの選手の方が多いかもしれません。

実際に私がその思いが強くなっていく中で、どうすれば選手たちを回り道させないで、それぞれが目指す高みに導いていけるか、そのことに腐心していました。

その思いが強くなればなるほど、お互いがかみ合わないというか、私は私の経験の中で導き出されたことが絶対に正しいことで、相手のために最良の方法論であるという確信を持ってはいますが、相手にはその過程を全く経験していないのです。

そういう選手に対して正論をぶつけても通じるはずはなかったのです。

腰痛等体の不調を訴えて来所する方も同じです、他人の体の変化の過程を説明されても、自分の体に置き換え、なるほどそうなっていくのか、そんな風に感じられる人がいる方がおかしいのです。

施術する側、指導する側の立場の人たちは逆に、既に結果を残している考え方や方法論を学び、自分も知っている自分もできるという感覚になったり、先人がたどった試行錯誤の時期を飛ばして、今の自分を作っていることも多いのではないでしょうか。

不思議なことに先人が辿り着いた原理原則があるにもかかわらず、自分なりの理論を構築しようと力が入っているように感じる方もあります、自分のことを含めてそれが良い悪いと論じているのではありません。

どんな立場どんな仕事であっても、そういう過程そのものが『人生』というものではないのかと思うようになりました。

ある程度人の話が聞けるようになった人間が、みんな同じ考えで同じ方向を向いてしまったとしたら、今のコロナ禍で人心が翻弄されている状態と何ら変わらないことになってしまいますから。

私は今向かっている方向が正しいと信じて進んでいます、たぶんこの先も大きな方針転換はないと思います。

それは私が辿り着いたものであり、目指しているところもその方法も、それぞれが自分で探し求めてこそ、結果の良し悪しも受け入れられるのではないでしょうか。

回り道大歓迎です、回り道こそが人生だと思います。

私はその回り道の仕方を『あみだくじ』に例え、出会った誰かがたまたま引いた一本の線から新たな方向性が始まるということを繰り返してきました。

『近道を教えない』教えないはだめですね、自分が導き出してきたことをさりげなく『近道もあるよ』、くらいの気持ちで十分だと思います。

回り道して失敗して最終的に望む方向に行けなかったとしても、一度きりの人生その方が楽しいのだと思います。

もう後がない、なんとか現状を変えたい、そういうぎりぎりの立場になってしまった方にしか受け入れられないのが『西本理論』だと、自虐的にもなっていますが、『あなたの言う近道とはどういうものか』、ちょっと興味があるという方もぜひ私のところに来てください。


プロフィール

Author:西本 直
1993年、Jリーグサンフレッチェ広島を皮切りに、社会人野球三菱重工広島・協和発酵・ヴィッセル神戸・川崎フロンターレ、そして広島カープ佐々岡真司投手など、プロアマ問わず競技レベルのスポーツ選手から一般の方まで、トレーニングやメンテナンスの指導を行ってきました。
その経験と知識の蓄積を「西本理論」としてまとめ、一人でも多くの方に実践していただくことが、これからの私の使命であると信じ、このブログから発信していきます。
私の理論はスポーツ選手のみを対象としたものではなく、ビジネスマンや家庭の主婦まで老若男女すべてに当てはまる不変のものです。
指導や講演のご依頼も受け付けています。
日々の気づきやブログの更新情報はツイッターに書いていますので、チェックしてみてください。
広島港旅客ターミナル2階のテナントスペースで、2013年9月9日にConditioning Studio 操をオープンしました。
施術やトレーニング指導を行っていますが、私の技術と経験を伝える「西本塾」も開催しています。
詳細はStudio操ホームページ内の「講習会情報・募集中」をご覧ください.
「1回5分体が喜ぶ健康術」はアマゾンで在庫切れのことが多く、購入希望の方にはご迷惑をおかけしています。
出版元からの購入は可能ですので、ガリバープロダクツ(代)082-240-0768までお問い合わせください。

最新記事

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カウンター

検索フォーム

QRコード

QR

フリーエリア

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51P40WM8EQL.jpg