私の生き方にこそ固定概念があったのかもしれません。

昨日は育成年代の子供たちのサッカーチームの指導の手伝いに行って来ました。

指導と言ってもサッカー経験のない私に出来ることは、『体の使い方』ということに絞られます。

指導の中で今まで使ったことのない言葉がまた出て来ました、ボールを扱う技術ではなく、『体を操る技術』と言う概念を持って欲しいということです。

実際には体を操る技術こそがボールを操ることそのものなのですが、ボールを思ったように扱えるという技術、具体的にはリフティングやドリブル、止めて蹴るという基本動作が技術そのものだという認識になっていると思います。

世間一般ではそう思われている中、昨日行ったのは、私の考え方に共感し、西本塾にも参加してくれて指導に取り入れてくれている人間が指導してくれている数少ないチームですから、選手たちがどんな動きを見せてくれるのかとても楽しみにしていました。

限られた時間の中ですから、普段行なっている練習を見学させてもらい、気になることがあればコーチに話をして指導に活かしてもらうというスタンスで臨んだつもりでした。

それがせっかく私が来てくれたのだから、この際いろいろなことを直接指導してもらおうと、ほとんどの時間私が動き回って指導させてもらうことになりました。

私ももちろんその気があって、ちゃんとサッカーシューズを履いて行きましたが(笑)

もともと間接的に私の考えが伝わっているはずの選手たちでしたが、直接指導させてもらえるとなると、ついつい力が入り色々な事をやってもらうことになりました。

体の使い方を説明したり、うまく表現してくれている選手を見つけてお手本にしたりと、グランド全体を動き回り、出来る限り一人一人に声をかけて指導しました。

私自身も変化を感じましたが、普段指導しているコーチたちの目にも、短時間でどんどん変化していく選手の動きに驚きを隠せないようでした。

指導の内容は別として、今回自分の中に大きな変化を感じました。

今回はあくまでも見学者であって、もし指導をすることがあったとしてもボランテイアとしての立場での指導となります。

こういう指導はまさに私の仕事ではありますが、今回は仕事抜きの訪問でした。

私は仕事に対して常に結果責任を感じながら行なっています。
たとえ短時間であっても、その場限りの指導であっても、ただその時間を指導したという感覚にはなれません。

なんとか理解させたい出来るようにしてあげたいという気持ちが強く、時には厳しい言葉も発することもあります。

これまで関わって来た選手やチームを勝たせるという、唯一無二の命題を達成するためには、一切の妥協を許さず、すべてをかけて取り組んで欲しい、もちろん私自身が選手たち以上にその気持ちを強く持ち、表裏のある生活を送る訳にはいかなかったのです。

これが私の言う、『与えられた役割を演じる』という生き方でした。

この考え方の元となったのは、初めてプロの組織に飛び込んだ24年前、これがプロのサッカー選手かというお手本というか大きな影響を受けた、現在監督をしているある選手でした。

あえて名前は出しませんが、自分の専門分野では、この選手と対等以上な立場でケアをしトレーニングを指導しなければならないと考えた時、私の中での一切の妥協は消え去りました。

組織の一員であるという意識を持つこともなく、ただ目的のために最善を尽くすのがプロだと、最初に思い込んでしまったことが、その後のトレーナー人生にとって本当に良かったのかどうか、今では比較することもできません。

そういう自分を演じなければならない、そう思い込んで来ました。

昨日の私は、育成年代の子供たちと、呼んでくれた指導者のために、どんな私を期待されているのか、そんな私を演じていたのかもしれません。

それがなぜだかわかりませんが、そこへ向かう車の中から、指導している2時間という時間、そして家路を急ぐ20分の間も、とても心穏やかで心地良いのです。

こんな感覚は初めてだったかもしれません。

商売が下手だと言われ続けてはいますが、商売抜きで誰かのためにという感覚は私にはなかったかもしれません。

これまで作り上げて来た理論と実践を、安売りする訳にはいかないし、指導するに値する対象でなければ、本気になることもありませんでした。

それでも手を抜くなどという考えはないので、常に全力投球でとりあえず自己満足だけは出来る指導をして来たつもりでした。

昨日の私は声を荒げるどころか、ダメとか違うとか否定的な言葉もおそらく一度も使っていなかったと思います。
かと言ってダメなものに対して、適当な言葉で対処したつもりもありません。

実に自然に、選手達にとって分かりやすい言葉を選び、明るく大きな声で話しかけ、上手くいけばもちろん褒めと、自分はこんなことができる人間だったっけと、帰りの車中でほくそ笑んでしまいました。

指導することが楽しいと思ったことがこれまであったのかとも思いました。

すべては結果のため、何としても選手たちをこのレベルにまで引き上げなければと、必死にそういう私を演じてきたのだと思います。
と言うよりも、私自身がそう言う人間なのだと思い込んでいました。

年齢なりに少しずつ角が取れて丸くなってきたと言う言い方もできるかもしれません。
昨日の私も与えられた役を演じていただけなのかもしれません。

でもその役を演じることがこんなにも心地良いと感じられたのなら、本当の私はこっちだったのかもしれない、そんな風にも思いました。

これまでの私は、私自身が一番嫌う固定概念の中で、思い煩っていただけなのかもしれません。

どちらにしても、まだまだこれからの人生を歩んでいく中で、自分はこう言う人間なんだと決めてかかることはやめようと思いました。

信頼し指導を受けてくれる選手や、体の不調を訴え施術を受けてくれる人たちのために、私がどんな役を演じれば良いのか、それが自然に演じられてこそ、これまでの経験がお役に立てる一番の方法だと思います。

『人間の体を自分が思ったように操る』、言葉で言うのは簡単ですが、これほど難しいことはありません。

そこに少しでも近づくための方策を身に付け、指導するためには、やはり現場に足を運ばなければダメだと思いました。

目の前で動きをやって見せ、選手の動きや表情を観察し、どのタイミングでどんな言葉をかけてあげればこちらの意図が伝わるのか、本当に良い経験をさせてもらいました。

そしてそれが上手く伝わった時、本人はもちろん見ているすべての人がはっきりと感じられる変化を引き出せる、私の能力もなかなかのものだ思いました。

毎日接する立場ではないからこそ、責任ある立場ではなかったからこその気楽さもあったと思います。

でもこの感覚で接することこそが、選手たちのためにベターなものだったとしたら、どんな立場で指導を依頼されても、今回のような気持ちで接することは大事なことなのでしょう。

私の本性はどこにあるのか、そんなことはもうどうでも良いことなのかもしれません。

これからも、どんな役でも演じられるように、しっかりと自分自身を高めていこうと思います。

発想と視点を変えることができれば、もっと楽しいことが待っています。

昨日の午前中、エディオンスタジアムで行われたサンフレッチェ広島の練習を、智志と二人で見学しに行ってきました。

目的はある選手の動きを確認することと、低迷しているチームがどんな雰囲気で練習に取り組んでいるのか、生の姿を見たいと思ったからです。

私自身現場を離れて5年が過ぎました、離れたからこそ見えてきたものがたくさんあり、この仕事を始めてから30年近くになりますが、30年前より20年前より、5年前よりも、今の私は自分で言うのはおこがましいですが、ずっと成長しているような気がします。

過去それぞれの環境でベストを尽くしてきたつもりではありますが、やはり目の前の課題に取り組むことが一番で、総合的に自分の考えをまとめ発展させていくという作業は出来ていなかったと思います。

色々な意味で5年前に経験したことは、大きな転機をもたらせてくれました。

一般の方に対する施術はもちろんですが、様々なスポーツを見る目も変わってきたように思います。

人間の体の本質のようなものが見えてきて、それをどう生かすことが効率的に体を操ることになるのか、考えれば考えるほど発想が広がりました。

しかし、私が何をどう考えようと、現場で指導する監督と言う立場には成り得ませんし、コーチという肩書が与えられたとしても、最終的にすべてを判断するのは監督の裁量にかかってきます。

今出来ることは「個」を磨くことです。

これはこれでとても楽しい仕事で、選手と一緒に課題を見つけ、それをどう克服したらいいのかという方法を提示し、体の動きや考え方まで変化していく選手の姿を間近に見られることは、私にとって何より喜びとなっています。

昨日練習をスタンドから見学している時、見たような人が前を通り過ぎようとしたのに気づき声をかけました。

西本塾にも参加してくれたことのある、現役のサッカー指導者で女子選手を指導しています。

練習を見ながら色々な話をしました。

彼は私の考え方を知る前は、他の指導者と大きな違いはなかったかもしれません、しかし、私と接していく中で、新しい発想を知り今までとは違った視点でサッカーをそして選手の動きを見ることができるようになっています。

現実として彼が今指導をしている選手たちの動きは明らかに変化し、これまでにない動きを表現してくれるようになったそうです。

年代別の代表にも何人か選ばれるようになったそうです。

ところが残念なことに、彼の所属するクラブの中で、同じ発想で会話ができる指導者はいないそうです。

私が常に言い続けていることですが、まだまだ私の話に普通に対応できる指導者、いえ選手にもまず出会うことはありません。

しかし、少しずつ理解が進んで行くと、これまでとは全く違う世界が開けてくると口を揃えて言ってくれます。

一定レベル以上の組織を任される指導者と言うのは、それなりの実績と経験を積んでいることは分かります。

それらをベースにして指導を依頼されているのも理解できます。

しかしそれではそのレベル以上の選手を育てることができるのでしょうか、自分の方が上だと思っているから指導しているという発想になるのでしょうが、もっと深い所に思いをはせ、直接指導させてもらえる環境を与えられたことを活かして、自分自身を成長させるチャンスだと捉えることは出来ないのでしょうか。

久し振りに話をした彼の口からは、すでに私が乗り移ったように何の違和感もなく話が弾み、こういうことが普通に話せることがとても嬉しそうでした。

そんな中でひとつ彼にアドバイスというか提案したことがありました。

これも何度も口にしていることですが、「期待されている自分を演じる」と言うことの意味です。

出来ない分からない、自分には難しいと言ってしまうことは簡単です。

現状のサンフレッチェのように勝てない状況が続いている中で、応援してくれているサポーターの前でニコニコ笑顔を振りまくというのは難しいかもしれません。

練習中にミスをした時にも、見ている我々にも伝わってくるようなマイナスな行動をやめ、すぐに次のプレーに集中してボールを追いかける姿を見せてくれと言うのもかわいそうかもしれません。

でも彼らは戦わなければならないのです。

プロとして自分の為だけにサッカーをしているのではないということです。

たくさんのサポーターが彼らが一生懸命戦う姿を見て勇気づけられ、それぞれの生活に糧としてくれているのです。

そういう立場を常に演じる必要があるのです。

私が西本塾で指導をするとき、施術を行う時の誘導の言葉が出ない人が多くいます。

自分は口下手だから、人と話すことが苦手だから、そんな言い訳が聞こえた時、私は厳しい言葉でこう言います、「我々が相手にしているのは生身の人間ですよ、ロボットを修理しているのではありません。あなたが口下手であろうと人見知りであろうと、目の前にいる相手にはまったく関係のないことです。要点をきちんと説明し、要領よく体を誘導してあげられる有能な施術者を期待されているのですから、それに応えるためには理想の施術者を演じればいいのです」、と。

選手も指導者もまったく同じです、今出来るとかできないとか、今負けが続いているとか、そんなことはどうでもいいのです。

試合に出場し勝利してみんなで笑顔で喜びを分かち合っている、そんな自分を今こそ演じなければならないのです。

単純なプラス思考とかメンタルトレーニングのことを言っているのではありません。

それが与えられた役割なのですから。

大リーグの選手は家族の不幸や奥さんの出産に立ち会うために、戦いの場を離れることは当然だと思っています、それは正しいことだと思います。

逆に良いことだとは言い切れませんが、自分がその場を離れることで全体に対して大きな迷惑が掛かると、家族の不幸があっても舞台に立ち続ける役者さんもいます。

泣きたい時にも笑顔を振りまかなければならない時もあります。

そんな極端な話ではなく、今自分がやらなければならないこと、立ち居振る舞いも含めてすべてを見られているという覚悟がなければ、プロスポーツ選手と言う仕事も難しいものになるでしょう。

そんな話をしながら、新しい発想と視点を得た彼は、現状をまったく憂うことなく、指導している選手たちのためにより良い指導を模索している彼の姿勢は素晴らしいと思います。

願わくばこういう人がどんどん増えて、私と同じ発想や視点で会話を楽しめる輪が広がってくれたらいいと思います。

ちょうど今、大阪の大学のサッカー部の選手から、8月後半に広島県福山市の「ツネイシしまなみビレッジ」で行う予定の夏合宿期間中に、西本理論のトレーニングの指導を受けたいという連絡がありました。

こういう依頼は初めてでしたので、興味を持ってくれたこと、私の理論や実践がチームの強化に役立つと思ってくれたことをとても嬉しく思います。

実現するかどうかはまだ分かりませんが、大学生のサッカー選手を相手に走り回れるよう、心身ともに準備しておかなければなりません。

私が言い続けていることは、新しい発想でも特別な発想でもありません。

人間の体はこういう風に出来ているから、こういう風に使おうよと言っているだけのことです。

ただそれをやるのは人間です、心が体を動かす部分は否定できません。

まだ実績のない若い投手が、5回を投げ終え勝ち投手の権利を獲得した6回のマウンドで、突如コントロールを乱し、球威が明らかに落ちてしまうという現象があります。

この現象は、たんに球数の問題や体力不足で片付けることは出来ません。

2軍の試合で投げる1球と、1軍の試合で名だたる打者を相手に投げる1球に対する集中力はまったく異質なものだと思います。

この辺りの感覚は、本当にその場に立った人間にしか分からない感覚だと思います。

サッカーでも、ここ一番の試合やカテゴリーが上がって最初の試合とか、初めて日の丸を背負っての試合とか、これまで経験したことのない舞台での緊張感は、想像以上の疲労につながると思います。

そういう経験がしたくても出来ない私のような人間だからこそ、人間としての想像力を働かせ、少しでも感覚的に寄り添った指導ができるようになりたいと努力するのです。

一緒に見学した彼が近い将来、トップチームを率いることになれば、きっと世の中がサッカーの見方を変えてくれると思います。

色々なところで私がまいた種が芽を出してきたような気がしています。

そして大輪の花を咲かせてくれる日も近いでしょう。

私はそれまでしっかりと自分の考えを発展させ続けて行きます。

お手軽な方法論ではなく、ことの本質を追求し続ける、これが私の生き方です。

本日はただの雑感です、実利はないと思います。

これまで色々な仕事をしてきました、過去を語ってもあまり意味はないのですが、その時々で自分の力を十分に発揮させてくれる相手に出会ってきました。

もちろんそうでない相手の方が多かったと思います。

その違いは何かと考えると、相手が求めていることと、こちらが伝えたいことの違いということになるのだと思います。

私が会社員を辞め、施術を業として生きて行こうと決め故郷宇和島に戻って開業した2年後、広島にやってきました、34歳の時だったと思います。

サッカーという競技もプロと言う組織も、トレーナーと言う職業も、まったく知らないままに広島に来てしまいました。

軌道に乗りかけていた治療院をたたむことに迷いはありました。

信頼して通ってくれている人たちに対して申し訳ないという気持ちももちろんありました。

決め手となったのは、当時の責任者だった方の一言でした、「あなたが宇和島で発揮して信頼を得ていた技術を、このクラブの選手たちのために発揮して欲しい」、その一言でした。

何の計画性もなく、会社を辞め、勢いで開業してしまったため、いわゆる経営のノウハウというものをまったく持ち合わせていませんでしたし、自分が進むべき方向性も定まっていませんでした。

ただただ自分の技術を高めて行きたい、それだけだったと思います。

今でも発行されていると思いますが、トレーナーや施術者が対象の雑誌を読み、こう言うところに紹介されたり記事を書いている人たちの技術は、駆け出しの私には想像もつかない凄いレベルの人たちなんだろうと、いつかは自分もそういうレベルに追い付きたいと、単純に考えていました。

それが面接のような形で訪れた広島で、何人かの選手の体を診て欲しいと言われ、普段を同じように施術を行ってみると、選手から返ってくる言葉は私にとって意外なものばかりでした。

一言でいうと、私の技術は過去に体験したことがない体の変化をもたらせてくれた、というものでした。

何人かに施術し、異口同音にその言葉を聞くことになり、プロと言うある意味後のない立場におかれた選手たちの切実な言葉に、自分の技術をこういう人間たちのために使ってみたいと強く思い、翌日帰る頃には気持ちは大きく傾いていたことを覚えています。

その後チームの一員となったわけですが、「あなたが宇和島で発揮して信頼を得ていた技術を、このクラブの選手たちのために発揮して欲しい」という言葉を信じて仕事をしていた私に、容赦なく浴びせられたのが、「トレーナーなのに・・・」という言葉でした。

トレーナーの仕事は、練習や試合の前にテーピングをして、練習が終わればマッサージをして電気治療をして針を打ってと、私の技術や広島に来ることになったいきさつを知らない選手やスタッフ、そしてフロントと呼ばれる現場を知らない人たちからも、直接的間接的に私の仕事を批判する声が聞こえてきました。

そういうトレーナーの人員を増やしたかったのなら、そういうことをやりたい人を雇えば良かったのです。
私はそんなことをするために広島にきたつもりはありませんし、それがトレーナーだというのなら私はトレーナーではなかったかもしれません。

私は選手と一緒に戦いたかったのです。

どうすればこの選手を早期に練習に復帰させられるか、レギュラーであれベンチ外の選手であれ、能力的に向上の余地があると思えば、そのための方策を提案し一緒にトレーニングをしました。

なぜトレーナーがそこまでやるのか、もっと他にやることがあるのでは、そんな言葉を無視して選手がチームが少しでも向上するために、私の知識や技術が役に立つことがあるのなら、当然そちらを優先しました。

選手にもっとうまくなってほしい、チームとして目の前の試合に勝ってほしい、それがすべてでした。

当然選手としては自分に関わってくれる時間が長いトレーナーに、良い評価を与えることになるのでしょうが、そんな評価を気にして仕事をすることはありませんでした。

目の前の選手が与えてくれる課題に、どう応えればいいのか、それは痛みに対する施術であったり、能力を向上させるためのトレーニングであったり、当然その当時の私では十分な対応が出来ていなかったかもしれません。

その時に思ったのが、過去に目標としてきた、幾多の有名な方々の理論や方法論、そういう方々は多くは指導者として、後進の育成にも携わっている訳で、教科書的には間違っていない方法論を身に付けている人間は、その当時でもたくさんいたはずです。

そういう人たちに学んできた知識や技術は、目の前にいる選手たちにとって本当の意味で役に立つものだったのかということです。

それを行っていれば自分たちは正しいことを行っている、一生懸命やっていることの結果として、選手が思ったような結果にならなくても自分の責任ではない、そういうことなのだと思います。

私は自分の言葉と行動に責任を負いたいと思いました。

時には選手にとって言われたくないような厳しい言葉もかけたと思います、そういうことも含めて、すべては選手を鼓舞するためのものでした。

当然全員に良く思われることはありませんでした。

そんな中で私のことを誰よりも評価してくれたのは、選手生命にかかわるような大きなケガをして、手術入院の後、復帰に至る過程をそれこそ一緒に戦った何人かの選手たちでした。

そういう選手に関わっていた時期、申し訳ないですが他の選手に対して何をしていたか、正直ほとんど覚えていません。

それでも当時の選手から、私が休日返上で若手のトレーニングを指導してくれたとか、リハビリのトレーニングに付き合ってくれてお蔭で、今の自分があります、などという言葉を聞き、記憶力が薄れたのか、目の前のことに集中しすぎて、すべてを覚えていないんだなあとか、色々なことを考えました。

当時からトレーナーと言う職業も分業化されシステマチックになることは言われていました。

しかし、私が相手にしていたのはプロのスポーツ選手たちです。

生活のすべてをかけて戦っているといったも過言ではない人間たちです、当たり前のことを当たり前に出来て、毎日ちゃんと練習していますという選手が生き残っていける世界なのでしょうか。

そういう選手たちを相手に仕事をする立場の我々が、他の人と同じ知識や技術を持っているという証の資格を武器に、組織として対応する、で良いのでしょうか。

こちらも同じプロとして、人より秀でた何かを持って選手に向き合うことが必要なのではないでしょうか。

選手のために必要な技術がないのなら、すぐにでも学んで身に付けるべきだし、それが出来ないのなら潔く身を引くべきです。
評価は選手がするものであって、組織がするのではないはずです。

現場を離れてもう5年になりました、現場への気持ちがゼロになったわけではありませんが、改めて外からプロの組織を見ていると、組織を維持していくためには仕方がないんだろうなと感じるところもあります。

しかし、やはり私の生き方から考えると、選手のためにもっとできることがあるんじゃないかと言いたくなることがたくさんあります。

広島に移り住んで四半世紀が過ぎようとしています、当初関わっていた選手たちが指導者になり、そして父となり、親子二代に渡って指導させてもらったりすることも何例かありましたし、指導者となったチームの手伝いをさせてもらったこともありました。

だから一般の方が知ることのできないことも、多少は知ることになります。

歯に衣着せず何でも言いたいことは言ってきたつもりですが、流石に言えないこともあります。

私を信頼してくれる人間に対して、それを損なうような結果だけは避けなければなりませんから。

まさに奥歯にもののが挟まったような言い方になりますが、私には世の中を変える力も、組織を変える力もありません。

それでも私に何とかして欲しいと言ってくれる人間に対しては、最善を尽くしています。

そういう選手たちと、いつ出会うのか、どんな状況で出会うのか、それは偶然ではなく必然だと思います、今がその瞬間です。

1年後3年後、そして20年後、その縁が続いていようとその場限りになっていようと、瞬間瞬間、私に出来る最高の対応をしたと、自分にウソ偽りなく思える仕事が出来ればそれで十分だと思います。

今、息子智志は私が歩んできた道を歩み始めています。
私から学んだ技術と生来の優しさで、良い仕事をしてくれていると信じています。

振り返った時に、後悔とかあの時こうしていればという反省などしても仕方がないことです、今この瞬間、自分に出来る精一杯のことをし続けて経験を積み重ねて欲しいと思っています。

今日に記事はまったくの雑感で、実利はありません。

もうすぐ59歳、この道を30年ほど真っ直ぐに歩いてきた私の独り言のなかに、同じような道を歩んでいる人たちにとって、何か感じてくれるところがあったかもしれません、本日は以上です。


プロフィール

Author:西本 直
1993年、Jリーグサンフレッチェ広島を皮切りに、社会人野球三菱重工広島・協和発酵・ヴィッセル神戸・川崎フロンターレ、そして広島カープ佐々岡真司投手など、プロアマ問わず競技レベルのスポーツ選手から一般の方まで、トレーニングやメンテナンスの指導を行ってきました。
その経験と知識の蓄積を「西本理論」としてまとめ、一人でも多くの方に実践していただくことが、これからの私の使命であると信じ、このブログから発信していきます。
私の理論はスポーツ選手のみを対象としたものではなく、ビジネスマンや家庭の主婦まで老若男女すべてに当てはまる不変のものです。
指導や講演のご依頼も受け付けています。
実名でツイッターも書いていますので、チェックしてみてください。
また、2013年9月9日にConditioning Studio 操をオープンしました。こちらもご覧ください。
また、遠隔地にお住まいの方を対象とした動き分析とアドバイスを行っています。
詳細は「スタジオ操」のホームページ内の「遠隔サポート」をご覧ください。

最新記事

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カウンター

検索フォーム

QRコード

QR